ウィリアムのいたずらの開発日記

ウィリアムのいたずらが、コンピューター関係について、思ったことを好き勝手に書いているブログです。

Astah GSNが、UML、SysMLと連携してほしい人! - いっぱい!!

2014-03-18 19:27:57 | Weblog
Astah GSNが、UML、SysMLと連携してほしい人! - いっぱい!!


第五回D-Case研究会
http://www.dcase.jp/study05.html

に行って来た。その内容の前半をメモメモ



はじめに

・国立情報学研究所=石川先生のおかげ

・石川先生のご挨拶、連絡事項

・今日のアジェンダ




■D-Caseのこれから

D-Case導入の経緯

・DEOS:OSを作るプロジェクト
  →アシュアランスケース
 共通して理解するなにか
・アシュアランスケース、セーフティケース
 十分にディペンダブルであることを
 提供する構造化された証拠ドキュメント

・アシュアランスケース、セーフティケース
   不完全さを確認し、システムのディペンダビリティを合意

・D-CASEの目指した方向性

研究成果
・ディペンダビリティ・合意形成
  →本
   D-CASEエディタ
開発と実証

実証実験:いろいろ

国際標準化
・ディペンダビリティをすりあわせで
  →IPAなど

D-CASEの課題 ここでは2つ
・D-Caseのスケーラビリティ
   →D-Caseのモジュール化
・D-Caseの再利用
   →D-Caseのパターン化

GSNパターン
GSN Pattern
→木構造:パラメータ
 ループの導入

D-CASEのパターン

・Hazard Avoidance Pattern

アシュアランスケースを形式的に定義
GSNパターンをツールから利用可能にした




■D-CaseとSysMLの連携
連絡事項:DEOSが今月まで→閉鎖→ホームページもお引越しするよ!

1.はじめに
組み込みシステム開発における問題
・開発の現状
  ソースコードベース
  上流工程の仕様書が作成されない、更新されない
    →証跡として残っていない

・解決のアプローチ
 D-Case Driven Development With SysML手法

・問題を解決する手法
  D-CASEによる課題の解決
    議論分解
    関連付け
    証跡追加

・D-CASEの議論分解パターン
   脅威の明確化
   脅威の発生シーンの明確化
   原因の明確化
   対策の明確化

・D-CASEに基づく正確な設計仕様の策定
   要求図
   ブロック図
   パラメトリック図
   シミュレーション図

・検証結果の確認

・D-Case Driven Development With SysMLを
 実現する開発環境

  OSLC連携アドオン

具体例
ISO26262に準拠した車載システムへの適用

開発フロー
・アイテムの定義
  トップゴールの設定
  ディペンダビリティへの脅威の明確化

・ハザードの認識
  脅威の発生シーンの明確化

・機能安全要求に基づく分解
  原因の明確化
  対策の明確化

・技術安全要求に基づく分解
  対策の明確化

・検証結果による保証
  検証結果による保証




■DEOS要求マネジメント
・アシュアランスケースとGSN
  →2009年8月

・STAMP リーブソン

・議論パターンポケットガイド
 アシュアランスケース入門(CD)

・ディペンダビリティ
  →JISで標準化されている

・要求ママネジメント条件
・要求状態管理モデル
   抽出
   合意
   通常運用
   逸脱

・システム継続性制御
  →ディペンダビリティ制約
   コントロールする

・要求管理技法
  ディペンダビリティ制御マップ
  サービス合意形成カード
  サービスリスク分類構造
  サービスリスク管理表
  リスク分析活動

・システムの動作シナリオ
  →システムリスク:全部

・D-CASEの全体構成例
  →D-CASEパターン
     →議論パターンポケットガイド

・議論分解パターン
  説明対象システム
  説明対象に関係
  証拠の構造に起因する
  D-CASEの再利用に起因する

・STAMP階層的制御構造
 なんしーりーぶそんさんたち

 Parnasの変数モデル

・ソフトシステム方法論 再考 その1
 →8年前

・チェックランドの形式システムモデルの構造

・ソフト・システム・方法論→ソフト:人間、社会的

・システム論の制御条件
  ・ゴール条件
  ・活動条件
  ・モデル条件
  ・観測条件

・Webサイト管理のセキュリティ要求分析

・システム論的DEOSプロセス

・安全性分析手法の統合化
  システム論的制御構造 STAMP、STPA
  高信頼性要求アーキテクチャ ディペンダビリティ保証ケース
  システム物理構造 FTA,FMEA,HAZOP




■astah* GSN ご紹介
・astah製品ラインナップ
・ブラジルのユーザーが多い
http://astah.net/editions/gsn
コミニティスタンダードに忠実に
http://astah.net/editions/gsn/download

・みどころ
コミニティスタンダードに忠実に
横に線を引くーコンテキスト用
下に線を引くー普通のせん
参照でハイパーリンク
XMI

夏ごろ発売


質問:
UML連携できる?
いまのところできないけど、
SySMLと連携した話を平鍋さんが話していく

お値段は?
3万円~7万円の間

*ノードにアイコンがつく
  →Astah APIでがんばれば取れる

アンケート
  ・FTAと連携してほしい人:すこし
  ・HAZOPと連携してほしい人:すこし
  ・FMEAと連携してほしい人:もっとすこし
  ・SysML,UMLと連携してほしい人:いっぱい!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「情報ファイルの発見に失敗... | トップ | D-CASE駆動ソフト開発 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事