ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ニンジン

2013年03月15日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

 キャロットルーム

 ラジオから変な民謡が流れた。キャロットアイランドと歌っている。人参の島ということであるが、何で「人参の島」と和語でもなく、「チデークニぬ島」とウチナーグチでもなく英語なんだ?と思った。歌なので表現は自由でいいのだが。
 それはともかく、キャロットアイランド、人参の島とは津堅島のこと、津堅島はニンジンの産地であるということを、この歌を聞いて知った。沖縄の島々巡りを若い頃からやっているが、津堅島はまだ訪れていない。沖縄島から船で15分程度と近いのだが、津堅島という島があることを知ったのも数年前のことである。

  私の300坪の畑なっぴばるにもニンジンを植えた。1畝(約3坪)分。ジャガイモ、ホウレンソウ、ダイコンなど他の野菜は十分育たず、出来が悪かったのだが、ニンジンだけはスクスクと大きく育った。市販のニンジンと比べても遜色は無い。何故そうなったのかについては、まだ調べておらず不明だが、ニンジンは売れた。
 もしもこの先、やはりニンジンしか売れるほどの大きさに成長しないのであれば、ニンジンをたくさん作って、それを売って生活費の足しにしようかと思わぬでもない。なっぴばるはキャロットアイランドならぬ、キャロットファームになるわけだ。そのテーマソングを作って、世に出して、歌がヒットして、それで懐が潤う、なんてまで妄想する。

  なっぴばるのニンジン、概ねは普通の形、大きさだが、間引きしたものはごく小さい。指ほどの大きさだ。それはそのままの大きさで酢漬け(ピクルス)にしている。なかなかの美味。それより少し大きめのものはオーブントースターで5分くらい焼いて、ミディアムレアで食べている。これも旨い。どちらも酒の肴に上等。
 普通の形で無い人参も時々出てくる。二股に分かれたニンジン、二股は脚のように見えて何だか色っぽい。飾り物にしたいくらいだが、これもやはり食べる。スライスして酢漬けにしたり、普通に煮て食っている。普通に旨い。
 というわけで、3月に入って毎日ニンジンを食べている。それもたくさん食っている。食っても食ってもニンジンが常に部屋の中にある。沖縄の3月はニンジンの季節であるということを知ったが、3月、私の部屋はキャロットルームとなっている。
 
 
 ニンジン(人参):根菜類
 セリ科の一年生または二年生草本 原産地は西アジア 方言名:チデークニ
 名前の由来は資料が無く不明。人参という漢字で表記するということは元より私も知っていたが、広辞苑にもちゃんとあった。参には「まじわる」という意がある。「人が交わる」ということと野菜のニンジンがどう関わるのか、当てずっぽうもできない。
 直根とハイ軸が肥大化して貯蔵根を形成し、これが食用となる。生でも煮ても焼いても良し。沖縄にはニンジンシリシリーという美味しい料理がある。若葉も食用となる。
 沖縄では主に秋播きで2~3月に収穫する。津堅島が生産地として有名。

 記:2013.3.12 ガジ丸 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 費用対効果はいかに | トップ | 挫けそうな時 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。