ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ムーチー

2011年03月17日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 ゲットウの香り

 センター試験のあった土曜、日曜日は、「雪が降るので、受験生は早めに家を出た方が良い」などというニュースが流れた。今年は全国的に寒いようだ。ここ沖縄も、1月としては珍しいくらい寒かった。これから2月いっぱいにかけて沖縄はもっとも寒い時期となる。ムーチービーサ(餅寒さ)という言葉があり、ムーチーの日が来ると寒くなるという意味なんだが、今期の冬はムーチーの日が来るだいぶ前から寒くなっている。

 その前日の金曜日、スーパーへ行ったらムーチーの材料、餅粉、ムーチーガーサなどが売られていた。「ほう、ムーチーの日が近いのか。ガジ丸HPで紹介しなくちゃ。」と思って、馴染みの喫茶店へ行き、店長(オバサン)と客(オバサン)の二人に、
 「スーパーでムーチーの材料が売られていたんだけれど、ムーチーの日って近いの?いつなの?」と訊いた。オバサン二人は顔を見合わせて、
 「えっ!もうそんな時期なの。ムーチーって新暦だと2月頃じゃないの」と言う。カレンダーを持ってきて確かめるが、喫茶店に置いてあるカレンダーはヤマトゥ(倭の国)風のカレンダーなので、旧暦の行事が記載されていなかった。
 「毎年、たいてい2月に入ってからよ」と言うオバサン二人の言葉を信じて、ムーチーに関する記事は次回載せることにした。沖縄のスーパーも本土並みに準備が早くなったのだろうか、せっかちなこったと思いながら、それでも一応、家に帰ってから我が家のカレンダーを確認する。ガス屋さんから貰った我が家のカレンダーには旧暦も、沖縄の行事もしっかり載っている。調べると、ムーチーの日は1月17日だった。スーパーの店長は真っ当なウチナーンチュで、けしてせっかちな性格ではなかったようだ。

 旧暦12月8日、鬼餅の行事がある。その日にムーチーを仏前に供え、厄払いとする。何故に餅が鬼を追い払うために必要なのかについては雑談の「鬼より怖い先公より怖い」で述べているので、ここではムーチーの作り方などを記す。
  餅粉に水を加えて、こねて、サンニン(月桃)の葉で包んで、蒸す。作り方は以上だが、餅粉をこねる時に、砂糖や黒糖を混ぜたりして甘い味の餅にするものもある。最近では紅芋の粉を混ぜたりして、そういう風味を出したものもある。カーサムーチーのカーサは葉のことで、サンニンの葉を指す。サンニンの葉は良い香りがするので、餅そのものに味をつけなくても美味しく感じる。包まれた一枚の餅の大きさは幅5cm前後、長さ15cm前後、サンニンの葉を剥いた中の餅の厚みは5~10ミリくらい。

  沖縄口で餅はムチと言う。アンムチ(餡餅)などと言う。それをムーチーと伸ばすと “餅の日”つまり鬼餅の日を指すことに(たぶん)なる。そして、ムーチーといえばカーサムーチーがすぐに思い浮かぶ。それほどウチナーチュには親しまれている餅。昔は各家庭で作り、各家庭それぞれの味のムーチーがあった。私の母親もよく作っていた。子供がいると子供の歳の数だけムーチーを吊るした。干し大根を吊るすみたいな感じ、ただし、ムーチーを吊るすのは軒下では無く家の中。姉の分、弟の分、私の分をそれぞれ母親は吊るしてくれた。自分の分を一つ取っては食い、また一つ取っては食い、が楽しかった。
      
 明日(17日)がムーチーの日。特に私の好物では無い(葉を剥がして食べるのが面倒臭い)ので、買ってまで食べるということは去年まではなかったが、今年はガジ丸HPに写真を載せようと思い、さっきスーパーへ行って3枚買ってきた。何の味付けも無い白餅と、紅芋餅、黒糖餅の3種。1枚120円。スーパーにはムーチーの材料だけでなく、そういうできあがったムーチーもたくさん売られていた。最近は各家庭で作ることも少なくなったようで、出来合いのムーチーを籠に入れる客が多くいた。
      
 記:ガジ丸 2005.1.16 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カステラカマボコ | トップ | フチャギ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。