癒しの森 湯布院(仙人の健康相談室)  


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO523・・・ご神木プージャ

2017-02-17 | 聖者

ご神木プージャとは・・・自分のお願い事を木のお札に書いて神々に叶えて頂く儀式です。多くはご神木を火の中に入れ、火の中から現れるアグニー神に最適な神に届けて頂きます。火の儀式(プージャ)を行う時には、マントラを唱え、マントラの語尾にスワハーを付け加えアグニー神に供物を捧げます。

 

スワハーは詳しくはスヴァハーでアグニー神の奥様の名前を呼ぶことになります。つまりスヴァハーとはアグニー神の奥様の名前と言う事になります。人間も神も同じなのでしょうか?アグニー神に仕事をして頂く為には、先ずは奥様の機嫌を取る事が大事であります。

 

そして火を焚く木は香木が最高で、香木にも種類があります。一番効果な香木は有名な沈香(ジンコウ)ですね。二番目が白檀(ビャクダン)でブッダの火葬は白檀で行われました。沈香は葬式の時に、祭壇の前で焚くお香の中の主成分です。

 

私が使っている香木はエンジェルが好む香木で、シャーマンが儀式の前に魔除けの為に焚く香木を使っています。一回のプージャで大体10kg位焚いていると思います。ですから、ファイヤープージャは悪魔が寄り付けない状態で行いますので、とても神聖な儀式と言う事になり、アグニー神も真剣に使命を果たして頂けるのです。

 

供物の主成分は、目的によって使い分けるのですが、一般的には虎の皮やトラのオイルや魔除けの薬草等々をブレンドして捧げます。魔除けの薬草を焚くことによって、アグニー神は魔に邪魔されないで仕事がしやすくなるのです。

 

 

2月の満月行で行ったご神木プージャのお礼の言葉を2例だけご紹介します。

1、「プーシャの時間には玄関先でローソクを灯しマントラを唱えさせてもらいました。

寒くて寒くて、、、
コリャダメかっと思ったところに  暖かい気が 前髪までフワッと来て 1時間唱える事ができました。
また途中2回 鈴虫の鳴き声のような 澄んだ鐘の声が聞こえ 驚きました。」
 
 
 
2、「時間中 左肩が痛くてたまらなかったが 不思議な程スッと痛みが消えて怖いほどびっくり驚いてしまいました。

山の中は数倍の寒さだったと思います
感謝いたします」

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO522・・・満月行を終えて

2017-02-14 | 悟り

特別行は10日の金曜日から大雪の中で行われました。2月は例年大雪で悩まされるのですが、今年も木曜日から大雪になり開催が危ぶまれていました。が、ババのお計らいか無事に行われることが出来ました。

 

特別行の方々には龍とババとブッダの関係をお話し、ブッダと繋がる伝授とプージャを行いました。このファイヤープージャに使うオイルは、虎とライオンと龍のオイルをミックスされたものを使っています。作り方は極秘中の極秘でインドでも知っている方は少ないと思います。

 

香木を焚く火にオイルを注ぐと、勢いよく炎は舞い上がり、その形状はまさしく龍の形を現わします。その時、自分の願い事をお願いすると、どのような願いでも叶うと古の昔から言い伝えられているのです。また、御神木をその火で浄化するとなお効果があると言われています。

 

 

ブッダは白檀の香木で焼かれ肉体と魂はお別れをしました。その焼かれた後の灰は聖なる灰として今日まで引き継がれ、大きな伝授をする時に使われています。当然私も生き神様より継承され使わさせて頂いているのですが、第三の目に塗るだけで神のエネルギーが注ぎ込まれる事が実感出来るのです。

 

御神木プージャの効果の体験談

これは生徒のクライアントさんから報告された実文であります。

「昨日とても神聖なエネルギーが降りてきて
びっくりしました。
本日体がとても快調です。」
 
常に霊障に悩まされて苦しんでいるのですが、身体が楽とのお喜びのメールを頂けました。
ありがとうございました。
 
 
このようにお喜びの報告が数多く舞い込んでいるのは、それを仲介する方の魂が浄化された証拠でもあります。魂を浄化する菩薩行の基本中の基本は、一にも二にも「情けは他人の為ならず 巡り巡って己が為」であることを実践しているからでありましょう。
 

 

相手を罵れば、そのエネルギーは自分にも返ってきます。相手に愛のエネルギーを送れば、愛のエネルギーは自分にも返って来ます。これが真理です。少しでも神の境地に近づけるように訓練をしましょう。繰り返し練習をしないとわが身(魂)にならないのはスポーツ選手の練習と同じです。悟りを得るとは、オリンピックの金メダリストになる位難しいと自覚し、黙々と練習(修行)することです。

 

何もしないと神は手助けをしてくれません。神と繋がると、一歩前進すれば神は九十九歩近づいてくれるのです。これも真理です。一つの愛を送れば九十九の愛が返って来ます。一つの恨みのエネルギーを送れば九十九の恨みのエネルギーが返って来ます。これが魂の底から理解出来るように神は人間に試練を与え続けているのでありましょう。会得出来るまで永遠に試練は続くのです。ですから会得出来、実践が伴った時が「悟」りの境地に到達した時になります。

 

 

神と繋がる為には・・・第三の目に聖なる灰を塗り霊性のエネルギーを得る(シャクティーパット)儀式とファイヤープージャが必要なのです。この儀式を授かった後は、良いエネルギーも悪いエネルギーも100倍返しになる事を肝に銘じて、人生の最終目的である悟りを目指し、霊性修行に励んで下さい。直接ファイヤープージャを授かれない方には、ご神木プージャで行っています。

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする