ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ミナミキゴシハナアブ

2011年06月25日 | 沖縄の動物:昆虫-双翅目(ハエ他)

 ちっともアブなくない

 友人のHは、同級生の男の中ではもっとも早く結婚しており、もっとも早く父親にもなった男である。最初に産まれた子供は女の子。生まれたての子供はたいていサルのような顔をしているが、彼女は違っていた。生まれた時からカワイイ子であった。カワイイ子の好きな私は彼女を可愛がった。彼女もまた、私に懐いてくれた。
 先日、彼女に会った時、彼女には珍しい緩めの服を着ていたものだから、私は冗談のつもりで、「やあ、何でマタニティードレスを着ているんだ」と言った。「何、バカ言ってんの」という答えが返ってくるかと思っていたら、彼女は、「マタニティーを着なくちゃいけない体だからさあ」と答えたのであった。うむ、さすがに私が鍛えただけのことはある。冗談には冗談で返すか、とその時は思ったのであった。
 それから一週間後の先週土曜日、「本当に妊娠しているんだよ」と聞かされた。できちゃった婚になるが、式は子供が生まれて数ヶ月経ってから挙げるとのことであった。
  彼女がヨチヨチ歩きの頃、私は彼女をお風呂に入れたこともある。そんな私は彼女にとって、裸を見られたとしても、その体を触られたとしても、ちっともアブなくないオジサンである。そのオジサンが「夏にスーツを着るのは暑いから、結婚式は秋にしてくれ」と言ったら、ニコニコ笑って、「そうする」と答えてくれた。

 アブと名のつく昆虫は一見、ハチに見間違える姿をしているが、そのほとんどが人間にとって、ちっともアブなくない虫である。花に集まり蜜を吸う。一所懸命に花の周りを飛び回っている。真面目に生きているんだなあと思う。私に似ている、と私は思う。

 
 ミナミキゴシハナアブ(南黄腰花虻):双翅目の昆虫
 ハナアブ科 沖縄島、八重山諸島に分布 方言名:不詳
 ハナアブ(花虻)は「ハナアブ科の昆虫の総称」で、「花蜜を吸う」ところからその名がある。本種は腰が黄色いのでキゴシ、沖縄以南に生息するところからミナミとつく。本土にはキゴシハナアブがいるとのこと。本種より少し大きめとのこと。
 腰が黄色いと書いたが、私には、昆虫の腰がいったいどの辺を指しているのか正確には判らない。まあ、だいたいお腹のあたりであろうと想像する。そのお腹の辺り、全体が黄色いのでは無く、黒と黄色の縞模様となっている。ハチのように、である。
 沖縄の固有種とのことであるが、ヤンバルクイナなどとは違い、絶滅の恐れは全く無いと思われる。家の周り、職場の周りでよく見かけるアブ。オオハナアブと同じく、成虫は花の蜜を吸いに来る。花で止まっていることが多いので写真も撮りやすい。
 体長は10~11ミリ。成虫の出現は3月から12月。

 記:ガジ丸 2005.12.5 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカミズアブ | トップ | オオチョウバエ/ホシチョウバエ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。