癒しの音楽家でーす! ありがとうございま~す。

(登場するストーリーは、全てリアルフォトとノンフィクションのみで綴られています)

竹生島 上陸!

2008-10-01 01:26:32 | 

 思ったよりも人が多い。

今や、ペットボトルの水が250円のただの観光地・・

昔は命がけで船漕いで、

ようやく辿り着いた場所。

仕方ないか・・。

 

 

 

表門の鳥居をくぐり、

真っ直ぐ階段を登らずすぐ右に行くと、

 

 

いきなりお迎えの黒龍!

 

 

この日は丁度、黒龍のTシャツを着ていて、

さっきも売店のおばちゃんにそれをいじられたばかり。

 

 

山上には八大龍王が居ると言う事を教えてくれました。

 

 

こんな国宝の社が山際に創られた島が、

この日本一大きな琵琶湖の中に存在する。

 

 

琵琶湖を望む龍神拝所。

 

 

そこから望む琵琶湖の空に、

再び彩雲が現れる!

 

 

でも・その下のかわら投げの残骸の汚れが気になる。

この上の山が、

竹生島北側の川鵜の糞害にやられまくっている箇所のひとつ。

何かがリンクしているのは確か・。

今回の訪問で、琵琶湖全体も汚れているのも体感。

たとえ・湖畔の住人達が、どんなにがんばったとしても、

でもそれは・

琵琶湖に留まらず、

世界中で、

人が足を踏み入れている全ての場所で起こっている汚染の現実で、

この竹生島で起こっている現象は、

国生み神話に出てくる琵琶湖が世界の雛形としたら、

それこそ、今世界で起こっている汚染の象徴!

 

 

国宝の都久夫須麻神社本殿。

この神社に祀られているのは浅井姫命で、

伊吹山の神である多多美比古命の姪である事を、

自宅に帰ってからしばらくして知る。

その伊吹山に、

数時間後には登る事に・。

 

 

すこし道を外れると、

弘法大師/空海がこの場所を訪れ籠もったとされる庵跡がありました。

高野山に御縁のある私は、

どうしてもお大師さんのあとを辿らされるみたいです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新潟 ピアノソロ コンサート... | トップ | 新潟 「第四ホール ピアノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事