わんわんらっぱー

DIYやオーディオから社会問題までいろいろ書きます。

インフルエンザで医者に行かないで、体温を上げて治す。

2018-02-07 19:28:33 | 医療
 インフルエンザワクチンは人工的なインフルエンザウィルスによって作られるので、抗体と流行しているインフルエンザウィルスが合致する確率は150万分の1と言われている。まさに宝くじの1等の当たる確率でしか、効力を発揮しない。しかも、ウィルスは次々と変異するので、結局、人工的なウィルスでは対処できず、全くの無駄という見解もある。
 天然のインフルエンザウィルスは大きくわけて3つに分類され、人生で3回はインフルエンザウィルスによる感染を経験することになる。
 ということは、若い内に天然もののインフルエンザに感染することが抗体を作る上で重要なのである。いちいち医者にいってインフルエンザへの感染を診てもらうこと自体が無駄である。いずれ感染するのであるのだから、さっさと感染し、自力の治癒を行って、体内に抗体を生成するべきである。
 うっかり、医者に行こうものなら、解熱剤を処方され、2日で自然治癒する所を、5日くらいに長引かせることになる。タミフルも低体温を引き起こし、低体温のショック症状などで、発作的な行動での死者が出ている。まさにインフルエンザをネタにした薬害で疾病の重症化や死者が出ているのが現状である。
 インフルエンザワクチンは防腐剤としてアルミや水銀が用いられている。これはネズミに対して関節炎などを意図的に引き起こすために使われれる物質でもある。水銀は水俣病で有名となったが、脳に障害をもたらす可能性がある。

 トランプ大統領は従業員の子供がワクチンを打った後に、自閉症を引き起こす事例を多々経験し、ワクチンの危険性について調査するむねを発表したが、よくよく関連文章を読むと、ワクチンを打つ間隔を空けて防腐剤の悪影響を低下させる、という対策を講ずるようである。

 実際にはワクチンは効果がないどろこか、弱毒化したとはいえウィルスを体内に入れるので、意図的に感染を引き起こす。ポリオワクチンにいたっては、ワクチン自体が流行源となっているとさえ言われている。防腐剤に留まらず、様々な毒物がワクチンには入っており、血中に直接注入されるので、消化器官による排除が行われずに100%体内へ入ってくる。注射器による二次的な感染が起きる可能性も否定できない。健康な人に対して、毒物を体内へ注入するのは障害行為に他ならない。

 インフルエンザワクチン摂取によって毎年、脳炎を起こして人が死ぬ。ところが、インフルエンザで直接死ぬことはない。体力が衰えている人が発熱に耐えられずに死ぬことはある。だが、それこそは寿命なので諦めるしか無い。
 免疫を高める食生活や生活スタイルを維持し、体温を上げる努力をしなくてはならない。体温を上げるには、お湯を飲んで熱めの風呂に入り、入浴後にまたお湯を飲むのである。これを毎日繰り返す。また、適度の運動を行うことも必要だ。

 医療の宗教化とも言える現象が起きており、なんでもかんでも医者に行くということが常態化している。人民は不必要な医療行為を受けなくて済むように、努力しなくてはならない。基本的に発熱はウィルスに対して免疫を上げるための防御反応であり、医者に行く必要はない。むしろ、体温が下がってしまったり、排泄がうまくいかないなどの状態こそが危険であり、その時には医者に行くべきである。
 基本的に人民は病気にならない食生活を営むべきであり、原発事故後の現況下では完全菜食主義のビーガンを貫かなければならない。というのも、食物連鎖上位の食物には総じて核分裂物質が溜まりやすいのである。食肉は生体を使用した加工食品とも言えるが、加工の過程で化学物質や抗生物質が投与される。
 忌避すべきは、食肉だけではない。加工食品全般や砂糖も摂取してはならない。加工食品は化学物質まみれであり、砂糖は小腸の上皮細胞に打撃を与え、腸管機能を低下させる。というようなことを心に留め置いておくと、スーパーなどで売られている食品の大半は食べれなくなる。
 仮に完全に忌避できなくても、摂取する量を減らすことによって疾病を避けられる。疾病は過労や過剰なストレスでも発生するが、主たる原因は食生活である。このことを明言するのは社会的に危険を負う。
 一つには宣伝媒体が強力に食品の広告を行っており、ドラマや映画などでも、動物性タンパクを主とした食生活を描写している。総人民は意図的に病気になるような食生活を刷り込まれているのであってこれに抗することは、まさに一般真理とまで化した共同体の価値観を破壊する行為として見て取られる。
 食欲は人の欲求の深い所を支配しており、まさに食べるために生きている、食欲を満たすこそが人生の絶対命題という人も多い。自分の食欲を抑制するような言質を取ることは、人によっては重大な加害行為とみなすだろう。
 ビーガンを唱える人たちは善意に基いて、警鐘を発しているに過ぎないのだが、人によっては「言論による暴力」だと感じられるのである。

 だが、それでも、人には健康を維持するために食生活を見直す義務があると、私には考える。体に悪いものを意図的に食べて病気になり、健康寿命を減らすに留まらず、公益に繋がることもできずに死んでしまうのは、背徳の限りである。






「薬をやめる」と病気は治る―免疫力を上げる一番の近道は薬からの離脱だった
安保徹
マキノ出版



ワクチン副作用の恐怖
近藤誠
文藝春秋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚生労働官僚はすべてアメリカの方を向いている。

2017-09-11 08:27:22 | 医療
手術・放射線・抗癌剤の3大癌治療は無益で有害。日本と韓国はアメリカに押し付けられている。


本当の癌治療とは 危険なマンモグラフィーについて細川 博司先生が語るPart2【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2017/09/03あ


抗がん剤、医療機器の在庫処分の場になっている日本 黒幕はロックフェラー【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2017/09/03



新・医療ビジネスの闇: “病気産生”による日本崩壊の実態
学研パブリッシング


医療殺戮
ともはつよし社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西洋治療から東洋治療への回帰が必要。

2017-04-24 19:48:30 | 医療
 94歳の祖母が先日亡くなった。「人の死」に接した事は衝撃的であるが、現代医療とやらにトントン拍子に追い込まれていく様を見て、困惑し経緯を詳述する必要性を感じた。しかし、根っからのぐうたらで小心者の私は、自身に降り掛かった災いを正視し考察する事を放棄してしまった。それでも最低限の事は述べたい。少なくとも「CTスキャン」は絶対に避けなくてはならない。照射する機器や部位によって線量は変わるが、CTスキャンの元技師によると100mSvにも及ぶとされる。まさに殺人マシンである。祖母が直接的に死に至るきっかけとなったのはCTスキャンであり、今現在の実母の病状悪化の引鉄を引いたのもCTスキャンである。
 祖母は見舞客と普通に会話する事が出来ており、生命維持や生存に関わるような病気はしていなかった。頭脳は明晰であり、私と姉に遺言とも訓誡ともとれる言葉を述べた。その夜にベットからの転落に端を発したCTスキャン検査を引き金に心臓停止に追い込まれ、蘇生したが、2週間後、免疫力低下に伴う肺炎を発症して死亡した。

 実母は調子が悪いと言いながら昨年末ころまで仕事をしていたが、人間ドックで頭部CTスキャンなどを行った直後に、寝たり起きたりの状態になってしまった。明らかにCTスキャンによる被曝が原因による病状悪化だと思われる。
 このCTスキャンという名前の殺人機を避けるには大病院を避けなくてはならない。極端な話し、現代医療・西洋医療では診察して貰い、病状について所見を貰い、保険の適用されるような現代医療を避けて、ビタミンCの投与などの一部の自費診療に留めるべきである。
 後は食事療法や「鍼灸やテーピングなどの東洋治療」で自己治癒力逓増による回復を狙ったほうが良い。

 祖母の遺品整理で気がついたのは、「クスリは一錠も飲んでいなかった(全部そのまま残っていた)」という事である。クスリは毒物であり、免疫を下げて寿命を縮める。長命な人=現代医療に関わらない人と言っても過言ではない。現代医療で決定的に優れているのは緊急事態における外科処置である。それ以外は極力関与を避けるべきである。検査もしないほうが良い。

 一方で、東洋医療は積極的に取り入れるべきである。東洋医学は現在も研究が進められており、日本と中国と韓国で知見を共有し、一部では統一的な規格化が行われている。米国では兵士のペインクリニックとして使われている。
 私自身も鍼治療を受けている。局所的に痛い箇所がある場合はテーピングによる治療を受ける。テーピングはツボを持続的に刺激することより、ある程度効果が維持される。
 痛みを取るだけでなくて、精神的な作用も大きく、活力を回復する作用がある。特段副作用はないようだ。
 漠然とした言い方ではあるが、「西洋治療から東洋治療への回帰が必要」である。

内海聡の内海塾シーズン2 「代替医療2」〜東洋医学と波動医学療法
メーカー情報なし
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ホッカイロで目を温めて眼精疲労を取る。疲労の本命は眼精疲労だと言われている。

2017-04-10 07:22:45 | 医療

ホッカイロとアイマスクを買ってくる。

ホッカイロをアイマスクに貼り付ける。
ぬくっ子 貼るカイロ お徳用 60個入
IRIS FINEPRODUCTS(アイリスファインプロダクツ)


 一時期、100円(税別)ショップでネックウォーマーを買ってきて、それにホッカイロを貼って甲状腺がある喉元に貼る、ということを行っていた。これでダルさが抜けたような気がしたが、やはり頭が重い。原理としては、喉元にある甲状腺は10g程度の小さな器官だが、ホルモン分泌なので重要な役割を果たしている。超短期核種であるヨウ素が甲状腺に打撃を与えて機能低下を起こしているので、温めて機能改善を目指す。
 以前、左脇下のリンパ節が腫れたので、再発抑止の為に、左脇下にホッカイロを貼っていた。その他にも、どこか筋肉痛や神経痛の場合はホッカイロを貼って、代謝を促進して治している。即効性はないが、2日も経つと痛みはかなり引く。

 だが、疲労の本命は眼精疲労だと言われている。眼精疲労回復には目の玉をぐるぐると回す運動をすると良いが、実際には殆ど疲労は取れない。そこで、アイマスクの内側にホッカイロを貼って寝ると、幾分眼の疲れが取れやすい。ホカホカして寝やすく、眼精疲労回復効果があるのだ。起床すると、高い確率で目から外れている。朝になったら、アイマスクからホッカイロを外して、背中や肩など凝っている箇所に貼って再利用している。
 温熱療法の即効性を求めるのなら蒸しタオルだが、意外と面倒くさい。ホッカイロは1つ当たりの単価は17円だが、これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれだが、医者に行く手間とか、時間とか、支払う医療費を考えれば激安だ。
 体は眼に限らず運動したり温めると血流が増して疲労(乳酸)や発痛物質の除去に繋がる。

 夏場はホッカイロの値段が上がる。冬場はビバホームで買うが、ネットで買おうが値段に大差ないが、夏場はビバホームの値段が上がる。以前は冬場に「越夏」できる分、ホッカイロを大量購入していたが、ネット通販があるので、無理に買い込む必要は無くなった。

 発熱することは新陳代謝を高め、疲労物質除去の効果がある。現代医療は発熱を抑える「対症療法」を行っているが、これは治癒を遅らせるだけの最悪手である。むしろ、発熱を促進させて、自己治癒力を高める方向へ持っていかなければならない。なんでもかんでも医者にかかるのではなく、自己治癒というDIY力を使って、自己解決するべきである。そのほうが社会的損耗も少ないし、治癒に至る時間も短縮できる。

「薬をやめる」と病気は治る―免疫力を上げる一番の近道は薬からの離脱だった
安保徹
マキノ出版
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【内海聡医師】医学や医療の本質は人間を悪くすること。毒を盛り嘘をつき体を壊し更に医原病を作る。殺人するために医学は存在する。

2017-03-22 10:29:25 | 医療
私見:まずは免疫を落とさないような食生活を行う。食べて・飲んで、体の調子悪くなるような物は摂取しない。
独自で食べ物について精査して、自分で判断する。
医療は必要最低限利用する。
○外科的処置が不可避の時。
○感染症で命が危ない状態で、抗生物質を投与が必要な場合など。
検査は健康時には不必要。
ワクチンは絶対に回避。
95歳で亡くなった祖母は、まったくクスリを飲まず、さしたる病気もなかった。
CTスキャンにかかった後に心肺停止状態から蘇生、あとは凄まじい香典医療で、トントン拍子に亡くなった。
病院って何?お金払って死なせてくれる場所なの?
現代では毒まみれの食品で病気になる。クスリで更に病気になって死ぬ。
食源病→医原病

以下転載
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/1289562917794125
クスリ全般
医学の本質、医療の本質とはなんでしょう?それは人を助けることでしょうか?人を癒すことでしょうか?何かを緩和すること?リスクとベネフィットの関係でしょうか?医師患者相互関係でしょうか?違います、医学や医療の本質は人間を悪くすることです。毒を盛り嘘をつき体を壊し更に医原病を作る。悪くしないと儲からないし死人がでないと医学は成り立ちません。殺人するために医学は存在します。だから逆説的に言って本気で死にそうになっている人だけが、現代西洋医学によって救われる可能性があります。これがいわゆるアロパシーであって、まさに毒を以て毒を制す、毒により体を活性化するです。
もはやすべてです。
精神薬・・・覚せい剤や麻薬そのもの。すべてをドツボにはめます。
認知症薬・・・全然効かないことが公式文書にさえ書いてあります。
抗ガン剤・ホルモン剤・・・癌をリバウンドさせ活性化し確実に寿命を縮め死に至らしめます。完治しないこと、一時的な縮小以外の効果がないこと、寿命が縮む事は厚生労働省さえ認める、意味のない猛毒薬です。
降圧薬、抗コレステロール薬・・・発がん率、感染症死亡率を増加させる薬です。確かに血圧やコレステロールは下がりますが、動脈硬化の危険度との比較はされません。飲んでいる人の7割~8割は意味がなく、自分の寿命を縮めています。それでも欲しがるのでどうしようもありませんが。
糖尿病薬・・・断糖すれば済むところを、インスリンを絞り出すようなクスリを使うこと自体が問題。一時的に血糖値は下がってもすぐにまた上がってきます。膵臓を疲弊させるためのクスリです。
内服抗生剤・・・大した効果もなく、体内免疫は狂わせ、風邪の治りはむしろ悪くなります。腸内細菌は狂い善玉菌は死に耐性菌は作る。人々を感染症により死に至らしめるような薬です。点滴の抗生剤には一定の価値がありますが、内服などほとんど無駄です。
ワクチン・・・すべての病気を作り上げ感染症を増やすための毒物です。不妊、自閉症、神経障害、感染症の増加などを引き起こし、同じく免疫を狂わせます。罠が何重にもなっていて、かつ分かりにくいというのがミソです。
輸血剤・・・なかなか着目されませんが、無駄な使用でかなりの死人を出しています。一剤一剤がかなりの儲けをもたらしてくれるため、病院で使用されるのにことかきません。本当の救急医、本当の麻酔医はぎりぎりまで輸血剤は使わないものです。全く使わないことをポリシーとしている医師まで存在します。
手術、放射線・・・本当に必要な癌の手術や放射線治療と異なり、今どれだけ無駄な治療が日々おこなわれているか、一般人は知らないと思います。おそらく現行の7~8割は無駄な治療かむしろ悪くなる治療です。癌だから必ず手術というわけでもありません。放射線治療も同義です。
胃ろう、IVH・・・老人に対するこれらの処置は、もはや延命栽培と呼ぶに等しい状況になっています。多くの人が胃ろうして良かったかを悩むのは当然のことであり、当事者がやらないでくれというのも当然のことです。しかし医学者にとってはお構いありません。その専門家の助言とやらは善意であんで包んだお金という誘惑でしかないのです。
胃薬・・・本当に胃潰瘍や十二指腸潰瘍がある時以外、胃酸抑制剤(ガスターなどなど)は意味をなしません。また胃薬だからと副作用を軽く見られておりますが、血小板減少などもみられますし、H2ブロッカー(ガスターなどなど)はヒスタミンに作用しますので、主ではありませんが精神作用があります。つまり胃薬を飲み続けているとうつになる可能性があります。
アレルギー薬(花粉症、じんましんなどなど)・・・同じく抗ヒスタミン薬といってヒスタミンに作用しますので、精神作用があります。アレルギーの薬で眠くなるのはこの結果です。つまり同じく飲み続けるとうつや精神病発症のリスクが高まります。
解熱鎮痛薬・・・忘れてはならない重要な医原病薬です。精神薬に匹敵するほど常習性があります。鎮痛剤中毒という有名な言葉がありますが、飲むほどに痛くなることがままあります。解熱作用もあるので免疫力も低下しますし、胃潰瘍の副作用、腎障害の副作用もよく表れます。どうしても痛いときに一時的に使う以外は、害ばかりの薬です。
感冒薬・・・解熱鎮痛薬に近いですが別成分が入っていることもあるので分けます。解熱成分だけでなく他の成分も、風邪の治りを悪くし最悪免疫錯乱状態を引き起こし、感染死を引き起こすことさえあります。他の副作用は解熱鎮痛薬に似ます。目先の利益を尊ぶ日本人の代名詞のような、体を悪くする薬です。
免疫抑制剤・・・ステロイドやリウマチの薬に代表されるものですが、非常に危険で発がん率も高く、内臓を弱めることもあまり知られていません。膠原病で重病の場合は免疫抑制剤が必要なこともありますが、命にかかわらない病気にこれらを安易に使うと、体はどんどん弱くなっていきます。当たり前ですが感染症の発生率も著しく高まります。
脳循環改善薬・・・この薬もまた全く効かないことが大規模研究によって証明されています。それでも人はこの薬を飲みたいのだから困ったものです。
漢方薬・・・決して危険でないわけではありません。数少ない間質性肺炎ばかり医学では取り上げられますが、麻黄(エフェドリン含有の興奮剤)や附子(トリカブトを加工したもの)のほうが問題です。なぜトリカブトが毒になるのか、皆さんは知らないでしょうが漢方でもそのような物質を使っているのです。そもそも漢方薬は対症療法の薬であり、ずっと飲むようなものでもないのに、東洋医学が歪んだためそのような使い方がされています。これはホメオパシーやその他の植物療法にも共通点があります。

[断薬]のススメ (ワニの本)
内海聡著
ベストセラーズ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加