立山日和。

立山連峰の山々を眺め富山県内を徘徊する日々を綴ったフォト日記。2014.11.3.までは友人の中国旅を毎日掲載した。

秋すすむ滑川山手へ、さらに上っていく・・・(2)滑川市山手(大崎野、室山方面)

2018年10月23日 | Zenblog
 滑川山手の急な上り坂を車でさらに上っていきます。少しずつ秋の度合いが深まる感じです。


(1)刈り取りの終わった田んぼの向こう、眼下に富山湾が見えてきます。




(2)山側を見上げると、傾斜の上は雲のかかる山(立山連峰の一角)です。カキの木の下には作業をする人。




(3)棒を伸ばしてカキの実の収穫です。




(4)白いコスモス。




(5)赤くなったコキア(ほうき草)。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント (1)

秋すすむ滑川山手へ向かう(1)・・・滑川市山手(大崎野、室山方面)

2018年10月22日 | Zenblog
 久しぶりに、滑川ICから山手に向かって上っていきました。秋の気配は次第に濃くなっています。昨日は立山の初冠雪でした。


(1)立山には雲がかかって見えませんでしたが、滑川山手へ向かって上っていきます。




(2)道横の畑に花が咲いています。秋の日に当たって鮮やかです。




(3)家の庭先のカキの実とコスモスの花。




(4)鮮やかな赤い実。




(5)元気よく飛び回っていましたが、羽が疲れた秋の蝶です。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント

常願寺川越しに立山を見る・・・常願寺川河口近くの左岸(西岸)から

2018年10月09日 | Zenblog
 常願寺川の左岸(西岸)を河口から少し遡ってみました。常願寺川越しに立山連峰が見えます。


(1)常願寺川河口近くの西岸には鬱蒼と木々が茂っています。その上には立山連峰にかかる勢いのある雲が見えています。




(2)左岸河川敷の林が途切れました。常願寺川の流れと対岸が見えます。




(3)対岸に見えているのは富山市水橋地区です。古くは水橋町という富山市の東郊外の、北前船の寄港地で漁港のある北國街道の宿場の町でした。




(4)常願寺川に架かるあいの風とやま鉄道(元・JR北陸本線)の鉄橋でした。線路が川を渡って少し行くと、水橋駅があります。




(5)あいの風とやま鉄道の電車が鉄橋を渡ってきて、富山駅へ向かいます。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント (2)

台風過ぎて、秋の日に戻りました・・・富山市水橋

2018年10月08日 | Zenblog
 家を少しガタピシいわせて台風25号が大過なく去り、秋の日に戻りました。秋の寂しさがどことなく漂います。


(1)常願寺川堤防から水橋地区と立山連峰を眺めています。稲は刈り取りがほとんど終わりました。




(2)常願寺川河口です。赤い橋は今川橋です。雲には少し夏の名残があります。




(3)常願寺川河口から見た富山湾です。立山連峰が富山湾に向かって下がっていきます。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント (2)

今夜台風25号、台風の来る前昼間の空、秋の雲が浮きトンボが飛ぶ・・・富山市水橋

2018年10月06日 | Zenblog
 今夜半から明朝未明にかけて台風25号が日本海を過ぎていくとのことです。その前の昼間の空です。秋らしい雲がのんびりと浮き、トンボが無数に飛んでいるのが見えます。


(1)白岩川の岸から立山を眺めています。のんびりした雲が浮き、トンボが飛んでいます。




(2)毛勝三山です。山襞までよく見え、トンボも大きく見えます。




(3)剱岳です。




(4)やや左寄りに薬師岳がどっしりしています。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリック
コメント (2)

秋深まる、台風25号の進路はどこへ・・・富山市水橋

2018年10月03日 | Zenblog
 秋が深まっています。台風の当たり年なのか、またしても日本列島を襲うおそれがあって、心穏やかではありません。自然は着実に秋の深まりを教えてくれます。


(1)今朝も立山連峰がはっきりと見えました。真ん中の剱岳に、その左に続く三の窓、小窓、大窓で区切られる稜線がくっきりとしています。




(2)右に薬師岳があり、それより左に弥陀ヶ原の傾斜と大日岳などが見えています。浮いている雲が可愛いです。




(3)金木犀(キンモクセイ)が香っています。




(4)庭の細かな蔓の草も、赤く色づいてきて、小さな秋です。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント (2)

寒くなってきた朝、やや弱い秋の光・・・富山市水橋

2018年09月26日 | Zenblog
 半袖ではもう寒いですね。白岩川の向こう雲がたなびく上に立山の頂上部が見えます。もうあの夏の強い光の痕跡もありません。夏を思い出すのも難しいほどの弱い光です。


(1)寒い朝、雲の上に立山の頂上部が見えます。




(2)朝は晴れていますが、夕方から雨のようです。今週末ぐらいか、次の台風(24号)が日本列島に向かってくるようです。




(3)秋の朝の弱い光にあたっている花です。




(4)庭の陽だまりに咲いているコスモスです。




(5)庭のムラサキシキブの実が鮮やかです。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント (3)

秋雨のあと、山襞に雲たなびく・・・富山市水橋

2018年09月21日 | Zenblog
 朝まで雨が降っていました。色づいてきた庭に雨のあとが残ります。白岩川沿いから見た立山連峰の山襞には、雨のあとの雲が漂っています。


(1)色づき始めた庭の草には濡れたあとが残っています。秋が深まる気配がわかります。




(2)雨上がりの景色です。立山の山襞に雲がたなびいています。




(3)白岩川の水面が静かです。




(4)山襞の雲のこちら側を、あいの風とやま鉄道の電車が走ります。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント (2)

秋が来ました・・・富山市水橋

2018年09月19日 | Zenblog
 真夏から今まで一か月以上休みました。その間、台風・豪雨・地震・・・、人の世も静かではありませんでした。私自身も高齢の身には厳しい日々が続いていました。それは現在もそう変わりませんが、少し緊張感が緩んだようにも思います。長い間の怠けから、少しずつブログにも復帰しようかと・・・・
 ご心配いただいた方には申し訳ありませんでした。ありがとうございました。

 立山連峰を望む里にも、本格的に秋が訪れてきています。


(1)白岩川の水が静かに流れて、あいの風とやま鉄道の電車が乾いた音をたてて鉄橋を渡りました。




(2)白岩川河口方向、青い秋空を映しています。




(3)秋の立山連峰、左が剱岳右が大日岳です。




(4)ススキと田んぼです。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント

カイトサーファーが海風に乗って走る・・・富山市岩瀬浜

2018年08月12日 | Zenblog
 爽やかな風に吹かれて、サーファーがカイトを操り。海上を疾走しています。


(1)カイトがいくつも海の上に浮かび、右に左に走り回っています。カイトサーファーの楽園です。




(2)カイトが二つ並行して走っています。




(3)オレンジのカイトが浮き上がりかけ、疾走をはじめました。




(4)いろいろなカイトが上がる。




(5)カイトとサーファーの緊張関係。




(6)カイトに引っ張られて水上を滑走するカイトサーファー。




(7)手前にカイトがあり、サーファーはこちらに向かってくる。




(8)カイトとサーファーの緊張が崩れて、サーファーが転覆。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント

爽やかな海風が吹く岩瀬浜へ、カイトサーフィンが舞う・走る・・・富山市岩瀬浜

2018年08月11日 | Zenblog
 そう暑すぎることもなく海風が爽やかに吹いています。風の爽やかさを象徴するかのように、カイトサーフィンのカイト(凧)が舞い走っていました。


(1)岩瀬浜の東に見えるはずの立山連峰は、雲に隠れています。




(2)その東の方向には滑川や魚津の海岸が連なっています。




(3)カイトサーフィンがカイトに爽やかな風をはらんで空中を舞い、海上を疾走しています。




(4)爽快な風を楽しんでいるカイトサーフィン。




(5)ずっと西(左)方向に海水浴場が見えますが、人出はそれほど多くはありません。



(カイトサーフィンについては、明日に続きます。)

標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント (1)

蒸し暑い日に、稲穂・ノウゼンカズラ・夾竹桃・・・富山市水橋

2018年08月10日 | Zenblog
 湿度が重くのしかかり、気温は30℃少し上ですが、蒸し暑さが堪えます。それぞれの植物がそれぞれに自分の季節を生きている感じがします。


(1)立山の上に雲が連なって、曇りの日らしく蒸し暑さがじわっと迫ります。




(2)稲穂が垂れる田んぼが多くなってきました。




(3)ノウゼンカズラの花がしつこく咲き続けています。




(4)白い夾竹桃(キョウチクトウ)が咲いています。赤色の場合は本格的な夏の暑さを思わせる花ですが、白は暑さから少し免れるような印象があります。




(5)白いキョウチクトウの花です。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!


コメント (1)

やっと普通の夏に戻ったかのような表情

2018年08月09日 | Zenblog
 ここ二三日狂ったような猛暑から抜け出して、やっと普通の夏に戻ったかのような表情です。わが身体状況は平常の夏にはまだ戻りかねています。


(1)白岩川の水は涼しさを感じさせてくれます。




(2)白岩川の水とカヌーが涼感を演出しています。




(3)やっと朝のアサガオに涼しさを感じるようになりました。




(4)アサガオが元気を吹き返してきました。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント

暑い日、立山町の昆虫王国や大観峰・・・立山町

2018年08月08日 | Zenblog
 数日前の暑い日、立山町の白岩川の谷から山へ向かって入り、「昆虫王国立山」や大観峰を見に行きました。


(1)やはり暑い日でした。立山には雲がかかり、稲田も暑そうです。




(2)暑い日の赤い花。




(3)「昆虫王国立山」の看板。




(4)昆虫王国立山の施設などかなり整っているようですが、この日は人影も見えずこちらも一人だったので、中へは入りませんでした。




(5)そこから山の方へ向かうと「大観峰」の表示があったので、山中へ入っていきました。出会う人も車もなく、山中を走り、時々は下の景色が見えます。




(6)大観峰の施設です。ここも人影がありません。




(7)展望のきくところから見下ろすと、富山平野とその右には富山湾の奥が広がっていました。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント (1)

剱岳直下の馬場島へ向かう(5)、馬場島から引き返す(帰途)・・・上市町・県道剱岳公園線

2018年08月07日 | Zenblog
 馬場島であちこちを眺め渡したあと、引き返しました。帰途に見た水の姿は印象に残りました。


(1)馬場島の芝生の広場です。静まり返っていました。




(2)広場の横、白樺の木と「試練と憧れ」の碑です。




(3)帰りに見た川の流れ、水の量はきわめて少なかった。




(4)発電所の隣に安置されていたぞろめき神社。山の神と水の神を祀っています(治山治水)。




(5)発電所の下を豊かな水が流れていました。




(6)帰途、大石が転がる川の横を、帰りの道が下っていきます。



これで「馬場島行き」を終わります。



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村にクリックを!
コメント (2)