ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

挫けそうな時

2013年03月15日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 なっぴばる前の道は蛇行しながら概ね北西から東南へ走っている。なっぴばるから北西方面へ3、40m行った左手にN爺様87歳の畑がある。
 N爺様の自宅はそこから北方向へ徒歩30分程の所にあり、私の帰り道の途中なので、運転しながらその家を確認できている。私の帰り道はなっぴばる前の道を北西方面へ上って行き、左折して、蛇行して、右折してN爺様の家の前を通る。その道が私の帰宅の最短だと思い、爺様もその道順で帰宅しているものだと思っていた。なので、爺様が自宅から畑へ行く時、畑から自宅へ帰る時は、爺様はなっぴばるの前を通らない。爺様がなっぴばるの前を通るのは教会へ行く時、・・・だとばかり思っていた。
 先日、日曜日のお昼時、なっぴばるの前を東南方向へ向かっているN爺様に会った。これから教会へだなと思ってそう声を掛けると、「家に帰るところ」と言う。「家は逆方向だろう」と「???}の私は、そこでいろいろ詳しく訊いた。

 N爺様については、2012年12月14日付けのガジ丸通信『立ち往生を目指して』で一度紹介し、その内容に間違いが多々あったので、2013年2月8日付けのガジ丸通信『農夫の信仰』で訂正している。そして、今回また、再々の訂正。
  帰宅の際東南方向へ向かうのは、一旦逆方向へ行ってもそこから近道があるとのこと。教会へ行くのは毎日では無い。一日一回で、朝の時もあれば午後の時もある。というわけで、爺様がほぼ毎日家と畑の往復約1時間、畑と教会の往復約2時間×2回の計5時間歩いていると前に書いたのは間違い。家と畑の往復約1時間はその通りだが、畑と教会の往復約2時間は1回だけで、それも毎日では無い、ということであった。
 それでも、ほぼ毎日少なくとも1時間、多い時は3時間も歩いているんだ、N爺様が元気であることには変わり無い。淡々と長い道を歩く87歳、拍手。
          

 その日、N爺様の案内で周辺を散策した。ウガンジョ(御願所)などを見ながら1時間半ほども一緒に歩き、ユンタク(おしゃべり)した。その時、農作業についての助言もいくつか頂いた。「あんた、手で土を耕しているようだが、そんなことしていたら時間がいくらあっても足りない、機械を使いなさい」、「土に砂を混ぜなさい、除草しやすくなるから」などといったこと。「無理したら体を壊すよ」と健康も気遣ってくれた。
 そう、「無理したら体を壊すよ」は私も日頃から気になっていることだ。土ほぐしで酷使している私の右手は、親指の爪が少し剥がれて、ちょっとした刺激で激しく痛む。手首や肘にも少々の痛みがある。右手が使えなくなると畑仕事に支障をきたす。

  女性に振られた時、私はキッパリ諦める。再度の挑戦などしない。悪く言えば粘りが無い、情熱が無い、懸命さが足りない、などとなるが、良く言えばサッパリしている、うだうだぐずぐずしない、潔い、などとなる。そんな私は、挫けそうな時は概ね挫けている。稀には何糞と粘ることもある(過去に1、2度あったか?)が、無理はしない。
 そんな私なので、続けていた土ほぐし作業も挫けることにした。完全敗北というわけでは無い。手でほぐすのは脆い土の塊だけにし、後はスコップの先で切り分けている。ほぐし度合い、当初はビー玉大が目標だったが、これをピンポン玉大に規制緩和した。
          

 記:2013.3.15 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニンジン | トップ | Aランチ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。