アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

NO.21   旅でのアクシデント

2010-01-04 14:40:13 | 日記
 若い頃、友達と二人で東北に旅行に出かけました。
夜汽車に乗って、朝には盛岡に着き、市内観光をして、
バスで奥入瀬や、田沢湖等を回って、自然の美しさを堪能しました。
得に奥入瀬の美しさには、目を奪われました。
 そして、帰路、盛岡の駅で帰りの電車に乗る為に、ホームへ
上がり、電車を待ちました。
ところが、そこで、意外な人物を私たちは、見かけたのです。
そのころ勤めていた、会社の秘書課の係長がホームにいたのです。
家族連れでした。
その為か、こちらには、幸い気づかず、わたしたちは、
柱の陰に隠れました。
 その係長は、嫌味や、きついことを言う人だったので、
私たちは、嫌っていたのです。
しかも、その時の私たちの格好はジーンズに
リュック姿でしたから、ここで見られたら、
会社で、どんなにか、話題のタネにされるか考えただけでも
嫌になりました。
 ちらちらと見ていると、やがて電車がホームに入り
係長たち家族は、乗り込み、電車が発車した時は
どんなに、ほっとしたことかわかりませんでした。
 そして、わが身に却って、電車を見つけようとして
駅員さんに、聞いたところ
「今の電車ですよ。あなたたちさっきからここにいたでしょう。
何してたの!」
「ビヨ~ン!!」

あの時ほど、時間を巻き戻したいと思ったことは有りませんでした。
予約していた、電車に乗らなかったのです。
目の前に、止まっていたのにです。
すっかり、あの係長に気持ちがいってしまい、
なんてことをしたのでしょう。

 しかたなく、余計なお金は持ち合わせていないので、
ごめんなさい。
次の電車に乗って帰りました。
 今年のその友達からの年賀状に、あのときは 
アクシデントのおかげで、どこをどう見たのか、
忘れてしまった、とありました。
何十年も経って、今では、笑い話です。