とんぼ歳時記

ヘルシー家庭料理の店「とんぼ」のお知らせ

「とんぼカップゴルフコンペ」開催迫る

2013-05-30 13:43:54 | インポート
「とんぼカップゴルフコンペ」開催迫る
昨日、気象庁から観測史上三番目に早い関東地方の梅雨入りが発表になりました。これから一ヶ月以上、鬱陶しい天気が続くことになります。

梅雨入り早々で心配なことがあります。それは、今度6月2日(日)に開催される「第7回とんぼカップ」のお天気です。週間予報では、コンペ会場の茨城県潮来市の当日の予報は曇り時々雨。

コンペ参加者の皆さんから、私は「雨オンナ」とか「嵐を呼ぶオンナ」と呼ばれています。これまでのコンペ開催当日は、濃霧、霧雨、台風上陸で、開催中止や、悪天の中の強行開催など、あまり天気に恵まれていませんでした。

それだけに、今度のコンペ、雨は降ってもらいたくありません。晴天でなくてもいいから、曇りか、降っても小雨程度に収めてもらいたい、と祈るだけです。

コンペ参加者を、競走馬に見立てた面白可笑しい競馬新聞も出来上がりました。予想では、実力No.1と目されるストロング…の馬名のUさんが大本命。Uさんは毎回優勝候補に挙げられながら、何故か優勝できませんでした。

でも今度こそ、優勝しそうです。私の本命もUさん。準優勝候補には前回も準優勝だったカモメ…の馬名がつくSさん。そして女性ですが、男子を凌ぐ飛距離を誇るアトミックの馬名を戴いているNさんの3名で優勝が争われる-と予想してます。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

【枝豆と枝豆豆腐】

2013-05-27 14:47:52 | インポート
【枝豆と枝豆豆腐】
昨日、今日と夏本番を思わせる暑い天気になりました。こうなりますと左党にとってキューと冷えた生ビールを一杯、という気持ちが強くなります。

生ビールといえば、切っても切り離せないのが枝豆です。近所の商店街の八百屋さんに早くも、枝豆が並べられていたので、購ってきました。まだハウス物ですが、群馬県産です。

塩味のきいた枝豆を、莢(さや)ごと口にはこび指で押しだします。豆がピョコっと飛び出し、それを噛みしめると口中いっぱいに香ばしい豆の香りが広がります。B級グルメの定番と言われようが、ビールとの相性は抜群です。

そして、生ビールはもちろん、日本酒や焼酎類に合う肴は「枝豆豆腐」です。私は、八百屋さんと同じ商店街のお豆腐屋さんから購ってきますが、枝豆豆腐はその名の通り茹で上がった枝豆を擂り潰し、それを裏ごしし、濃い目の豆乳を加えて作るのだそうです。

淡いエメラルドグリーン色した「枝豆豆腐」は、見た目も涼やかです。これからの季節は「とんぼ」の付きだしの主役となります。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

【幻の銘酒入荷しました】

2013-05-23 12:58:35 | インポート
【幻の銘酒入荷しました】
お店に、幻の銘酒といわれ日本酒愛好家には垂涎のお酒が2種類入荷しました。

時折入荷してお客様にも馴染みとなっている飛騨・高山の「蓬莱」を醸造している蔵元から、一般には販売していない番外品の「非売品」というお酒。

何でも、蓬莱の蔵元が大得意先や、大切なお客様用に、特別に醸造しているお酒だそうです。アルコール度数が18~19%の原酒としかスペックもわかってません。

非公開の非売品だけど、美味しさには折り紙付きです。直射日光を防ぐため新聞紙で包装されているのも、シンプルで素っ気なく、かえって興味と関心が増します。

もう一種は、愛知県の「醸し人九平次・human」というお酒です。日本酒愛好家に言わせると、愛知県というより日本を代表する日本酒だ!と断言しています。

蔵元が「醸し人九平次」を醸造するにあたり、香り、味、余韻、舌触りにこだわり、一切の妥協を排して作ったという逸品。

私も、入手困難な銘酒に相応しく、お酒の邪魔にならず、さらに美味しく召し上がっていただく料理に挑みます。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

【第七回とんぼカップゴルフコンペ】

2013-05-20 15:02:13 | インポート
春と秋の一年に2回開催している「とんぼカップ争奪ゴルフコンペ」が、2週間後の6月2日(日)に迫ってきました。

迎えて7回目の今回の舞台は、茨城・潮来市の霞ヶ浦と北浦の間にある「ジェーゴルフ霞ヶ浦」です。

なだらかな丘陵地帯に、樹木と池に囲まれた戦略的18ホール。二つの湖からの影響で複雑に吹く風と、視覚に飛び込んでくるバンカーがスコアを左右します。大きくポテトチップスのようなグリーンの制御も要求されます。

いみじくも同コースでプレイしたシングルの上級者が「セカンドショットからの攻めの難しいコース!」と評価したのも頷けます。

この難コースに挑むのは、20名のお客様に私と直子ちゃんを含めた22名。参加者からの練習ラウンドの結果も続々寄せられています。酒の肴の「コンペ下馬評」も賑やかになりました。

誰が優勝するのか分かりません。混沌としていて乱戦になりそうです。面白可笑しく優勝者を予想する新聞も発行されます。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

【母の日の小旅行】

2013-05-13 14:39:16 | インポート
【母の日の小旅行】
【母の日の小旅行】
先週末、弟夫婦の計らいで、母の喜寿のお祝いと母の日の記念旅行に。義妹のお父さんと私も招待され同行しました。行き先はミステリーツアーよろしく、当日までシークレット。

着いた先は、千葉県の房総フラワーラインの走る太平洋岸の千倉港。お寿司屋さんが経営する宿だけあって、新鮮な海の幸中心の料理は美味しいのですが、量が多く食べきれませんでした。若い人ならともかく、お年寄りと一緒では、負担になるボリュームでした。宿ではサービスのつもりでしょうが、残す人も多く、飽食の危機を感じました。

そして昨日は、前日の悪天候が嘘のようなに五月晴れの良い天気。房総半島の鋸山にロープウェイで登りました。鋸山は、「房州石」と呼ばれた建築資材切り出し場として江戸時代から盛んに採石された山。露出した山肌の岩が、鋸の歯状に見えたことから鋸山と呼ばれるようになったそうです。 鋸山には、1300年前に開山された日本寺という古いお寺があります。ご本尊は石に彫られた薬師瑠璃光如来。その他、日本最大の磨崖仏や百尺観音、五百羅漢像など見所がいっぱい。山頂からは金谷漁港や東京湾も、くっきり鮮やかに眺望できました。有名な「地獄覗き」は、私は恐くなって途中で止めました。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加