ぼやかせていただいております。

Racial Profiling カナダの場合。

2008年06月26日 03時44分19秒 | Weblog


 先の投稿で、自分の祖国のカナダだったら、大変なことになるぞ、と言っているひとがいますが、カナダでも、
Abstract:

Debates over racial profiling are not limited to the American context. Over the past ten years, the issue of racially biased police stop and search practices has also hit several Canadian communities. However, unlike the United States, Canadian jurisdictions have largely refused to collect racial profiling statistics. (Scot, Wortley. "Heads in the Sand: How Canada is Dealing with Allegations of Racial Profiling" Paper presented at the annual meeting of the The Law and Society, J.W. Marriott Resort, Las Vegas,)link

そのような人種による選別は行われているという嫌疑があるのですが、統計をとることを警察が拒否している。
 警察はそのことをたずねられると、やっぱ、日本の警察と同じように、
Senator, on the point of racial profiling, we do not do racial profiling. We investigate criminal acts or acts that we believe are criminal in nature. We investigate those acts and try to prosecute those acts as best as we can. We do not consider the person's gender, colour or religion. We simply investigate criminal acts.

We do some profiling. It is not racial profiling. Obviously, in the domain of drugs, for example, we consider certain countries that produce drugs and so on. We consider certain people who might be involved in the drug trade or other contraband, so we try to do that type of profiling. We profile modes of transportation. We never do racial profiling. That is unacceptable in this country. I will never accept that as part of a policy of the RCMP.Canadian Human Rights Commission :: Overview :: Expanding .

 やってません。ただし、麻薬犯罪などではその産出国に留意することはありますが・・・などと言っている。、
インタビューによる統計でも
Thirty per cent of black males reported that they had been stopped on two or more occasions. By contrast, only 12 per cent of white males and seven per cent of Asian males reported multiple police stops.

34 per cent of the black students who have not engaged in any type of criminal activity still report that they have been stopped by the police on two or more occasions in the past two years, compared to only four per cent of white students in the same behavioural category

The Canadian Review of Policing Research (2004)
ISSN: 1710 6915
DATA, DENIALS AND CONFUSION: THE RACIAL PROFILING DEBATE IN TORONTO

Scot Wortley
魚拓

 2倍から8倍程度黒人の人の方が職務質問を受けやすい、という結果が出ている。
 
 また、黒人警官による覆面会見でも
But according to documents and notes obtained by the Toronto Star, the black officers said racial profiling was a reality on the force. Many said they had experienced racism on the job. Some said they had witnessed incidents of biased policing but were reluctant to report them out of fear of being ostracizedRacial profiling exists ; Promises of internal probe fell flat

Philip Mascoll and Jim Rankin

Toronto Star
News

 人種別プロファイリングが現実的なものであることを告白している。

 まあ、カナダを美化しないで、カナダでも問題になっています、いっしょに協力しあいましょう、というなら、話に乗る日本人も増えるだろうが、あのように自国を美化して日本を蔑視するような言い方では、協力をむざむざ遠ざけているようなものである。
 多分、この方はカナダの白人でのうのうと暮らしておられたのであろう。だからこうしたマイノリティの声には耳を貸さなかったのだろう。それはたぶん、日本人でも同じである。まして、日本ではいまだ、そのような声も出なかったのである。日本人・韓国人・朝鮮人・中国人が同じような風貌だからかもしれないーー他の理由かもしれないーーーが、これでは、協力は得ることは難しかろう。

 人は皆外国に暮らして自国をより深く理解するようになるのか、と思いきや、なんてことはない、有道くん一派は、外国にきてそもそももっている偏見を強化していくのである。それを日本人である、有道君も訂正しようとしない、そこが問題である。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有道くんのプロファイリング | トップ | 幼児ポルノとテロとの関係? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む