「花の詩」(新規)&「古都逍遥 京都・奈良編」

 京都・奈良を中心に古刹・名刹を紹介。「花の詩」は花にかかわる詩や短歌、エピソードなどを紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「法輪寺」(ほうりんじ)

2006年12月15日 08時08分44秒 | 京都歴史探訪
 「難波より 十三まゐり 十三里 もらひにのほる 智恵もさまざま」

 江戸時代の中頃から広まった本尊虚空蔵菩薩に縁が深い旧暦3月13日に行われる十三参りで知られる「法輪寺」は、およそ1800年前、中国や朝鮮との文化交流が盛んになり始めた頃、すでに現在の寺域に三光明星尊を奉った「葛野井宮(かずのいぐう)」であった。
 秦の始皇帝の子孫、融通王の一族が産業、芸術の繁栄、安全守護の一族祖神として信仰があった「虚空蔵尊」と深い因縁のあるこの「葛野井宮」を訪ねて渡来、農業、製糸、染織を営んだ。一族は秦氏族と呼ばれ、一族の守護繁栄の祖神として崇敬していた「葛野井宮」を中心として発展することを祈り、その名をもとにこの地域を「葛野(かずね)」と呼んだ。
 奈良時代に入り、元明天皇(和銅6年・713年)が行基菩薩に命じて堂塔を建立、「木上山葛井寺(もくじょうざんかづのいでら)」と称し勅願所とした。

 弘法大師の高弟・道昌僧正(どうしょう)が、承和年間(834年~847年)に大堰川を修築し、橋を架け船筏の便を開き、虚空蔵尊像を葛井寺に安置。清和天皇の貞観10年(868)「法輪寺」と改めた。
 また、亀山上皇(1274~1287年)が、「くまなき月の渡るに似たり」として、通称「法輪寺橋」を渡月橋と命名した。

 JR京都駅から京都・市バス、嵐山バス停下車南へ200㍍。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 【蓮華寺】(れんげじ) | トップ | 「六波羅蜜寺」(ろくはらみ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
印象深い仏像 (ichi)
2006-12-15 12:27:50
 学生の時に訪れ、観音像に魅せられた事を思い出しました。
 
 観音の 白き額に
 瓔珞の 影動かして 風わたる見ゆ
 
 この歌が書かれているのを見たのは、確かこの寺ではなかったでしょうか。
 
 
 既に建築の勉強を始めていたにも拘わらず、仏像の記憶しか無いのに、情けない思いです。
素晴らしいご記憶です (yama1411)
2006-12-16 09:39:53
 おはようございます。
 京都の社寺を巡り、まとめきじめてから160編に到達しました。たくさんある社寺の中で、学生時代にお訪ねになった法輪寺、そして魅せられたという観音様、その感動を今日まで鮮明にご記憶されておられるとは、素晴らしいことです。確かに思い出の中の観音様だと思います。恥ずかしながら、ご提供いただいた「和歌」は取材漏れをしていたようで、ご教授いただきありがとうございました。嵐山方面に出向いた折、立ち寄ってみたいと思います。
 いつもご覧いただき、心より感謝申し上げます。
仮名 (ichi)
2006-12-16 15:23:51
 境内の何処かに、この和歌がひらがなで書かれていた様に思います。
 3月の始めでまだ寒い時期だったはずなのに、この歌がずっと記憶にある所為で、風の爽やかな季節の勝手なイメージが抜けません。
 
 調べてみたら、歌の作者は會津八一という人で、「くわんおんの しろき ひたひに やうらくの かげ うごかして かぜ わたる みゆ」 というのが元々の表記らしいですが、境内に句碑が有るそうです。
 
勉強させていただきました (yama)
2006-12-17 12:23:09
 京都の思い出の一つに、素敵な「歌」と「観音像」を心の奥深くに留めておられること、素晴らしいことだと敬服いたします。京都を愛する私としても嬉しい限りです。
 是非、句碑を訪ねてみます。
 書家・會津八一氏の作品ともなれば興味も一段と高まります。
 重ね重ねの貴重な情報を有難うございました。

コメントを投稿

京都歴史探訪」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事