わんわんらっぱー

DIYやオーディオから社会問題までいろいろ書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アポロ月面着陸はスタジオ内で撮影された。

2018-11-16 17:31:55 | 諜報計略
Nvidia Debunks Conspiracy Theories About Moon Landing




月面には空気がない。
月面自体の反射率は6%程度である。
光源となる月に照射される反対側は真っ暗になってしまうのである。
真っ暗では都合が悪い。オルドリンが降りてくるのが分からない。
んじゃぁ、ライトでオルドリンを照らしましょう、ということになる。
ちなみに、月面には照明は持ち込んでいないことになっている。
では、月面着陸の写真は嘘なのか?

いえいえ、月面じゃないのです。スタジオ撮影です。


以下転載

海外HP紹介

宇宙飛行士エドウイン E.(Buzz)オルドリン ジュニアが月着陸船のはしごを伝って初めて月に降り立とうとしている写真:影の部分にいるにもかかわらず、照明が当たっているように明るく写っているのはなぜなのだろう?

動画と静止画の相違を比較するために両方の連続シーンを見て下さい。
特別な夜用レンズを使った?暗い動画映像に比較して、静止画写真はオルドリン(Aldrin) に明るい照明を当てていると思われることを指摘するのは興味深いことだ。
オルドリン(Aldrin)の宇宙服と月着陸船(Lunar Lander) のはっきりした姿を見せるせるために、静止画写真に(スタジオで)人工的な照明が使われたか、加えられた。 何故なら、月面では大気の欠如のために、影は強烈に黒くなるから。

Watch the film sequence to the left that has both movie and still pictures to compare the difference. Its interesting to note that the still photos seem to have Aldrin brightly lit, in comparison to the gloomy motion picture images that had the special night lens on it? It seems that artificial lighting is used or has been added to the still photos to show better features on Aldrin's suit and the Lunar Lander. Because of the lack of atmosphere on the surface of the Moon, the shadows would be intensely black.

動画で例証されるように、もし静止画が人工の照明によって照らされていないとするなら、なぜ2つのカメラの照明において大変な相違があるのだろうか? NASAはいかなる照明も月に持って行かなかったという、しかしこれは証拠写真を見る時、とても本当でありえない・・・。 静止画の写真はオルドリン(Aldrin) が、はしごを降りる時に、人工的に照らされていることを示すように思われる。月の表面の反射は少ないので、光が地上にある岩にあまり反射をしていない、それでもなおこれらの写真での照明は強烈で、それは オルドリン(Aldrin) の彼のブーツ上のかかとプロテクターが明るく照らされている!
クアンテックイメージ処理(会社) (Quantech Image Processing) で働くデイビッド・グローブス博士 (Dr. David ・Groves)は、これらの特定の写真の分析をして、人工の照明が使われた正確なポイントを指摘する方策をとった。 カメラのレンズの焦点の長さを知り、実際のブーツを手に入れることができたので、彼は人工の明るい光源がカメラの右手24cmから36cmの間にあると計算した。 もしTVフイルム(動画)が実際に本物であるなら、動画イメージが非常に暗くて荒い状態なので、このように理解することができるが、静止画写真は確かに偽物(faked)であると信じられる。

(1)
アポロ11号 人類初の月面着陸、はしごを降りる宇宙飛行士。
逆光で影の部分であるにもかかわらず異常にはっきりと写し出されている。


(2)
実際は月面では暗くてはっきり写らなかったので、
地球上のスタジオで撮りなおしたのか?
あるいは公表できないものが写りこんでいた為か?


(3)
何故この写真だけ暗くうつっているのだろう?
人工的な照明を当てていない為と考えられる。
どうも、これが本来の画像と思われる。いかがであろうか?



As illustrated in the motion picture, why is there such a vast difference in the light from the two cameras, unless the still shots were lit by artificial light? NASA have said that no lighting was taken to the Moon, but this cannot be true when you view the evidence... The still pictures seem to show that Aldrin is being artificially lit as he descends the ladder. The reflectivity of the Lunar surface is so low, that light does not even reflect onto the rocks that are on the ground, yet the light in these pictures are so intense, even Aldrin's heel protector on his boot is lit up! Dr. David Groves who works for Quantech Image Processing has done some analysis of these particular shots and has used resources to pinpoint the exact point at which the artificial light was used. Knowing the focal length of the camera's lens and being able to get hold of an actual boot, he has calculated that the artificial light source is between 24 and 36 cm to the right of the camera. . If the TV footage is actually real, then I could understand this, as the movie images are very dark and grainy, but I believe that the still photographs are definitely faked.

元記事
http://www.246.ne.jp/~y-iwa/hashigo.htm
https://web.archive.org/web/20131104081300/http://www.246.ne.jp/~y-iwa/hashigo.htm
コメント   この記事についてブログを書く
« 11月15日(木)のつぶやき その2 | トップ | チベットは政教一致の封建農... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

諜報計略」カテゴリの最新記事