ぼやかせていただいております。

交流

2009年02月19日 00時40分17秒 | Weblog
何気ない普段の会話ででる、ちょっとした人種差別意識を前提とした会話を紹介している。


For whatever reason, my husband and I often times have people say racist things to us, and are shocked/ embarrassed when we respond negatively to them魚拓

Lady: Oh, well that’s bad, but it’s better than the alternative. When I went to Canada, I went to a mall, and it was just full of those people. It’s like we weren’t even in the United States anymore.
Hubby: Well, you were in Canada.
Lady *blushing*: I mean, like, North American
Me: What do you mean, those people?
Lady: You know, it was full of people that looked like they should be in Iraq, or India or something.
Hubby: Huh, I happen to think that having diversity’s a good thing.
Lady: Yeah, of course *stumbles, mutters* but I felt weird, like an outsider.
Me: I can understand how that goes; I’ve been the minority before. Makes you have some sympathy for different minority groups, right?


カナダ行ってモール入ったけど、北アメリカじゃないみたい、だって「あの人たち」いるでしょう、イラクととインドとかにいるような人たち・・・・。
ーーーいろんな人がいていいじゃない。
そうねええ・・・でもなんか変。自分がよそ者みたいな・・・
ーーーまあ、差別される側にたったことがあると、他の差別される側の人の気持がわかるでしょう?

Hubby: Oh, we probably will; all the workers are pretty pissed off that they’re getting laid off.
Person: But Detroit’s going to be really bad.
Hubby: Why’s that? (At this point, completely confused)
Person, *leaning in conspiratorially*: I hear there are a lot of…colored people, in Detroit.
Hubby *Bursts out laughing*: I don’t think you have anything to worry about.
Person *looks upset*


デトロイトはひどいことになっているなあ
ーーーん?
ほら、有色人がいっぱいだろう?

などなど。

 著者はこうしたちょっとした会話に現れる、ちょっとした人種差別意識に着目して、不快感を表している。

まあ、こうした人間の分類やその人々に対する素朴な感情というのは誰しも多少あるものであろう。
ただ、一人でもそのグループの人と親しくなれば、たやすく一般化して、云々することができなくなるものだ。
いろんな人々と交流してみるのが重要である。


参考記事


米人にとっての外人
日本人カナダ人
The Hierarchy of Welcomehood
立場を変えれば
Truth booth: 'I'd be beaten if I went with a black man'など
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランスサッカー界もか・ | トップ | どんな不法移民でも退去させ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む