ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

環境対策型都市

2009年10月09日 | ガジ丸通信-環境・自然

 「核兵器の無い世界を目指す。」、何と耳に心地良い言葉だろう。国連決議だったか、安保理の決議だったかで、先日、決議されたらしい。
 核兵器だけで無く、大量殺戮兵器が、ついでに少量殺戮兵器も一緒にこの世から消え失せれば、世界から戦争が無くなるに違いない。私は若い頃から流行の唄をあまり聴かないので、ジョンレノンの唄もよく知らないのだが、確かイマージンって唄もそういう内容だったのではなかったか。争いの無い世界を想像する、・・・何と甘い夢。

  それから数日後に、中国の軍事パレードの模様がテレビのニュースで流れた。甘い夢を見ていた私は、夢はやはり甘かったかと、ハーっと溜息をつく。
 もしもだ、軍事費が必要無いとなったなら、その半分を衣食住といった生活に関わるものの生産に使う。そうすれば、国民の生活はずっと豊かになるだろう。もしもだ、軍事費の残り半分をソーラーパネルやら風力発電に使ったなら、10年後の中国はエコで豊かな生活を実現するだろう。「石油?俺達は少しでいいよ。」となるかもしれない。豊かな中国は鷹揚になって、「チベット?ウイグル?台湾?独立していいんじゃないの、必要なら援助もするよ。その代わり仲良くしてね。」となるかもしれない。

 「普天間基地の県外移転」、何と耳に心地良い言葉だろう。羽登山総理の発言だ。基地が無くなると困る、という人も多いだろうが、基地の去った普天間の、その広大な土地に民間が生産活動を行うことによって、軍用地料など軍関係で得る収入をはるかに凌ぐ収入を得たならば、困る人たちも困らないに違いない。
 基地の跡地利用については既に宜野湾市などで計画されているかもしれないが、私個人のイマージンだけでも夢は広がる。新しい都市、普天間新都心と仮に名付ける。
          

  普天間新都心は環境対策型都市となる。建物は公共も民間も企業も個人もソーラーパネルが義務付けられる。都市内はソーラーパネルを利用した路面電車が走る。個人も企業もガソリン車は使わない。それから、最も私が主張したいのは、コンクリートとアスファルトが占める面積を半分以下に抑えることを義務付けたいということ。半分以上は土と緑と水(池とか川とか)にしたい。そして、土の多くは農地。
 都市には農地が無ければならない。これも義務付ける。農業は厳しい仕事だ。重労働の上に、台風や旱魃などで作物ができるかどうかの保障も無い。なので、国、または県は農業従事者を援助しなければならない。国民の命の糧を生産するのだ、国が援助するのは道理に適う。保護政策だと他国から文句言われる筋合いは無い。

 想像してみよう、路面電車の走る緑の多い街、里山があり、チョウやトンボが多く飛び交う街、カエルの声や虫の声が聞こえる街、すぐ近くに畑のある街、そして、その畑から採れたばかりの野菜がスーパーに並んでいる街。
 アスファルトとコンクリートが少ないのでヒートアイランド現象も少ない。緑の中を涼しげな風が吹きぬける街だ。20年後、そんな街ができているかもしれない。爺さんとなった私は、その街を散歩しているかもしれない。生きていればの話だが。
          

 記:2009.10.9 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版096 空に空がある限り | トップ | 修行の向こうに »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。