アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

NO.31慟哭

2010-12-11 11:55:38 | 日記

年の瀬が近いのに、このような湿った話ですみません。
韓国ドラマに夢中で、今BS11チャンネルの「拝啓ご両親様」を
楽しみに見ています。
日本の人情というのとは、少し違って、韓国の情の描き方は非常に
優れていると思います。
たぶんそれが、今の韓国ドラマの日本でのブームのひとつだと
思われます。
人としての生き方まで、どのように生きていくべきか、見ているうちに
学べるのではないかと、思う程なのです。

私は、母を小学6年の時に,亡くしています。
その母を最近になって、とてもよく思い出しては涙があふれてくるのです。
悲しみが溢れてきて、止まらないのです。
夜、布団に入ってしばらくすると、胸の中にしまい込んだ気持ちが
溢れて来て、嗚咽とともに私はしばらくの間茫然としているのです。
他人の話で、母親との会話や楽しそうな孝行の旅行など、今までに
聞いても、さほど気にも留めていなかったのですが。
そのようなことも、今は頭の中をぐるぐるまわって、自分の意志すら
見わけがつかない状態なのです。

昨日の「拝啓ご両親様」をみて、ご主人の妹が捨てられた子であることを、
ご主人本人から改めて聞いた奥さん。ご主人は奥さんから妹が母親を探した
いと思っていることを知り、二人で妹の部屋に行き、有ることを告白した
「何年か前に、母親の息子だと名乗る人が、
勤務先に訪ねてきて、妹に母親が誤っていたことを告げた、その母親の最後
の言葉だったと」
ご主人は「姉さんに会うか?」と聞いたが、「あわない」と答えたそうで。
すでに、母親は他界していることを知った、妹は泣き崩れた。
時すでに遅しで、会うことは叶わなかったわけです。
奥さんが、ご主人の妹を抱きしめて、一緒に泣いている姿をみて、
私も、涙が止まらなかったのです

人としてのやさしさを細やかに描いている、そんなドラマのひとつです。
そのドラマをみて、私は泣くとき一人で泣くのではなくて、
そばに居る人がその悲しみを解って、共有してくれる人がいることが、
幸せではないかと思うのです。
日本人で一人でむせび泣く私には、とても羨ましいのです。
粋がらないで、突っ張らないで、そういう生き方が羨ましい。

コメント (1)