癒しの森 湯布院(仙人の健康相談室)  


人を、そして自分を癒し真なる喜びをもたらす
   
        人生の生き方を学ぶ 癒しの森湯布院

NO453・・・漠然と生きてないか?

2021-12-04 | 悟り

ただ漠然と生きていないか

 現代、この文化の時代に生きている人々が、生命は貴重だということは考えて

いるけれでも、また人生は大事だということは考えているというだけで、この貴重な

生命や大事な人生を、どういうふうに一体全体コントロールし、どういうふうに

我慢することによってこの目的が達せられるかという大事なことが、考えられて

いない。

 

 だから、漫然と、ただその日その日の出来心で人生を生きている人が多いように

感じられます。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO448・・・ただ喜びに生きる

2021-11-29 | 悟り

 人生の価値の主題は、そもそも何であろうか?天風はあえて昂然(こうぜん)と断言する。

曰く「いかなる場合にも、心に喜びを感ぜしめて生きる。言い換えるなら、人生の一切の全て

に対して喜びに生きる事。ただこれ一つだ!」と

 

 これは、ただ単なる感覚的に快さを感じ得るであろうからの言葉でもなければ、またそう

考えることの方が、そう考えない反対の考え方より何となくうれしいものに思えるからとい

うような、単純な考え方から割り出したものでもない。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO444・・・理想的な

2021-11-25 | 悟り

理想的な人間生活

 私(中村天風)はあえて断言する。

人がなんと言おうと、この世の人々のすべてが、旧来のとらわれた、

しかめっ面らしい道徳観や倫理観から離れて、人間の生物的本能である

感覚的享楽を、他の人の幸福を妨げない範囲で喜び、楽しめるように心が

けるならば、そこに期せずして、人々の生きがいある、楽しい、のどかな

、理想的な、本当の人間の生活ができると、こう確信したのです。

 

本日の癒し犬

極小豆柴の黒

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO443・・・理性と本能

2021-11-24 | 悟り

理性心と本能心

 理性心というのは、早い話が、何の力もなく、ただ小理屈こねて、べらべら

、さみだれ小言のようなことばかり言い続ける家庭教師みたいなものなのです。

 

 

 本能心というものは、始末に負えないわがままな子供みたいなものです。

ぶつぶつ、くだらない小言ばかり言っている教師にわがままな子供を躾(しつけ)

させたっていう事をを聞くはずがないのです。

 

 理性心はものの善悪、邪正、曲直、是非というものは見分けますけど、この理性心

には本能心を制御したり、いわんや、整理する力はないのです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO442・・・真理は厳しい

2021-11-23 | 悟り

 真理は厳しいもの、自然界に存在する人間への掟はまことに厳しい。しかも、

これは人間が誕生した千古(せんこ)より変わらず、久遠(くおん)の昔から

永遠の未来まで、証(あかし)として実在しているのであります。

 

 真理は、「お前は、そういう場合だから特別に考えてあげよう。まあとにかく、

今度機嫌が良い時に教えて頂いたようにしなさい」という事はあり得ないので

あります。

 

 真理は峻厳(しゅんげん)にして侵すべからず。間違った事実を自分の都合の良い

方に解釈する生き方に対する正しい心構えが万が一にも用意されないと、たち

まち、事実が私たちに反省を促します。

 

 その反省として表面に現れてくる事実が「病なり不運」なのです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO441・・・消極的言葉の厳禁

2021-11-22 | 悟り

 ■今日の修行目的は

 絶対に消極的な言葉は使わない事。否定的な言葉は口から

出さないこと。悲観的な言葉なんか、断然もう自分の言葉の

中にはないんだと考えるぐらいな厳格さをもっていなければ

駄目なんです。・・・・今日一日これを目標に頑張りましょう。

 

本日の癒し犬

仲良く寄り添って日向ぼっこ

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO440・・・満月行の炎

2021-11-21 | 悟り

ご神木プージャで燃え上がる龍炎・その前にコインとキイーと参加者にラクシュミ神のエネルギーを入れる

ラクシュミプージャも行いました。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO439・・・食べ物について

2021-11-20 | 悟り

昨日より満月行の前夜祭が始まっており、非常にビジーなために簡単に

食べ物について

 厳格に言えば、食べ物は出来得る限り、「自然のまま」から遠く離れぬものが

良い。つまり、自然のままに季節にあったものを摂取するのが、最も合理的なの

である。

 

 だからあえて粗食をのみする必要はないが、要は普通程度で植物性食物を本位

とするべきであります。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO437・・・期待するから

2021-11-18 | 悟り

 失望する。「まごころ」で行われる行為には、絶対の強さというものがある。

「まごころ」という「心」の中には、期待と言うものがないから、当然失望

いうものはないからであります。

 

 失望と言うものは、ある期待が裏切られた時に発生する相対的心理現象であ

るがゆえに、報償を行為の対象とすると、当然「期待」というものが付いてく

るから、その報償が、期待通りでないと、すぐに失望感が発生し、その行為に

いわゆるムラがでてくる。

 

 したがって当然その強さというものが、ややもすると、失われがちになるの

であります。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NO436・・・恐怖のない人生

2021-11-17 | 悟り

 人間がいろいろのことで恐怖を感じるのは、心の使い方が肉体本位

なっているからなのです。真我を本位として考えるなら、何ものにも犯されない

絶対的なものになり恐怖感も感じないことになる。

 

 我々がこの真理を正しく信念するなら、今まで心に感じていた恐怖は消え去り

、かわりに勇気が心にみなぎってくるのは必然である。

 

 「恐怖を感じない人生は神の世界に生きるに等しい」と言われている所以でも

あるのです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする