ウィリアムのいたずらの開発?日記

ウィリアムのいたずらがコンピューター関係(本家廃止後はその他も)について思ったことを好き勝手に書いているブログです。

「三島由紀夫VS東大全共闘」の話続き ー ネーミングかラベリングか

2020-11-25 09:06:26 | そのほか
「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」を見て来た。話のつづき。最後に書き残したものを、疾走感、ステレオタイプ、天皇と書いて、前に天皇を書いたから、今回は後ろから言って、ステレオタイプの話。

 その映画で、名前を付けることがどうのこうのというのが出て来たんだけど、名前を付けるっていのが、ネーミングかラベリングか、よくわかんなかった。
 あるものに対して、他と区別するために名前を付けるのは、ネーミング。
 これに対して、あるものを、「なにか」と分類してしまって、その分類から、かってにいろいろなことを「こうだろう」と決めつけてしまうのがラベリング。
 たとえば、東京の本郷にある大学を「東京大学」となまえをつけるまではネーミング。
 これを、「東京大学の人は頭がいいんだよね」とか特徴づけてしまうのはラベリング。

 ネーミング自体にはそんなに問題はないんだけど、ラベリングはおうおうにして、「こういうもんだよね」という過信(ステレオタイプ)、さらには、「男とはこういうものだ」「男らしくしなさい」とかいう話になって、できない人を差別したりする問題が起こってくる・これは避けるべきで、今、忌み嫌われている。(ミュージックライン11月23日に出ていたReiさんも、Categorizing Meって歌っているくらいだし。




むかしは、大量生産社会なので、効率性、量産が推奨されたから、そのために標準化が行われ、「こうあるべきだ」とか等級をつけたりするために、ラベリングは必要だったけど、今は効率的に大量にモノをつくっても売れないから、むしろ、ラベリングして大量なものを作るより、それぞれの個性を大事にして、カテゴライズしないで、サービスを提供するっていう形になってきた。そういう技術も発展してきたし。

 つまり、昔、ラベリングからの解放みたいなことをいっても、それを支える技術もなかったので、社会もそういう方向に動かず、むりだったけど、今は技術が発展し、むしろ生産しても余る社会になってきて、社会も個性を伸ばしていく雰囲気が上奏されて、むしろ社会が、ラベリングを否定しだしている(男らしく、女らしくなんて言ったらLGBTの観点から、めちゃくちゃ非難される)ようになったということなんでしょうねえ・・・50年でここは、大きく変わったと思う。

P.S 今日もミュージックラインが出て来たけど、どうしてミュージックラインが出てくるかというと、ウィリアムのいたずらが、南波志帆押しなので、たまに聞くことがあるから(聞き逃しで)。


この記事をはてなブックマークに追加

三島由紀夫の右翼思想ー天皇=全共闘の左翼主義を、ひまわりで説明してみる

2020-11-24 08:54:29 | そのほか
前回の話の続きなんだけど、順番で言うと、疾走感とかラベリングの話を書かないといけないんだけど、この後で使う斉藤朱夏さんの話の公開が
今日までなので、「三島由紀夫の右翼思想ー天皇=全共闘の左翼主義」の話を先に書きます。




■三島由紀夫氏の「天皇」
 三島由紀夫氏の「天皇」は、どうも当時生きていた昭和天皇を指しているようではなさそう。

「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」の中で話しているのだけれど、こういう考えみたい

・まず、田舎などの共同体を考えよう。理想的な共同体(ここでは田舎、三島氏の場合日本)には、理想的な共同体を実現する統治者がいると考える。これが天皇(宗教の場合、これが神になる)

・実際には、人間生きているので、理想的な共同体にはいかないわけです。で、その理想的にならない理由は、「誰か(なにか)が邪魔しているから」と考える。この邪魔者がいるから、天皇の御心が届かないとか、神の意志が届かないと考える。

・そこで、邪魔者を消そうと考える。この邪魔者が知性主義だったり体制だったりする。




■「三島由紀夫の右翼思想ー天皇=全共闘の左翼主義」

 ここまでの話で、気づいたかもしれない。このブログで

相模原殺傷事件は、なぜ間違っているのか?ナショナリズムとの共通点
https://blog.goo.ne.jp/xmldtp/e/b4bbd97dc306afd99e7afcfd989c61e4

で書いた、あの図ですね!三島氏の考えはこれになるわけ

大御心(おおみごころ)------------

わるいひとたち    ------------

自分-------------------------------

「悪い人たち」が「知性主義」とか「体制」の人だったりするわけ。
で、上記ブログでは、その下に

【社会主義の構図】

平等な幸せな社会------------

資本家     ------------

自分たち労働者 ------------

って、社会主義と同じ構造って書いているけど、まさにこれが左翼思想で
全共闘の場合にも展開できる

自分たちの理想    ------------

わるいひとたち(知性主義)--------

自分たち--------------------------

なかんじ。つまり、

天皇の大御心(おおみごころ)を「自分たちの理想」に置き換えれば、同じ構図になる。言い換えると

「三島由紀夫の右翼思想ー天皇=全共闘の左翼主義」

ただし、じゃあ、全共闘が天皇を持ち上げたら三島氏は共闘をはれるのかというと、これは三島氏が「詭弁」といった通り詭弁で、どこが詭弁かというと、上記の図の「自分たち」である三島氏の理想とする社会と、全共闘が理想とする社会は全く違うものなので、共闘は簡単にはできない。




■この構図が、たぶん「ひまわり」と同じみたい。

ミュージックラインの11月17日の斉藤朱夏さんの話によると。
(サンフラワーの話をしているところ)

つまり、こんなかんじ

朱夏さん(太陽)   ------------

世の中色々      --------

自分たち(ひまわり)---------------

朱夏さんが、太陽で、ファンのみんなは「ひまわり」。
太陽がひまわりを照らしているという構図。




■現代社会はどうなのか?革命を起こす必要はあるのか?

結論から言うと、ない。というか、常に革命が起こっている。

今はいくつもの太陽(理想)が併存している。そして、その時々ごとに、
一つの理想に共感する人があつまってコミュニティをつくるという
形態をとる。

だから、昔のアイドルは顔もきれいだし、歌もうまいし、ダンスもできるというような神的存在だったんだけど、今は例えばガオラー(リトグリのファンの人)は、リトグリの歌を求めているのであって、顔を多分求めていない。

たぶん、この話はまたするので、今日はここでおしまい。


この記事をはてなブックマークに追加

「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」を見て来た。右翼や左翼が今の国会より民主主義してた!

2020-11-23 11:34:54 | そのほか
11月22日に、池袋の「新文芸坐」で「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」と「潮騒」(久保明、青山京子版、1作目)と「愛の渇き」を見て来た!三島由紀夫VS東大全共闘は、よかった!(ほかは…)

確かに「熱情」だけは感じて、それで見切ってしまったかんじ。
熱情で駆け抜ける疾走感は嫌いじゃない。
ただ、疾走しないで立ち止まって考えちゃうと、「うん?」と思い、
「まあ、50年前だからねえ~今は違うよねえ~」と思う点がある。

それよりもなによりも、右翼(三島氏)も左翼(全共闘)も原稿みてないでちゃんと議論しいる。いまのメモ見てて話しあっていない国会とは大違いで民主主義してるかんじだ!皮肉にも…
国会も、あのくらい議論しないとヤバくないか?

ま、それはそうとして、今と違う相違点というか、違和感というかは、以下の2点かなあ~

・名前づけや歴史を否定してしまっているのに、言葉で議論している?

・知性主義と反知性主義は背反するものなのか
 →時間軸を否定しているから、これが背反できるので時間軸を導入
  すれば、知性主義(思考)から反知性主義(行動)への飛翔という
  ことが考えられるわけで、ここに面白みを感じるのでは?

そして1点気付いたこと。
・三島由紀夫氏のいう天皇は、生きている人間天皇とは違う
 →討論中言っていたけど、社会主義の理想を神に割り当てたのが
  宗教で、それを天皇にしたのが、三島由紀夫氏のいう天皇
  つまり、

   三島由紀夫の思想ー天皇=全共闘

では、それぞれ詳細




■名前づけや歴史を否定してしまっているのに、言葉で議論している

途中、名前付けとか歴史とかを否定する話の議論をしていると思うけど、
もし、名前も時間もなかったら、何もないはず(空)。
でも、それはなんにでもなれる(色)可能性を潜在的に持っている。
(空即是色)

 つまり、事物は目的や歴史に関係なく、たしかに存在するんだけど、それに対して、人間(だけじゃないけど説明の便宜上人間とする)が目的(ゴール)を与えてみたとき、その事物(オブジェクト)は目的を達成するように機能する「はずである」。

 そのとき、この「目的+機能」を表現するのが「名前」(これ以外にも名前を付ける理由はあるが省略)で、その事物に対して、目的を達成するために何らかの「操作」をする。操作をするってことは、操作する前(目的を達成している前)と操作した後(目的を達成した後)というのが存在するはずで、この前・後が違っている状態遷移を「時間が経過した」と考え、時間軸を導入する。時間軸が導入されると、歴史というものが「生まれてしまう」

というのが、ゴール指向分析で、このブログを見ている人はわかると思うけど、自分はこの指向を支持しているので、名前づけや歴史を否定してしまっている=空=議論はできないと思ってしまう。・・・この辺に違和感。




■知性主義と反知性主義は背反するものなのか
 知性主義は「知性が正しい」という「状態」であり、
 反知性主義は「行動が正しい」という「状態」だとすると、
この状態は同時に成立しないので、二律背反になる。そりゃわかる。

 だけど、言葉で議論する場合、名前を組み合わせて論を立てる。上述した通り、名前には「目的」というものが存在する(ちなみに目的が異なる場合には異なる名前を与えたほうが良い)。目的(=ゴール)で議論する場合、ゴールは状態から状態への状態遷移と考えられている。
 だから、知性主義→知性主義とか、反知性主義→反知性主義もあるけど
知性主義→反知性主義、反知性主義→知性主義という状態遷移もありえる。
つまり、時間軸を入れて考えると、知性主義→反知性主義という流れも考えられて、この流れを疾走するところに、自分は面白みを感じている。




あ~この辺の疾走感とか、多分この名前っていうのは、ラベリングとかステレオタイプのことだと思うけど・・・っていう話とか。三島由紀夫氏の唱える天皇とか、書こうと思ったら、もう時間がないので、とりあえずここまででUP
続きはまた今度

この記事をはてなブックマークに追加

みんな(=あなた含む)で、国立天文台が撮った銀河の分類をしよう!というプロジェクトのページ

2020-11-21 13:52:06 | そのほか
サイエンスZEROでやっていた、国立天文台で、撮った写真の中の銀河を
一般の人(=私もあなたもそこの人も含めてみ~んな)で分類しよう!
という「国立天文台 市民天文学プロジェクト」のページ

GALAXY CRUISE
https://galaxycruise.mtk.nao.ac.jp/index.html


ここから申し込みとかもできるし、トレーニングもできる

この記事をはてなブックマークに追加

制御工学まとめーブロック線図の基本

2020-11-20 09:23:20 | Weblog
シリーズ制御工学まとめの続き。
前回までで基本的な伝達関数は終わり。
今回はブロック線図!
ブロック線図は、電験でも出るんだよね
今日は、そこまではいかない。

YouTubeでもあるんだね!
電験三種機械(制御)~ブロック線図と伝達関数の基礎
https://www.youtube.com/watch?v=gUxwfq35R5c


次回は、ブロック線図のフィードバック回路など(電験は、次回のほうが範囲)

【制御工学まとめ】前回まで
第一回
ラプラス変換、わかったかも!?
https://blog.goo.ne.jp/xmldtp/e/53cc8b8ea22d8d0d7187f95b23abedfb

第二回
逆ラプラス変換も、わかったかも!?
https://blog.goo.ne.jp/xmldtp/e/4a814ff314100113dcc2dc9653f6e651

第三回
ラプラス変換からみた、ばね・マス・ダンパシステムとRLC回路の類似性
https://blog.goo.ne.jp/xmldtp/e/2e0ec213e8781db99b11c2831abe75d0

第四回
制御工学まとめー伝達関数:システムの入力と出力の比による一般表現
https://blog.goo.ne.jp/xmldtp/e/2a1c33255a40bb5ebace1dff1efe6a9f

第五回
制御工学まとめー基本要素の伝達関数:PID(比例・積分・微分)制御の伝達関数
https://blog.goo.ne.jp/xmldtp/e/8f8c4d956624447f1e5c5cff0fd2aa43

第六回
制御工学まとめー基本要素の伝達関数:一次遅れ
https://blog.goo.ne.jp/xmldtp/e/d46ea9a87ce47725424d50c1ed4dd53d

第七回
制御工学まとめー基本要素の伝達関数:二次遅れ
https://blog.goo.ne.jp/xmldtp/e/8f73acfb78db2accf0948c4cdf2cb8ed


この記事をはてなブックマークに追加