ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

リュウキュウヒメハンミョウ

2014年07月04日 | 沖縄の動物:昆虫-甲虫目

 恋人は離さない

 異論は大いにあると思うが、敢えて私の歪んだ(もしかしたら真っ直ぐかも)眼鏡から見た意見を言わせて貰うと、SEXは、男にとって肉体的にはそうイイ気持ちのものでは無い。男が気持イイのは最後の2~3秒だけのこと。その前は概ね女性に対する奉仕だ。男はたとえ舌を吸われても、歯ぐきや乳首、耳の穴や腋の下を舐められてもちっとも気持ち良く無い。女性がよがっているのを見てのしてやったり感、俺はできる感で男は自分に価値があることを自覚し、精神的に大いに満足し、幸せを得ているのだと思う。
 ではあっても、加山雄三が昔歌った「いつまでも君を離さないよ」という気持ちは私にも解る。「人生における無上の喜びは、愛されていることを知ることである」(正確ではないかも)と言ったのは西郷隆盛だが、それも私はよーく理解できる。ただ、付け加えさせて貰えれば、「愛していることを知ることも同じ位の喜び}としたい。
 若い頃はともかく、オジサンになると精神的な充足感をより求める。キスなんかなくてもいいのだ、もちろん、それ以上のことも求めない。ちょっとした言葉や行動で「この女は俺のことを好いてくれている」と感じること が大いなる喜びとなる。逆に、「俺はこの女を大事な人だと思っている」と感じることも大きな喜びとなる。

 恋人をしっかりと掴んで離さない虫がいた。その瞬間の写真を私は撮っていて、マジマジと見た。確かにしっかりと掴んでいた。ではあるが、「ほう、そんなに相手が好きなのか?」と私は思わない。「SEXが好きなんだな、お主、まだ若いな」と思った。

 
 リュウキュウヒメハンミョウ(琉球姫斑猫)
 ハンミョウ科 本州~沖縄島、台湾、東南アジアに分布 方言名:ミチソージサー
 名前の由来についての資料が無く詳細は不明だが、ハンミョウは広辞苑にあり、「コウチュウ目ハンミョウ科の甲虫の総称。また、その一種。」とのことで、斑猫という字が充てられている。中国名の斑猫の日本語読みでハンミョウとなったのかもしれない。
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』にハンミョウの英語名はtiger beetleとあった。tigerはトラのことだが、tiger lilyでオニユリとなることから「鬼のような、凶暴な」といった意味もある。beetleは甲虫のことなので、tiger beetleは凶暴な甲虫となる。斑猫もそれと似たようなことかもしれない。斑はその体の模様から、猫は「ネコ科の哺乳類のうち小形のものの総称」(広辞苑)だが、もしかしたら中国語では獰猛な肉食動物を指すのかもしれない。同書に「昆虫を襲って食べる獰猛さから名づけられたのだろう」とあった。
 本種も小昆虫などを捕食する肉食性。体長9~11ミリ。出現は5~8月。「交尾中の雄は、雌の前胸を強く大あごではさみ、離さない」と『沖縄昆虫野外観察図鑑』にあったので、私の撮った交尾中の写真をマジマジと見た。その通りであった。
 
 交尾

 記:2014.6.28 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慰霊の日の食事 | トップ | イチムシたちの楽園 »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。