癒しの音楽家でーす! ありがとうございま~す。

(登場するストーリーは、全てリアルフォトとノンフィクションのみで綴られています)

カセドラルロックからの朝陽!

2018-03-12 19:47:10 | スピリチュアル

セドナで迎える3日目の朝。

 

 

再びベースキャンプの『ムーンダンスサンクチュアリ』に射す朝陽

 

 

今日は、私の「ヒーリングピアノ」初めての海外公演の一日の始まりとなります。

 

 

この聖地『ムーンダンスサンクチュアリ』はなんと敷地内に渓流を有し、

 

 

清らかな流れに、セドナ名物の『水晶洗い』が始まる。

 

 

それでは僕もと・・・

水に溶けてしまうクリスタルまで浸けてしまったり、

 

 

すると・なんとこの時、

私の守護神の赤龍に金色の光の珠が顕れました!

実は、この姿が龍ちゃんの宝珠を持つ最後の姿になってしまう事になります。

 

 

上流には大村氏が。

 

 

せせらぎは大らかな淵に流れ込み、

 

 

カセドラルロックからの降り注ぐ朝陽のエナジー!

 

 

 

アメリカセドナでの海外コンサートを終え、

そのパワーをピアノの音に宿し

【2018 ヒーリングピアノJAPANツアー】

を開催させて戴きます!
★ 少しでも多くの皆様に、
日本初!私のヒーリングピアノが届けられ、
全ての皆様が幸せであります様に。

★「私の街でも・・・」と想われた皆様からの、
ヒーリングピアノコンサート開催に向けてのお声かけ、
心よりお待ちしております!

詳細はコチラまで↓

 『色のシリーズ』 まだ未体験の皆様にはコチラからどうぞ 

 
 

  ヒーリング  癒しの音楽  究極のリラクゼーションョン   エナジーミュージック   サウンドスパ 

コメント

東京のパワースポット!

2018-01-15 18:45:32 | スピリチュアル

今回の東京で、ほんの10秒程で顕れては消えた、

かなりレアな虹の一種の「環天上アーク」です。

 

 

 

築地の沢山の人ごみから逃れる様に歌舞伎座を横目に銀座方面へ。

 

 

お腹が空いたと想っていたら、

 

 

最高の中華に遭遇!

 

 

銀座ホコ天(古いか・・・)

の上空はこんな事に。

 

 

ベーゼンの企業秘密を学習し、

 

 

 

  

「宝町」!

こんな町名東京にもあったんですね。

 

 

 

初体験の日本橋方面に足を延ばす!

 

 

翼竜の『日本橋』を渡り、

大阪同様、古くはこの辺は商いの街だったんでしょうか。

 

 

 

新たな年を迎える注連縄は横一文字に張られ、

関西のものとは少し違いました。

 

 

各地方団体のテナントショップも点在し、

見所満載でした。

 

 

「高島屋」らしきビル群を過ぎると、

 

 

忽然と大都会の中に顕れる聖地、

『福徳神社』!

新しい年を迎えるにあたりおめでたい名前ばっかりで、

 

 

さらにその先には、 

徳川家が祀ったという、『寶田恵比寿神社』までありました!

 

 

参拝を済ませ、

ふと・上空を観挙げると、

 

 

 

な・なんと・・・

こんな事もあるのですね!

それは、一瞬のうちにあっという間に消えて行きました。

 

 この辺りは古から、

東京ではきっとおめでたい御利益の戴ける場所だったのでしょう。

今回の東京でも沢山の宝を戴きました!

 

 

大阪では決して入手できない『ほやジャーキー』と共に、

帰路は至福の夢の中に・・・

 

『色のシリーズ』 まだ未体験の皆様にはコチラからどうぞ 

演奏についてのご相談ご依頼はこちらまで。

ヒーリング ピアノ スクール

  ヒーリング  癒しの音楽  究極のリラクゼーションョン   エナジーミュージック   サウンドスパ 

コメント

新しい始まり。

2013-03-30 19:39:50 | スピリチュアル

今日は、今年1月東京「祈りプロジェクト」の演奏でお世話になった、「クラブワールド」の大村さん他・スタッフの皆様との再会に大阪南港へ。

 

 

大阪に住んでいても、南港向かうのは10年振り位で、めちゃくちゃ懐かしい感じがしました。

 

 

2年前の「3・11」以降、

大阪の海岸沿いのこのエリアは廃墟化が進み、

 

 

昨今お騒がせの、大阪の独裁者・橋本さんが知事時代に請け負った、それが間違だのなんとかの大阪府咲洲庁舎(おおさかふさきしまちょうしゃ)、

 

 

バブル時、大阪の夢の島でしたがこれからはどうなって行く事でしょう。

 

 

懐かしい和歌山の友達との再会もありました。

 

 

大村さんの「クラブワールド」のブースも大変賑い、

 

 

セドナから来られていたヒーリングの巨匠、グレッグ氏を御紹介戴き、興味深いお話を沢山聞かせて戴きました。

 

 

その後、多くの方が参加された氏の講演会、

その講演中に不思議なヴィジョンを観させていただいたり、

 

 

はるばる新潟から、「書き降ろし」のまみやゆうき君ともたまたま合流!

世の中にはまだまだ凄い能力を持った人が存在する事を再認識させられました。

 




その、大村さんとグレッグ氏とまみや君の記念すべき3ショットです!

今日も素敵な出会いをありがとうございました。

 

 

 

 

 

まだ未体験の皆はコチからどうぞ

演奏についてのご相談ご依頼はこちらまで。

ヒーリング ピアノ スクール

 

ヒーリングミュージック 癒しの音楽

究極のリラクゼーションサウンドスパ

コメント

サルタヒコ。

2012-09-26 19:42:35 | スピリチュアル

壱岐 猿岩。

 

 

二年連続となりますが、今年も壱岐の島に行って来ました。

今回もこの地でやはり確信させられる事は、

大陸からの主要な入口がココであった事です。

今、このタイミングで中国と韓国との領土問題が取り沙汰されていますが、

太古から外来文化の殆どが確実にこのルートで上陸しています!

ちなみに・男岳神社のある山を「魚釣山(うおつりやま)」と言います。

まさにここも尖閣諸島ですね。

 

元々大陸と日本は陸続きでした。

それが長い年月を経て大きな湖が出来、それが太平洋とツナガッて日本列島が誕生します。

 

 

先日も伊勢の猿田彦神社の前を通りましたが、

伊勢志摩には苦い想い出があります。

若かりし頃、海で溺れそうになりました。

潜っていて急に不整脈が起こりパニックに、

意識もうろうの中、気が付くと海面に顔が出ていました。

それからは伊勢方面に行く事はありませんでしたが、

再び3年前から入れる事に。

 

最近身の廻りで、ユダヤ関連の御縁が多くなっています。

サルタヒコは導きの神様、

天孫降臨・天孫族(天津神・大陸からの渡来民族)の露払い、切り込み隊長で、海から上ったと言われ、

赤ら顔や鼻の大きいところから、

ユダヤ人とも言われています。

 

松尾姓の先祖は秦氏で、溯るとユダヤに辿り着きます。

私にもユダヤのDNAが受け継がれているのかもしれません。

 

 

 

何故か若かりし頃・イスラエルのオールドシティー(旧市街)も訪ねています。

その時の、エルサレム・ユダヤの「嘆きの壁」を見降ろせる場所でのワンショット。

 

 

壱岐 男岳神社(おんだけじんじゃ)。

ここもサルタヒコのメッカ!

 

 

この日も太陽には光の傘が架かっていました!

 

 

 旧参道の入口のお稲荷様、

実は稲荷信仰もユダヤからのものです。

空海が狐と結びつけたとか・和歌山の「糸我稲荷神社」が日本で一番古いお稲荷さんとかいろいろ説がありますが、

 

 

社殿の廻りを取り囲む様に多くの石猿が鎮座していました。

 

 

奥の神殿には石猿達のパワーで近寄れません。

 

 

男岳山の山全体が御神体で、山は人の入ることを許さぬ禁足地だった様で、霊験あらたかでとても厳しい神様で、枯れ枝を1本取っても怒ったといいます。

今では社も出来、車でも登れる様になりました。

 

 

本当に大量の石猿群です!

 

 

かなり古いのもあります。

祈願が成就すると石猿を奉納するしきたりの様です。

 

 

それでは石猿のご案内にお付き合い。

 

 

 

代表的な「見ザル聞かザル言わザル」のサル達、

古いものから新しいものまで。

 

 

男岳の石碑、

今、ピンポイントに脚光を浴びている「魚釣山」の銘が掘られています。

 

 

耳打ちするサルも・何を伝えるや。

 

 

子猿をだっこ。

 

 

お餅でしょうか・・・。

 

 

おにぎり?

 

 

とっくりに、

 

 

さかずき。

 

 

キリスト教の按手を組んだものも。

 

 

古くは石牛も奉納されていたらしいです。

壱岐牛は子牛の産地で、松坂牛や日本全国のブランド牛の元となります。

 

 

フェリーでも多くの子牛を運ぶトラックに出会いました。

 

 

マリア様でしょうか・・・

神社に不釣り合いな石像。

これもユダヤとのツナガりを示すメッセージかもしれません。

 

 

社殿をぐるっと取り囲む様に石猿が並んでいます。

 

 

お目目クリックリの子猿。

 

 

何を持つ。

 

 

こちらはとっくりとさかずき。

呑べえ猿。

 

もう、猿まみれでお腹一杯です。

 

 

全国ネット通販決定!まだ未体験の皆はコチからどうぞ

演奏についてのご相談ご依頼はこちらまで。

ヒーリング ピアノ スクール

ヒーリングミュージック 癒しの音楽

究極の

コメント

立里荒神。

2012-08-18 22:54:58 | スピリチュアル

 

ニューアルバムリリースの折には原盤を持って必ずここに来ます。

今回は少しおそくなりましたが、

弘法大師が高野山開基の折地鎮の修行し高野山の奥ノ院のさらに奥社と位置づけられている場所で、

三宝荒神とは日本古来からの荒魂(あらみたま)を祀ったもの、その中でも立里は日本全国から信仰者が訪れる代表的な場所です。

 

 

右奥に大嶺の弥山・八経ヶ岳を望む。

 

 

入口からはそんなに遠くありませんが結構な数の石段で、

 

 

奉納鳥居が続きます。

 

 

いきなり光りの風鈴のお出迎え。

 

 

ここにも!

 

 

出ました!いつもの・・・

 

 

本社殿。

 

 

直ぐ下の「五社神社」では、森の緑が反射してとても美しいなかなか表現出来ない色合いが出ていました!

天照・大山津見(山の神)・保食神(稲荷)・市杵嶋姫命・素戔嗚と、私にも縁のある神々が祀られています。

 

 

またここの狛犬さんが何ともかわいい。

 

 

途中にある巳さんの巨木はへし折られていましたが、その残った幹からは再び枝葉が伸びていました。

 

 

今日もパワーをいただきました!

 

 

大阪の金剛山とほぼ同じ、

海抜1200メートルまで登ってきた甲斐がありました。

 

 

全国ネット通販決定!まだ未体験の皆はコチからどうぞ

演奏についてのご相談ご依頼はこちらまで。

ヒーリング ピアノ スクール

ヒーリングミュージック 癒しの音楽

究極のリラクゼーションサウンドスパ

コメント

シャーマン。

2012-08-14 20:47:03 | スピリチュアル

魏志倭人伝の記録を元に再現されたシャーマンの装束をまとい、精霊との交信を試みてみました。

 

 

一支国博物館。

 

 

建築は最近亡くなられた黒川紀章氏作。

 

 

数ある日本の博物館の中でも、

映像・アトラクション展示物などかなりのクオリティーでした。

 

 

映像が終わりシアターのスクリーン面が下に移動すると、

 

 

眼下には実際の原の辻遺跡のパノラマが広がります!

 

 

UFOの発着台?

 

 

その原の辻遺跡。

現在の神社の鳥居の元がコレ、

門柱に鳥が居るから鳥居。

 

 

今から2000年前の弥生時代、

文字のない日本の風景を唯一伝える中国の「三国志/魏志倭人伝」には、邪馬台国をはじめいくつもの国の様子が描写されていますが、

 

 

国の場所と王都の位置の両方が特定されるのはここ壱岐の原の辻遺跡だけみたいです。

 

 

それは本当に奇跡的な事ですが、

記されている邪馬台国がここでなかったとしても、九州や大和に国が開かれる前の元邪馬台国がここであった事は間違いありません。

 

 

紛れもなくここが現日本人のルーツ、

 

 

中国の確実なデータを元に再現されたこの場所に立つと、

 

 

大陸からの民族の殆どがこのルートを辿ったのだと確信します!

 

 

電気のないこの頃は本当に大自然と共に生き、

日々の営みと共に、特別な者達によって祭や儀式が行われていた事でしょう。

奇しくも、「電気の王」と呼ばれた松永安左エ門氏はこの壱岐出身です。

 

 

このくそ暑い夏の日中にもかかわらず、

 

 

竪穴式住居に入ると、ひんやりとして昔の人の叡智に感心させられます。

 

 

今も残る壱岐の原の辻遺跡の原風景です。

 

 

たまたま、特別企画展「弥生のファッション展」の初日だった様で、新聞社に取材されてしまいました。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/318321

 

 

・・・・・・

 

 

全国ネット通販決定!まだ未体験の皆はコチからどうぞ

演奏についてのご相談ご依頼はこちらまで。

ヒーリング ピアノ スクール

ヒーリングミュージック 癒しの音楽

究極のリラクゼーションサウンドスパ

コメント

高野山での不思議。

2011-10-05 19:34:11 | スピリチュアル

この日は朝から虹が出ていました。

最近はほぼ毎日虹が観れるようになりました。もちろん私以外の人にも観える肉眼で確認できる種類のものです。

他の人と唯一違う点は、毎日空を見上げているという事だけです。

大概は、何気なくふと見上げた所にその方角に虹は出ます。

次に多いのは、空を見上げてその空と雲の感じで「虹が出るな・」と思った時です。時間差がありますが、徐々に雲がにじんで来たりします。

そしてその次は、虹に「出てください」と願います。

これも何年越しですが、ようやく祈れば叶う様になりました。

これもかなりの時間差がありますが、出現する時間はかなり短く一瞬の時が多いです。

なので・隣に居る人に伝えている間に消えてしまう事もあります。ウソつきみたいな話になってしいますが、別にそれを信じてもらおうとも思っていないので全然大丈夫です(笑)。

 

虹には大きく空にかかる「主虹」以外、彩雲や・あまり知られていない多くの種類があります。

ハロ(内暈)・幻日・アークetc.

色の仕組みは電磁波と関係あり、全てはバイブレーションです。

人の想念(テレパシー)も、肉体や脳から発せられるバイブレーションなので、それらが共鳴した時に色となり知覚されるのかも知れません。

 

そんな中、まだ電車がこの台風でちぎれたままの(南海高野線はようやく今日復旧した模様です。)高野山に陸路で向かいます。

メインの陸路は殆ど無傷の様でした。でも・いつも走る気持ちの良い裏参道は今も土砂で崩れています。

 

「結縁灌頂」を受ける為の高野山行。

このセレモニーに参加する事が決まったのはつい数日前でした。

先日の和歌山「きびドーム」でのステージ上でのいろいろな体験をたまたま話した人から、「丁度秋の結縁灌頂が高野山であるので一緒に行きませんか。」と言われた事がきっかけでした。

その時は、何が行われる場所なのかも全然知りませんでしたが、私も高野山には深い縁があり、すんなりそれを受け入れていました。

この日は結縁に向かう前にまず奥の院にお参り。 

お大師様からの突然のメッセージを受け、久々に地下に潜り強烈なパワーを戴く事に。

 予想もしていなかった事が起こり、そのパワーは今もまだ継続しています

 

いよいよ檀上伽藍金堂へ、 

「南無大師遍照金剛」を唱えながらロウソクの煤がたち込める堂内に入る。

闇の中、場所を探りながら座ると、

身体全身がつって来る。

足も指からふくらはぎから全ての部位が硬直し始め

ついつい足を崩します。

何百人もの僧侶の真言を唱える声が延々と堂内に響き渡っていました。

その傍ら、「大日如来!」と言う若い僧侶らしき叫び声も聞こえます。

 

阿闍梨様が現れ、

印と真言をいただきます。

すると・胸がキュンとする感じが全身に起こり始め、それはその後もずっと続いていました。

 

子供の頃に感じた・・・

初恋の時に感じた・・・

ふとした一人ぼっちの時に感じた・・・

これまで生きて来て感じた何度かの「キュン」と同じものでした。

これは不変の魂の懐かしさなのでしょうか・・・

 

そのまま一時間程座らされ、今度は身体全体が熱くなって来ます。

外界は10C。程なのですが汗ばんで来ました。

今度は硬直した身体が解れて行きます。

 

いよいよ順番が回って来て、

目隠しをされてさらに闇は深まり、

人は視界を無くされると素直になれるものですね。生まれた頃の様な純粋な気持ちが現れ、それこそ誘導する僧侶の言うがままです。

たぶん・どんな傲慢な権力者でもここでは赤ちゃんに戻る事でしょう。

足元も頼りなく、五感がなくなり宇宙を彷徨う感じでした。

 

それから目隠しを外されたのは曼荼羅の前でした。 

金剛界曼荼羅の大日如来の中央の部屋に、私の落とした榊の葉はありました。

若い層らしき「大日如来!」の叫び声はここからでした。

 

弘法大師空海・お大師様は、中国でこの灌頂を恵果和尚より受け、

それをなぞってこの儀式は高野山でも延々と続けられています。

 

さらに続きがありました。

順路を辿ると最後に阿闍梨様との一対一の部屋に。

 

本物の五鈷杵を握らせて戴き、真言を授かります。

 

私はこの時、本当に懐かしい感じがしていました!

 

それは、チベットの僧院で聴いたマントラに限りなく似ていました。

「確かにこんな感じだった・・・」

 

10数年前に雲南省の下まで行った事はありますが、もちろん本当のチベットには入った事はありません。

 

一度リセットされたDNAのキオクか・魂のキオクか・・・。

 

もしそうでなければ、

たぶん日本のどっかので観た映像のキオクかこれまで出会ったリンポチェの読経のキオク・・・

それが一番可能性がありますが(笑)

 

最後に宝冠を被った姿を観せられ、

それを観ると私は間抜けな王でした。

 

「なんでこんな姿を観せられるのか!」

その時は「むっ・」と来ましたが、

これが私の今の有られもない姿です。

 

間抜けの真実です。

 

金堂を出たときには、本当に胎内から外界に出た感じがしました。

金剛界との結縁。

それは、外的世界とのツナガリと、そこから得る膨大な情報量の判断と見極めの智です。

たまたまですが、何十年振りの従妹から連絡をもらったり・初めて出会った会ったと思っていた人が既に私の事を知っていたり、

この日を境に、ツナガる速度が急速に早くなっている感じがします。

全ては不思議です。

 

今日ダライラマ法皇猊下は、何者かの圧力で南アフリカ入りがキャンセルとなりました。

確かにこの高野山でも、この月末にチベットの最高指導者が訪れるポスターやチラシなど、

何処にも一切見かける事はありませんでした。

ギリシャでは世界の歴史的パルテノン神殿が封鎖され、

長野と熊本では大きな地震がありました。

何れも、近いうちにコンサートで行かせてもらう事になっている場所です。

 

本当に、

世の中はこれで良いのでしょうか・・・。

 

 

 ~平和の祈り~全国ツアー始動!

ヒーリングシンセ3rd.NEWアルバムリリース記念コンサートツアー、是非ともこの音を全国に!日本中の皆様からのお誘いをお待ちしております!

 NEWアルバム「五リリース第弾!4・23「大阪堺/ティージュ」 第2弾!5・3「大阪岸和田/ラベンダー」 第3弾!6・25「大阪和泉/そよ風」 第4弾!9・11「大阪岸和田/土生神社」 第5弾!9・19「和歌山有田川町/きびドーム」 第6弾!11・5「和歌山紀美野町/世界民族祭前夜祭」 第7弾!11・18「滋賀安土町 石の寺 教林坊」 第8弾!11・23「大阪堺/ティージュ」  

  赤全国ネット通販決定!まだ未体験の皆はコチラ↓からどうぞ。

演奏についてのご相談ご依頼はこちらまで。

ヒーリング ピアノ スクール

コメント

インドカレー。

2011-09-15 20:59:37 | スピリチュアル

お腹の具合が今一つの時、

逆に・辛いもので浄化させようと、つい行きたくなってしまうのがここ。

 

 

 

私のお薦め「ハムラジャ」です。

 

 

大阪狭山市、南海電車金剛駅西側。

私の居住地では本格的なインド料理店としては有名で、ネイティヴインド人がコックしてる老舗。

 

 

北インドからインド人が出稼ぎに来ています。

 

「通常の辛さ」から「激辛」まで、

さらに「もっと辛い」と、その段階が無限に果てしなくあり、それはただ辛いだけではなく味わい深いコクのある風味です。

時期によって、北インドより来て料理しているインド人によって辛さの度合いが違うと言う事でした。

最近は「激辛」でもそんなに辛くなくない事が多く、

今回の料理人は初めての顔で新しい人みたいだったので、今日はどうしようかと考えあぐねた末に注文した「激辛」。

でも全然大丈夫で、最上級の「もっと辛い」にした方が良かったと後悔してしまいました。

以前に、その最上級「もっと辛い」を選択した日、心臓がバコバコなり呼吸困難に陥った事がありました。

この時の判断が今も注文のトラウマになっています。

まっ・このご時世には、

 平和な話ですみません。

 

先日の土生神社での「奉納演奏」に来られていた方から、興味深い話を聞かせてもらいました。

その方は前世ヒーリングをされている方で、

 私はインドに深い縁があるみたいで、そこからチベット・モンゴル・中国と、幾つもの御先祖様が出て来ました。

何千年前の話しでしょう。

何も覚えていませんが、

それに裏付けさせられる様な現象は、

今世昨今、

確かにいっぱい起こっています。

 

 

 

 

 

 ~平和の祈り~全国ツアー始動!

ヒーリングシンセ3rd.NEWアルバムリリース記念コンサートツアー、是非ともこの音を全国に!日本中の皆様からのお誘いをお待ちしております!

NEWアルバム「五リリース第弾!4・23「大阪堺/ティージュ」 第2弾!5・3「大阪岸和田/ラベンダー」 第3弾!6・25「大阪和泉/そよ風」 第4弾!9・11「大阪岸和田/土生神社」 第5弾!9・19「和歌山有田川町/きびドーム」 第6弾!11・5「和歌山紀美野町/世界民族祭前夜祭」 第7弾!11・18「滋賀安土町 石の寺 教林坊」 第8弾!11・23「大阪堺/ティージュ」  

 赤全国ネット通販決定!まだ未体験の皆はコチラ↓からどうぞ。

演奏についてのご相談ご依頼はこちらまで。

ヒーリング ピアノ スクール

コメント

家紋

2010-12-01 22:22:53 | スピリチュアル

墓参りに行って、ずっと気になっていた家紋の写真を遂に撮影しました。

 

ネットで調べると、

 

【石持ち落し三つ柏】

 

 

たぶんこれでしょう。

 

 

柏(かしわ)。

 

何故か・家紋が柏かもしれないと思っている感じはありましたが、

本当にそうなのでびっくりしました。

 

今の家に引っ越してきた時に何故か植えた柏が、

それから5年、どんどんその枝は伸びていました。

五月の節句の柏餅なら、30個位は包めそうな枝振りの葉の数です。

 

食べれるものなら食べたいと思い調べていたのですが、

柏の葉は食用ではなく食物を置くお皿となるものみたいです。

 

という事は、私もお皿みたいなものなのでしょうか・・・。

 

あるものを置く器。

 

確かに最近は身体を提供し、

使っていただいています。

 

それが私の役割・・・・・・?。

 

皆さんも一度調べてみたら面白いかもしれませんよ。

私は、この家紋で先祖捜しには辿り着いていませんが、

 

 

思いがけない家系が判るかもですよ。

 

 

 

 

 を更新しました!

  赤全国ネット通販決定!にはコチラ↓からどうぞ。


 

演奏についてのご相談ご依頼はこちらまで。

ヒーリング MUSIC SCHOOL 

コメント

滋賀 大津 佐川美術館 【インドネシア プリミティブアート展】

2010-03-10 22:53:30 | スピリチュアル

 ある方から招待券が届きました。

 

それは、インドネシアの太古の石像・木像の展覧会でした。

まるで私がバリ・ロンボクに旅立つ事が判っているような招待券でした。

その方は、インカ帝国の末裔、

インカの純金の指輪を持たれるギタリストでした。

あて先のミスで一度戻ったそのチケットは、

この日、雨の中の滋賀詣の前日ギリギリに届きました。

 

たまたまその場所は、

4月4日のサクラのコンサートの天孫神社の近くで、

その横を通り、滋賀湖畔沿いに車を走らせました。

地面すれすれに水面を貯える湖面には、

葦が自然を再生していました。

 

 

この美術館も、びわ湖の様に水に覆われていました。

 

 

いつもの様に神の使いが現れる!

 

 

日本カモシカもお出迎え。

 

 

長い回廊を通り抜けいよいよ入館。

 

 

「平和の祈り」

最近亡くなられた、故平山郁夫氏の展示ブース。

 

 

ここからは撮影禁止です。

今回の展示室、水面下の地下ドームに潜って行きます。

 

 

この地下に展示室はあります

いつもの様にこの時だけ雨は止みました。

 

何かに導かれてこの場所に訪れている事は感じていました。

私達を迎えてくれたのは、

バリの隣のロンボクの、その向かいのスンバワ島の神さんでした。

スンバワ島は、ロンボク島とは同じ文化圏で、

太古の火山爆発で、古い文明が滅んだ場所でした。

 

私はその前に長い間立ちすくしました。

 

その石像は生きていました。

乳房を持ち、お腹を押さえているので、

子供を持つ女神様と思われます。

 

身体とその場が熱くなってくるのがわかりました。

そして、今回のバリ・ロンボクに向けてのメッセージをいただきました。

 

美術館のサイトで、その神さんを観る事が出来ます。http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/cgi-bin/topics/detail.cgi?file_id=20090901_00000050

 

 

そして中庭の水面を借景に、インタビュー撮影。

ピアノソロコンサートに、バリ・ロンボク行きについて、

熱く語らせていただきました。

この美術館にも、ピアノがありました。

ドイツ製のピアノの名機「フォイリッヒ」。

http://www5.ocn.ne.jp/~s.piano/piano41.html

 

この神さんと出会ってまだ1日しか経っていませんが、私の周りでは、次々と不思議な事が起り始めています。

 

 

 

演奏についてのご相談ご依頼はこちらまで。

ヒーリング MUSIC SCHOOL OSAKA

コメント

リンポチェ氏よりチベットネームを戴きました!

2007-01-10 20:47:54 | スピリチュアル

 

のんちゃんより届いたプレゼントの中に、

リンポチェ氏自筆の色紙。

そこには、

 

「ジャミアン!」

 

「パワフルサウンド」と言う意味らしいで

す。

 

身に余る光栄!

 

くれぐれも・

 

「ジャイアン」

では、

ありません・ので。

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

こんなのまで。

2006-05-29 14:06:20 | スピリチュアル

癒しの音楽 02MA RECORDS

コメント

「むろうアートアルカディア計画」と言う事で、こんなのから・

2006-05-29 14:05:26 | スピリチュアル

癒しの音楽 02MA RECORDS

コメント

こんな風景があったんですね。

2006-01-28 21:02:09 | スピリチュアル
それぞれの・想い。

熊野・那智・勝浦。
コメント (2)

2004・四次元体験。 新潟十日町 / リンポチェと私。

2005-06-16 23:09:04 | スピリチュアル
ザチョゼ・リンポチェ氏は今年6月、ダライラマ法王の70歳記念誕生パーティの総仕切りを委任され、今インドにいらっしゃるとお聞きします。私の事も覚えて戴いてるとの事で、身に余る光栄!今度お会いする時にはさらに強力にパワーアップされてる事でしょう。私もその時に少しでもお役にたてる様、魂磨きます!
コメント

ブログランキング

人気ブログランキング はげみになります。 ヨロシクお願い致します(^○^)!