アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

しつけの為?山に子供を置き去り<>

2016-05-31 00:57:43 | 社会問題 日々雑感

「しつけ」置き去りの男児、依然不明 写真公開 北海道

朝日新聞デジタル 5月30日(月)20時6分配信

 北海道七飯(ななえ)町の山中で28日から行方不明になっている北海道北斗市の小学2年生田野岡大和君(7)の捜索は30日、警察や消防など約130人態勢で続けられたが、午後7時時点で手がかりは見つからなかった。道警は同日、情報を求めるため大和君の写真を公開した。

 消防などによると、この日は、大和君が行方不明になった付近を中心に15キロ四方に捜索範囲を広げ、ヘリコプター2機を投入。道路わきの茂みや周辺の空き家も捜したという。31日も午前6時から同規模の態勢で捜索を続けるが、周辺では雨が予想されている。

大和君は28日午後5時ごろ、両親から「しつけのため」として山道で車から降ろされた。5~10分後に両親が戻ったところ、姿が見えなくなっていた。両親は当初、「山菜採りの最中に行方不明になった」と説明していた。食べ物などは持っていないという。

~~~~~~~~~~~~~

♫この話を聞いて、オカシイと単純に思いました。

両親がまず最初に真実を話さなかったことも変ですね。

北海道に住んでいる人なら、熊が出ている時期を知っているはずです。また警察もすぐに、犬を使って捜索を始めていると思います。子供はひとりですからどうやって山の中を走り回るのでしょうか?

私も若いときに、この子供と同じようなことに出会いました。

道路際で、2人の子供が置き去りにされて、泣いていたのです。お母さんが車から降りるようにいい、走り去ったというのです。

しばらく、其処に一緒に立って車が戻るのを、待ちましたが。結局近くの交番へ連れていきました。大げさかもしれませんが、わたしには、小さな子供を置き去りにするのはよくないと、思うのです。もしも子供が事故にあったりしたら、一生母親は攻めをおうはずですから。

子供の為だけではなく、私は自分も母親であるから、こうしたのです。

この北海道の件はなんだか、オカシイですね。まさか作り話ではないでしょうね?

 

 

コメント (1)

僕たちイグアナ!<>

2016-05-29 14:11:42 | 日記

ツイッターより転載

【アメリカ】リラックスするイグアナをご覧ください -

 
 
 
♫ これは、ぬいぐるみかと、思ってしまいますね。笑
 
イグアナは何を考えているのかしら?世界情勢?それとも、今晩のおかず?
 
いい気分なだけ?
 

エアーバックのタカタに救世主?<>

2016-05-29 10:29:23 | 社会問題 日々雑感

2016年05月29日 09:08

おそらく、この千年で最もスキャンダラスかつグローバルなリコールを行った日本のエアバッグメーカー「タカタ」は既に数十億を失い、今後も出費あるのみ。しかしこんな会社も買い手を見つけた。

ニューヨークの投資ファンドKKR&Coがタカタ取得に関心を示している。ウォールストリート・ジャーナルによると、ファンドは、タカタの経営権を握り、リストラ、投資、債務返済など一連の健全化措置を実行する。ファンドは投資活動で知られるが、自動車市場での活動はこれまでにない。

 

所有権移転後もタカタの故障したエアバッグが原因で生じた不愉快な状況について自動車メーカーとの交渉が続く。



続きを読む http://jp.sputniknews.com/business/20160529/2212261.html#ixzz4A0JfXQJe

~~~~~~~~~~

♫ このタカタの問題は、救世主という報道をスプートニクはしていますが。皮肉でしょうか?

とにかく、この問題には、裏が大ありだと私も思っています。

会社自体がもう不可解ですよね。事実がわかるまでには、時間が必要です。

明らかに、今わかることは、乗っ取りです。

 


1381+1323 縄文文明は世界第一の文明であった、証拠と証明 <>

2016-05-29 10:14:52 | 歴史

1381+1323 縄文文明は世界第一の文明であった、証拠と証明Jomon Civilization is No 1 Civilization of the World

♫ はやしひろし氏の楽しい歴史です。このビデオの中に仮面の女王が出てきます。(11分ごろから)そのビーナスは、逆三角形の顔をしているのですが、これってどこかで見たとおもいましたら、コズミックディスクロジャーの最新情報にありました。

http://ja.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-inner-earth-update.html より画像転載

 

Triangle3

何かつながってきませんか?面白くなってきましたね。


遥かなる縄文の記憶~科学の目で見た縄文~ (三内丸山遺跡)

2016-05-29 10:13:33 | 歴史

遥かなる縄文の記憶~科学の目で見た縄文~

♫ 三内丸山遺跡の発掘は、日本にとってとても重要な発掘ですね。これほど永く平和な暮らしをしていたという人類は他にはないのですから。

そして漆もこの遺跡から発掘されています。また栗の木の大きな櫓も。どうやって彼らはこれを建てたのでしょうか?

科学的な解明は、ここまで出来るんですね。すごい!ですね。

 


パナマ文書 年金消失事件浅川和彦も <>

2016-05-28 21:20:05 | 社会問題 日々雑感

 http://matome.naver.jp/odai/2146331063109696001 より一部転載

▼ネット民はパナマ文書に載っていた浅川和彦(AIJ投資顧問)という名前に注目する・・・・どこかで見たような

 

これ調べれば2000億円くらい出てくるかも。 


kazuhiro asakawa(あさかわかずひこ) 
https://offshoreleaks.icij.org/nodes/13006092

↓ こいつじゃないの?

AIJ投資顧問株式会社(破産) 
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/AIJ%E6%8A%95%E8%B3%87%E9%A1%A7%E5%95%8F 

年金資産消失事件 

同社は、顧客に対し、240%の運用利回りを確保していると説明してきたが、2012年1月下旬の証券取引等監視委員会の検査により、運用資産の大部分が消失していることが明らかとなった。

浅川和彦

1975年に横浜市立大学を卒業して野村証券に入社。

10年後には京都駅前支店長に就任。さらに本社法人三部部長、熊本支店長へと出世した。

1994年に突然退社。2000万円の支度金をもらう。野村OBが数多く在籍するペイン・ウェーバー証券東京支店へ入社。

ペインから女性役員を引き抜いて、2000年にAIJの前身の資産運用会社を買収、独立した。2002年に旧山一證券出身者で成るアイティーエム証券を社員ごと買収。

 

刑事立件

2012年6月19日、警視庁捜査第二課は、虚偽の運用実績を示して二つの年金基金から約70億円をだまし取ったとして、詐欺容疑で浅川、西村、高橋、アイティーエム証券役員小菅康一の計4人を逮捕した。

逮捕後の取り調べで浅川は、証人喚問時の「詐欺ではない」という主張を翻して、自身の行為が詐欺に当たると認めた。

その後、浅川は保釈金1億円を支払って同年12月19日に保釈された。

浅川らの逮捕により、法人としてのAIJは起訴こそされなかったものの事実上活動停止状態になった。

出典AIJ投資顧問 - Wikipedia

実刑判決が確定

同年7月2日の論告では、検察側は浅川に懲役15年、高橋と西村に懲役8年を求刑。

7月29日には最終弁論が東京地裁で行われ、浅川は一転して詐欺罪については無罪を主張した。

12月18日に東京地裁は、浅川に対して求刑通り懲役15年、高橋と西村にそれぞれ懲役7年の実刑判決を下し、同時に3人に対して追徴金として計約156億円の支払いと、香港の銀行に預けられているAIJ子会社の預金計約5億6800万円の没収を命じた 。

2016年4月12日、3人に対して実刑判決が確定した。

なお、AIJは現在社名をMARUと改めている。

出典AIJ投資顧問 - Wikipedia

更に財務省も・・・

~~~~~~~~~~~~

♫ パナマ文書は一部の人しか公表されていません。もっと大物がいるはずです。

それらの人は、隠されたままです。

公表された人は悪すぎて、恥ずかしい面々です。

 


コブラ・コーリー・ジョイントインタビュー 5月13日公開 (前半) <>

2016-05-28 20:20:17 | 宇宙

 nowcreation より転載しました(♫翻訳ありがとうございます)

http://nowcreation.jimdo.com/2016/05/27/コブラ-コーリー-ジョイントインタビュー-前半/

 

 5月13日公開

 

May 2016 Cobra-Corey Goode intervew with Rob Potter Part 1

 

2016513日公開

 

コブラ/コーリー・ジョイントインタビュー(前半)

 

 (訳者:ロブのページのThe Final Editをもとに要約編集してあります。コブラのサイトで公開されていたトランスクリプトと少し違っています)

 〇ディスクロージャー

 ロブ:コーリーとコブラ、お二人の情報には食い違うところもありますが、大きな問題――完全なディスクロージャー、人々を解放すること、隠されていたテクノロジーの公開、戦争と環境破壊の終結など――に関しては、ほぼ同じ意見だと言っていいのでしょう、コーリー?

 コーリー:ええ、誰もがそうだと思います。このような問題が陰謀論ではないことに気づき始めていますからね。実際に存在していることなのですよ。いろいろ政治運動だって起きています。誰もがウソにウンザリしています。人々は用意ができていますよ。

 ロブ:コブラは?

 コブラ:ええ、もちろんです。同じ意見だし、これまでの人生を、そのための戦いにかけてきました。私は、同じ方向で戦っている人なら誰でも応援します。

 ロブ:コブラとコーリー、どちらのファミリーもインタビューを聞いています。その人たちが完全なディスクロージーと地球解放に向けて、協力し合ってはいけない理由がありますか? 

 コブラ:まったくないと思います。

 コーリー:私たちが完全なディスクロージャー・プロジェクトを進めているのは、コミュニティーの結束のためでもあります。あまりにも様々なイデオロギーがあり過ぎて、議論ならいくらでもできます。しかし、ただ一つ、私たち全員が同意できるのが、完全なディスクロージャーなのです。私たちは真実を知りたいのです。私たちが意見の相違には目を向けず、同意できるものに集中すれば、多くのことを成し遂げられるのです。

 ロブ:素晴らしい。それこそが世界が待ち望んでいた言葉です。

 〇イベント

 ロブ:コーリー、コブラの言うイベントとは何か知っていますか?(いいえ)。コブラ、彼に簡単に説明してもらえますか?

 コブラ:ええ、もちろん。イベントとは圧縮突破の瞬間のことです。圧縮突破とは、地球上空と地下から上下に迫り来る光の勢力が、地表で出会う瞬間を言います。太陽系の中にも、地球地下にも、光側について地球解放を支援している派閥があることは、理解してもらえると思います。どちらも地表に向かって前進しています。なぜなら、地表は主戦場であり、関心を集めているからです。地球の情勢は惑星地球だけの問題ではありません。この圧縮突破が起きるときが、私たちの言うイベントなのです。

 イベントとは実際、同時に起こる多くのことを指しています。光の勢力がマスメディアを掌握し、内部情報――ETの関与、カバールの犯罪、先進技術について――を公表します。ですから完全なディスクロージャーですね。これが一部です。他にはカバールの大量逮捕があります。金融リセットの部分もあります。東方連合が、かなり長い間準備してきました。そして、もちろん、私たちは徐々にファーストコンタクトに向かっています。それは、地球文明と、銀河に存在するポジティブなET種族との公式コンタクトです。イベントはそのプロセスの端緒を開きます。以上がイベントの簡単な説明です。もちろん銀河のセントラルサンからのパルスも届きます。銀河のセントラルサンは生きているエンティティーで、グローバルな気づきのレベル、目覚めているレベルに従って、エネルギーのパルスを発する時を決めます。私たちが圧縮突破を迎えるとき、グローバルな目覚めは、人類がギャラクティック・センターからの増大したエネルギーを受け取れるレベルにまで達しています。

 ロブ:コーリー、イベントに関して今コブラが具体的に述べた情報を裏付けるような内部情報はありますか?

 コーリー:コブラの言ったことは、様々な同盟やカバールグループ間で、現在交渉中のことが多く含まれています。今実際に進行中のことです。表に出たがっているグループもあり、あれやこれやと多くのことが流動的です。要するに彼らは、どのように、そしてどんな形で物事を明るみに出すか、采配をふるえると思っているのです。実際よりもね。

 〇コブラによるコーリー情報の確認

 ロブ:コーリー側の情報――ブルー・エイビアンズ、スフィア・ビーイング・アライアンス、40ETグループから成るスーパー・フェデレーションとの会議などに関して、あなたの情報筋から確認できたものはありますか?

 コブラ:私の情報源は、いわゆる球体の存在なら確認していますが、コーリーが述べているようには捉えていません。彼らは、たくさんの巨大物体が太陽系のいたるところに、特に外部領域にあると言うのです。常時、クロークした状態で、いかなる波長領域の電磁放射線(赤外線,可視光線,紫外線,X 線,γ線)にも、そして遠隔透視者にも検知できません。

 ですから、球体の存在については確認が取れています。彼が様々な同盟と会合したことは確認できていません。彼が公表した情報について、詳細はともかく、大筋ではその通りだと保証できます。

 〇グループ間の相違

 ロブ:多くの人々やいろいろなグループが、ETとコンタクトをとっています。あなたは、彼らがそうしている理由は同じだと思いますか、違うと思いますか?

 コーリー:たくさんの異なるグループが、少しずつ異なるアジェンダに沿って働いています。それぞれが、総体的に見れば同じと言えるアジェンダの、小さくセグメント化されたオペレーションを遂行しているのです。各グループのオペレーションが、必ずしも影響し合うわけではありません。各グループが同じ情報のもとに働いているとしても、それぞれ任務の柱が違います。彼らの作戦が例え共通の目的をもっていたとしても、作戦の遂行の仕方や、人々に情報を与える理由が違っている場合があるのです。

 ロブ:コブラ、あなたもそう思いますか。それに関して何かコメントは?

 コブラ:ええ、その通りだと思います。各グループはそれぞれ異なる文化をルーツとしており、戦略も違います。どのグループにとっても、このように込み入った状況を扱うのは、容易なことではありません。各グループが独自の方針を見つけなければならず、それも簡単なことだとは限りません。各グループがそれぞれの考え方をしており、それを一つにまとめるには、互いに知り合い、情報を統合していく期間がどうしても必要になります。それは時間のかかるプロセスだし、特に太陽系の内側にはとても多くのグループがあり、情報も抑えられてきました。ですから、このプロセスにはしばらく時間がかかるでしょう。

 コーリー:コブラは大事な点を指摘してくれました。相手の文化を理解するためには、信頼関係を築かねばなりません。コミュニケーションの仕方やマナーが異なる場合もあるので、その辺のことを理解していなければならないのです。普段の生活で異文化の人と接するのと同じです。

 

ロブ:イタリア人特有の話し方やコミュニケートの・・・

 コーリー:そういうことだけではないのです。異なる性格タイプや視点をもっているのです。コミュニケーションの仕方が違うと、普段の生活の、当たり前の会話でさえも誤解が生じたりしますよね。知り合いになって初めて、相手があなたに伝えようとしていることを理解できるのです。まずは友好的な関係を築かないと。

 〇超低周波音

 (ヒトの聴覚が感知できない20Hz以下の周波数の音)

 ロブ:世界中で聞かれている、もの悲しいトランペットのような音は何ですか。それについて何か情報をもっていますか? 

 コブラ:私の情報源によると、それは超低周波音だと言えます。人間の聴覚範囲の境目あたりが16Hzくらいで、人間の意識に有害な周波数です。カバールはスカラー装置を使って超低周波音を発信しています。超低周波音は物理的空間だけでなく、エーテル空間も、そして特にプラズマ空間も通過します。超低周波音スカラー波で、彼らは人間の意識を、ある振動状態に閉じ込めています。聴覚の優れた人には、その音が聞こえます。体内に、抑圧的な振動を感じ取っている人もいます。

 実際は大勢の人にも聞こえているのですが、日常生活に関心が向いているので、気にとめないのです。

 それが世界中で報告されているものです。計測され、公式な記録文書になっています。

 コーリー:これについては、私も皆からよく尋ねられました。個々のケースによってまちまちです。これは完全に聞き取れる音であり、録音できます。そして機械的な音です。それが小都市周辺だけで聞こえる場合、大抵は地下基地の空気を地上の空気と交換しているのです。もっと地球規模の広い範囲で、トランペットのような音や低周波音が聞こえる場合は、スカイ・クウェイクと似ています。(訳注:スカイ・クウェイクとは、この謎の轟音現象自体を指す言葉)。高まったエネルギー波が太陽系に入来して、地球の上層大気と相互作用しているのです。

 〇日本/地下世界の戦闘

 ロブ:日本の沖合で起きた爆発について、何か情報をお持ちですか? ベンジャミン・フルフォードによれば、第三次世界大戦を食い止めるため、軍事基地の地下で戦闘があったと言うのです。コーリー、沖合での地震について、情報を持っていますか。小型核爆弾でも使ったのでしょうか?

 コーリー:昨今の地震で(マグニチュード)5.86.8のものは、いろいろと珍しい兵器を使った場合が多いです。(訳注:414日の熊本地震はマグニチュード6.5)。その辺りの最新情報は、デビッド・ウィルコックが出してくれます。

 地下基地や洞窟では、すさまじい戦闘が繰り広げられていました。南米の地下と、南極の周辺海域の地下は特にそうです。地下では動きが活発になっており、様々な珍しい武器がたくさん使用されました。それには第5世代の核兵器、いろいろなスカラー兵器も含まれています。現在はすごく激しく動いています。

 ロブ:その戦闘には ETグループ、ポジティブミリタリー、ネガティブミリタリー、どこのグループが絡んでいるのですか?

 コーリー:その全部です。オーストラリア上空にUFOが出現したという大量の報告が上がっています。私はここ数週間、ゴンザレスからその話を聞いていました。メタリックなUFO、機体の周りをポータルが回っているもの、ロシアの系統を継ぐもの、カボチャの種の形をした巨大な巡航船――それはドラコのですが――が報告されています。オーストラリアと南極で、です。あと、未知の黒いV字型UFOが一斉に現れて、ドラコの巡航船を攻撃し始めました。中には、その攻撃の前に地球の大気圏を離れたものもあります。この間の会議で、この未知のV字型船は、そこまでのテクノロジーに達した地球同盟グループがあるのだろう、ということになりました。しかし地球同盟側はどこも、それを使用したとの声明を出していません。

 ロブ:つまり、ドラコがカボチャの種の形をした船で南極から逃げようとしていて、それを追い返したのが、地球同盟のものと思しきV字型船だということですか?

 コーリー:その通りです。それまでの数ヵ月間、私たちはカバール/ナチグループがブラジルとアルゼンチンに向かっているのを監視していました。彼らは地下壕に向かっていたのです。蟻が地下に潜るみたいにね。彼らは資産と人員を南極に移しています。ですから私たちは、この人たちも、何かが起きる前に地球から去ろうとしていた巡航船に乗っていたと思っています。物事の動きが、特に地球同盟にとっては、――地球を巡る交渉と水面下での出来事に関して――勢いづいているようです。

 ロブ:ありがとう。コブラ、日本に関することも含め、コーリーが今言ったことについてコメントしてもらえますか?

 コブラ:オーケー、私の情報筋から受け取った情報です。ええ、日本では浅いところの地下基地で戦闘がありました。ほとんどの武器が通常兵器でしたが、

 地震を誘発されました。しかし、すべての地震がそのせいではありません。ますます活性化している銀河のセントラルサンに反応して、構造プレートも活性化しています。

 他に私が認められることは、カバールグループにたくさんの動きがあることです。彼らは2つのルートを通って南極に逃亡したがっています。1つは、テキサスメキシコ南米(ほとんどがブラジルかアルゼンチン)南極ルートです。もう1つが、ニュージーランドタスマニア南極ルートです。彼らは、南極に行けば逃げおおせると思っています。実際、彼らの中には、地球を脱出しようとした者もいます。

 情報筋の一つから聞いただけなので、100%保証できる情報ではありませんが、コーリーの言うところのダーク・フリートについての情報があります。それはずっと昔にナチスから分かれた派閥で、南極のナチスにコンタクトを試みていました。南極から太陽系の外縁部へ、カイパーベルトへと逃亡者を移送するためのコネクションを築こうとしたのです。

 〇古代テクノロジー

 ロブ:地球を安定させる古代のプレアディアンのテクノロジーが、今でも地下深くに残っているのだとか。南極の地下深くにある、そのテクノロジー基地について聞いたことはありますか?

 コーリー:あなたが言っているのはプレアディアンに由来するものではありません。この古代のテクノロジーは、南極も含め、世界各地の地下に埋められています。その一部が取り除かれたため、構造プレートや気象などいろいろなことに問題が生じました。そのテクノロジーが取引されたり譲られたりしたため、バランスを保てなくなりました。

 ロブ:もともとそのテクノロジーを埋めたのはだれですか?

 コーリー:それは不明です。ものすごい古代です。レポートの脚注からは、誰が埋めたのか3つの可能性があるようです。

 ロブ:コブラは何か情報をもっていますか?

 コブラ:アトランティス時代まで歴史を遡る必要があります。アトランティスは世界の広範囲にまたがるグローバルな文明で、宇宙の様々な種族が、文明の種を播いて育てた文明です。どの種族も、それぞれたくさんのテクノロジーとスピリチュアルな理解をアトランティスにもたらしました。

 種族ごとに入植の波があります。プレアディアンはおよそ20万年前に、シリウス恒星系の入植は75,000年前に文明のピークをつくり出しました。どちらもそれぞれネットワーク――地上都市の、地下都市の、トンネルの、地下ピラミッドの、クリスタルの、構造プレートを安定させるテクノロジーのネットワーク――をつくりました。

 しかし不幸にも、オリオンからから来た別のグループが、アトランティスのネットワークに入り込み、そのテクノロジーを悪用しました。それがアトランティスの大洪水の原因となり、およそ11,500年前のアトランティス沈没を招きました。

 その古いテクノロジー、マシン、クリスタルがいまだに散らばったまま残っています。あるものは海底に、あるものは地下の浅い場所に、あるものは故意に破壊されたり封じられたりしました。多くの地下グループが、それらを見つけていますので、イベント時には主流メディアで公表されるでしょう。

 コーリー:ええ、ものすごく先進的なテクノロジーなのです。地下にある最古の石工技術ではありません。

 ロブ:もっと昔のテクノロジーもあると聞いています。

 コーリー:ええ、何億年も前の。

 

〇エリア51の煙

 ロブ:エリア51で煙がモクモク立ちこめている事件がありました。煙は一所から上がっているので、野火ではありません。この件について情報はありますか?

 コーリー:彼らは自分たちの実験のせいで、核物質を処分するという大問題を抱えていました。それで彼らは公然と核物質を燃やしていました。それが他所へ飛び火したのです。こうしたことは以前にもありました。

 コブラ:私のソースによればそれは野火でした。

 コーリー:ええ。彼らは手に負えなくなったものを燃やして捨てるのです。そして全域に火がつく。こんなことが数回ありました。彼らは風が放射線を運ぶ区域の、放射線検出機のスイッチを切っておしまいにするのです。何度かありましたよ。

 

ロブ:どちらも正しいかもしれませんね。コブラは野火と言い、コーリーは・・・

 コーリー:それは野火でした。野火になったのです。

 〇イベント/相転移

 ロブ:質問です。「時間はかかっているものの、世界情勢は良くなりつつあります。ここ数年で生じた状況を改善し続けるためには、私たちは本当にイベント、重要な分岐点となる瞬間が必要なのでしょうか。イベントは、かえって水を差してしまうのではありませんか。主流メディアで真実が暴露されるとともに、世界中の関心をイベントに集め、人々が『ああ、そういうことだったのか』と合点がいく瞬間が必要だと信じていますか?」私は信じていますよ。

 コーリー:ええ、みんなを揺り起こすには、イベントを引き起こすことが絶対に必要です。真相を理解している人がポツリポツリと増えるのを待っていたら、あと数千年もかかりますよ。

 私たちは私たちで為すべきことがあります。一人一人に、です。必要ない人なんていやしません。彼らは、私たちが立ち上がって自分たちの役を引き受けるのを待っています。「責任は負わないよ」なんて言える人は誰もいません。それぞれの違いは脇に置いて、完全なディスクロージャーの実現に取り組むのです。情報を得て大衆に伝える。すると百匹目の猿現象が起きます。情報に通じている人が増えれば増えるほど、情報が受け入れられやすくなります。人々は、私たちが彼らに答えたいような質問をし始めるでしょう。そうすればイベントが起きても、人々はそれほどショックを感じません。

 ロブ:素晴らしい。コブラ、あなたは当然分岐点、私たちがイベントと呼ぶものがあると思っているでしょう。コメントしてもらえますか?

 コブラ:ええ、もちろんです。ちょっと説明しましょう。それは相転移と呼ばれるプロセスです。相転移というのは物理学でのプロセスですが、社会においても起きることです。あなたが一定量のエネルギーを社会に注ぐと、社会は沸騰しているお湯のような振る舞いをし始めます。私たちが今経験しているのは、この沸騰しているお湯なのです。これまでの人間社会を否とし、疑問を呈し、探し求める。このように人間社会がまったく浮き足立っていることこそ、この宇宙的変化の反映です。ある量のエネルギーがシステムに注がれると、水は沸騰し、蒸気に変わり始めます。これが、人間社会に起きていることです。人間社会は相転移へと進んでいます。相転移の瞬間がイベントです。それは突然の変化です。事前に薄々感じ取ることができるかもしれない。予期できるかもしれない。しかし実際に起きるときは、突然、転移(物理学用語。ある状態から他の状態へ移る現象)します。それは量子的飛躍です。そしてこれが自然界における転移の仕方です。徐々に変わるのではありません。

 相転移は突然起きます。これが、これから起ころうとしているのです。なぜなら私たちにはもう時間がないからです。私たちは、さらに数千年も待っていられないのです。私たちは、この転移を引き起こしている宇宙の力に、実際に反応しています。彼らは、私たちができるだけ早く、調和的に転移できるように導いています。人類はこの転移の一部を担っていることで知られていますが、これは全宇宙的イベントであり、当然、私たち一人一人にも役割があります。

 ロブ:ありがとう。サイマティック・シフトを見ることができます。金属板の上に砂を撒いて音で振動させると、周波数に応じて特定の砂の模様ができます。このように私たちも混沌とした状態を経て、あっという間に新しい秩序を確立します。

 (訳注:cymaticsは特定の周波数の音が膜や界面に作り出す形状やパターンについて研究された学問)

 〇スフィア・ビーイング・アライアンス

 ロブ:将来スフィア・ビーイング・アライアンスが地表の人々と公式に同盟を組むという計画は出ていますか?

 コーリー:いいえ、それは聞いていませんね。私に伝えられているのは、彼らは表に出るつもりはないということです。この宇宙エネルギーが入来するに伴い、アウター・バリアと球体が徐々に消えて、というか、移行していきます。そのとき、彼らはもうここにいる必要がなくなるし、私たちも彼らを必要としなくなります。私たちは今までとは違う状態にいるでしょう。自分たちでね。

 

 〇レジスタンス・ムーブメント

 ロブ:レジスタンス・ムーブメントのほうは、地上の人たちと接触する計画はありますか?

 コブラ:はい。今はコンタクトするのに安全ではありませんが、イベント後にコンタクトが起こります。RMはもっとも目覚めている人たちと物理的に接触します。これが最初の交流で、その成り行きを見ながら、少しずつ地上の人たちに姿を現します。彼らは地上の人たちと交流するメイングループではありません。メイングループはプレアディアンです。そして後にシリウス星人、アークチュリアン、その他のポジティブな種族が続きます。私たちの銀河の近隣種族ですね。

 RMの役割は、インフラ機能――電気、インターネット、食糧の流通――が停止しないように、巧みにイベントをサポートすることです。彼らはポジティブミリタリーの作戦もサポートします。メディアの情報公開もサポートします。彼らは、少なくとも最初の段階では地表の住民と直接交流することはありません。

 イベント後のある時点で、彼らは地上の特定の人たちに、自分たちの居住空間を見せるため、地下へのガイドツアーを行います。一緒に参加したい人は、条件が合うなら可能性があります。

〇内部地球の協定

 ロブ:コーリー、今のコブラの答えに何かコメントはありますか?

 コーリー:今の話は、私たちの情報の一部にもなっていきそうです。アンシャールのカーリーはカイパーベルトでの会合の後で、スーパー・フェデレーションとの会合を要請しました。この会合の目的は、ここにいるすべてのグループが・・・。モハメッドの時代から間もない頃、オープンコンタクトや人類に姿を現すことについて協定が結ばれました。その内容は、私たちが独自に発展するままにしておくこと、彼らは背後で物事を行うことです。彼らは地上の人との接触は秘密裏に行っています。この協定の細かいことまでは知りませんが、かなり拘束力があるものです。彼らがよく衝突を起こした後でできた協定です。彼らはその協定を見直して修正したいのです。内部地球のグループの中には、これから地上にもっと姿を現したいと思っているグループがあるからです。そしてそのための会合を持つことが許されました。彼らは間もなく姿を現すことでしょう。

 ロブ:コブラ、コーリーの情報にコメントはありますか?

 コブラ:ええ、確かにこれまでいろいろと合意がなされました。しかし、地表の人々がコンタクトされない本当の理由は、闇の者たちが地表の人々を支配して隔離していたからです。たくさんのポジティブグループが、地表の人々とコンタクトしたがっています。しかし危険なのでできませんでした。カバールが報復するでしょうから。地表の住民がコンタクトを受けたケースもいくらかありましたが、ただでは済みませんでした。

 コーリー:ドラコと他のネガティブグループも、今回の協定にサインしました。彼らは巧妙なので、ここは用心してかからねばならないところです。次の会合にはスーパー・フェデレーションだけでなく、ネガティブグループも代表者を送り込んできます。協定が結ばれてから、会合らしいものとしては初めての会合になります。

コブラ:ええ、しかしドラコは決して交渉しませんでした。彼らは好き勝手にしたいだけです。

 コーリー:ええ、彼らが交渉するのを何度も見てきました。彼らは誰かと内緒話をするような交渉をします。

 ロブ:コーリーに質問します。あなたの最近の記事に、アンシャール(内部地球グループ)の使節団が、カイパーベルトでの会合に参加したというものがありました。内部地球のグループは人類に対してネガティブだったので、トライアングルヘッドにしかられて、人類ともっとポジティブな関係を築くことに納得しました。けれども内部地球の会議で、3つのグループが内部地球の協力合意から脱退し、オメガのペンダントのグループも、そのうちの一つでした。

 (訳注:コズミックディスクロージャー内部地球の最新情報シーズン4 エピソード8を参照して訳しました)

 コーリー:ちょっと正す必要があるようです。あなたは彼らがネガティブなグループだと決めてかかっていますが、それは観点の問題です。(オーケー)。これらのグループはネガティブではありません。彼らは厳しい領域で生き残ろうとしているのです。しかし同時にポジティブな情報を人々に与えています。欺すようなやり方であっても。彼らの観点からも理解しなければなりません。彼らは地表の人間から自分たちを守ろうとしているのです。地表の人間は彼らを攻撃して殺せるだけの能力をもっていますから。物事は、UFO研究のコミュニティーでよく言われているほど単純なものではないのです。彼らは非常にワイルドなパラダイムの中で生きています。どのグループもみんなそうです。彼らはまた、とても奇妙な政治環境をも生きぬかねばなりません。地表に大使を遣わしている者や、ずっと太陽系で過ごさねばならない者は、特にそうです。なぜならコブラが言ったように、この太陽系はとても危険な場所だからです。闇のエンティティーたちだけがとても危険なのではなく、今の状態の私たち人間集団も、非常に危険なのです。

 〇オメガのシンボルのグループ

 ロブ:ケミトレイルを撒布する飛行機にはオメガのシンボルがついています。だから私は、彼らが非友好的だと思うのです。

 コーリー:そのことは彼らに直接関係ありません。かぎ十字のシンボルをもつ地下グループだからといって、彼らがナチスやナチスのイデオロギーに直接関係しているわけではありません。シンボルなんて盗んで転用できます。ただシンボルを見たからといって、何の裏付けもないまま早合点してはいけません。

 (後半に続く)

 


サンディエゴ トランプ陣営に反対する人 <>

2016-05-28 19:41:36 | 社会問題 日々雑感

Trump Protesters Attack the San Diego Police at Trump Rally | Punches and Batton Melee

♫ サンディエゴで起こったようです。アメリカの大統領選挙も共和党の選出がトランプ氏に決まりそうですが、これで大丈夫なんでしょうか?

白熱し過ぎのように思います。トランプ氏の扇動がこのように有権者に怒りを持つように、仕向けているのです。

傍から見るとわかりやすいです。共和党候補になっても、まだ先があるわけですが、アメリカのこの先を考えると、憂鬱になりますね。

 


ロスチャイルド降伏情報 これは真実か?<>

2016-05-28 19:19:20 | 社会問題 日々雑感

 http://japonese.despertando.me/ロスチャイルド降伏情報、これは真実か? 20/ より転載しました

ロスチャイルド降伏情報、これは真実か? 2016年5月26日

ロスチャイルド降伏情報、これは真実か? 2016年5月26日

Screen Shot 2016-05-27 at 16.32.10

ロスチャイルド降伏情報、これは真実か? 2016年5月26日http://nesaranews.blogspot.jp/
JUST OUT, IS IT REAL OR MORE COMMIE B.S.?
News, Rumors and Opinions Thursday Morning 5-26-16

Beamer: fisher も yosefもよい情報を持っている。彼らが言っていることの多くは私が持っているものと同じだ。

Lostnq8: あなたが言っていることはほかのいくつかの情報と合致しているので、本当だと思う。

Beams: YOSEF がWCあてに送った情報では、ゴールドマン・サックス、ピムコなどの歴史があるカバール企業を売却したとのことだ。

WF(ウエルズ・ファーゴ)は一般へのRV開始指示書を発送した。国連はSWIFTシステムが崩壊した、と言っている。スタッフが午後6時に到着し、午後8時にはオフィスから去り、午前2時に出社して、午前6時から支払いを開始するように言われたとのこと。

すべての短期特権レートがスクリーンに現れ、通貨交換希望者は特権レートを要求できるが、使用方法が示されている。

多くのファームが売却され、今では証券と通貨の償還が可能になっている。静かな崩壊が認められ、売却が広がっている。すべての通貨は金で裏打ちされている。

新共和国に関して政治的、経済的に大規模な変化が起きている。
ダンフォードがすべてを午後6時から開始している。

すべての私的グループの支払い元には現金があふれている。

悪のロスチャイルドは敗北し、書面での降伏を申し出た。
ポール・ライアンは米国議会で憲法への回帰を訴えた。これは憲法に沿った金本位制度への回帰でもある。

金本位の通貨が発行された。
WFは米国が午前11時45分に金本位制度に戻り、一般への通貨交換を始めるとのメモを発行した。

月曜日はメモリアルデイの銀行の休日で火曜日から100%通貨交換が可能になる。特権レートは高い。

人々は忙しく働いており、WFの処理はいまだに進められていて、まだ交換開始にはなっていないが、すべてはうまくいっている。おじいさんは今日のハワイの業務終了時間である真夜中までには開始を強制しようとしている。


翻訳 Taki

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/05/just-out-is-it-real-or-more-commie-b-s-3358420.html

 



ロシア 松輪島の旧日本軍の地下軍事施設の跡を探す <>

2016-05-28 19:10:50 | 社会問題 日々雑感


2016年05月27日 スプートニク日本より転載

ロシア国防省およびロシア地理協会の調査隊はクリル諸島のマトゥア島(日本名で松輪島)の海岸線を上空から調べ、第2次大戦時代から残されている地下の軍事施設の跡を探した。

マトゥア島には大戦時代に使われていた3本の滑走路が残されていることから、探検隊は航空基地の状態を評価し、その復興が可能かを調べる任務を負っている。

 第2次大戦時代、この島には日本の守備隊がおかれていた。


続きを読
む http://jp.sputniknews.com/russia/20160527/2207527.html#ixzz49w9kRopm

~~~~~~~~~~~

♫ 北方領土の中の一つの島松輪島です。この松輪島がどのような役割だったのでしょう?

3本もの滑走路もあったようです。

北のこうした島々に、日本軍は武器弾薬庫を置いていたそうです。

 


米国に住んでいるキムジョンウンの叔母 インタビューに応じる<>

2016-05-28 17:22:43 | 社会問題 日々雑感

2016年05月28日 15:45 スプートニク日本より転載

1998年から米国に住んでいる、北朝鮮の金正恩氏の叔母コ・ヨンソク氏(60)が長い沈黙の末にワシントンポストのインタビューに応じた。

まず、金正恩氏が1984年に生まれたということは確かなことだと言う(公式発表は異なる)。また、金正恩氏は1996年にスイスに住んでいた。

また金正恩氏の叔母は、子どもたちとパリのディズニーランドに行ったことがある、とし、金正恩氏は母親と東京ディズニーランドを訪れている、とも述べた。また、金正恩氏はフレンチリビエラの海で泳ぎ、アルプスのスキーに行き、イタリアのレストランを訪れたという。



続きを読む http://jp.sputniknews.com/life/20160528/2210150.html#ixzz49vy1a6QS

~~~~~~~~~~~~~

♫ 叔母さんとは、ジョンイル(正日)の次男の母親である、コ・ヨンヒの親戚と思われます。まだジョンウンの母親が恵さんだという公表はできないのでしょう。

北朝鮮ではジョンイルの母親をたたえていたのですから、ジョンウンの母親について自国で何もでてきていないのが、不可解ですよね。

やはり恵さんに間違いないでしょうね。

東京ディズニーランドに母親と来ているとしています。これは恵さんは極秘に東京に来ていたという話が漏れ伝わっていますから。それを裏付けるものかもしれません。

 

 


被爆体験 語り始めた日系米国人 <>

2016-05-28 17:11:38 | 社会問題 日々雑感

http://jp.wsj.com/articles/SB10183435217094733641104582089201226734384?mod=WSJJP_World_EditorsPicks_5 より転載

封印した被爆体験 語り始めた日系米国人

被爆した約1000人の日系米国人はオバマ大統領の広島訪問をどう見るか

 

 オバマ大統領は27日、現職の米大統領として初めて広島を訪問する。71年前の原爆投下で被爆しながらも生き残った約1000人の日系米国人は、この訪問を独特な思いで見ることになるだろう。彼らは自分の国が投下した原爆に苦しめられたのだ。

 その中の一人にヤマオカ・メイさん(87)がいる。カリフォルニア州ローダイで生まれたヤマオカさんは第2次世界大戦がぼっ発した当時、日本の学校に通うため広島に滞在中だった。1945年の原爆投下を生き抜き、その後カリフォルニア州の自宅に戻ったヤマオカさんはそこで、この最も辛い記憶を60年間封印してきた。

 ヤマオカさんがインタビューや家族へ宛てた書き物などを通して、自身の経験を詳しく語り始めるようになったのはここ10年くらいのことだ。父親と一緒に2日間妹を捜し回り、焼けただれてボロボロになった遺体の山の上にようやく死んだ妹を見つけたこと。妹だと分かったのは、米国で買った肌着に施されていた刺しゅうが目に入ったからだったこと――。

広島で被爆した経験を持つ日系米国人のヤマオカ・メイさん(写真は2013年に広島を訪問した際のもの)ENLARGE
広島で被爆した経験を持つ日系米国人のヤマオカ・メイさん(写真は2013年に広島を訪問した際のもの) PHOTO: THE YAMAOKA FAMILY

 被爆した影響で体が弱りつつあった父親は高校を卒業させるためにヤマオカさんを米国に帰した。戦時中、米国で日系人の強制収容所に入れられていた経験を持つヤマオカさんの夫は、家族が日系であることを話したがらなかったという。

 ヤマオカさんは「(夫は)差別を肌で感じてきた。米国人は原爆について聞きたくないと思っていると彼は話していた。だから多くを語らなかった」と話す。

 オバマ大統領の広島訪問は、戦後の日米関係の劇的な変化と、核の不拡散という重要な政策目標の象徴となるだろう。大統領が原爆投下について正式な謝罪をしないことは、少なくとも一部の被爆者にとっては問題ではないようだ。

 ハワイ生まれの被爆者であるサラシナ・ジュンジさんは「オバマ大統領は謝るべきかどうかと言われているが、一番お願いしたいのは、原爆の被害がいかに惨めなものだったのかを理解してもらいたい」ことだと話す。サラシナさんは朝鮮戦争で戦った経験も持ち、オバマ大統領に絵はがきを送って広島訪問を促す日系米国人の取り組みを率先した人物である。

広島の呉で占領軍の翻訳者として働いていたヤマオカさん(1946年)ENLARGE
広島の呉で占領軍の翻訳者として働いていたヤマオカさん(1946年) PHOTO: YAMAOKA FAMILY

 20世紀初頭、日本は多くの移民を米国に送った。中でも広島県からの移民は多かった。渡米して新たに米国人になった日系移民たちは裕福になると、子供たちに言葉や文化を学ばせるため、祖国に数年滞在させることも多かった。

 ミシガン州立大学で日系米国人の被爆者に関する研究を行っているワケ・ナオコ准教授によると、日本では学徒動員に積極的に参加した若い日系米国人もいた。一方、上空に飛来する米軍のB29爆撃機を、戻りたいと切望する国からの友人や救済者として眺めた人もいたという。

 広島と長崎には数千人の日系米国人が暮らしていた。原爆で多くが犠牲となった。生き残った人々の多くは「被爆者」として米国に戻った。そして彼らは差別の対象となった。

 数十年もの間、多くの被爆者はその事実を隠し通した。就職や結婚に不利になるのを恐れてのことだ。終戦は米国における10万人を超える日系米国人強制収容の終わりも意味していた。それが状況をより複雑なものにした。戦後、米国民の大半は広島と長崎に原爆を投下するというハリー・トルーマン大統領の決断について、日米両国の犠牲者を抑えるために正当な決断だったと感じていた。歴史家は10万人から25万人が原爆の犠牲になったとみている。

1945年の原爆投下後に友人たちと写真におさまったヤマオカさん(右から3人目)ENLARGE
1945年の原爆投下後に友人たちと写真におさまったヤマオカさん(右から3人目) PHOTO:YAMAOKA FAMILY

 現在、米国に暮らす被爆者は日本政府からわずかな賠償金と医療面での援助を得ている。年2回、日本から放射線の専門家が渡米しているが、それもこれに含まれる。日本政府は戦時中に強制労働者として朝鮮半島から日本に連れてきた数千人も被爆者として認めている。

 米国政府は核実験で被曝した退役軍人や、ウラン採鉱で被曝した人とは異なり、彼らを正式には被爆者として認めていない。

 4歳の時に広島で被爆した中野博子さんは「戦争で他にも苦労した人は沢山いる。被爆者だからと特別扱いされるのは心苦しい。あれをして、これをしてと裁判で勝ちとっていくようなことはあまりしない」と話した。

 中野さんは崩壊した家の壁の下から引っ張り出された。兄のひとりは学校から戻ってこなかった。その後は、家族のなかで原爆のことは話さないという暗黙の合意があったという。中野さんは60代で髄膜腫と甲状腺異常を患った。

 ヤマオカさんは9歳だった1938年に一家が日本に渡ったときのことを語ってくれた。日本人労働者向けの下宿を含むカリフォルニア州の3軒の家は親戚に預けてきた。そして戦争がぼっ発した。

 1945年8月、ヤマオカさんは学徒動員で働いていた。原爆で命を落とさなかったのは、タバコ工場の中で高校の同級生と一緒に作業をしていたためだ。13歳だった妹のマナさんは屋外で作業をしていた。ヤマオカさんと父親は長い捜索の末に、マナさんの遺体を爆心地の近くで見つけた。

 ヤマオカさんは「私は米国人を少しも恨んではいない。あれは戦争だったし、両国とも自分たちは正しいことをしていると考えていた」と話す。「ただ、広島が原爆の標的となったのは不運だった。私たちは言わば一種のモルモットになった」

  ~~~~~~~~~~~~~
♫ オバマ大統領の広島訪問は、米国の日系被爆者の心の楔を取り除き、傷を癒し始めたようです。
これで、被爆者の肩の荷が少しは軽くなったのであれば、私も一緒に喜びたいです。
 
生きている人は、奇跡のようです。福島の人の希望でもあるでしょう。
 
私達人類が、こうした世界のむごたらしい戦争の犠牲になってきたことを忘れず、未来に向けて歩き出さなければならないのです。
 
これで終わりではなく、このような戦争の犠牲となる人が、いまだに世界に存在すること。それも忘れてはならないのです。
 
醜い人類の歴史に終止符を打つまで。私達は望みを捨ててはならないのです。
 
世界中から争いを無くし、戦いを辞めるように願いつづけます。
 
 
 

オバマ大統領の演説は隠れ蓑に利用される<>

2016-05-28 11:15:48 | 社会問題 日々雑感

♫オバマ大統領の広島での演説は、謝罪なく国民は物足りなくおもったのでしょうか?

私は岩国基地からの中継をみていました。このような中継を自分が見ていることが、久しぶりだと思いました。これで原爆の被害者のすべてが少しは安堵感を持ったことは、確かにあると思います。来ないより来てくれたのは、率直に「ありがとう」と思います。

 

しかし、別のところでは、ニホン政府がなぜ今回のオバマの広島訪問を実現させたのかは、私達国民はよーく考えないとならないのです。

日本人は単純ですから、オバマを招待した安倍首相は平和についても考えるだろう。と思うはずです。

とんでもないことです。これが策略というものです。

オバマの広島訪問すら、隠れ蓑にして国会で有りえない法案を次々と通してしまっています。

これからも、このような政府の姿勢は変わらないでしょう。

日本人の人を信用し過ぎ。お人よしは、ここでも操られることになるのです。

このあと、政府の支持率をあげたと報道され、違和感も持たずに参議院選挙へと突入するのでしょう。そして不正選挙は衆参同時ではなければ、やりやすいはずですから。

また低投票率を理由に報道されて、自民党が快挙とするシナリオができているでしょう。

実にうんざりしますね。

若者はもっと投票に行くべし。そして期日前の投票はしない事です。

自治体の会場入場者と投票の数を、監視することですね。

時間繰り上げも阻止しないといけないですね。


シュショウはなぜ「リーマンショックが再来」と言ったのか<>

2016-05-28 10:56:09 | 社会問題 日々雑感

♫ G7での首相の「リーマンショックの再来が予想される」といい、他の首脳からも怪訝な声が出され、他国の記者もアベノミクスのニホンがひん死の状態である事だけを、ことさら重要としています。

そして犬HKのニュースでは、G7の各国首脳はこの意見に賛同しているかのように、報道していました。

この話については、私は他の人の意見とは少し違います。

アベ首相は、なぜこの話を、急に持ち出したのか?政府内でもごく一部のひとしか知りえないものだったようです。どこからこの指示がでたのか?

迂回していようとも、この指示がトップからであることは、間違いないと、私は勝手に想像しています。

そしてこれは、イル身ナティの暗号めいたお知らせではないかと、思うのです。

先日アベ首相と婦人がエリザベス女王と一緒に写真をとったものが、パソコンに出回っていました。エリザベス女王の立つ位置を考えていない、失礼だと二人を揶揄するものでした。

その後、エリザベス女王の発言として「中国の首脳は実に失礼だった」というものでした。これは、アベ首相への援護となったはずです。

そして今回のシュショウの発言は、まさしく浮いた話をG7の皆さんの前でご披露したわけです。ご本人はこの内容がどのようなものとなるのか、解っていないでしょう。

とにかく彼は忠実にやり遂げました。

これは、今後リーマンショックの再来を、彼ら(世界の現支配者)が起こす可能性があると、私は危惧しています。

素人の私の話しですから、むろんバカバカしいと思ってくださって、いいのですよ。

私はただの妄想好きのおばちゃんですから。

もう、何度も潮目が変わると言う話が出ては消えしています。私なりに、少ない脳みそを使って考えて見ただけです。

本当にアベ首相がひっくり返るのなら、うれしいのですが、彼はどのような方法をとっても、絶対に支配者に忠実でありつづけ、国民からの声には屈しないでしょう。彼は図太いのか、神経がないのか、そういう人のようです。実に支配者には都合のよい、駒なんですね。

世界中の報道が日本たたきをしています。

そのうちにリーマンショック再来となれば、アベ首相はどう思われるでしょうか?先見の明ありとなるのではないでしょうか?

エリザベス女王の助太刀もあり、今後の事は、私はあまり楽観視していません。

ドンナ人でも追い込まれたら、抵抗はするのです。そして策略を仕掛けるはずです。いままで散々やってきたのですから。

別のところでは、日本たたきは続くでしょう。こちらは、期待しています。

せめぎ合いが、続いていますね。

 

 

 

 

 

コメント (1)

てえへんだ てえへんだ=38

2016-05-26 12:21:07 | 創作文

「ご隠居、おいでやすか?」

「やあ、八っあん、待っていたよ」

「さっき、鈴木さんに会いやして、号外がでたぞと、言っておりやしたが。」

「ああ、号外か。そうかもしれんな。超ど級の号外かもしれんぞ。ワントンのブログだ」

「なにが、ありやしたんですか?」

「いやあ、八っあん。日本人は世界で一番ひどい目にあっていたようだよ。」

「広島と長崎と、数々の人工地震のことでやんすか?」

「そうだ、原爆のことだが、これが今までは、アメリカが落としたとされておったが、どうやら、あれは、日本製の可能性がでてきたのだよ。」

「ええっ。本当でやんスか?」

「戦前に日本でも原爆を作っていたようで、それが成功していたら、日本は勝ったかもしれないという、話を噂では聞いていたがね。」

「そういえば、そんな話がありやしたね。でもそれは、アメリカ人を原爆で死なせるってことでやんすね。」

「そういう話だったと思う。それも無くなって良かったと、私は考えているが。」

「その原爆は、日本で作られていて、それがアメリカ軍の飛行機に積まれて、ドカンとされたのでやんすか?それも、おかしいでやんすね。」

「いや、この話はな。実はややこしいのだ。木村さんの資料によるとだね。どうやら、原爆をつくったのは、日本の理研がやったそうだ。どのような実験だったのかは、茨木市での大爆発がそれだったのではないかと、今のところはそういう話だ。それよりも、号外だと鈴木さんが言ったことは、これだよ。」

「ええっ!て・天皇が原爆の特許取得者でやんすか?」

「これは、阿修羅からの情報だ、実はアメリカの特許局が公表を拒んでいるそうだから、実際に公表すべきだろうね。今のこの時代だから。この資料には、その状況証拠が書かれているのだよ。原爆が市民を殺していたのは、実は戦争犯罪に相当するとしているのは、ロシアなんだよ。確かにそのとおりだ。それなのに、日本人はアジアで戦争をしてきたから、やむを得ないとして、アメリカを訴えることすら、していない。おかしな話だよなあ。ニホン政府がしてきたことは、広島長崎の人の病状を科学者や医者を使って入念に調べ上げて、アメリカに報告し、その報告書の名前が昭和天皇だったのだ。病状をみて、治療するのかと被爆者は期待していたが、彼らは、まるでモルモットのようだったと証言している。これは今の福島と全く同じではないだろうか?」

「それで、ご隠居はどう思いやして?」

「特許局が公表をしてからが、真実だと思うが。この状況証拠だけでも、多分にそれと見えるだろうね。だから日本に原発が54基もあり、再稼働もし、トランプに日本に核を持たせるなどと、発言をさせているんじゃあないかい?」

「トランプは大統領になりやすんで?イエズス会の工作員だと宇宙人は言ってやしたね。」

「トランプは確定申告の公表を拒んでいるんだそうだ。これで、アメリカ国民も興ざめするだろう。トランプは新しいヒトラーと称する人も出て来たそうだ。」

「確かに、国民をああやって扇動していやすからね。ニホンだと小泉首相の時に感じやしたが。」

「ヒラリーもおひざ元のスタッフがFBIに調べられているようだから、そのうちに、彼女は起訴されるだろう。外国人からの献金疑惑がでてきておる。」

「なるほど、そういうことでやんすか。」

「それから、今G7が三重で開催されているが、どうやらニホン政府はここでも賄賂を使うつもりのようだ。この資料だよ。板垣えいけんだ。『G7に政府は7000億円を用意している。その理由は、各国首脳に1000億円づつ渡そうとしている。』名目はなんであれ、このようなことで日本のして来たことを、丸め込もうとしているのは、誰にでもわかることだよ。オリンピックの賄賂についてのもみ消しが理由かもしれんよ。理由はなんとでもできる。」

「各国に1000億円でやんすか?尋常ではないでやんすね。これで日本は賄賂の国だと、わかりやすね。」

「東京オリンピックを楽しみにしている人には、気の毒だが、どうやら東京オリンピック事態が嵌められたようだ。長野オリンピックで、賄賂を使いそのままスルーしていたが、その後のソルトレイクでは長野に負けた悔しさで賄賂を使い、IOCの役員が辞任に追い込まれたスキャンダルがあったんだそうだ。その後にトルコと競って東京に決まった時には、あれ?どうしてトルコではないのか?と私は単純にそう思ったがね。」

「トルコはまだやっていなかったでやんすからね。じゃあ、東京オリンピックでも賄賂が撒かれるとIOCはふんでいたんでやんすね。日本は網に引っかかってしまたんでやんすね。」

「どうやら、そのようだ、その上このオリンピックは賄賂づけの可能性も中抜きの可能性もフンダンにありそうな、気配がしているだろう?森元首相はそういうことには、うってつけの人事だったというわけだ。国民はうんざりだね。」

「都知事もひでえ話でやんすね。ろくでもない男がこの国の要職についていやすが、それもお堀の主の采配でやんすか?」

「むろんそうだろう、自然な感じが全く感じられない。操作しているから、このような不具合の塊が浮上するんだよ。これからは、もっと黒い話がでてくるかもしれないよ。八っあん。」

「いやあ。ご隠居。今日はちょいと、酒を一杯やりたい気分でやんスよ。」

「珍しいね。下戸の八っあんにしては。そうだちょいとお待ち。・・・・これを飲んでごらん。家で漬けた梅酒だよ。甘さは控えめだからね」

「これは、かかあが喜びやす。ありがとうごぜえやす。かかあと今夜は一杯やりやすよ。じゃあ、アッシはこれで、おいとましやす。」

「ああ、八っあん。悪い膿がでたら、傷は治るからね。世界も同じさ」

「そうでやんすね。ではまた来やすんで。」

 

ワントンのブログhttp://ameblo.jp/64152966/entry-12159461316.html

阿修羅   http://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/261.html

板垣えいけんttp://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken

クリントン http://www.cnn.co.jp/usa/35083235.html?tag=top;mainStory

クリントン http://www.sankei.com/world/news/160524/wor1605240036-n1.html

クリントン http://forbesjapan.com/articles/detail/11213

トランプ氏 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160524-00000084-jij-n_ame