yamadyの徒然日記

3年余のロンドン生活を終えて帰国したyamadyが,カウンターカルチャーショックにめげずがんばっている様子を書いてます。

出張記8 ~ロンドンの休日4~

2010-10-31 01:46:40 | イギリス

さて休日2日目。まずは朝飯ですが、ホテルで典型的なイングリッシュブレックファストがついてます。

ソーセージ、ローストトマト、豆、マッシュルーム、目玉焼き…
さすがに同じものが続くと3日目には無理…食べられませんでした。。。

前回イギリスに来たのが去年の9月だからyamady的にはイギリス料理は2日食べれば十分1年分のギャップを埋められるらしい(笑)。まあ妥当なところか。

休日だからといって、遊んでばかりもいられません。来週着る服を確保するため、近くのコインランドリーで洗濯。

店主のインド人のおっちゃんが感じ悪かった。。。

ホテルの部屋にアイロンもあったので、ワイシャツも自分で洗いアイロンをかけてクリーニング代をケチりました。我ながらせこい!

洗濯が終わったら、市内をうろつくことに。

 

ホテル近くのニュースエージェント。単なる小さい個人商店ですが、ロンドンの雰囲気がぷんぷんします。Notting Hillでもこんな感じの店が写っていた気がする。

バッキンガム宮殿、

セントジェームスパークを経て


ダウニングストリートに行きました。

ダウニングストリートというと、イギリスの首相官邸があるところです。あわよくば扉の前で写真を撮ろうと勇んで出かけたのに、

ものすごい厳重な警備。残念。。。

ダウニングストリートは断念しビッグベンへ。

我ながらなかなかいい感じに写真が撮れた。

歩き回るのも疲れてきたので、トラファルガー広場に行きナショナルギャラリーに入りました。

絵を見るというよりも、絵を見るふりをしていすに座るのが主目的(笑)。

…時差ぼけもあってしばらく居眠り。我ながらなんと隙だらけの旅行者だろう。

そのあと自然史博物館、

そしてハロッズへ。

ハロッズではこんなマシンがおいてありました。

おいおい、硬貨をプレスして形を変えるなんて日本でやったら犯罪だぞ。ええんかいな。。。

 

日曜日は景色を楽しむためになるべくバスでの移動をしていたのですが、バスでものすごく驚かされたことがひとつ。

次のバス停をちゃんとアナウンスしてくれるようになってる!!!

…まあ日本ではごくごく、すごーく当たり前のことなんですが、少なくとも2008年はじめまではそんなことはなく、いつもバスに乗るときは地図とにらめっこしながら「ここで降りるか、もうひとつ行ってみるか」なんてどきどきしたもんです。

便利になった、親切になったのはいいことに決まっているんですが、不親切な街ロンドンに慣れ親しんだ身としてはすこし悲しい気分になったりしました。天邪鬼や、自分。

さて休日の締めの晩ご飯。すでに西洋系にあきあきのyamadyは米を求めに

日本人の味方、あたりやすしバーでちらし寿司をお持ち帰り。

あぁやっぱりうまい、生き返った。。。

 

これでようやく休日は終了。それにしても今回の出張のブログ、休日を満喫しすぎで仕事のにおいがまったくしてこない(苦笑)。

コメント

出張記7 ~ロンドンの休日3~

2010-10-30 17:13:46 | イギリス

フライト待ちのうちに、もうひとつ書き溜めてあった奴をアップしておこう。

まだ休日1日目は終わりません(苦笑)。
ポーツマスからロンドンへ戻ったあとは、さらにコベントガーデンへ。

相変わらず休日はすごい人で、大道芸人なんかも出てます。懐かしいなぁ。

人が多いところは苦手なので(じゃあ最初からそんな人ごみに行くなよ、って突っ込みはなしで)、フリーメーソン本部など見ながら、

早々にコベントガーデンを後にしました。あとはハイドパークを散策。




都会のど真ん中にこんな自然豊かなところがあって、やっぱロンドンはいいなぁ。

 

そして晩飯。来る前からこれだけは絶対食べたいと心に決めていたものがあります。

…それはShephard's pie。Fish and Chipsと並びパブ飯の王道です。

楽しみにしつつ狙いのパブにいってみると…閉まってた。ショック…休みは日曜日だけだと思っていたのに。。。土曜日って休みだったっけ??

まあ閉まっているものはしょうがないので、ほかのパブでShephard's pieを食べました。望んでたのと微妙に違うんだけどな。。。

見た目は「こんなもんうまいのか?」と首をかしげるようなものに見えますが(実際そうかもしれませんが(苦笑))、懐かしくてうまいと感じてしまうんだなぁこれが。
一番最初にイギリスに来たときは「何だこんなまずい大味な料理は!」と感じたことを思うと、えらい変わりようです。

そんなこんなでロンドンの休日1日目を満喫した(しすぎた?)yamadyでした。

ようやく2日目に続く。。。

コメント

@成田

2010-10-30 15:29:20 | 海外

まだ入国審査を通っていないということで、カテゴリーは一応“海外”ってことで。

たった今、ロンドンから成田に到着しました。ニュースでは聞いていたけど、台風直撃で空港がえらいことになってます。
駐機場も雨が流れて川のようになってる状況。そりゃちょっと言いすぎか。
でもこれからまだ名古屋に帰らんといかんのに、飛行機ちゃんと飛ぶんだろうか…?

今のところ一応飛ぶみたいだから、まあ待ちましょう。

それにしても今回の出張は疲れた。。。腰は痛めるは風邪はひくはで、ほうほうの体でやっとこさ日本にたどり着いた状況。
「週末も挟んでるワーイ」なんて無邪気にはしゃいでた自分が…かわいいぞ。

とりあえず明日1日休みがあるから、せいぜいゆっくりすることとしよう。

それにしても、日本っていいなぁ。インターネットも無料で使わせてもらえるし居心地もいい。
海外じゃ考えられない。すごい。

日本のすばらしさを改めてかみ締めつつ、次のフライトを待っております。(そりゃ大げさか)

コメント (2)

出張記6 ~ロンドン、ポーツマスの休日2~

2010-10-29 15:18:42 | イギリス

リアルタイムでは今日(29日)がロンドン滞在最終日。腰も痛いし風邪は引くし、ホテルを転々とする長丁場の出張がこんなに辛いもんだとは、逆に今までしらなんだ。。。
こんな生活を繰り返している営業の人は営業の人で、見えないところで苦労しているもんなんだなぁ。(yamadyは基本的には出張があまりない技術屋です。よく「お前は絶対技術屋には見えん!」と言われますが。ははは(泣))

さて時計の針を巻き戻して出張に出てからはじめての週末。今回の出張のメインイベントです(苦笑)。

ロンドン観光なぞすっ飛ばし、一路ポーツマスへ。電車で1時間半くらいでしょうか。
お目当てはアウトレットの買い物。安いしサイズが合うんだよねぇ、なぜかこちらの服のほうが。手が長いからしゃーないか。

ウォータールー駅から

電車に乗って

牧歌的な風景なんかを眺めながら

ポーツマスに到着!

以前は車で来たせいもあってかあまり気づかなかったのですが、電車を降りたとたんに潮の香りがただよってます。町並みもなんとなく港町な感じがする。気のせいか。

ホントにアウトレットだけ行くのも何だと思い、いままで散々来ている割には行った事のなかったヒストリックドックヤードをちょいと見学してきました。今でもNavy baseとして使われているらしい。

昔のイギリス海軍の帆船の戦艦HMS Victoryが昔の形のまま展示してありました。

どこかの国の処女航海で沈んだ船とは一味違いますなぁ(笑)

さらっとドックヤードを見回った後にメインイベントのアウトレットへ。

早速お目当てのシャツを買いに行きました。日本で買う価格の半分くらい。こりゃー安い(嬉)。

シャツさえ買ってしまえばこんなところに用はなし!(←ひどい言い様)
といいつつ、埠頭の景色を堪能してからロンドンに帰りました。

埠頭にはヨットが止まってて、対岸のワイト島行きのフェリーが定期的に出て行きます。

日本人には有名な別のアウトレットがまったく違う方向にあるのですが、やっぱり僕はこっちのほうが好きだな。店はともかくとして、全体の雰囲気がすごくいい!
また来れるとは思わなかったよ、Gunwharf…(感涙)

長くなりすぎたので次回に続く。。。

コメント

出張記5 ~ロンドンの休日1~

2010-10-28 01:41:48 | イギリス

感じ悪い入国管理官のせいで気分悪く始まったロンドンの休日ですが、スタンステッドエクスプレスに揺られること45分、Liverpool Streetに到着した頃には、すっかりそんなことも忘れました。(←単純)

地下鉄への乗り換えも、不思議なもので行く方向を体が覚えてる。意外に忘れないもんだなぁ。

で、ひさびさのtubeに大興奮。あいかわらずちっちぇーなー(感慨)

入国のすったもんだもあったせいで、ホテルに着いたのは夜の10時を回ってから。これじゃあパブ飯も食えやしない(怒)。でもビールだけはしっかり飲んできました。

Friday nightだから店内がうるさいことうるさいこと。でもこれがパブだよね、やっぱり。名古屋にある、キルケニーしか置いていないなんちゃってとは少々わけが違う。久々に雰囲気を満喫しました。

でもでも、せっかくきれいな模様がついている天井に、天井カセット型のエアコンを取り付けるとは…

なんか調子崩すなぁ。前はこんなことなかったと思うんだけど、やっぱり時代の流れでしょうか。

で、飯は結局その昔ロンドンに着任したばかりのころによく食べていた中華で、チンゲン菜炒めを食べました。久々に野菜を食った気がする。。。

懐かしい…。ぜんぜん変わってないよ。店のおばちゃんもなんとなく見覚えある。

そんな調子でロンドン上陸1日目は終了。疲れとビールの酔いであっという間に爆睡しました。
…この頃はまだ時差ぼけのせいで起きるのはいつも5時ごろでしたが。早起きのおじいちゃん級です。

コメント (2)

出張記4 ~イギリス入国~

2010-10-27 02:29:40 | イギリス

今回の出張について仕事のことは一切触れていませんが(苦笑)。

それはさておき、次の目的地はわがx番目のふるさとロンドン。前回来たのが去年の9月なのでおよそ1年ぶりです。
前回はとんぼ返りの出張で遊ぶ暇なぞ皆無だったわけですが、今回は週末をはさんでる(嬉)。慣れている場所でもあるので否が応にもわくわく感がでてきます。

が。

またしてもその出鼻をくじかれました。。。(今回そんなんばっかり)

入国審査でのこと。
よく「イギリスの入国審査は厳しい」と言われますが、いままでそれを感じたことは皆無でした。せいぜい『何しにきたの?』『何日間いるの?』と聞かれる程度。
「***(会社名)で働いていて、会議のために来ました。」といえば、「おぉ、お前は***で働いているのか。」と、どの係官の心象もいいし、さらに僕のパスポートには以前住んでいたときの入国印があるので、『前に住んでいたのか、そうかそうか』などといつもさらっと終わっていました。

今回もそんな感じだろうと高をくくりつつパスポートコントロールの列に並んでいると、列の長さの割りにはえらく時間がかかってる。一人ひとり結構丹念に話し込んでるし、列からはねられて待たされている人の量も、いままでにないくらい多い。

こりゃちょっとやばいかな、なんて思いつつ自分の番が来ました。

係官のおばちゃんとのやり取りと心の叫びをを簡単に書きますと…

係官:今回は何日滞在するの?
yamady:5日です。
係:(さも迷惑そうに)何しにきたの?
y:(まあこの程度ならいままでもよくあるレベルか)仕事関係の会議です。
係:で、そのあといつ帰るの?
y:(いきなり帰りのことを聞くのかよ…)その後はパリにほかの打合せに行きますが。
係:(ひきつづきさも迷惑そうに)で、日本にはいつ帰るの?
y:(パリに出るっつってんだからいいじゃん、まったく)23日に帰りますけど。
係:じゃあその帰りのチケット見せて。

!!!

そんなこと言われたこと一度もないよ…。しかも手荷物を少しでも減らしたいがために預け入れ荷物の中に入れてあるし…。その一瞬さすがに背筋が凍り『入国拒否』の4文字が頭をかすめました。

y:(平静を装いつつ)預け入れの荷物の中に入れちゃってるから今は持ってないんですけど。。。
係:(責める口調で)帰りのチケットがないのなら、あなたがちゃんと日本に帰るってどうやって判断すればいいの?帰りのチケットは必ず持ってなさい。特にあなたは以前住んでいたのだから不法滞在を怪しまれるから。わかった?
y:はい、次回からはそうします。。。

結局、しばらく逡巡した挙句スタンプは押してくれ、事なきを得ました。

しかしさすがに肝を冷やした…。
今までの入国審査官は、前住んでいた→ワークパミットとビザを取れる程度の素性を持った人間である→welcomeって雰囲気で受け入れてくれていると理解していたのですが、まさかそんな風に取られるとは。まったく思いもよりませんでした。

世界経済がこんなんなので、不法入国・就労する人を厳しく取り締まるためにやっている面もあるんでしょうから、やむを得ない面もあるのは理解するんですけど。まあ逆に言うといままでの係官がいい加減だった、ってことか。

それにしても、入る前から『いつ帰るんだ』『いつ帰るんだ』としつこく聞かれちょっとげんなり。
こちらは第x番目のふるさとくらいに思っているのに、welcomeされていないことを突きつけられて寂寥感を感じた一瞬でした。自分の一方的な片思い、ってことね(涙)。

次回からxの数字がでかくなることは間違いありません。。。

コメント

出張記3 ~ニュルンベルグ~

2010-10-26 02:27:33 | 海外

今はドイツのとある片田舎におりますが、順番にアップしていきましょう。

10/13-15のニュルンベルグ(ミュンヘン)の滞在中に、1回だけニュルンベルグのホテルへ移動しました。

もともと欧州の子会社のほうで手配してもらっていたもので、やっぱり近いところに泊まったほうが何かと便利だろうとの配慮をいただいてのもの。ああ、ありがたいことです。昔は自分もそんなことやってたなぁ。

が。

その親切が仇となってしまった。

前回書いたとおり、この期間はホテルがどこもいっぱいのため、ニュルンベルグといっても郊外のホテルしか取れなかったようなのですが、その郊外にたどり着くのに往生した。。。

最寄のFurth(フュルト)駅まで電車で行ったはいいが、そこからの足がない。タクシーを拾おうにも、駅前なのに1台も待ってないじゃないか。。。
ようやくタクシーが来たと思ったら、今度は現金を持ち合わせていないことに気づき、「カードで払えっていい?」と聞いたら、無常にも"No"の回答。結局そのタクシーをほかの人に取られてしまい、日もどんどん落ちてくる…。

やばい、どうすべ…。

結局、近くにあるキャッシュマシンでお金を下ろし、しばし待っていると別のタクシーがやってきました。助かった。。。

でようやくたどり着いたホテル。設備はまあいいところでしたが、なにせ山奥過ぎる。名前もそのまま『フォレストハウス』。しかもしかも、この期間の値段は一番お安い時期の3倍!らしい。いくらなんでもぼり過ぎちゃいますか??

誰やねん!こんなへんぴな所を選んだのは 予約していただいたのにえらそうなことを言ってすみません。

Furthの街自体はすごくきれいなところだったのですが、

そんなに肝を冷やし、しかもぼられるくらいならミュンヘンにずっと泊まってたほうがよかったかも、などと思ったyamadyでした。

次回に続く。。。

コメント (2)

出張記番外編 ~常備薬~

2010-10-25 01:10:59 | 海外

海外出張に来るといつも困るのが食事。

もちろん食べ物は街中に溢れているわけですが、欧州だとどうしても野菜を食べる機会がなくなります。ニュルンベルグはニュルンベルガーだし、ホテルの朝飯もパン・ハム・チーズ+申し訳程度のピクルスくらいなので圧倒的に野菜が足りない。いや、野菜がない。

いつもなら1週間くらいの出張でも、すぐにお通じに問題をきたし、おなか周りが気持ち悪~くなってしまいます。

ところが今回はちょいと違う。

出発前に、急病のときのために薬を買いに行ったのですが、そこで相談した薬剤師さんがいろいろとアドバイスしてくれました。
もともとよっぽどのことがない限り薬を飲まないyamadyとしては、あんまり買うつもりもなかったのですが、「商売上手やのう」と思いながらもまあここはアドバイスを聞いておこうと、お勧めをいくつか買いました。

それが見事に功を奏した。

今回勧められるがままに購入したのはビオジアス。『♪明るい茶の間の笑い声、ビーオジーアスーゥ ビーオジーアス♪』の宣伝で有名(?)な胃腸の薬です。東海ローカルか?
僕も歌しか知らず飲んだこともなかったのですが、これがことのほかいい。

いつもならおなかが気持ち悪くてどうしようもなくなるシチュエーションでも、これさえ飲めば問題なし!の状況です。

もともと薬嫌いでよっぽど我慢できない状態にならない限り薬を飲まない、『自然治癒力で直してみせる!』などと強がってみせるおこちゃまなyamadyですが、今回ばっかりは薬の威力の偉大さを感じました。

医者/薬剤師さんの言うことは聞いておくもんだ。

 

コメント

出張記2 ~ミュンヘン-ニュルンベルグ~

2010-10-24 16:54:12 | 海外

パリの乗り継ぎを通り過ぎ、ミュンヘンのホテルに着いたのは夜の10時くらい。家を出てから22時間くらいか。相変わらず欧州は遠い。。。

パリからミュンヘンの飛行機はエールフランス。CAのおにいさんが気さくな感じで「コンニチハ~」などと声をかけてくれます。さすが親日の国。関係ないか。

機内サービスのとき、

「コーヒーハイカガデスカ?」な~んて日本語で聞いてきやがるもんだから、にやっと笑って
「カフェ、シルブプレ」と返してやりました。

すると、負けずににやっと笑いつつ、「ギュウニュウハ、イカガデスカ?」

…負けた(苦笑)。そんな感じでCAのおにいさんと戯れているうちにミュンヘンに到着しました。

 

今回の出張の最初の目的地はミュンヘンではなくニュルンベルグ。2年に1度開かれる展示会に行くことです。が、毎度ながらこの展示会の時期はいつもホテルがいっぱい。空いてるとしても恐ろしく法外な値段を吹っかけられます。

そこで一部の日程はミュンヘンに泊まり、電車で移動となりました。ミュンヘンからニュルンベルグはICE(日本で言うところの特急)で小一時間なのでそれほど苦にならない。

テッチャンとしてはたまらんルートだな(苦笑)。しかもミュンヘンにはハードロックカフェもあるし(嬉)。

すでに出張なのか旅行なのか分からない状態です(笑)。会社の人にこんな満喫振りを見られたら「yamady海外出張禁止令」でも出されそうだ。。。

ミュンヘンで泊まったホテルはbooking.comで調達。駅前だし、部屋の広さもまあまあだし、設備もきれい。

ひとつ弱点を挙げるならば、バスタブがないってことか。ただバスタブがないってのは日本人にとっては痛い。。。今回の出張ではロンドンに移って初めてバスタブつきのホテルにありつけて、どれほど嬉しかったことか…。

日本人にはバスタブ必須です。とはいえ、予算の都合上そんな贅沢も言っておられんしなぁ。

 

話は変わってニュルンベルグ。来るのは3年振りです。初めてこの地を訪れたのは2004年の同じ展示会でのこと。当時はロンドン駐在を言い渡されて、その準備運動としてお客さんを前に30分のプレゼンをしたっけ。あれから比べるとすっかり物怖じもしなくなったなぁ(当たり前ですが)、などと遠い目をしてしまった。

さてニュルンベルグといえばニュルンベルガー。3年前の訪問では「もういい!」というほど食べたのに、不思議なことにその味が懐かしく恋しくなってくるようで、昼も晩もニュルンベルガー(笑)。夜は同行している出張者と街の中心にある有名レストランに行きました。

城を越えて、

こんな感じのレストランで、

こんなお肉の盛り合わせをみんなでバイツェンビール片手にみんなでもりもり。あぁ幸せ…

その日は1時間かけてミュンヘンに戻らねばならないのに、yamadyの酒好きをよく知っているローカル社員(イギリス人)に勧められるまま、4杯もビールを飲んでしまった。

「ニュルンベルグに泊まっているんならもうちょっと飲みたいけど…」とぽろっと言ってしまったのが運のつき。『どこに泊まってるかは関係なくyamadyはもっと飲みたいんだろ、な?そうだろ?』なんていいつつどんどん注文していきやがる。イギリス人のくせして飲ませ方は体育会系そのものです。

片や『電車で寝てるとすりとかやばいから気をつけろよ』と言っておきながら飲め飲め、って一体どういうことですか…。

おかげで帰りの道のりは1時間かかるはずのところ、5~10分で到着しました(笑)。
ホテルにたどりついた頃にはもうヘロヘロで、ハードロックカフェに行く気力もなし。Tシャツ買い損ねた。翌週にまた来るから、そのときに再挑戦するとしましょう。

それにしても飲みすぎて移動中に爆睡って、やってることは昔からあいかわらず同じで進歩がないな~自分。

コメント

出張記1 ~一路パリへ~

2010-10-24 04:41:01 | 海外

ようやくまともにネットが使える環境に身をおき、更新をすることができます。
すでに記憶が怪しいところもありますが(笑)、とりあえず順を追って書くことにしましょう。

旅行出張の出発は10/12。名古屋から欧州へ直行する便がないので、いつもどおりの成田便に搭乗です。

成田便に乗るときはいつも窓側、しかも進行方向左側をお願いしたりします。
なぜなら富士山が見れるから。

チェックインカウンターのお姉さん、いつもわがままばかりでスミマセン。

出張の折はいつもこの富士山を眺め、「行って来るぞ!」と気合が入ります。こんなきれいな山がある国に生まれてよかった。。。言い過ぎ?

飛行機はパリ経由でミュンヘンまで。幸運なことにアップグレードもできたので機内は快適そのもの。飯のグレードがなんとなく下がった気がしないでもないけど、まあ良しとしましょう。(←相変わらず贅沢ものです。はい。)

途中、シベリア上空を飛んでいるときに外を眺めていていつも思うのですが、流れている川の蛇行具合が半端じゃない。

その昔、高校の地理で習った川のでき方みたいな解説を地で行っている感じです。そのうちあの蛇行のうちのいくつかは三日月湖になるんだろうなぁ、なんて思いつつ、パリに到着しました。

到着したパリはいい天気。

前回シャルルドゴールに来たときもそんなことを書いたな。。。
乗り継ぎのための移動を兼ねて、あいかわらずだだっ広い、ヒースローと1,2を争うわかりにくい空港ですが、懐かしさを覚えながら散歩しました。

変わってないなー(懐)

そんな中でひときわ僕の心をくすぐったのは…

免税品売り場のワインコーナー。こんなの見せられたら買いたくなっちゃうぢゃないか、まだついたばかりなのに(苦笑)。

とりあえず次回へ続く。。。

コメント

ミュンヘンなう

2010-10-22 06:44:55 | 海外

久々の更新です。ふつうなら旅先でのよしなしごとをあれこれと書くところですが、ネットにつなげられず、ようやく更新するところ。
ホテルが悪い、というよりも無線LANにつなげられない自分のPCが悪い、というべきか。有線LANはOKだけど無線LANはだめ、といううちの会社のルールにはいまだに承服できません。。。セキュリティレベルは似た様なもんだろうに。

とにもかくにもヨーロッパに来ています。ツイッターをやっているという上司と欧州巡回の旅に出ているため題名もなんとなくツイッター風(笑)。

これまでにミュンヘン→ニュルンベルグ→ロンドン→パリ→ロンドンをへて今は2回目のミュンヘン。今週末で帰るはずたったところが、出張延期でさらに→ドイツの片田舎→ロンドン→スウェーデン?となり、まだまだ帰る気配がありません。

いくらなんでも豪華すぎるぞ(苦笑)。いままでのスウェーデンの片田舎往復、実働2日の海外出張とはえらい違いだ。まあ、ぱっと見はいろいろ行けてなんとなくよさげな感じですが、その実バックパッカー並みのB&Bを転々とするミゼラブルな日々を過ごしております(泣)。

…ホテルのベッドのスプリングがべにょんべにょんで腰痛い…。

いろいろ書き溜めていることもありますが、とりあえずもう少し落ち着いてから旅行記は書くこととします。おやすみなさい。。。

コメント

誕生日そして出張

2010-10-11 18:14:23 | 日々の生活

前回書いた出張に明日からに行ってきます。ついでに明日は誕生日。もう36のいいおっさんになりました。3回目の年男です。

娘達からもビールやお守りなどプレゼントもらっちゃいました。
少ない小遣い(しかもお手伝い量に応じた歩合制)なのにすまんのう。。。

おっさんというか、もうアラフォーが視界に入ってくる歳になってくるわけですが、まだ学生だった頃、「社会に出たら時間が経つのが早いぞ~」といろんな人が口をそろえて言っていたのを思い出し、いまさらながら『こういう事だったんか』と実感したりします。気持ちだけは、ついこないだまで大学でバレーばっかやってたような気がするんだけどなぁ。

 

ところで今回の出張、欧州へのおよそ12時間+αのフライトは腰痛持ちのyamadyには辛い。。。
行きは名古屋→成田→パリ→ミュンヘンで乗り継ぎこみで19時間くらいか。
毎度、若干残っているマイルをやりくりしてアップグレードしながら凌ぐのですが、今回は日程が流動的だったこともありチケット発券が遅くなったせいで、アップグレードできる席がなくなってた…ショック(泣)。

…なんて思っていつつ、とりあえずキャンセル待ち(普通なら99%UG不可能)に登録だけしておいたのですが、何の天の配剤か、はたまたJ〇Lからの誕生日プレゼントなのか、不可能と思っていたキャンセル待ちが通ってめでたくアップグレード!ワーイ信じられなーい

飯のグレードもさることながら、やっぱりエコノミーの席とは広さが格段に違うので到着時の疲れ方がまったく違います。あぁ助かった。。。

さあ、あとは仕事するだけだ。がんばっぞ!

コメント

久々の欧州

2010-10-08 21:07:32 | 仕事

最近おとなしく事務所で仕事をする日々が続くなぁ、なんて思っていたら来週から出張になりました。

いつもヨーロッパ出張というとスウェーデンの山奥の田舎にとんぼ返りで帰ってくる侘しいものばかりでしたが、今回はちと違う。
イギリス、フランス、ドイツの都市を転々とする結構長めの出張で週末もはさんじゃいます。

いやーひさびさにおいしい大変な出張だ(笑)。

週末はロンドンに滞在予定なので、市内観光…はすっ飛ばして買い物に出かけようと画策中。
ちょうどシャツが擦り切れてきて新しいのが欲しかったんだよねぇ~。。。
うまいエールも飲みたいし、パブ飯も食いに行きたい。。。えーと何しに行くんだったっけ・・・?

いやいやまずは仕事です、仕事!(苦笑)

 

コメント