yamadyの徒然日記

3年余のロンドン生活を終えて帰国したyamadyが,カウンターカルチャーショックにめげずがんばっている様子を書いてます。

明日から

2007-11-28 22:13:04 | 日々の生活

明日から火曜日までお休みを頂いて、ちょいと一人で日本に帰ります。

ワーイ、およそ1年ぶりの日本だー!

数ヶ月前、友人から遠慮がちに「結婚するんだけどさすがにロンドンからは無理だよ…、ね?」といわれたので、すかさず 「行きます!」 即答しました(笑)。こんな機会でもないとなかなか帰れませんから。日本への出張もないし。

貯まったマイルで行くから金なんかかからんしー、などと鼻歌交じりに思っていたんですが、思わぬところに伏兵がおりました。

空港税etc。

マイルのチケットの場合、税金は別途払わなきゃいけない事を知らず、意気揚々とJALに予約の電話をしていたところ、「空港税200ポンドは別途お支払いいただかねばなりません」とあっさり伝えられ、おねえさんの明るい声とは裏腹に一瞬目の前が暗くなりかけました…。

高けーよ、税金!

まあ、せっかく日本に帰るのだからよしとしよう。
買出しもいっぱいせねばならないので、4泊6日という超短い滞在ですが、あわただしくあっという間に過ぎていきそうです。

友人よ、いくら君が下戸といえども今回という今回は飲んでもらうぞ!

コメント

2500万人分

2007-11-25 02:57:51 | 日々の生活

この前新聞にイギリスでの個人情報流出に関する不祥事の記事が載っていました。

日本でもこの手の話はよく問題になったりしておりますが、さすがいい加減の国イギリス、まったく規模が違います。
漏れももれたり、2500万人分!全人口の約4割の納税記録や銀行口座なんかの個人情報が漏れたか紛失かしたらしい。

40%ってことは、自分の納税記録も漏れてる可能性が40%あるってことだし、約40人いるうちの事務所のうち、およそ半分は情報が漏れてるって計算になります。自分がセーフだったら隣に座ってる人が…。

まったく、いい感じのいい加減ならいいけどさすがにそりゃないな。。。

コメント

初パリ出張

2007-11-24 00:55:23 | 海外

当然僕が、ってわけではないんですが。。。

来年からロンドンの事務所にやってくる後輩が事前勉強を兼ねて欧州に出張にやってきました。

入社もロンドン生活も先輩の僕としてはやはり大事に面倒をみてやろう、ってのが人情ってもんで、今回一緒にパリにとある会議に参加してきたんですが、パリは公私共々初めての訪問ってことで、空き時間を使ってメジャーな観光名所を見て回りました。

会社の先輩、ってよりどちらかというとツアコンだな。しかもツアーの開始は夜の10時!さらにはそのときはパリで公共交通機関のストライキがあり、地下鉄も来るんだか来ないんだかわからない程度の頻度でしか来ない。。。そんなところで観光すんな、っちゅーねん。

でも、その後輩の「うぉーエッフェル塔やー!」とか、「凱旋門をこんな間近で見られるなんて!!」という無邪気なはしゃぎようを見て、心を洗われたのは言うまでもありません。。。

後輩君、パリのツアコン代は高いぞー。しっかり働いてもらおう!

 

 

コメント

高い!

2007-11-19 00:32:35 | 日々の生活

今、日本ではガソリンの高騰がニュースになってます。確かに1リットル155円ってのは僕も今までに経験したことのない値段のような気がします。

が。

イギリスはしゃれになってません、はっきり言って。

もともとイギリスのガソリンの値段は(産油国のくせして)むちゃくちゃ高かったんですが、ここ最近の原油価格の高騰を受け、ついに1リットル1ポンドの大台を超え、現在は僕が使っている地域最安値の店でさえ101.9ペンス/リットル(約240円)也!

泣きそう…

タンクが空の状態から満タン入れると、1回当たりの給油で支払える心理的障壁50ポンドを簡単に超えてしまいます。
こちらのガソリンスタンドはセルフが当たり前ですが、給油中に金額メーターのほうが給油量メーターより速く進むのを見てると悲しくなってきます。

しばらく車乗るのやめるか、って訳にも行かんし、自動車かっ飛ばして気分転換だってしたいし、悩ましいのぅ。。。

コメント   トラックバック (1)

寒い

2007-11-17 01:45:47 | 日々の生活

題名ママです。寒い!

この二日間、ロンドンはこの冬一番の冷え込みのように思います。
昨日も今日も出勤時に家を出たら、道端に止めてあった車がガチガチに凍ってました。今年はいつもより早く冷え込んできた気がします。まだ11月だって言うのに。

まだまだ日も短くなるし、気が滅入っちゃうな。。。

コメント

Newton Faulkner

2007-11-15 00:12:46 | 日々の生活

最近、Newton Faulknerというアーティストにはまっております。

もともとラジオでよくかかってるなー、いい曲だなー、なんて思っていたのですが、リンク先の本人のホームページで曲を聞いているうちに頭からメロディーが離れなくなってしまった。先日CDを買いました。

Dream Catch Me と All I Got、おすすめです。

ちなみにこの人の曲がよくかかっているラジオ局、Virgin RadioはiTunesをつかって、インターネット経由で聞くことも出来ます。

お試しあれ!

コメント

Last Waterloo

2007-11-14 01:05:35 | 海外

今日は日帰りでブリュッセルに出張に行ってきました。

日帰りの出張は辛い。ふつう朝4時半起床で、5時にタクシーに乗り空港なり駅に向かいます。

今日はユーロスターで往復したのですが、今日11月13日は、ロンドン側のユーロスターの駅、Waterloo駅に発着するのが最後の日なのです。明日からは別の駅(St Pancras駅)から発着することになります。
狙ったわけではないのですが、図らずも慣れ親しんだWaterloo駅最後の日にユーロスターに乗ることになりました。

ブリュッセルからの帰りの便は、これまた図らずも、まさにWaterloo駅に到着する一番最後の便に乗って帰ってきました。

鉄道マニアが一番最初の電車とか廃止前の一番最後の列車に乗りにくる、ってことがよくありますが、その気持ちがちょっと分かる気がしました。
電車の中でも「この列車は、Waterloo駅に到着するまさに一番最後の列車です。」なんてアナウンスしてみたりして、さほど感慨を持っていなかった僕も、Waterloo駅からよく乗ったもんだなー、なんてちょっと感傷的になってしまった。

帰りのユーロスターの中でのこと。
一仕事終え、売店にビールとつまみを買いに行ったところ、テーブルの上にプラスチックのコップに注いであるシャンパンが所狭しと並べてある。

「こりゃーただに違いない!」と喜び勇んで店員さんに聞いてみると、やっぱりWaterloo最後ってことで、振る舞い酒されているとのこと。遠慮せずいただきました。うまかった。

とはいえ、さすがに2杯も3杯も飲むのは気が引けたのでやめときましたが。

鉄っちゃんの気持ちもちょっと理解できたし、ただ酒も飲めたし、いい出張でした。

…仕事もしてます。一応。。。

コメント

酒屋にて

2007-11-13 00:13:28 | 日々の生活

も一つ週末の出来事。プールで泳いだ帰り道に、酒屋によってビールを買いました。
(せっかく余分な脂肪分を燃焼したのに…、とか言うな)

最近気に入っている銘柄はPeterman Artois。ベルギーのビールメーカーArtois(アルトワ)社から今年の夏に発売されたビールです。

なんでこのビールを気に入って飲んでいるかというと、

①味が軽くておいしい
②安い(440cc8缶で5.99ポンド。日本と安さでためをはれるのはビールくらいではなかろうか)

そして。。。

③おまけのグラスがついてくる

このおまけがなかなかの優れもので、ベルギー人のビールへのこだわりを感じさせる逸品なのです。

まず、普通のガラスのグラスで非常に趣がある。デザインもなかなか凝ってる。
説明書きを読んだれば、「ビールの泡を細かく立たせるために、グラス内部に直線は使用していません。その構造により、従来のグラスよりも23%もビールの冷えのもちがよくなっています」と書いてある。

確かに普通のグラスは円柱型で直線部分がありますが、このグラスは全体的に卵型をしています。23%云々はともかくとして、洒落たデザインであることにまちがいはない。

で、そのおまけのグラスをすっかり気に入ってしまった僕は、家の近くの酒屋さんでせっせと同じ銘柄を買い続け、そのたびにグラスをもらい続けてきたのですが、今回、店の人から一言。

「もうグラスだいぶたまっただろう。あとうちにあるのは6つだぞ。」

お、覚えられてーら。。。

コメント

プールにて

2007-11-12 22:56:10 | 日々の生活

週末の出来事。いつもどおりプールに泳ぎに行ったときのこと。

僕のホームプール(?)はプールサイドに入る前に靴を脱いで裸足で入っていくようになっているのですが、靴を脱いで入る準備が出来たところで、ちょうどプールから出てきたおじいさんが、まじまじと僕の靴を見て

「あんた靴のサイズはいくつだね」

って聞かれました。

UKの靴のサイズって未だによく分からんのよね。。。

9だったっけ?と思いながら、

Y: 「多分UKサイズで9だったと思うけど…(と言いつつ靴を調べる)…やっぱり9だ。僕は日本人だからUKサイズに慣れてないんよ。」というと、おじいさん
爺: 「わしはアメリカ人じゃが、アメリカの靴のサイズはUKサイズより1サイズ大きく表示してあるから紛らわしいのぅ。」

そうなんです。僕の靴の場合、USサイズで9.5、UKサイズで9、とUSサイズは1サイズ大きく表示されます。

へぇーアメリカ人のおじいさんがロンドンに住んでるなんて変わってるなー、なんて思っていると、

爺: 「日本ではどんなサイズをつかっとるんじゃ?USサイズか?」
Y: 「いや、日本はセンチメートルだよ」
爺: 「そりゃまた□●※△@☆(聞き取り不能、Yの想像:かわっとるのう)」

調子に乗ってきたおじいさん、立て続けに、

爺: 「@&%$●〒♂∞#£! ■¢∴″℃◆〓?」

何言ってるか、全然分かりません…(涙)。「まったく国によってサイズがばらばらでわかりにくいのぅ。」とでも言っていたのだろうか。はたまた、「にいさん、足でかいな」だったのだろうか。。。

ニコニコしながらやり過ごし、プールに向かおうとした最後の一言だけかろうじて聞き取れた。

爺: 「Enjoy your swim!」
Y: 「Thank you!」

あぁ、やがて3年も住んでいると言うのに、自分の英語力に泣ける…

コメント

続々アメリカ記

2007-11-08 23:30:23 | 海外

オーランドと言って忘れちゃいけないのが、ハードロックカフェです。

ヨーロッパ内ですっかりご当地Tシャツコレクターになってしまいましたが、ハードロックカフェってもともとアメリカのもんですし、実はオーランドは発祥の地らしい。総本山に行かない手はない!ということで、わざわざTシャツを買うためだけに、ホテルからはえらく遠かったのですが、バスに乗り継いで行ってきました。

オーランドのハードロックカフェはユニバーサルスタジオのすぐ隣にあるんですが、

さすが総本山、今まで見てきたどのハードロックカフェよりもでかさが明らかに違う。

ユニバーサルスタジオの中には入らずじまいでしたが、その外側にもいかにもアメリカンな町並みが整備されていて(その一つがハードロックカフェ)、十分堪能できました。

もちろんTシャツもゲット!今まで買ってきたTシャツはむき出しでたたんであるだけでしたが、さすが本社のオーランド、Tシャツもちゃんとパッケージに入っています。正方形の真空パックみたいの。なんだか破るのがもったいないな。。。

ところで、この旅行を通して思ったこと。それは…

「アメリカ英語わからん!」

妙に巻き舌が激しくて、滑舌がはっきりしていない感じに聞こえてしまった。もっとはっきり発音しやがれ。

そしてもうひとつ気になったのが微妙な単語の違い。たとえば

ごみ:(英)rubbish (米)garbage/trash
おっと失礼:(英)sorry (米)excuse me  とか。

飛行機の中でスチュワーデスさんがゴミ袋を持ちながら"Garbage!"と叫んでいるさまはお世辞にも美しいとは思えませんでした。“ガベッジ”って響きも悪いし。

ホテルの中とかを歩いているときも、ちょっと肩がぶつかったりしたときに、"excuse me"とか言われたりすると、(それはそれでマナーとしてはばっちりなんですが)

「ちゃんとsorryって謝りやがれよ

と反射的に思ってしまいました。

…すっかりイギリスかぶれです。はい。

コメント

続アメリカ記

2007-11-07 23:43:12 | 海外

ようやくお腹の具合も回復してきて、旅行記に取り掛かることができます。

…とはいえ、寒いロンドンに帰ってきておよそ1週間、なんだか暖かかったフロリダのことがえらく昔のことのように思われて、よく思い出せないな。。。
いずれにせよ、これ以上忘れないうちに、覚えていることを書こうと思います。

今回は10/27-11/2の5泊7日の日程で行ってきたのですが、お天気は台風が近づいていたこともあり、あまりよくありませんでした。
あまりよくない、といえども時折小雨が降る程度で青空も見え、むしろ暑すぎず寒すぎずちょうど良かったのかもしれません。
滞在中、オーランドローカルのテレビ局の天気予報を欠かすことなく見ていましたが、アメリカは気温が華氏なんですよね。80°Fなんていわれても、暑いのか寒いのかさっぱりわからん。

さて本題。

ご存知の方も多いと思いますが、オーランドと言えばやはりディズニーランド。正確にはディズニーワールドです。

オーランドにはディズニー関連のテーマパークが4つあるのですが、とても全部は回れないので(というか、ディズニーだけに費やすのは癪なので)

 Magic kingdomというところに行きました。日本で言うところの東京ディズニーランドと同じような感じです。スペースマウンテンなんかもあったりします。ちょうどハロウィンの時期だったので、ディスプレイがかぼちゃになってました。

シンデレラ城もよう似とります。当たり前か。

お天気がそこそこだったのが幸いしてか、東京ほど混んでおらず、いろいろすいすいまわれました。

でもやっぱり僕のお気に入りは

プルートだな。

長くなったので、続きはまた今度。。。

コメント

食中毒?

2007-11-05 23:33:23 | 日々の生活

アメリカ続編を書くところではありますが、とりあえずこっちをさきに。

どうやら食中毒になったみたいだ…。

昨日の晩からずーっとお腹の調子が悪く、気持ち悪く一夜を過ごし、今朝はなんとしてでも出勤せねばならんと思い地下鉄に乗ったものの、ちょうど真ん中らへんの駅で気持ち悪くなり上も下も危うくなってきて(お食事中の方すみません)地下鉄を飛び降り、近くのホテルのトイレに駆け込むなど、ほうほうの体でなんとか会社にたどり着く始末。

会社でも当然お昼など食べられるはずもなく、お茶ばかり飲んでました。

胃腸が気持ち悪いってのはどうしようもないな。電車のゆれに耐えられません。

それにしても一体何で当たったんかな…プールでお腹を冷やしたかな?

コメント

初めての…

2007-11-04 22:52:57 | 海外

風邪を引いた話からすっかり時間が経ってしまった。

先週は一週間、お休みをいただいていました。というのも、うちの会社では勤続10年が経過した時点で、5日間お休みを頂ける権利をいただけるのです。
普通ならジャパニーズサラリーマンjとしては有給休暇ってのはなかなか取りにくいもんですが、この勤続休暇となるとちょっと話が変わり、上司から「取れ、取れ」とプレッシャーがかかるのです。と言うのも、部下がこの休暇を取らないと上司の上司からお叱りを受けるから。

てな訳で前置きが長くなりましたが、お休みをいただいて行ってきました!

初めてのアメリカ ワーイ

今までハワイ、グアム、サイパン等の日本から比較的行きやすいところも含め、アメリカ合衆国というものにに足を踏み入れたことがありませんでしたが、ついに足を踏み入れました。

行った先はフロリダはオーランド。東海岸なんて、日本からは遠すぎ/高すぎて、イギリスに住んでいる今を逃したらきっと行く機会なぞなかったでしょう。。。
ディズニーワールドやら、シーワールドやら、ユニバーサルスタジオやら、そんな感じのものがいっぱい立ち並んでいるところです。立ち並んでるといっても、だだっ広くてひょいっといけるような感じではないんですけどね。。。

ところでオーランド、日本語では「オーラン(ド)」って感じで発音しますよね?
ロンドンの空港でチェックインする際、行き先を聞かれたときに「オーラン(ド)」って言ったら、カウンターのおばさん全然理解してくれませんでした。
つづり(Orlando)を思い出し、「最後の“ド”をしっかり発音せにゃならんのかな」と思い「オーランドゥ」と言いなおしてみると、

「Oh、オーランドウォ!」って直された末、ようやく理解してもらえました。

そんな発音するだなんて知らんよ…

それにしても、イギリスからと言えどもアメリカはやっぱり遠かった。
今回ノースウエストに乗りデトロイト経由で行ったんですが、ロンドンからデトロイトまで約8時間、乗り換えてオーランドまで2時間半、乗り換えの待ち時間を含めると12時間半と、日本に帰るのと変わらないくらいくらいでした。

長くなりすぎたので、また次に。。。

コメント