ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

無菌体質と雑菌体質

2017年02月17日 | ガジ丸通信-科学・空想

 畑への行き帰り、毎週金曜日ガジ丸ブログの為に通っている従姉の夫の事務所への行き帰り、その他、買い物への行き帰りに、車を運転しながら私はラジオを聞いている。畑仕事の休憩時間や昼休みにもラジオはオンになっている。私の関心は概ねニュース天気予報だが、平日の昼休みにやっている番組もなかなか面白くて、聴く機会が多い。
 その番組、どう面白いかと言うと、今のウチナーンチュの生の気分が伝わってくるので面白い。ウチナーンチュではない(大和人の)リスナーも少なからずいて、彼らの沖縄に対する愛情もふんわりと感じられてそれも楽しい。ところがだ、
 その番組のメインコーナーはアンケートとなっている。リスナーに対し「~~についてどうしているか?どういう立場であるか?A何々、B何々」と二者択一にしてアンケートを募るもの。それはそれでいいのだが、ところが、そのアンケート内容がどうでもいいことであることが多い。「靴は右から履くか左から履くか」みたいなもの。
 アンケート内容はどうでもいいことなのだが、リスナー達のメール内容に対する司会者のコメントが楽しい。どうでもいい内容なので具体的に覚えていることは1つもないのだが、全体の雰囲気が「ウチナーンチュだからさぁ」という気分であり、私は楽しい。

 どうでもいいアンケート内容が多い中、今週だったか先週だったかの過日、少し気になるアンケートがあった。「毎日風呂に入るか?A入る、B入らない」というアンケート。その内容は私にとってどうでもいいのだが、司会者の「毎日入るのが当然でしょう」について、「風呂には毎日入るのが当然か?ホントに?」と疑問を持った。
 司会者の意見は、「汗をかいたから入る、のではなく、生きていたら毎日身体にバイキンが着く、それを落とさなければならない」といったようなものであった。「それは違うだろう」と私は思った。「生きていたら毎日バイキンは着いている。風呂に入っても入らなくても人間の身体にバイキンは着いている。であるが、人間の身体に必要な菌も着いている。いろんな菌が着いているお陰で人間は生きていけると言っていい」と思った。
 素人の私なので科学的考察による科学的立証はできないのだが、いろんな種類の雑菌が身体に着いているお陰で、もしかしたら悪玉菌の繁殖を抑えているのかもしれない。この先、地球上に出現するかもしれない、人間が生きるのを邪魔するような悪魔のようなバイキンに感染したとしても、雑菌だらけの人間の方が無菌の人間より生き残る可能性は高いのではないかと、畑の雑草や虫達と触れあっている雑菌体質の私は思う訳だ。
     

 風呂(ウチナーンチュは概ねシャワーのみ、私も湯船に浸かるのは数年に1回くらい)に入って、石鹸で身体を洗う。だけでなく、中にはタオルでゴシゴシ洗う人もいる。私から見るとゴシゴシと身体の表皮を剥いているような感じ。「表皮を剥いてそこから雑菌が体内に侵入したらよほど危険ではないか?」と思う。ということを従姉に言うと、
 「ゴシゴシと角質を落とすのよ、落とした後はクリームでケアするから雑菌が浸入する心配もないのよ」とのお答え。「時間と金のかかること」と男の私は思うが、そういうのが女の身だしなみということなのかもしれない。そういうのはあれに似ている。
 太る(ケーキなど)食物を必要以上に食べて、その分のカロリーをフィットネスクラブに通って消費する。「無駄じゃねぇ?」と粗食小食の私は思う訳である。
     

 記:2017.2.17 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.2.17 ミーガクサリーガ | トップ | 科学の力 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。