とんぼ歳時記

ヘルシー家庭料理の店「とんぼ」のお知らせ

ひな祭りの縁起物

2013-02-28 14:36:11 | インポート
ひな祭りの縁起物
3月3日(日)は、女の子の健やかな成長と美しく、幸せに…を祈る桃の節句のひな祭り。ひな祭りがいつの時代から始まったかは判然とせず、その起源説も複数存在するとか。

歴史的には、平安時代の宮廷貴族子女の人形遊びごととして行われていたもので、当初は「立びな」だったものが、室町時代からは「座りびな」となり、今のようなスタイルのひな人形が作られるようになったのは江戸時代中期以降から、といわれています。

「とんぼ」では、今日と明日の二日間、ひな祭りの供え物の中から、ペアになっていることから良縁の象徴といわれる縁起物「蛤のお吸い物」と「海鮮ちらし寿司」を用意してお祝いさせていただきます。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

純米吟醸・蓬莱初汲み51

2013-02-25 12:37:04 | インポート
純米吟醸・蓬莱初汲み51
今朝の都心の最低気温は氷点下の寒さ。2月下旬としては8年ぶりの冷え込みだったそうです。

飛騨の蔵元渡辺酒造店から美味しくて貴重なお酒が入荷しました。杜氏の稲垣さんの酒造り51年を迎えた記念の限定酒です。

「蓬莱」純米吟醸 初汲み51と名付けられ、今年初めての純米吟醸を搾るのと同時に素早く瓶詰めして一回火入れで氷温貯蔵した逸品です。

酒造りには、頑固なまでに妥協しない稲垣杜氏の自信作。斬新な発想と熟練の蔵人が昔ながらの製法元による旨みとコクと甘さが詰まっています。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

寒さのピークに

2013-02-20 10:46:16 | インポート
今朝は、都心で粉雪の舞った昨日よりも気温が低く、明日はさらに冷え込みが厳しい…との予報で、今が寒さの底のようです。

神田の藪蕎麦本店が火事で焼け、ニュースで報道されて驚いています。藪蕎麦は、砂場、更級と並んで東京の三大蕎麦系列として知られており、私も何度も訪れ、青みがかった藪蕎麦独自の味を堪能しました。

味もさることながら、江戸下町風情の残る数寄屋造りの建物と、板塀で囲まれた構えに雰囲気がありました。

確か正門を入った右側の植え込みに紅梅の樹があったと記憶しています。今の時季が咲き始めでしょうか?

梅の花と言えば、今年は厳しい寒さのため、例年より開花が遅いといわれてますが、私は百花に先駆けて咲く、紅梅、白梅の花の凛とした美しさが好きです。

昨夜、お店の常連客に梅の花に絡んだお話をしたら、一人の方が「東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花…」と天神さまこと、菅原道真公が詠んだあまりにも有名な和歌を披れきしていただきました。すかさず隣のゴルフ好きのお客さまが「東風吹いて 戻って頂戴 マイボール 主下手でも 穴を忘れるな」と、戯れ歌でまぜっかえしてしまいました。

今週の「とんぼ」は、身体の温まる鍋料理などでおもてなしさせていただきます。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

ハート形お赤飯

2013-02-14 13:34:23 | インポート
3世紀にローマで殉教したキリスト教徒ヴァレンティーノの英語名がバレンタイン。今日はそのバレンタインが処刑された日だそうです。

殉教したバレンタインは、その後聖人として奉られ、キリスト教ではカードや花束を互いに贈り合う記念日となり、今日に至っているようです。

お店の年配の常連客から電話がありました。「とんぼではバレンタインデーのチョコを貰えるの…?」と確認の電話です。先夜、酔った勢いで「若い頃段ボール箱一杯チョコが溢れた!」と吹聴した方です。

私は「ハイ!手作りのチョコと、とんぼ自慢のハート形のお赤飯をお召し上がりいただきます!」とお伝えしました。皆さまのご来店をお待ちしております。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

フラワーバレンタイン

2013-02-07 14:22:02 | インポート
フラワーバレンタイン
今年も、義理チョコ、友チョコ、本命チョコ、逆チョコ、自己チョコ…。それに定番、限定、高級、手作り、面白等々、価格と形状が絡み合う悲喜こもごもと、話題満載のバレンタインデーがやってきました。

お店の常連客たちも「若い時はダンボール箱一杯貰って処理に困った!」とか「小型ダンプカーに満載になった?」とか、酔った勢いで、どこまで本当なのか、話を100倍位にした大ボラ合戦を繰り広げております。

日本では、バレンタインデーに、女性が男性に愛情の告白としてチョコレートを贈るという独自の習慣があります。これを仕掛けたのはチョコレートメーカーとデパートだった事は、よく知られた事実です。

最近ではチョコレートだけでなく、衣類、アクセサリーなど、贈る品も幅広く多様化しております。

そして、バレンタインデーには、男性から女性に「花」を贈るという「フラワーバレンタイン」キャンペーンが新しく参入しております。

3年前から「バレンタインデーで新たな花需要を創出!」を掲げた生花店、生産者、流通業者など花関連団体が仕掛ける業界統一キャンペーンです。

来週木曜日の14日、私宛に何人の男性から「フラワーバレンタイン」の主旨に賛同して「お花」が届くのか楽しみ…。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加