陽だまりの中のなか

前田勉・秋田や詩のことなど思いつくまま、感じたまま・・・。

コンクリート電柱にとまる蝉

2022-07-30 | 季節

 「真夏日のある日、家の周りで蝉が鳴いていることに気付いた。外へ出て探すと、なんとコンクリート電柱にいる。樹液なし枝葉なし、熱くなっている電柱…。漸く成虫になったのに今時の蝉も大変だ、と人間の勝手な視点で思ってしまったが、蝉くん本当はどうなのだろうか。」

 昨年の今頃、所属誌のひとつ「海市」第25号のあとがきに書いたものだが、昨夕、同じ電柱に止まって鳴いている蝉を見つけた。カメラを持って近づこうとすると電柱の裏側にまわり込む。蝉もこんな動きするのか、と昆虫音痴の私はいたく感動(笑)。外からはあきらめて、階段踊り場の小窓からようやく撮ったのがこの画像。黙っていても暑いのに、コンクリート電柱で大丈夫なのか?

 夏を感じる鳴き声をしばし響かせた後、どこかへ飛んでいった。次は木へとまるんだよ・・・

   


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

千秋蓮まつり・詩の朗読とライトアップ

2022-07-23 | 詩関係・その他

 「2022 千秋蓮まつり」が昨夜22日から始まりました。(画像は昨年撮影のもの)
 秋田市の千秋公園入口、中土橋の東側に広がる大手池に咲く蓮をライトアップするイベントで、朝と夜の観光ツアーやフォトコンテストなど8月末までの期間開催されます。
   この期間中、「秋田県現代詩人協会」が協賛した会員の入選詩作品3編が、秋田の民放アナウンサーによる朗読音声として会場に流れます。
今年は、昨年開始早々コロナウイルスにより中止となってしまった3作品を併せて披露。蓮の幻想的なライトアップとともに、蓮にちなむ詩の世界に是非触れてみてください。(・・・と、個人ブログなのに力が入ってしまう・・・な。)

 ライトアップと朗読音声披露のスケジュールはこちらから ⇒ https://www.akita-yulala.jp/lotus-light


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏来たる・庭先のヤブカンゾウ今夏も鮮やか

2022-07-13 | 季節

我家の夏・来たる!
今年もまた庭先に、期待通り鮮やかなヤブカンゾウの派手な”一日花”が咲きはじめた。
ふと、この花を意識したのはいつであったのか?と思い、自撮り画像を探してみたら、10年程前あたりに数枚ある。
それまでは悲しいかな、私のなかでは意識されない花であったようだ。

30年も昔、前の住人が更地にして売り出したこの土地を求めたので、
嬉しいことに、何もしなくても、正直に?植物は毎年芽吹いてきた・・・。

4年前、この花が亡妻と結びつくような気がして詩として発表した事もあり、
オレンジ色のこのけばけばしさが気にならなくなったのだが、もしかして、この花を知る人は
案外少ないのかも知れない、のかも・・・。

舞踊をしていた亡妻の一面を見るようで、
勝手ながら、この花は大切な花。
私の”夏”


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

矢代レイ 詩展始まる

2022-07-01 | 詩関係・その他

  毎年恒例となった・・・とさえ言ってもいいほど定着しつつある矢代レイさんの詩展が、今日、7月1日から秋田銀行本店ロビーを
 会場
に始まりました。
  今回の副題?は「詩と生きる」。前回が「詩を楽しむ」、同年の1月が「詩とわたし」でした。詩との出会いによって自身の生き方
 を見出したと言い切る姿勢が特徴的な詩の書き手
。こんなにも詩に強烈な思い入れを持つ人は珍しいのかもしれません。それは、表出
 することによって、自らの”地獄”から脱出できたという実体験があったからかも知れません。表現すること、書くという行為の継続が、
 つまりは過去を見つめ直し、今の自身を活かすと
いう姿勢につながっているのかも知れません。
  画像とのコラボも新鮮。会期は今月末まで。 

                                

                                       

         

      

  


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スグリの実

2022-06-10 | 季節

今年もスグリの実がたくさんなった。
昨秋、株が広がりすぎたので思い切りバッサリと剪定した。それがよかったのか、今年は実の付きがいい。

熟してから、生食するとかジャムにして・・・などという上品な育ちではないから、
昔の思い出に還るように、可愛い実をカリッと噛んでその酸味を楽しむ。
だから、赤くなって美味しいといわれる頃の実には興味なし。
(鳥が食べに来ているかどうかは知らない)

今朝、大きめの実を何個か採っていたら、不覚にもチクッと指先に棘を刺してしまった。
ウッと思わず手を引いたら今度は手の甲に棘がふれて、これまた痛い!!

こうして、今年も老人の初夏が始まっていくのでした。(笑)

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

若狭麻都佳さんの表現

2022-05-10 | 詩関係・その他

 専門誌「花美術館」Vol.76と77に若狭麻都佳さんの詩作品が紹介されている。   
 Vol.66には、
2006年刊行の詩集『女神の痣』(思潮社)から「冥い光」「おさんぽの・・・」、67には夢原罪 若狭麻都佳という表題・写真と共に
「青い血しぶき 日だまりを蹴散らせ!」(この詩はアメリカのハーバード大学の図書館に置かれているという)
が掲載されている。

 若狭さんの詩は、情感を文字列や字体の変化などで表現するのが特徴のひとつだろうか。言葉と文字を一つの絵のように表出するような・・・。
コンクリートポエトリーの故・新国誠一が「眺めるように」観てもいいというようなことを言っていたのを何かで読んだ記憶があるが、そうとも言える近い感覚。
かといって若狭さんの詩はコンクリートポエムのように視覚に訴える形象を描こうとしているわけではない。
(ん?舌足らず・・視覚に訴える形象と言うのは、例えば高橋?●●・・・誰であったか亡失したが、「墓」という漢字で、日本の一般的な墓の形を描く表現だったが、そうした詩?・・・具象詩と言うらしいが


 文字列が飛んだり回転したり崩れたり色がついたり・・しながら(させながら)、文字がひとつの感情ある記号として作者の情感を表出している。
 この度の紹介ページ全体が赤いのを見て、
ポエマーでありアーティストである彼女にふさわしいデザインだと思った。

 

(以下、「青い血しぶき 日だまりを蹴散らせ!」最終連を抜粋・・・なお、当ブログの機能によりルビなど出来ない箇所があるのをお断りしておく)

  角が煙る時 
  純潔の羽ばたく大気
  を
  一緒に
  駈け上がろう
  失くしてしまった
  とまどい
  を
  儚い詩(ことば)
  で
  黄泉がえらせて
  きみ も   も
      ぼく

      嘘
      や
    ま や か
          し や
  ささやかな野心 に
  トキメイテ
  とてつも ない
  片割れもの” 
     
    なって
  ゆく
         と
              しても・・・・・

 

 本来的には詩作品の内容について言及すべきだが、今回はレトリックについて触れてみた。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あっという間に春過ぎる

2022-05-07 | 季節

 一昨日の5日は二十四節気で「立夏」。
待ち望んでいた春は早々と過ぎ去り、昨日の秋田の気温は”夏”そのものであった。
意識しないでいると、本当に”春”はあっという間に終わってしまう。
梅、桜、水仙、ミズバショウ、レンギョウ、ボケ、菜の花・・・みんな急いで咲いて、そして気付かないうちに散る。
齢(よわい)と共に置いてけぼり。

    

      

   

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なつかしい時代を思い出す・油谷コレクション(秋田市)

2022-04-13 | その他

  先日、秋田市金足にある「身近なくらしの博物館 油谷(あぶらや)コレクション」へ行ってみた。
  油谷満夫さんが60年間かけて収集してきた明治から昭和までの生活用品の一部が展示されている。
  生活用品コレクション約50万点は日本一と言われているそうで、2012年にその一部である民具等約20万点を
 秋田市に寄贈した・・・とパンフレットに書かれている。
  画像は
、私の子供の頃と結びついたものの一部だが、よくぞこんなもの?を収集したものだと驚く。何気ない生活を
 切り取ったような品々。収集する際の基準はどんなものなのだろうかとふと思ったりした。

       

         旧金足東小学校が展示場             家の近くのタバコ屋もこんな感じだった

    

  パッチ(めんこ)と飛行    模型飛行機。学校代表   生まれ育ったところでは   秋田市広小路の、今は無い
  機。この飛行機は大分後    で全市の大会に出たこ   「ハイテー」と言ってい   木内デパート。屋上の観覧
  に出回るようになったと
    とがあった。竹ひごを   た。入るよという意味な   車とその下の階のレストラ
  記憶する。ビー玉でもよ    蝋燭で撓めながら翼の   んだろうか?意味も分か   ンは、子供の夢の世界であ
  く遊んだ。(ビー玉とは    丸みを出す作業を思い   らず使っていた。      った。画像が暗くてわかり
  呼んでいなかった気がす    出す。                        づらいが、左側の車両は、
  るが思い出せない。                                 54年も前に廃止となった
                                             秋田市交通局の市電。右は
                                             同局のボンネット型バス。 

                                        


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雪灯籠?

2022-02-09 | 季節

   

例年の3倍といわれる降雪量の今冬、今日は雪も一休みで穏やかな一日であった。
夕刻、雪寄せで積みあがった”雪の壁”に穴をあけ、ロウソクを立てて簡易雪灯籠にしてみた。
数日遅れの妻の月命日・供養!?


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鈴木いく子BEST詩集『道の途中で』

2022-02-03 | 詩関係・その他

      

 秋田県現代詩人協会会員の鈴木いく子さんが、自選BEST詩集『道の途中で』(自家版)を刊行した。
 鈴木さんは製本作家でもあり、これまで自作詩をまとめながら複数の詩集を手作り出版してきた。
 この度の詩集は1991年から2021年までの既刊詩集などから自選した詩41編とエッセイが収められて
いる。タイトル通り、自選のBEST版。

 30年前、地方紙の詩の投稿欄を見つけ、思うことを書いてみようと思ったことが詩の書き始めだという。
エッセイを読んでいると、詩とのかかわり方、きっかけというのは”運命的”な出会いであったのかも知れないな、
そのように思ったりもした。

 鈴木さんが初めて書いた詩だという「ゴミ箱かあちゃん」

  母ちゃんは持っている
  大きな大きなゴミ箱を
  たまる一家の悩みごと
  暮らしの汚れ物
  何でも拾って集めている

  自分勝手なことを言って
  出かける家族を見送り
  母ちゃんひとり家に残る
  置き去りにしたワガママ
  やり場のないグチフマン
  不機嫌なヒトリゴト
  それらと一緒に
  
  感情のゴミは
  燃えないものばかり多い
  たまりっぱなしの生ごみめ

  イライラする母ちゃん
  あたりちらす母ちゃん
  ナンセンスなん母ちゃん

  そんな汚いもの
  投げ返してやればいい

  なのに
  大切そうに離さず
   何もかも腹に収めて
  家中を駆け回っている
  ゴミ箱母ちゃん

  いつかそんなゴミ箱を
  持てるのかしら  私にも
  とってもステキなものが
  入っていることだって
  あるのかも・・・  

 

発行日  2021年12月16日
著 者  鈴木いく子
発 行  アトリエほっとはあと
定 価  電子書籍Ver(500円又は0円)
     ペーパーバックVer(1,100円) 注文はAmazonから。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする