ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

修行の向こうに

2009年10月09日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 同僚の若いMが今、公共工事の現場監督をやっている。彼は経験があまり無いので苦労している。私は週に三日しか出勤せず、また、書類作りや図面書きなど内勤の仕事があるので、一緒に行動できることが少なくて、あまり助けになってやれない。現場作業においては私よりずっと頼りになるBは去年、同じく頼りになるTは今年、相次いでリストラされているので、若いMが相談できるのは私を除くと社長しかいない。

  「相談に行っても社長はすぐ怒鳴るんですよ。静かに話せば互いに何を言っているか解るし、解決策も見つかると思うんですけど、何でですかねー。」と先週、現場から帰ってきたMが、疲れた表情を見せながら私に愚痴をこぼす。
 工事自体面倒な工事であると、図面の多少読める私はある程度予想していたが、社長はそうは思わなかったみたいで、次から次へと起こる問題をMに報告されて、「そんなことじゃあ、仕事が思うように進まないじゃないか!」と、苛立っているのかもしれない。そういう社長の気持ちも解らないではないが、私は若いMに同情する。
 「怒鳴れば、言うことをきくと思ってるんだろうよ。気にするな。」と慰める。

 そのM、一昨年も一つ、現場監督をやっている。その時の彼に比べるとずいぶん逞しくなった。頼りになるBとTがいないので、自分で何とかせねばという気持ちが出てきたのだと思う。社長に対する愚痴は言うけれど、その数が格段に減った。愚痴を言うより先に仕事を進めなくちゃ、問題を解決しなくちゃあ、との思いであろう。
 役所や下請け業者との話し合いで問題が出てきて、頭の痛い思いをする。社長には怒鳴られる。「大丈夫か?十円禿げはできてないか?胃潰瘍にはなってないか?」と心配になる。だけど、この仕事を無事成し終えることができたら、Mはさらに大きくなるに違いない。これも修行だと思って、ここは一つ、踏ん張ってもらいたい。
          

 で、先週土曜日、Mを励ます意味も込めて飲み会をやった。Mが頼りにしていた元同僚のTにセッティングしてもらった。Mが頼りにしていたもう一人のB、Bよりも数年前にリストラされたKも参加。もちろん、現役同僚のSさんも参加。Sさんは穏やかで、黙々と仕事をこなす人。交渉ごとは苦手だが、腕の確かな職人。皆に愛されている。
  参加者はもう一人、数年前にアルバイトで現場仕事を手伝ってもらったOさん。Oさんは私やベテラン職人のSさんよりはいくつか若いが、親分肌で、貫禄があり、リーダーシップがある。アルバイトの立場でありながら、「飲みに行こうぜ。」とはたいてい彼から号令がかかり、概ね彼が日時、場所などのセッティングをした。
 Oさんは苦労人である。家庭の事情もあって定職に就けない期間が長かったようだ。Oさんはしかし、人望があり、顔が広い。一緒に飲みに行くとあちこちから彼は声を掛けられる。苦労を重ね、乗り越えてきた人の人望なんだと思う。
          

 若いMは、彼が慕っている元同僚のTやBを前に、その夜は当然ながら甘えた。日頃の鬱憤をぶちまけた。そして、月曜日からはまた、目の前の仕事を必死にこなしている。おそらく、その苦労は将来、人望ある人という成果を彼にもたらすはず。頑張ってね。

 記:2008.11.22 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 環境対策型都市 | トップ | 自由競争社会の迷惑 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。