とんぼ歳時記

ヘルシー家庭料理の店「とんぼ」のお知らせ

岩木山引退大相撲

2012-01-30 11:40:10 | インポート
岩木山引退大相撲
先週の土曜日、両国・国技館で行われた元小結岩木山の引退大相撲興行を観覧してきました。

青森県弘前市出身の岩木山は、恵まれた身体を生かして突き、押しで活躍しましたが、小脳梗塞が見つかり、一昨年秋場所限りで引退した力士です。

昨年5月に断髪式を予定していましたが、八百長問題による相撲協会の行事自粛で、延び延びになっていたものです。

それでも館内は、ほぼ満席状態。断髪式では、岩木山…と最後の声援が飛び交う中、250人の人たちが、岩木山の大イチョウにハサミを入れ、関の戸親方の誕生です。

断髪式の後は、幕の内力士の土俵入り、横綱白鵬の土俵入り、幕の内力士の取り組みなどがあり、館内を盛り上げていました。

私は岩木山の一連の行事の中で、土俵上で呼び出しによる「触れ太鼓」「一番太鼓」「はね太鼓」の実演に感動しました。


GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

手作り餃子とワンタン

2012-01-25 14:02:04 | インポート
寒中に相応しく、日本列島はシベリアからの寒気団にスッポリ覆われていて、しばらくの間居座る…と予報されています。

そして今日1月25日は「日本最低気温の日」に制定されています。今から110年前の1902年の今日、北海道旭川市で-41℃を観測したことに由来します。

さらに今日は「中華まんじゅう」の日でもあります。何で「中華まん」?…と首を捻りたくなりますが、一年中で一番寒いこの日は、せめて「中華まん」を食べて身体を温めましょう…という趣旨から制定されたようです。 「とんぼ」でも、今夜は私の手作り「餃子」と「ワンタン」でお接待いたします。 「中華まん」ではありませんが、寒いこの時節に、温かい「餃子」と「ワンタン」で温もっていただきたい…と調理いたしました。

餃子とワンタンには、ニンニク、ニラは入っていないので、匂いを気にしないで食べれます。餃子は、焼きでも水餃子でもお好みに合わせてお作りいたします。ワンタンは麺も大丈夫です。ご希望の方には、擦りニンニクを添えさせていただきます。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

宍道湖の釜揚げ白魚

2012-01-23 14:34:45 | インポート
宍道湖の釜揚げ白魚

関東全域と東京地方は今夜から明日にかけては降雪の天気予報です。

いつもの魚屋さんの店先に、寒中ならではの貴重な魚が並んでいたので、ためらうことなく仕入れました。

島根県・宍道湖の冬季を代表する味覚「白魚」です。厳寒の宍道湖で獲れた白魚は、身が引き締まり旨味も凝縮されている…と評判です。

半透明に優しく輝いているこの白魚を「釜揚げ」で召し上がっていただきます。新鮮な料理の素材は、あまり手を加えずにシンプルに調理する…が私の料理に対する基本姿勢です。「釜揚げ白魚」は、そのまま食べても、わさび醤油で食べても美味しさは際立っています。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

菜の花のごま和え

2012-01-18 13:18:29 | インポート
菜の花のごま和え
寒中なのに、八百屋さんの店先には、早くも春の季節感運んでくれる菜の花が並んでいます。 この菜の花の鮮やかな緑色にひかれ、今夜は「菜の花のごま和え」を作ることに…。

新鮮な菜の花は、目で観ても、独自のほろ苦さでも春を感じさせてくれます。 食用の菜の花は、咲き始める寸前のつぼみを食べるのが美味しい…といわれています。

菜の花のごま和えは、ただ茹でるだけの簡単な調理法ですが、入念に下準備を経て、茹でて冷まします。


独自のほろ苦さと、ふんわりと弾力のある柔かな感触は、春の代表的な味覚として、酒の肴として最適です。


GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加

備前焼の酒壺

2012-01-16 14:52:43 | インポート
備前焼の酒壺
常連のお客さまから素敵な備前焼の酒壺を寄贈していただきました。備前焼は、釉薬を一切使わず、絵付けもしない素焼きの陶器。平安時代から発展し、鎌倉時代には現在の茶褐色の陶器が焼かれていたようです。

備前焼の特長で魅力でもある茶褐色の地肌は、田んぼの土と、鉄分を含む土で焼かれるからだそうです。土と1300°の炎で焼かれ、あくまでも素朴で飾り気のない渋い地肌美に、日本の美の原点である侘びと寂の境地と通じるものがあるようです。

頂いた備前焼の「酒壺」は、小振りで茶褐色地肌が美しい形状のものです。開店当初に薩摩酒造さんから贈られ同社の芋焼酎が入っている陶器の壺の隣に置き、麦焼酎専用の酒壺として活用させていただきます。

使い込むほどに味でる…といわれる備前焼。派手さはないが飽きのこない形状の酒壺は、麦焼酎のコクと味わいを増し、さらに店のインテリアとしても欠かせない財産になりそうです。

GINZA と ん ぼ
富士子


この記事をはてなブックマークに追加