ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

フトモモ

2013年09月20日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 美女の左手

 「ふともも見せてください」とオジサンの私が言った時、スカートの裾をたくし上げる若い美女は滅多に(絶対とは言えない)いない。「ふともも見せてください」とオジサンの私が言った時、「ついておいで」と言う爺さん農夫はいる。爺さんについて行くと、ある木の前で立ち止まり、「これだよ」と言ってその木を指差す。
 今年(2013年)4月、近所の大先輩農夫N爺様の畑にあるフトモモの木を見せてもらった。フトモモはちょうど花の時期でいくつも花を咲かせていた。それから3ヶ月後の7月、N爺様がフトモモの実を持ってきてくれた。「食べてごらん」と。

 もう長いこと(20年以上くらい)行っていないが、若い頃は若い女の子(お姉さんの場合もある)が隣に寄り添って座ってくれる飲み屋さんに時々通っていた。若い女の子(お姉さんの場合もある)は「何か歌って」とカラオケを勧める。私が断ると、「じゃあ私が歌っていい?」と訊き、私が肯くとマイクを手に何か歌う。

  フトモモはウチナーグチ(沖縄口)でフートーと言い、私より一回り年上の従姉の亭主や、それよりまだ年上の叔父などに「フートーって食ったことある?」と訊くと、たいてい「昔はよく食べたなぁ、その辺に生えていたからなぁ」という返事が返ってくる。その辺に生えていたらしいフトモモだが、私が子供の頃にはもう少なかったと思われる。私はかつてフートーを食った経験が無い。私が子供の頃はバンシルーが多かった。
 N爺様が持ってきてくれたフートー、「もう熟しているからすぐに食べられるよ」とのことだったので、家に持って帰って、洗って、少し冷やして食べた。これが私のフートーを食べる初体験。まぁまぁ美味しかったのだが、果肉が少なくて不満足であった。

 若い女の子(お姉さんの場合もある)が隣に寄り添って座ってくれる飲み屋さんで、私の隣に寄り添っている若い女の子(お姉さんの場合もある)がマイクを右手に持ち、カラオケで歌っている。その時彼女の左手は私の太股の上に置かれる場合がしばしばある。そして、美女の左手はしばしば際どいところまで上がってきたりする。
 美女の左手に興奮した若い男(私)は「ならば」と、意を決して美女をデートに誘う。であるが、美女は笑顔でのらりくらり、返事はいつもはぐらかされてデートになったためしは無い。独りとぼとぼ帰る道、若い男(私)は大いに不満であった。
      
 フトモモ(蒲桃):果樹・公園・防潮風
 フトモモ科の常緑高木 原産分布は奄美以南、インド、マレー半島 方言名:フートー
 高さは10mほど。耐潮風性が強いので、防風防潮林として使える。果実は芳香があり生食できる。結実期は6月から7月。「果実は淡白で・・・経済果樹の対象にはなりえません」、「味が淡白で生食に適しているとはいえない」、「果実はビワに似ていて生食できる」などと文献によって違っていたが、私は経験では「爽やかな香りとほんのり甘さでまあまあ美味しいが、食べる部分が少ないので経済果樹とはならない」となる。

 記:2013.8.2 ガジ丸 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天職も青山もあり | トップ | 神頼みの必要 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。