ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

旧海軍司令部壕

2011年01月06日 | 沖縄02歴史文化・戦跡

  我が島で昔あった悲劇を、もっと知らなくてはならないと思い、7月から戦跡巡りをしている。戦跡も、有名どころの摩文仁の丘やひめゆりの塔、健児の塔などはこれまでに何度も訪れている。ところが、以上挙げた箇所以外の戦跡を私は見ていない。調べると、実家(那覇市泊)の近くにも、今住んでいる首里石嶺の近くにも戦跡はあった。
 前回は、私の住まいから車で10分ほどの距離にある嘉数高台を紹介した。そして、第二回目となる今回は、車で30分ほどの距離にある旧海軍司令部壕。ここは有名である。私も若い頃から知っている。知っているが、訪れたことは無かった。

  旧海軍司令部壕は沖縄方面根拠地隊の最後の陣地。豊見城市の北、那覇市との境界近くに位置する。沖縄方面根拠地隊とは沖縄戦における日本の海軍部隊の名称。兵員は約1万人(そのうち3割は現地徴収の素人兵)、その主力は小禄海軍飛行場(現那覇空港)の守備にあたった。司令官は、「沖縄県民斯ク戦ヘリ、県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」の電文で有名な大田実、旧海軍司令部壕は彼の最後の場所である。
 沖縄方面根拠地隊、兵は1万にも満たない。一度南部に撤退した際、銃火器類を破壊したため兵器も脆弱であった。6月4日にアメリカ軍が小禄海軍飛行場に上陸すると、日本軍は6日に海軍壕に退き、12日に戦闘は終わり、13日に大田は自決する。
  大田の「県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」の電文は6日に打たれている。壕に立て篭もった日だ。その前日には、「最後まで小禄で闘う」と沖縄戦の最高司令官牛島満宛に電報を送っている。玉砕覚悟で壕に入ったのだ。そして、死を前にして、これまでを振り返り、沖縄の悲惨な現状と沖縄人の奉仕ぶりを電文にした。
 長くなるが、その電文の全文を判りやすく訳してみた。以下。

 沖縄県民の実情に関しては県知事より報告されるべきものですが、県には既に通信能力が無く、三二軍司令部にも通信の余力が無いと思われるため、県知事の依頼を受けたわけではないけれども、現状を看過することができず、代わって緊急に申し上げます。
  沖縄島に敵軍が攻撃を開始して以来、軍は防衛に専念して、県民に関してはほとんど顧みる暇はありませんでした。
 しかしながら、私の知る限りにおいては、県民は、青壮年の全部を防衛召集に捧げ、残った老幼婦女子は相次ぐ爆撃に家屋と財産の全てを焼かれ、身一つで軍の作戦に差し支えのない小さな防空壕に非難し、爆撃の中、風雨に晒され、乏しき生活をしている。
 しかも、若い婦人は率先して軍に身を捧げ、看護婦、炊事婦はもちろんのこと、砲弾運びや、挺身切込隊にまでも参加申し込みするものまでいる。
 しょせん、敵が来たら老人子供は殺され、婦女子は拉致されて毒牙に供せられるに違いないとして、親子は生き別れ、娘を軍の門前に捨てる親もいる。
 看護婦にいたっては軍移動に際し、衛生兵が既に出発した後、残された身寄りの無い重傷者を助けて●●。真面目で、一時の感情で動いているものとは思われない。
 さらに、軍において作戦の大転換があると、自給自足しながら夜中に指定された遠隔地域まで、黙々と雨の中を移動する。これは陸海軍が沖縄に進駐以来続いている。
 勤労奉仕や物資節約を強要されつつ(一部には悪評も無くは無いが)、ひたすら日本人としての御奉公の思いを胸に抱きつつ、遂に●●●●与え●ことなくして、本戦闘の末期と沖縄島は実情形●●●●●●。
 一木一草焦土と化した。糧食は六月一杯を支えるのみという。沖縄県民斯ク戦ヘリ
 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ

 注:●は判読不明箇所。「沖縄県民斯ク戦ヘリ」以下は原文のまま。

 訳しながら、ウルウルする。そして、平和な時代に生きていることを有り難く思う。
 私は一所懸命とか根性とか全く似合わない性格で、「石に齧りついてでも」とか、「なにがなんでも」とか言って目標を達成しようなどと思ったことは、かつてこれっぽちも持ったことが無い。概ね「ゆるゆる」と生きている。ところが、戦争についてだけは、「なにがなんでも」という言葉を使いたい。なにがなんでも戦争は避けたい。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

 記:ガジ丸 2008.8.17 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の戦争遺跡』沖縄平和資料館編集、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嘉数高台公園 | トップ | シュガーローフ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。