とんぼ歳時記

ヘルシー家庭料理の店「とんぼ」のお知らせ

【半夏生にタコ?】

2016-06-30 13:34:23 | 日記
九州地方では、梅雨前線が停滞し各地に大雨の被害をもたらしてます。
今日は6月30日。アッという間に今年も半分過ぎてしまいました。そして明後日の7月2日(土)は半夏生(はんげしょう)で「タコの日」でもあります。

半夏生は夏至から数えて11日目をいい、農家の田植えが終える時期。由来も、サトイモ科の漢方の生薬・半夏が生える頃だという説と、ドクダミ科のハンゲショウがこの時期に花が咲くことから名付けられた、という説があるそうです。

関西地方では、昔から「半夏生」にタコを食べる風習があり、昨今では全国に広がっているようです。梅雨末期の今頃、農家の人たちは田植えを終えて、神様に豊作を願ってタコをお供えしていたそうです。何故タコ?という疑問が生じますが、稲がタコのように八本の足でシッカリ根をはり、吸盤のようにシッカリ稲穂を沢山実るように、という願いから生まれたと伺い納得しました。

また実利面では、タコには疲労回復効果のあるタウリンが豊富に含まれていて、蒸し暑さが増して疲労が強まるこの時期にタコを食べるのは、栄養面からみても理にかなっております。7月2日を「タコの日」に制定されているのも、半夏生に関連してのことだったのですね。

今年の「半夏生」は、生憎休みにあたります。ちょっと早いのですが、半夏生に因んで「ミズダコ」を魚屋さんから仕入れてきました。ちょうど常連のお客さまから予約の電話があり「今夜は半夏生のミズダコを食べれますよ!」と告げたら、そのお客さまは半夏生にタコを食べる風習を知らなかったようです。ミズダコは今が旬です。

GINZA と ん ぼ
富士子

この記事をはてなブックマークに追加

【日本一の茨城メロン】

2016-06-28 12:19:50 | 日記
公園の紫陽花が、雨に濡れてしっとりと、鮮やかに咲いております。梅雨入りしてから折り返しを過ぎ、明けも間近のようです。さて、今がシーズンなのか、複数の常連のお客さまから美味しそうなメロンを続けて頂戴いたしました。

お一人は茨城県のご出身でもう一人の方は、お母様の実家が茨城県です。
茨城県はメロンの生産量日本一。シェアは25%を誇っております。茨城で栽培されているメロンは、表面に編み目が張り巡らせたネットメロンが中心。

頂戴したメロンの品種は「タカミメロン」。ラグビーボールのような形状で、編み目が細かいのが見た目の特徴です。果肉は淡い緑色で糖度もも高く、爽やかな甘味があるようです。

美味しいメロン作りには、水はけの良い土地と、昼夜の温度差の大きい気候。茨城のメロンの主産地の鉾田市、茨城町、鹿嶋市は鹿島灘に面し、一年を通じて温暖な気候で、昼夜の温度差があり、土壌は水はけの良い火山灰土。メロン作りの最適の土地なのです。

頂戴したメロンの食べ頃は、2〜3日後の今週末。香りが強くなり、メロンの尻の部位が少し柔らかく感じたら食べ頃だそうです。食いしん坊で口の悪い常連客は、目の前のメロンはまだ食べれないと聞き「この店はお客の差し入れが多く、食材の仕入れ経費がかからなくていいな!」とドクを吐きました。それを聞いた私は「デキン!」と言い返しましたが、常連客は、キョトンとして「デキンって何?」と聞き返し「デキンは出入り禁止のことよ!」と、最後は笑って許し、寛大な計らいをしました。

GINZA と ん ぼ
富士子

この記事をはてなブックマークに追加

【山菜】

2016-06-21 15:19:30 | 日記
知り合いの青森の郷土料理店「五事(ごじ)」の女将さんから、青森の山菜を代表する「ヒメタケノコ」と「ミズ」が沢山送られてきました。すぐ食べられるように、既に茹でて加工されています。それに、山菜を煮物にする時に、さらに味を美味しくする「ミガキニシン」も添えられていました。ヒメタケノコは、根曲りダケとも呼ばれていて、東北地方の山野に自生する千島笹の若竹です。

先月から秋田県北部の山野で山菜採りのお年寄りが、熊に襲われて亡くなっていますが、ヒメタケノコ採りの最中だったようです。青森出身のお客さまに伺いましたが、ヒメタケノコは熊の大好物でもあるんだそうです。

「ミズ」も東京では馴染みの薄い山菜ですが、東北各地の湿地帯に自生していて、5月の連休明け頃から秋9月まで採取できます。山菜特有の灰汁抜きの必要はなく、茹でても、炒めても、生でも食することができる万能山菜です。

今夜は、青森「五事」の料理を味わった事のあるお客さまの予約をいただいていただいてグッドタイミングです。頂戴した「ヒメタケノコ」をミガキニシンと一緒に炒めものにしたり、煮たりして、東北の山菜づくしで「お・も・て・な・し・」させていただきます。

GINZA と ん ぼ
富士子

この記事をはてなブックマークに追加

【アユの一夜干し】

2016-06-16 14:59:00 | 日記
梅雨の季節を迎えて、各地の河川ではアユ釣りが解禁になっています。アユは川魚の王者。美しく清楚な姿の一年魚。上品な旨味と繊細な味わいが好まれ、ワタの香り・渋み・苦味が大好き、という人が大勢いらっしゃいます。

この季節の「とんぼ」の人気食材に「アユの一夜干し」があります。私が仕入れるのは、和歌山県産のアユです。
天然塩を使用し、適度な温度と湿度の中で、一夜干しに適した風で作られたものです。

干物は、古くから魚を保存食として世界各地で作られていたようです。日本でも最古の記録は奈良時代まで遡り、正倉院の古文書には、小魚を丸干ししたり、内臓を取り除いて干す方法や、魚肉を細長く割いて塩干しにしていた記録されているそうです。

干物は、塩を効かせて長期間保存できるのが本来の目的でした。それが今では、塩を控えてサッと干した生干しや、一夜干しが主流です。また魚の干物は、低脂肪、低カロリーで良質なタンパク質の宝庫。脳に良いDHA、健康な血管を作るEPA、丈夫な骨を作るカルシウム、生活習慣病予防に最適なタウリンなど、生活に欠かせない栄養素がタップリ含まれています。

私が仕入れている「アユの一夜干し」は、シンプルにそのまま焼いて食べるのが一番美味く、クセがなく優しい上品な味です。旨味と香りが凝縮されていて、お酒の肴として最適です。残った頭と骨は再度コンガリ焼いて食べることをお勧めします。

GINZA と ん ぼ
富士子

この記事をはてなブックマークに追加

【日本橋のお神輿を担ぐ】

2016-06-13 14:08:17 | 日記
昨日の日曜日、私と直子ちゃんは、京都の祇園祭、大阪の天神祭と共に日本三大祭りの一と言われる赤坂・山王日枝神社の「山王祭り」のお神輿連合渡行に参加。日本橋三丁目町会のお神輿を担いできました。

日本橋三丁目町会は、お店の常連客で、私の古くからの知り合いでもある山崎さんが、祭りの実行委員長を担っているご縁で、2年に一度の祭り毎にお神輿を担がせていただいております。昨日は、この他に日本橋生まれで、山崎さんとは幼稚園の頃からの友達の大野さんと、祭り好きの2名の常連客が参加。

真夏を思わせる好天気の中、京橋に
集合した氏子町会の十五基のお神輿は、笛、鉦、太鼓の囃子と、担ぎての勇壮な掛け声も賑やかに日本橋を目指して一斉にスタートしました。
日本橋の真ん中には、隣町の神田明神の氏子町内の代表たちが、高張り提灯を掲げて出迎えてくれました。

その後お神輿は、それぞれの町会を練り渡行に。私は、女性だけで担ぐ時、お神輿の右先棒の位置に入りこみ数十m担がせていただきました。今年の祭りは、 前回よりも女性の担ぎてが多く、背格好が同じくらいなので、神輿の重量が均一に肩にかかり担ぎやすく、比較的楽でした。

GINZA と ん ぼ
富士子

この記事をはてなブックマークに追加