アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

ジョージ・ソロス財団はロシアで「好ましくない」ものと認定される<3046>

2015-11-30 22:35:04 | 社会問題 日々雑感


スプートニク日本より転載しました

最高検察庁はさらに2つの外国非政府組織のロシアにおける活動を「好ましくない」ものと認定した。対象はオープンソサエティ財団ならびにOSI支援財団。どちらもソロス財団と呼ばれる構造体に組み込まれている。

史上最大級の投機活動の仕掛け人として有名なジョージ・ソロス氏は、各国の政策に積極的に介入している。彼の財団はたびたび一部諸国の政権交代を支援したとの非難を浴びていた。自身、自分の資金がウクライナにおける2004年のオレンジ革命ならびに2013年のユーロマイダン支援に使われたことを否定していない。

 

ウクライナ問題ではソロス氏は強硬な反ロシアの立場を占めた。数週間前、ウクライナのポロシェンコ大統領は、「ウクライナ国家の国際的権威の強化に個人的に貢献した」ことを讃え、同氏に自由勲章を授与した。



続きを読む http://jp.sputniknews.com/politics/20151130/1250834.html#ixzz3syt28V7g

~~~~~~~~~~~~~~

♫ このようなニュースはとても大切です。多くの小さな国が転覆されるのを、防ぐことにもなるからです。ジョージソロスはまったく普通の投資家ではありません。国を潰してしまえるぐらいの投資家だと言われていますから。その財力といい、野心と言い抜きんでている才能は最悪です。

ロシアに好ましくない団体と認定されるのは、当然ですよね。

コメント

トヨタ ロシア・トルコ紛争のあおりで被害を受ける恐れがある <3045>

2015-11-30 22:20:40 | 社会問題 日々雑感


スプートニク日本より転載しました。

日本の自動車メーカー「トヨタ」が、近いうちにもロシアの自動車市場への「カローラ」の供給を停止する可能性がある。分析機関「Avtostat」が伝えた。

 

アナリストらによると、ロシア指導部がトルコからの自動車の輸入を禁止した場合、「カローラ」の供給が停止する可能性があるという。

トルコがシリアでロシア軍機を撃墜し、両国関係が急激に悪化したため、自動車の輸入が禁止される可能性がある。

 

トヨタは2015年初めからロシアで5000台の「カローラ」を販売した。なお「カローラ」は全てトルコからロシアのディーラーに供給されている。

ロシア・トルコ関係は、火曜日シリアでロシアのスホイ24爆撃機がトルコ側により撃墜された事件の後、危機的状況となっている。

24日、ロシア機スホイ24が、シリアで墜落した。ロシアのプーチン大統領は、ロシア機について、シリア上空でトルコのF-16戦闘機の「空対空」型ミサイルによって撃墜され、トルコとの国境から4キロのシリアで墜落したと発表した。プーチン大統領は、テロリストの共犯者たちによる「裏切り行為だ」と指摘した。

ロシア国防省の声明によると、パイロット1人は脱出して降りる最中に地上から攻撃されて死亡、またパイロットの救助作業を行っていたヘリコプター「ミル8」も攻撃され、作業に参加してした海兵隊員1人が死亡した。



続きを読む http://jp.sputniknews.com/business/20151130/1251010.html#ixzz3sypZwp5v

~~~~~~~~~~~

♫ トヨタの被害って、それだけでしょうか?

まだ何かロシアは握っているのではないでしょうか?イスラム国の兵士が列をなして乗っていた、トヨタの新車をみましたよ。あれも、トルコ経由で運ばれた可能性もありそうですね。

 



コメント

パリ速報 プーチン演説「ロシアは1年分遅らせることに成功した」 <3044>

2015-11-30 22:09:42 | 社会問題 日々雑感

スプートニク日本より転載しました

プーチン大統領はパリ21気候変動サミットで演説し、ロシアの尽力により地球温暖化プロセスを1年分遅らせることに成功したと述べた。

 

プーチン大統領はパリ21気候変動サミットで演説し、ロシアの尽力により地球温暖化プロセスを1年分遅らせることに成功したと述べた。



続きを読む http://jp.sputniknews.com/politics/20151130/1251526.html#ixzz3syoAGXVo

♫ 詳細はまだですが、プーチンの演説内容ですね。

 

コメント

トルコ戦闘機はロシア空軍機Su-24を待ち伏せしていた <3043>

2015-11-30 17:35:37 | 社会問題 日々雑感

 

スプートニク日本より転載しました

トルコの戦闘機F-16は空中でロシア機Su-24を待ち伏せしていた。最寄の飛行場からの発進では時間が足りなかったからだ。金曜、ロシア航空宇宙軍司令官ヴィクトル・ボンダリョフ大佐が述べた。

 

「シリアの客観管制レーダーのデータは、F-16cが2機、9時11分から10時26分までの1時間15分、高度2400mに待機していたことを裏付けている。つまり、これは事前に計画された行動であり、戦闘機はトルコ上空で待ち伏せをしていたことを物語っている」。ボンダリョフ氏が記者らに述べた。

ディヤバクィル空軍基地で待機状態であったF-16cがそこから発進し、ミサイル発射地点に到達するのに46分がかかる。うち15分が準備および離陸であり、31分が発射地点までの飛行にかかる時間である。
「よって、Su-24mをディヤバクィル空軍基地のトルコ機が迎撃を行なうのは不可能だ。飛行に必要な時間が攻撃のための最小時間を12分上回っているためだ」とボンダリョフ氏。



続きを読む http://jp.sputniknews.com/incidents/20151127/1238078.html#ixzz3sxfWGwZX

~~~~~~~~~~~~~

♫ 事実をひとつひとつ、検証してみれば、このようにロシア側の説明は納得できるものです。それにトルコの説明は、納得のいく説明ではありません。

イスラエルが、トルコの援軍よろしく、ロシア空軍機が、イスラエルのゴラン高原に何度も侵入していると、発表しています。誰も信じるわけありません。

日本の騙すゴミは、報道して国民をさらに騙すのでしょう。

正しいかどうか、考えることもしないで、報道をうのみにするのは、目覚めていないからです。

反対の考えがあれば、どうして反対なのかを知ることが、大切なのです。そしてその説明に自分が納得できるのかどうかですね。

ロシアをむやみに加担しているわけではないのです。正義を言っているのは、誰なのかを知りたいのです。

 

コメント

ローマ法王 ケニアで演説「温暖化ガス排出削減合意を」訴える<3042>

2015-11-30 17:12:41 | 社会問題 日々雑感

cnn より転載しました。http://www.cnn.co.jp/world/35074124.html

ローマ法王、ケニアで演説 温暖化ガス排出削減の合意訴え

2015.11.27 Fri posted at 15:04 JST

(CNN) アフリカ諸国を歴訪中のローマ・カトリックのフランシスコ法王は26日、ケニアの首都ナイロビの国連環境計画(UNEP)本部を訪れた。法王はパリで開幕する国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)を前に、温暖化ガスの排出削減に向けた合意を各国に呼びかけた。

この中で法王は「特定の利益が共通の善を圧倒し、自らの計画やプロジェクトを守るために情報操作が行われるとするならば、悲しいどころか破滅的なことだ」と主張。政治家は企業や科学界、市民社会と協力して環境破壊を食い止めるすべを見つけ出す努力をしなければならないと述べた。

その上で「(いかなる国も)共通の責任から離れて行動することはできない、前向きな変化を真に求めるなら、私たちが互いに依存しているということを謙虚に認めなければならない」と語った。

また法王は、宝石の密輸や象牙目的のゾウの密猟を黙認することは「政治的不安定や組織犯罪(の活動)、テロをあおる」行為であり、認めてはならないと訴えた。

フランシスコ法王は25日、ケニアに到着。この後ウガンダと中央アフリカ共和国を歴訪する予定だ。

~~~~~~~~~~~~~~

♫ カトリックの法王は、実に政治的な関与をしている事が、これでわかると思います。

世界はまだ騙され続けなければ、ならないのでしょうか?

パリで温暖化対策と称して、世界から炭素税をとり、軍産複合体のみならず、バチカンの収益にもなるはずです。

宗教は、このようにして政治と強く結びつき、人類を騙してお金と精神を強奪していたのです。ばかばかしいですね。

 

 

コメント