陽だまりの中のなか

前田勉・秋田や詩のことなど思いつくまま、感じたまま・・・。

矢代レイ 第4詩集『濁黒(KURO)』

2019-08-12 | 詩関係・その他

 矢代レイさんの第4詩集『濁黒(KURO)』が刊行された。
 矢代さんはこれまで2年ごとに詩集を出版されてきた。この詩集に収められた143編は個人詩誌『ピッタインダウン』(おきあがりこぼし=ミャンマー語とのこと)に掲載されたもので、一ヶ月半のわずかな期間で書き上げられたと、あとがきに書かれている。作品それぞれにタイトルがついているのではなく、「濁黒(KURO)」というタイトル一つに対しての詩編。詩と詩との間には※印が付され区切られている。

 さて、この詩集『濁黒(KURO)』は、一言では読後感を書き得ない重いものが根底にある。
 17年前、職場での”見えない異臭”と”証人のいない”災害に遭った。証人がいないことや”為政者”による”圧力”などによって事故は否定され、後遺症と心的苦痛に苦しめられてきた。事故から9年目に労働契約は破棄された。”最後のたたかい”として”中央の行政機関”へ”不条理”を訴え、それが”労災”認定へと結びついた。が、根源の傷である”濁黒”は相変わらず巣食っている。16年目にしてようやくその巣食っている”濁黒”に対峙しそのものを書き出そうとした・・・。この詩集のストーリー?はこうかもしれない。
 と、ここまで書いたところで、何か強く強く気圧される感覚を持ってしまった。何故だろう。心の叫びに触れながら、あまりにも強烈過ぎて戸惑ったからかもしれない。こんなに強くはない自分が見えたからかもしれない。それほど強烈であったということ。『ピッタインダウン』で既読なはずなのに、である。

 詩を書くことで乗り越えることが出来たとする矢代さんの姿勢に敬服。
 生きていることの言葉を、当詩集から数点抜粋する。

「内側からの声に/背を向け/外側からの声に/怒りのようなものを抱く」
「私の杖は/孫/赤銅色の杖は/わたしを/さ青の空に引きあげる」
「見えないものは/見えるようには書けない/いまは」
「わたしの/足もとの大地は/詩/ことばと自由に交歓しあう/よろこびが/わたしを新しくする」
「一番のしあわせは/かけがいのない/普通のくらし」

 「普通のくらし」という言葉の重さが、動脈の血流のようにドクドクと脈打ち、伝わってきた。

 

<矢代レイ>
秋田県現代詩人協会会員
個人詩誌『ピッタインダウン』発行人
詩集『水の花束』2013年
詩集『水を生ける』2015年
詩集『川を釣る』2017年

 

発行日 2019年8月9日
出 版 書肆えん(秋田新屋松美町5-6 ☎&Fax 018-863-2681)
定 価 1,600円+税 

 

コメント

うぶな詩集『魂(ことば)まえ』

2019-08-01 | 詩関係・その他

 詩誌「密造者」同人のうぶなさんの詩集『魂(ことば)まえ』が刊行された。
 うぶなさんの本名は越後谷信義。これまで本名での詩集2冊、詩劇集1冊の著書があり、本人としては今回が4冊目の出版となる。
 独特な世界と言ってしまえば何が独特なのかを書かなければならないが、実はうまく言い表せない。ただ言えるのは、うぶなさんの姿勢は「じぶんをかくのだ。/しぜんからわけあたえられた/じぶんを/どういうふうにことばでばくはつさせるかだ。/」(「咆哮」より)とあるように、自身の姿を、思っている世界観を言葉にするということだ。心の中に”萌えだす”思いが文語体であったり口語体であったり、叫び(注釈付きの叫びを表出)であったり、時としてモゴモゴとした呟きであったりする。うぶなさんの心と脳は”宇宙”という”胎内”を観ながら息づいている。
 なお、発行日3月20日となっているが、著者の跋文月日は5月18日。このことについて「発行日を3月20日にしたことは、亡母ハナの誕生日であったことから、その日は彼岸なので何万年後どこにいてもここに集まろうというオレのはかない願望からでした。」と書いている。「何万年後どこにいてもここに集まろう」というこの願いは重い。
 
 作品を紹介したいが、みな長詩で収められない。著者には申し訳ないが、一部を抜粋する。

 

     「ものいはぬものたちのじゃうねん」


  び ゆうゆうゆうゆうゆうゆうゆうゆうゆうゆうゆうゆうゆうゆう
   ☆☆☆☆☆い!  ※1

    ゆうきゅうのこだまとひびきあい
    ひぐちにむかってまっすぐにそそぎこんでくるもの
    それはことばだ。
    それはものいはぬことによって
    うみもやまもかわもブナもひつじも
    ふるえながらたにぞこをながれる
    わたしもすべてだいしぜんをのみこむひぐちをもった
    ひとつのとうめいなことばである。

    よくわたしはいわにぶつかりひめいをあげるが
    それが とびちる ☆ とおなじねいろであることから
    そのこえをうけとったかぜは
    あおとみどりのこきゅうのなかで
    いつものようにめいそうをはじめる・・・・

  びおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうおう    
  ☆☆☆☆ い!  ※2


    ごらん
    わたしとおなじいところからうまれた
    ☆ たちは
    どんなゆめをみるのだろう


  がおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうおうおう
  ☆☆ い!   ※3
  

   (以下略)

       ※1 超新星の爆発の擬語
      ※2 超新星の爆発によりいのちに関わるあらゆる出来事の総称の擬語
      ※3 きょうりゅうとよばれる時代の擬語

 

 

  著者  うぶな
  出版  書肆えん(秋田市新屋松美町5-6)
  発行日 2019年3月20日

コメント

詩と批評「αpxn〔アルケー〕」№20

2019-07-30 | 詩関係・その他

 広島の井野口慧子(いのくち けいこ)さんから、所属する詩と批評「アルケー」№20号(名古屋の中原秀雪氏が編集発行する詩誌)が届けられた。
 井野口さんは、詩と絵本の活動や詩集、エッセイ集など多数の著書をお持ちの詩人。(私が30才頃に私信を戴いたりしていた呉市の詩人、故木川陽子さんとかつて二人詩誌「水声」を出されていた)
 広島の原爆を、いろいろな関連する絵画などから自身の世界へ取り込み、自身の立ち位置と織りなして静かに詩世界をつくっている。きっちりとした考え方とテーマを持っている人の詩句、表現には圧倒される。

 

       「彷徨う一日に」から第4連を抜粋

      生き地獄を見た人々は/生きている限り眠れない/死んでいても眠れない/
      神がいるのなら/なぜこんな世界を/見せ続けるのだろう/問いを抱いたままで/
      生き絶えた人たち/七十四年前 真っ黒になった赤ん坊を/抱き 赤く焼けただれた/
      裸身の母の飛び出したままの目玉/今もキャンバスの中で生き続けて/こちらを見ている
                                                            ※

                 ※ヘンリー市川の油絵「黒焦げになった赤ん坊を抱く母親の母子像」

コメント

ヤブカンゾウ・・・夏到来

2019-07-24 | 季節

 
 

夏到来・・・7月10日過ぎから庭先のヤブカンゾウ(藪萱草)が咲き始めた。
朝、花弁が開きはじめ、夕刻閉じる。そして2.3日後にその閉じた花弁はポトリと落ちる。
別名「ワスレグサ」(名前が似ているが「忘れな草」ではない)。
毎年この色鮮やかな花が咲き始めると夏を感じる。

 

 

コメント (2)

「海市」第16号合評会 ~緑に包まれながら開催~

2019-07-03 | 詩関係・その他

 文芸誌と地元紙は分類しているが・・・
 所属する同人誌『海市』第16号の合評会が本日午後、秋田市の大森山公園「グリーン広場」内で行われた。
 この開放感ある場所を設定したのは同人のS。昨年に続いての大胆なセッティングであった。気の利いた思いに感謝。
 緑に包まれた一角、大きな木の樹影下で3時間ほど作品評やら関連事項について意見を出しあった。合評会は、自作に対する身近な同人からの率直な評。時には拙作の根拠や考えを吐露するも、反論の嵐に遭う。作者としてはどう答えることが出来るのかも必須。だからこそ、評する側の受け取り方や考え方が見えたりして、結局、双方の立場で結構しんどい時間であり、有難い時間ともなる。感謝。
 さてさて、そんなことよりも?まずはこの情景をご覧あれ。いいでしょう?この緑と開放感!!

コメント

黄色に染まる

2019-06-12 | 季節

 週何回か実行中のウォーキング。昨日はコースを変えて久々にホームグラウンドの雄物川河川敷へ行ってみた。
 土手は今が盛り?のタンポポモドキ(ブタナ)の黄色一色。 数年前までは春先の除草でこんなに一面黄色ということはなかったと記憶するが、”親水”というキーワードで国交省も力を入れているし、もしかして?この花の咲き終わるのを待っているのかもしれない。
 このブタナ(可哀そうな名前だ)はタンポポと違って茎は中空でないので、風に揺れる時は茎自体から揺れる。黄色い花畑が波打つさまもまたきれいだ。
 この河川敷に雲雀の声が聞かれるようになるのも近い。

コメント (2)

いとう柚子詩集『冬青草をふんで』

2019-06-07 | 詩関係・その他

 山形市、いとう柚子(いとう ゆうこ)氏の第4詩集『冬青草をふんで』が届いた。
 読み終わってみると、私の心がすごく落ち着いている。何がそうさせるのだろうかと振り返ってしまう、不思議な余韻のある作品が多い。
 目で詩行を追い頭の中で情景を描きながら作者の”心”を覗いてゆくと、見えてくる作者の姿勢そのものが”静”であるということに気づいた。決して起伏のある感情でも冷たい感情でもなく、しっとりしたようなもの。
 静かに流れる時間が、作者との距離感をよく表している。沈思する作者の眼が見えてくる詩集だ。

 
  序詩  冬青草をふんで

 秋野の果てをふみこして/足裏にはいま/冬草の原/片時雨がやんで/みじかい草々に/いつくしむ
 ように陽差しがそそいでいる
 いっしゅん青緑の広がりに/なつかしい匂いがみちわたる/記憶の底ふかくから掬いあげられる/春
 のさざめきを/夏のまぶしさを/もうしばらく抱きしめて歩いてみよう
 すぐそこであるような/まだすこしむこうであるような/ほんとうの果てで/一人称の物語が閉じられる/
 その日も きっと/この草の原から遠くはなれた/見知らぬ明るい地で/見知らぬだれかの胎内に/
 あたらしい命が育ち始めている
 

 発 行      2019年6月21日(まだ発行日前だが奥付をそのまま記載する)
 著 者      いとう柚子
 編集発行者  鈴木比佐雄
 発行所     ㈱コールサック社
   定 価     1,500円+税  

  
 

コメント

『戦後秋田の文芸誌・詩誌』展始まる・あきた文学資料館

2019-06-05 | 詩関係・その他

 本日、6月5日から秋田市中通の「あきた文学資料館」で『戦後秋田の文芸誌・詩誌』展が開幕した。
 (入館無料。開催期間は9月1日まで。)
 この催し案内のコピーを数ヶ月前から見ていたのでずっと楽しみにしていた。今日は、限られた駐車スペースを考え30分前には到着。準備万端!?(笑)。
 詩を書き始めた10代半ばから後半、私は東京や大阪の詩の商業誌や少女向け月刊誌を愛読!していて、そこへ投稿したりしていた。身近な秋田については全く知らなかった。その後、多くの先輩から秋田の歴史的な詩誌や活動について耳にするようになり、古書店でそうした詩誌を何冊か求めることが出来ていたが、多くは”現物”を目にすることが出来ないまま。そんな経緯があるせいか今日はちょっと感無量。いや、少々興奮気味。ようやく?先輩詩人たちの詩誌に会えた、そんな感じだった。なんか、緊迫感があってピリピリさえしたいい時間だった。

 秋田の戦後詩の系譜をリアリズムとモダニズムに分類しての展示・提示は、いい意味で正鵠を得ていた。細かいことで異論を述べる方もいると思うが、それはそれ。ここで一つのしっかりとした方向性と整理を示したのは評価できそう。

 蛇足だが、展示ケースの中に詩誌『匪』(ひ)が展示されていて驚いた。驚いたと同時に嬉しかった。(細部俊作、石田由美子、矢守誠子、前田勉の4人が創刊同人となった詩誌。1972年9月1日発行だった・・・な。若かった・・・)
創刊号のあとがきを書いた細部俊作の文章が掲示されていた。ある意味新鮮。展示に感謝<(_ _)>  

   

 

        

     

          

 

コメント

県「あきたの文芸」作品募集

2019-05-21 | 詩関係・その他

あきた県民文化芸術祭2019「あきたの文芸」第52集の作品募集要綱が発表された。

1、募集期間 6月3日(月)~8月30日(金)(当日必着)
2、応募資格 ・秋田県内に居住または勤務(通学)の方
         ・秋田県出身の方(過去に1年以上居住したことがある方を含む)
         ・秋田県内の文芸団体に所属する方
          いずれも満16歳以上の方(今年度中に16歳になる方を含む)
3、応募作品  小説・評論、詩、短歌、俳句、川柳、エッセイ  (投稿料 千円)
4、その他    様式、申込用紙等詳細は、
          下記の秋田県観光文化スポーツ部文化振興課の関連ホームページへ。
        
                   ・あきた文化情報発信サイト「ブンカDEゲンキ」
             https://common3.pref.akita.lg.jp/bunka/
                       

 

コメント

2019年度「秋田県現代詩人協会」総会開催

2019-04-28 | 詩関係・その他

 2019年度「秋田県現代詩人協会」の総会が、4月27日(土)秋田市内で開催された。
 今年度行事計画案、予算案、役員改選など提案された議案はすべて承認された。また、「秋田の詩祭」をはじめとする行事内容と講師招聘時の費用など会員各位から熱心な意見が出された。
 役員改選では、吉田慶子会長が再選されたほか、幹事の再選と欠員となった事務局長、幹事、会計の新任がそれぞれ承認された。任期は2年。

 総会終了後、「秋田県現代詩人賞」の三賞(詩集賞、作品賞、奨励賞)の表彰式と祝賀会兼懇親会が開催され、賑々しく交流が行われたのは言うまでもない・・・。

 詩集賞:小林康子 詩集『梟の森』(書肆えん)
 作品賞:斎藤牧雄 作品「大陸のホタル」
 奨励賞:保坂英世 作品「水門」

コメント