癒しの音楽家でーす! ありがとうございま~す。

(登場するストーリーは、全てリアルフォトとノンフィクションのみで綴られています)

大阪城「MOONLIGHT CAFE」に出演!

2006-10-30 09:33:39 | 癒しの音楽

「MOONLIGHT CAFE」                                                                                                          今回の静岡行きで不思議な御縁を頂き、急遽出演が決定しました。                             満月の夜のひとときの宴に、                                            皆様にも是非ご参加の程、心よりお待ちしております。                             (お申し込みは10月31日締め切りとなっております)

開催要項                                                      【日時】2006年11月5日(日) 午後6時開場 午後6時20分開演
【場所】『PARK御両OSAKA』 
     大阪市中央区大阪城3-1 TEL 06-6945-5063
     大阪城公園内・大阪城ホール正面玄関の階段手前
     噴水広場内のレストラン。
   
      JR環状線・大阪城公園駅から西へ徒歩3分。
     地下鉄・長堀鶴見緑地線・大阪ビジネスパーク駅から南へ徒歩5分。
【参加費】3000円(パーティー飲食費込み)
 
お問合わせ                                                                 こちらの講演に関するご質問、お問合せはこちらまでお願い致します。
唯ノ丸株式会社 
〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-100 大阪駅前第1ビル 1階
TEL06-6442-0223 FAX06-6347-0203
 

お申し込み方法

唯ノ丸株式会社
http://www.yuinomaru.jp
E-mail :info@yuinomaru.jp

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

富士詣。東と南が交わる!

2006-10-30 09:11:20 | 癒しの音楽

 

次の日

朝一で何気なく窓を開けると飛び込んできた                                 朝もやに煙る白富士

 

その日は滝から。

音止の滝

白糸の滝

虹の歓迎

 

本栖湖からの鏡富士 到着時には惜しくもお隠れになられていましたが・                                                                       いつかこんな場所からの奉納演奏が出来たら・

 

さらに富士を北側に周る。

樹齢何千ものうっそうとした大杉に護られた                                    北口本宮冨士浅間神社  

 

  

ここだ!                                                   本殿の中はやはり見覚えのある懐かしい場所。 

    

  

ようやくここに辿り着く。                                             表からお参りした後裏に廻り、                                                                                          今回持ち込んだすべてのものをこの清浄な神聖な場所で上げる。                 富士山の世界遺産もここから!                                       かつて富士修験が頂上に登った修業の登山道が今も残る素晴らしい場所でした。

 

どうしても気になる富士王朝跡で音が出したくて                                                          皆さんに御無理を言いその場所へ。                                     山梨県富士下吉田妙見                                                       今は新興住宅の高台にある世間からは忘れられた場所。                         そして私にとってこの旅の締め括りとなる奉納演奏が                             遠くに霊峰富士を望み始まる。                                     

   

これが実現出来たのも、今回私をお誘い戴いた皆様のサポートの賜物。

やはり不思議な事が・                                             小鳥がさえずり始め・陽が射し込み・ゆるやかな気持ちの良い風が吹き始める。                                                   私も初体験でしたが、                                                                       藤見さんの言霊との共演。                                   全身に電気が走り涙が溢れる。                                         やはり今回も大自然からの答が・。                                        富士からのメッセージ?                                           もうひとつ行かないといけない場所があると言う・・ 

 

 それはさておき、その場所でとりあえずは直会(なおらい)/大宴会が始まる。                   本当に楽しい幸せなひと時でした!                                       ありがとうございました!

 

帰りに立ち寄った妙見之龍神社の前に広がる蓮池。                            夏前に訪れたらなんと美しいハスの極楽浄土か・。

終に、最後の最後の富士のメッセージの降りた小室浅間神社探しが始まる。                         同名の社はいっぱいありすぎ、地図やネットで捜すが見つからず。とにかく      「富士王朝の高台より下」「すぐ近く」と言う言霊のキーワードが唯一の手がかりと車は出発。                                                      ちょっと走り出した所で、藤見さんの人間ナビが反応する。

 「今、小室浅間神社って書いてなかったっけ!」

なんとすぐそばに、隠れる様にその社はひっそりと御鎮座していたのでありました。                        

さすが・・・・ 

                                                    ここに参る事で、今回の浅間神社巡りはようやく満願を向かえる事に。                             それは富士に登頂するのと同等の力を持つことになるらしい。

皆一列に並び参拝。

ふと・気になり空を見上げる。

 

うわっ!

そこには                         

                                    朱雀

それは本当に立派な                                            延々と続く

 

そして次に現れたのが

                                                 青龍!

やがてそれらは並走を始め・

見事な昼間の天空ショー!

 

が今ここに交わる。

 

 

                                                         極め付きは 

 

 

今回出会えた全ての事に、                                         全ての皆様・全ての場所・全ての時間に心より感謝!  

                                                 本当にありがとうございました。                                      

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

富士詣。富士山を世界遺産に!

2006-10-29 13:49:48 | 

前回の静岡放送局で、自分でも思いもかけない言葉、                             「富士山は日本で1番に世界遺産にならないといけない場所!                        みんなで世界遺産にしましょうよ!」                                        を発してから、何か御縁が始まった静岡。                                  SBSの小川さんに次の番組の為の「ついてる」 を何十枚かお渡しした後、

今回もわたしにとってはまたもや初顔合わせの、                              大阪・静岡混合編制部隊 による                              何が起きるか全く想像のつかないまたしても不思議な旅が始まる。            

まずは・丁度御鎮座千二百年祭が行われている静岡側の富士山本宮浅間大社へ。

 

いたるところに富士から湧き出た清流の流れ。

                                                          少し車で登って山宮浅間神社へ。                                        

ここは、さきの本宮の1200年前までずっと鎮座されていた場所で、。日本武尊により富士の頂上の奥宮より移されたと伝えられる旧社地。                           到着寸前にいきなりデジャヴが起こる。

石柵に囲まれた聖地には古代の香りが今も残り、                              下の本宮にはないエネルギーが・                                       さすがにビンビンと降りてくる。

さらに富士山の麓へ。

村山浅間神社の大杉。どうも役の行者が開いた行場でもあるらしい。                  よくもまぁ関西からこんな所まですっ飛んで来たもんだ・

この日は、たまたま移動の車で御一緒させて戴いた、今回の参加メンバーの    唯ノ丸の社長さんと意気投合し、11・5の「MOONLIGHT CAFE」に         シンセサイザー演奏で参加させて戴く事になりました。ありがとうございました!                                    

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

【NHKラジオ第一放送(全国Net)】NHK和歌山放送局/会館公開生放送・生出演・生演奏!

2006-10-22 13:10:16 | 癒しの音楽

リハの時より体の芯から熱い感じがしていたのですが・                    やはり何か居たようです。

 

熊野の伝道師としての話もたっぷり語らせていただき、                  私の演奏が、日本中津図浦々まで電波に乗って流れた事に、                         今回何か意味があると感じました。

 

 

二回目の出演の頃にはすっかり場も落ち着き 

                    

西川かのこさんのおめでた会見もあり・                                    本当に楽しいひと時を、皆様ありがとうございました。

10月21日の放送
[ NHK和歌山放送局(ロビー)から公開放送! ]
キャスター:佐藤誠アナウンサー、タレント・西川かの子
1 時台
▼「和歌山味覚自慢」
▼「全国の天気」
▼「♪シンセで表現♪熊野古道」
  シンセサイザー奏者 松尾 泰伸
2 時台
▼「おもしろ人物ファイル」
  俳優 小西 博之(和歌山出身)
3 時台
▼「ぼやき川柳アワー」 お題『城』『違い』
  川柳作家 大西 泰世
4 時台
▼「おすすめ“和歌山”ガイド」
  雑誌編集長 江 弘毅
▼「かの子のひとりごと~和歌山バージョン~」

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

●劇団犯罪友の会、秋の野外公演「かしげ傘」!今年も始まりました!

2006-10-19 22:17:24 | 癒しの音楽

今回は最新ピアノソロアルバム「RED rlung」よりの盛り沢山の楽曲提供です!

発売は11・11なので、

この場が私の作品にとっても先行本邦初公開となります。

「犯友」は今や日本でも貴重な、

世代交代を繰り返してもずっと大切なものを守り貫いてる劇団です。

皆様にも是非の体験をお薦めします!


■日 時■
2006年10月19日(木)
        20日(金)
        21日(土)
        22日(日)
        23日(月)
        24日(火)
        25日(水)
18:00受付開始/19:00開場/19:30開演

■料 金■
一 般/前売:3,000円 当日:3,300円
中高生/前売:2,000円 当日:2,300円

■会 場■
難波宮跡公園 犯友野外特設劇場
大阪市法円坂1丁目
地下鉄(谷町線・中央線)谷町四丁目駅下車10番出口より
中央大通り沿いに東へ徒歩5分
JR環状線・中央線森ノ宮駅下車中央大通沿いに西へ15分

地図

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

2006・10月17日。 遂に裏本宮?高原熊野神社へ!

2006-10-17 21:54:51 | 熊野

急に決めた熊野行きにもかかわらず・                               最近紹介して戴いた龍神村在住の方に、急遽そこに連れて行ってもらう事が決まる!

    この季節にしては・                                                  体の芯からポカポカ熱くなる様な太陽のエネルギーを体全体に受けながら、      一路熊野へ!

いつもの様にいつも立ち寄る店で山野草を仕入れ、 

                                                                                                  築60年の、味のある縁側より望める拡がる山々・                        傍らには清流が流れる龍神村のお宅に到着。                                      お話もそこそこにその神社のおわす中辺路に。

 そこは天空に鎮座する社でした。                                                 

  社の下の広場からの展望はこんな感じで 

              

      密かに 熊野の高天原とも 。

偶然ラッキーにも、この神社の宮司さんと親類の地域の語り部さんと出くわし、    色々お話を聞かせて戴きながら熊野古道に沿ってゆるやかな坂を上って行くと、

樹齢何千目もの楠!                                      空海が訪れた頃には既にその年輪を刻む大木が存在したとお聞きする。                  何十年も前の台風で数本の巨木が消失し現在に至る様ですが、

それでもまだまだ原生林の残る特別な場所。                                熊野古道「一の鳥居」海南藤代神社にも南方熊楠命名のクスがありますが、    それよりも2まわりも3まわりも大きな感じを受ける。           

そして・その大木の元に

ひっそりではありますが、威厳を放つ社!

こんなこじんまりとした社に、今も歴代の天皇が参拝する。                      表の熊野本宮に対して、                                   顕かに密かに護られ続けて大切にされて来た場所                   それがこの高原熊野神社。                        

たぶん・玉置山などと同レベルの                                         そしてまた違うジャンルの                                            選ばれし場所が熊野の山々にまだまだ数知れず存在する事を教えられる。                 これが・熊野の奥深さ!

さらに社の裏に向かうと・ 

   

まだまだいくつもの楠の大木。 

  

熊野の原生林。

人間の叡智を遥かに超えた地球レベルでの奥深さ。

 

核だの温暖化だの・

そんな自分本位な人間レベルのちっぽけな勝手な事など、ここには通用する事もなく、

 

現代文明人類が仮に繁栄しようが滅亡しようが・

 

地球も・宇宙も半永久的に存在する事を・

 

それを・熊野に行けば教えられる。

 

行けば行くだけ教えられる!

 

それが・熊野

 

皆さんも是非熊野を訪れて下さい。                                        

そして日帰りではなく、何泊かする事で体を熊野にひたし、、

癒しの本当の意味を体験してください。 

(帰ろうと車を走らせ始めると、なにやら前に立ちはだかりコチラを見つめる物体。   なんと・それは、                                                  立派な長い角と髭を持つ野生のカモシカ!                                       案内してくれた方も初めて観る・と驚いた様子。奈良の鹿なら何度も見た事はあるが   日本カモシカにまさか遭遇するとは・・                            もののけ姫の世界。                                                 たぶん・神の使い?との一瞬の驚きの出会いではありました。)        

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

熊野古道・旦来八幡神社奉納演奏の模様が「NEWS和歌山」で紹介されました!

2006-10-17 21:32:55 | 癒しの音楽

 

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

【アーサー・C・クラーク/地球幼年期の終わり】

2006-10-15 18:23:08 | 癒しの音楽

今から22年前                                          まだまだ若ぞうが                                                       以前より・かなり特別な衝撃を受けていたこのSFを題材に                 「ポリフォニックシアター」と題して、                                         当時としては個人レベルではまだまだ未開の分野であったビデオカメラをリアルタイムで使用するなど・かなり斬新な手法で「音楽」・「映像」・「演劇」・「DANCE」をコラボさせた総合芸術作品を世に送り出しました。                                     

そこには・当時のメジャーの音楽業界人を始め、これも当時アングラと呼ばれた舞踏・演劇の日本を代表する関西在住の「白虎社」の大須賀氏や「維新派」の松本氏も観に来られ                                                         その評価もかなり賛否両論をかもし出した事を思い出します。                           のちのち・この出し物に触発されて、新たな表現活動を始めた人達がいた事も聞き                                                                                    最近では、私の重要な出発点と位置づけていました。

でもどうもこれが・ 

最近・

それだけではなく・                                    

                                                     このストーリーが現実に起こり始めている様な気がするのです。

確かに重鎮アーサー・C・クラークはこれまで                                   宇宙から深海に至るあらゆる多くの事を、結果・予言してしまいました。

と・なると・

この・話?

あのメジャーな「2001年宇宙の旅」は少し早過ぎた感がありますが・ 

 

これが・ 

まさに今が・・ 

「地球幼年期の終わり」 

は・じ・ま・り?

 

私が感化されて生み出したあの出し物から22年。

何故か2001年発表のソロアルバムのタイトルは「for TERRA」

 

ここ数年で私を取り巻く環境が急速に、が・ら・り・と変わり

最近お会いする素晴らしい皆様が口を揃えて仰る事も・・

× ・ × ・ × ・ × ・

 

この精神性の激動変化の時代に生まれ、 

                              

そしてその中で音楽に携われている事が        一番の幸せ!

 

でも・よくよく考えてみると・

 

私達は、ここ何年かを費やして

  

この

 

「地球幼年期の終わり」

                  

を・

 

もしかしたら?

 

これから・実際体験する事に

 

なるのでは・・・・・?

 

(まさに・事実は小説より奇なり。)

 

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

【RED rlung】(赤いルン)2006・11・11発表!

2006-10-11 23:30:46 | 癒しの音楽

世界平和記念日(Remembrance Day(イギリス)/Veteran's Day(アメリカ)/Armistice Day/Victory Day/World War I Memorial Day)

1918年11月11日に第一次世界大戦が終結したことに由来。

【青いルン】に引き続き、                                                   再び高野山から大峰を望むパノラマのジャケ写を今度は私自身が撮る事になるとは・和歌山県では知られた立里(たてり)の雲海の日の出。                              その日の出の直前にデジカメがフリーズ。そしてそれがこのアルバムの表紙に。このアルバムは陰陽のバランスを【日】【月】の二枚組で表し、                            さらに【青いルン】【赤いルン】が出揃う事で完全なバランスへ。

 

癒しは・究極のバランス 

                                            音楽をすることしか能のない者

が・

 このアンバランスな時代に

出来る

 ちっぽけな・                

それでいて生半可じゃない 

 真剣な音楽での表現を、

                                          是非多くの皆様に 

                  聴いて戴きたい!

 

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント (2)

2006/10/6 和歌山熊野古道 松坂王子周辺「愛宕山 永楽寺 お月見瞑想ライブ」

2006-10-10 14:33:41 | 癒しの音楽

photo by mar-ku

熊野古道 音詣 PROJECT 21th.】 

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

RED rlung (赤いルン) 二枚組、曲順 決~~~~定~ィ!

2006-10-09 20:38:41 | 癒しの音楽

photo by mar-ku : eirakuji Moon rainbow

Yasunobu Matsuo plays piano     

【RED rlung (赤いルン)】枚組)

二枚目【MOON

日天 いやしの桜 RITA 桜マイナー 桜の元に トランステリトリー 空へ MOON ハロルド reprise ANCIENT ROARD pieces of Dream m*五色の虹 いつまでも

02MA-0005                                2006・11/11発売!

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

 

コメント

2006/10/6 和歌山熊野古道 松坂王子周辺「愛宕山 永楽寺 お月見瞑想ライブ」

2006-10-08 20:36:07 | 癒しの音楽

丁度みんなの瞑想中に出た、                                私の肉眼では煌々と輝く月の下に一直線に天と雲を二分する熊野に向かう雲の隊列                                                           唯一切り込み隊長が撮ったその写真を解析してみると・                      やはり龍の気配が・

                                                 強烈な月のエネルギー!

 

                                                              

 

そして・最後には見事な夜の

月の・虹。

熊野古道 音詣 PROJECT 21th.】 

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント   トラックバック (1)

2004/5/2 和歌山熊野本宮 「熊野本宮大社/松尾講奉納」

2006-10-08 19:31:37 | 癒しの音楽

 

この時はこの黎明殿の中で

 

熊野古道 音詣 PROJECT 4th.】 

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

2004/12/26 三重美浜町尾呂志 「龍の滝奉納」 伊勢路風伝峠周辺

2006-10-08 19:23:17 | 癒しの音楽

普通ではありえませんが・                                        長靴を履いて一枚板の岩盤の上を流れる瀧の中での                      究極の大自然との同化!

(これも切り込み隊長の発電機様々です・)

                                                

その時に現れた裏玉置の龍体

熊野古道 音詣 PROJECT 7th.】 

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

コメント

RED rlung (赤いルン) 二枚組、曲順 決~~~~定~ィ!

2006-10-04 23:06:31 | 癒しの音楽

Yasunobu Matsuo plays piano     

【RED rlung (赤いルン)】

一枚目【SUN

月天は日の光を受け、輝き始め                                           赤い都を求める旅の始まり                                            それは長い・長い・心の旅                                           SONG of LIFE (命の唄) を唄いながら隊列は続き                              Live (生きる事) への学習が始まる                                          龍の舞/Himalaya 花々の咲く桃源郷を,ドラゴンの舞う高地を越え                          Celtic SUN  そこで出会う感動の夕陽                                                                                                               陽は沈み、 IcePalace (氷の宮殿) でのいのりが始まる                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                天女が舞い降り                                                  そして・再び北の大地への旅立ちの準備                                         満面の天空の夜空に拡がる                                  星に願いを・                                                                                                     ホピの夢/HOPIS' DREAM

月天赤い都心の旅SONG of LIFELive龍の舞/HimalayaCeltic SUN IcePalaceいのり天女北の大地ホピの夢/HOPIS' DREAM

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO 

 

コメント

ブログランキング

人気ブログランキング はげみになります。 ヨロシクお願い致します(^○^)!