癒しの音楽家でーす! ありがとうございま~す。

(登場するストーリーは、全てリアルフォトとノンフィクションのみで綴られています)

今日はシューベルトの誕生日でした。

2009-01-31 19:57:12 | 

和歌山ではもう梅便りです。

 

 

紅梅

 

 

白梅

名草山の中腹にある隠された場所にその紅白の梅は咲いていました。

 

 

和歌山市名草山内原神社奥の院。

昔はここ、名草山の中腹に八大龍王を降ろした社があったみたいです。

たびたびの台風とかで朽ち果てて、

今は石垣が残るのみ・

足を踏み入れると、今でも「キーン」と耳にから脳に何かを感じます。

今は山の麓の現在の内原神社に。

 

 

すぐそばに展望の良い丘。

海南市が一望。

 

 

浜の宮。

昨日の大雨と嵐の名残り。

昨晩は八大龍王が大暴れしていました。

 

 

和歌浦を望む。

 

 

この元社跡の梅の庭園では、

何度も宴が執り行われていたのでしょう。

 

 

栄枯盛衰は形のあるものの宿命。

そんな中でも梅の花の命は何も変わっていません。

 

 

 

全ての生命は、

ひとつの意識の様々な表現の形で、

 

そんな事を考えていると・

 

時間が・消えていきます。

 

 

コメント   トラックバック (1)

締め括りは見事な彩雲。

2009-01-30 19:57:04 | 大自然

立派な彩雲でした。

 

 

 

何を観させられているのか・

今はまだはっきりとは判りません。

 

 

 

でも・今回の新潟行きでは、

今後の私のお役目について、

色々なものからたくさんのヒントをいただいた気がします。

 

 

音楽やピアノである事は間違いないとして、

どういう形の展開・

確実に何を見つけ、形にするか・

 

 

それも・すべて流れ・・・

ただ音楽を続けれるだけでいいのでしょう・。

 

円い虹に始まり、彩雲で締め括り。

 

 

コメント

新潟 古町

2009-01-29 21:19:44 | 

翌日、5年目の新潟にして始めての散策。

これまでは殆ど会場とホテルの移動で地理が全く掴めていませんでした。

今回の新潟行きでは、今までに足跡を残したところをようやく地図と照らし合わせる気になり、まったく見事に新潟の地形を把握していなかった事に自分でも感心しました。(笑)

今までの移動は、まるで夢の中の出来事。

 

 

橋を渡って古町に。

新潟の古き時代がまだ残っています。

おばあちゃんが鮭を売っていました。

迎春の準備で大変賑わい、

海産物など・大阪では見ることのできないような、

ならではのものがたくさん並んでいました。

 

 

吸い込まれるように導かれ、

目の前に現れたのが白龍大権現。

一昨年のピアノコンサートの時にしゅうちゃんに連れて来てもらった場所。

 

 

やっぱり龍にはとことん縁があるみたいです。

不思議です。

 

高層のNEXT21に上る。

そこからは新潟市内全域がくまなく見渡せました。

ふと目についたのが・

どうも笠をかぶった巨大な像。

どう観ても、何とか上人風・・の後姿。

気になり、地上に降りてその場所に向かう。

 

 

そこにはなんとお太子様がいらっしゃいました。

新潟で弘法大師・・・

 

 

以外でした。

 

 

しかもこんな巨大な。

 

そしてそんな時・

大学時代の友人のピアニストが亡くなったと言うメールが届きました。

彼は当時より、JAZZ PIANOのプロでした。

まだ私はJAZZを始めたばかりの頃でした。

彼はそのままずっと一生JAZZの世界で生き、

そして私は同じピアノでも全く違う方向に。

ピアノ演奏で新潟に来て、このタイミングでこんな知らせを受けるとは・

色んな想いが巡りました。

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

ふと見上げると・

かわいいタツノオトシゴの雲。

 

 

よく見ると彩雲がかかっていました。

これも、よくある事で、

 

 

今やもう日常。

 

しばらくすると雪が舞い始め、

止んだと思うと・

たいそうな彩雲が出はじめていました。

 

 

コメント

新潟 YAMAHA フルコン

2009-01-28 22:56:33 | 癒しの音楽

素晴らしいピアノが待ってくれていました。

 

 

今回初めて披露する予定の新曲のタイトルが、

リハーサルで「サークル」に決まる。

 

あのい虹に、

そして今回私がここでピアノを弾かせていただける、ご縁=

 

全てはの元に。

マルパ・

2MA

 

 

客席では、詩人まみやくんの自動書記が始まり、

それを書いてもらった方は涙し、

不思議な現象が起こっていたみたいです。

後で教えてもらいました

 

 

最近は目を閉じるとすぐにスイッチが入る。

 

自分の使命がかなり明確になって来ている気がする。

まだまだ時間はかかる事だとは思いますが・



私がピアノを弾く事は、

その会場の集まった全ての人が、(私を含めて)


今までになかった何か新しい感覚を体験する空間を創る。



これまでにも、

 

涙が出たり・

 

身体が温かくなったり・



太古のキオクが甦ったり・

 

色んなビジョンが観えたり・

 

重心がぐらぐらしたり・



最近では、

 

身体の筋肉がほぐれるというアスリートの方の声も聞きました。




地球の環境が、全ての生命が変わるために必要な、

それは、少しばかりの人類の進化・・。



今まで200年程ゴミを放出し続けてきた、

現代人へのメッセージに対する、



他にやりかたがある事。



その目覚め。



少しでも多くの人にそれを体験してもらう事。



それが私の使命。

 

 

会場は笑いあり涙ありの素晴らしい空間に。

この貴重な進化の集いに参加させていただけた事に感謝致します。。

 

 

コメント

無事新潟空港着陸。

2009-01-26 22:46:19 | 

この冬最初の冬将軍の嵐に、

悪天候の場合には伊丹に引き返すかもしれないというインフォメーション。

 

にも関わらず・新潟空港上空がぽっかりと開き陽が射す。

その中を無事空港に到着。

 

 

空港から見得る日本海はえらい事になっていました。

 

ともかく寒い・大阪ではめったに体験出来ない寒さである。

 

 

会場の庭にも雪が積もる。

 

この新潟の旅では、

そのあとも不思議な現象が続いて起こりました。

 

続。

 

コメント

もういちど、【円い虹】フルヴァージョン!

2009-01-22 22:54:32 | 癒しの音楽

機体と共に移動し、

流れる雲に観え隠れする現象が、わかりますか・

 

そして旋回とともに、

機体の下に消えていきました。

 

コメント

昨年末最後のピアノ演奏は,

2009-01-21 23:24:10 | 癒しの音楽

新潟でお世話になっている土田氏の結婚披露パーティーでした。

 

 

その時の行きの飛行機で、

あの円い虹が出たのでした。

 

 

新たな門出への、

まさに吉兆ですね!

 

おめでとうございます!

 

新潟より日本を変えて下さい!

私は和歌山熊野から変えていきます!

 

 

コメント

2004 伝説の和歌浦「平和の祈りコンサート」

2009-01-20 20:45:01 | 癒しの音楽

あれから・もう五年近くの時が過ぎました

 

 

和歌山・和歌浦のアートキューブ。

 

 

この時、日本中より多くの方が和歌浦に集結。

出演者を含め、

参加した全ての皆様が天とつながりました。

 

 

魂のキオク。

その時参加いただいた皆様の魂に焼きつく。

 

 

時空を超えて顕れたステージ。

 

 

やがて・音が消えはじめ、

 

 

そして・色が・・・・

 

 

今、このスライドを観ているだけで、

エネルギーを感じます。

 

涙があふれます。

 

 

コメント

5月10日、和歌山 ピアノソロ ゲスト出演決定!

2009-01-18 19:06:20 | 癒しの音楽

1時~5時、

中尾彰秀氏主宰の詩人の会、

「詩祭り」にゲスト出演させていただきます。

 

場所は和歌山和歌浦アートキューブ

 

2004年、伝説の「平和の祈りコンサート」

 

 

2005ゆかし熊野「いのり」コンサート

 

に続き、

 

名機・ペトロフのピアノがある、

やっぱりここでした。

 

 

我、振り出しに戻る。 

 

 

コメント

少し気は早いですが、サクラのコンサート第一弾決定!

2009-01-17 22:29:55 | 癒しの音楽

米原です。

 

道誉ざくら (清瀧寺 徳源院)


婆婆羅(バサラ)大名として名をはせた佐々木道誉が愛したと伝えられているしだれ桜。


霊通山 清瀧寺
徳源院は、1283年京極家初代氏信の草創で、鎌倉時代から江戸時代にかけて伊吹山麓に栄えた京極家の菩提寺。


第5代高氏公は31歳で入道となり、
”道誉”と号されたことから「どうよざくら」と呼ばれている。


現在2代目と3代目の桜が春に花を咲かせ、単弁で淡紅色の花は参道の桜並木と共に観桜の客で賑う。


また、徳源院の静寂で清々しい池泉回遊式庭園「青龍の庭」は四季折々の変化が楽しめ、特に晩秋の紅葉は見事である。

 

ここの枝垂桜は開花が遅れる場合があります。

 

今は4月11日に予定されていますが、

4月3日(金)の時点で開催日を予定通り4月11日(土)にするか、

第二候補の4月18日(土)にするかを最終決定し、

予約・チケット購入いただいた方にご連絡いたします。

 

「癒しのさくら」シンセサイザー・コンサート 松尾泰伸

のサイトはコチラ。

http://mcobo.ohuda.com/

 

コメント

新潟クリスマスディナーショー。

2009-01-16 19:54:34 | 癒しの音楽

たぶん、ソロ活動以来初めてだったと思います。

五感の、聴覚と味覚の戦い(笑)。

 

やはり、結構厳しい状況が起こる事を学びました。

 

大体・人間とは、

物質的な五感による表象(イメージ)に束縛され生きています。

大半がその過去のキオクの妄想を辿ります。

 

私が演奏する時には、

 その枠を超えてしまうらしい。

 

ディナーでの演奏は、

今後・食べる時の時間と演奏の時間ををずらして、

再びトライさせていただきたいと思います。

 

 

でも・そんな中、

ずっと食べて・聴いていただいき、

御参加いただいた新潟の全ての皆様に、

 

心より感謝致します。

 

 クリスマスそんぐの演奏にも、

たぶん・意表をつかれた事でしたでしょう。

 

 

 

コメント

2008年末、新潟ピアノソロコンサート2。

2009-01-15 19:32:29 | 癒しの音楽

ピアノソロでは初めての1パフォーマンス一部・二部制。

後半に向けて、ぐんぐんとヒートアップしていきました。

 

 

新潟まちの駅。

この外観の中、

不思議なピアノの空間がありました。

 

 

「赤い都」~red capital~に始まり、
「古道」~Ancient Road~を抜けて、
「氷の宮殿」~Ice Palace~へ。

今回も、モンゴリアンの旅のキオク。

 

 

何度も新潟にお招きいただいて思うのですが、

 

どうも・新潟は私にとって特別な場所のようです。

 

それが

何かは今はわかりませんが、

 

私をいつもお招きいただき、

そして、私に力をお与えくださる新潟の全ての皆様に、

 

本当に、

いつもありがとうございます!

 

です。

 

 

コメント

2008年末、新潟ピアノソロコンサート。

2009-01-14 19:27:13 | 癒しの音楽

 この時は、

急に新潟のサポーターの方にアレンジして戴いたピアノとシンセの二本立てのパフォーマンスでした。

大阪~新潟への久々の車移動。

「2004年・リンポチェ新潟ツアー」チベット高僧とのJAPANツアー新潟の一年目、

以来の車移動。

 

高速をすっ飛ばして行きました。

滋賀と福井の境界線あたりで出た大きな主虹!

実は、

今回の新潟行きに関しては・・・。

大体このあたりでこんな事が起きるのではないかという感じがしていました。

 

 

その・反対側には、

 

 

弟子がいい写真が撮れると言ったので撮りましたが・

如何なものでしょう(笑)。

虹の反対側に展開される夕陽の長閑な風景。

 

その後、

間もなくして・日没の中、

一直線に新潟に向かう、その世界。

そこは、な・なんと・吹雪の高速!

初めての試練でした

除雪車を初めて観ました。

 

高速のトンネルを出た間際の降雪恐怖・・、

高速での車線変更の際の積雪の恐怖。

 

大阪で、ほんわか・のんびり暮らして来た者にとっては、

全てがはじめての体験。

 

 

 

この写真はわかりにくいですが、

一夜明けて、到着と同時に彩雲がでる。

 

 

なか、はしょります。

それは明日以降のブログで。

 

 

「わっ!」

 

帰りの甲信越は、今冬期の雪の始まり。

 

 

南アルプスに雪が積もる。

 

 

関西では、まぁ観かけない風景です。

 

 

感覚が研ぎ澄まされる。

 

 

たぶん・今も振り積もる、

 

雪山連山。

 

 

コメント

【円い虹】スペシャルエディション。

2009-01-13 21:14:56 | 不思議

昨年末に撮った円い虹。

 

 

機体と一緒に着いて来て、

やがて機体の下に消えました。

 

 

流れる雲に、

次々に映し出され続ける円い虹。

 

 

色々調べてみたところ・

操縦士にはたまに遭遇する天体ショー。

円の中心には機影が存在するらしいです。

 

太陽が飛行機を照らし、

その影の周りに虹が現れる。

 

 

天上ならではの現象。

 

 

でも・

 

一番不思議なのは、

それを観れる窓際に座って、

たまたま・それに遭遇させてもらえた・

 

奇跡・・・・。

 

 

 

コメント

今年は念願の、サクラと共に北上ができそうです!

2009-01-12 20:45:34 | 癒しの音楽

 

サクラのコンサート。

 

少し早いですが、

米原が決まりました!

 

シンセサイザー・コンサート
Yasunobu Matsuo 松尾泰伸(ヒーリング・シンセサイザー)

2009年4月11日(土) 開演18:00~
清瀧寺徳源院 道誉桜前にて
(雨天の場合「客殿」にて決行)
*極端な気候変動により桜開花時期が大幅にずれる際は、
告知と共に開催時期を変更する場合があります。
(開催日時変更による前売りチケット払い戻し可能)
 

【前売】¥2,000(税込)【当日】¥2,500(税込)
【学生】(高校生以下)¥1,000(税込)
問い合わせ・チケット販売:【主催】さくらコンサート実行委員会
(事務局専用E-mailアドレス)E-mail:  mcobo1@aol.com

霊通山清瀧寺徳源院

滋賀県米原市清滝288
地図はこちら

 

これまでにも何年も、和歌山で続けさせていただいてきました。

一昨年は熊野の新三山でのサクラツアー。

 

今後も、各地のサポーターの皆様に心より感謝いたします。

 

【癒しのさくらコンサート実行委員会】

 

コメント

ブログランキング

人気ブログランキング はげみになります。 ヨロシクお願い致します(^○^)!