わんわんらっぱー

DIYやオーディオから社会問題までいろいろ書きます。

井の中の蛙たちがベネズエラ政変に関して、米帝国主義のお先棒を担ぐの巻

2019-05-02 10:26:30 | 帝国
○米帝に担がれたグアイド暫定大統領によるクーデターは失敗に終わった。
 4月30日、グアイドが空軍基地で兵士にマドゥロ政権に対するクーデターを扇動するも、結局、兵士25人がブラジル大使館に逃げ込んで収束した。

○米国の狙いは原油の強奪
 米国が他国に介入するのは資源を狙ってのことである。資源に乏しい国は狙われないのだが、途上国は鉱山や油田の掘削が進んでいない事が多いので、必然的に米国に狙われる。
 リビアの場合は油田が狙われたのもあるが、カダフィ政権がアフリカ統一通貨「ディナール」発行のために、金塊や銀塊を2兆円分も溜め込んでいいたため、これをヒラリー・クリントン国務長官の主導で奪い取られた。一説にはこの強奪した金銀を利用して、シリアでの内戦を始めたとされる。

 アメリカが輸入する原油の内、隣国メキシコが4分の1、そしてベネズエラも4分の1を担っているとされる。


○キッシンジャー・ニクソン政権はベトナム戦争を終結させるつもりだった。
 ニクソンというと近年に至るまで批判映画「ニクソン」が製作されるなど、バッシングの対象だが、私があれこれ読んだ限りにおいては、むしろ、ニクソンはベトナム戦争を終わらせる算段であったように伺える。ニクソンに米中国交回復などの度量はなく、お膳立てはキッシンジャーによるものであったのだろう。
 ニクソンのぶっきらぼうな人物で交渉人として担ぐにはうってつけだと考えられたのではなかろうか。そのニクソン政権は環境保全に関する立法を相次いで行い、アメリカ国内での原油採掘も困難になりつつあった。
 当然、軍産複合体や産業界からは批判を一身に浴びる形で辞任に追い込まれていった。


○キッシンジャー・トランプ政権の役割は?
 トランプとキッシンジャーは粗暴な雰囲気が似ている。キッシンジャーはトランプを担いで、ヒラリーとの大統領選挙戦を戦い抜いた。
 トランプ政権樹立後、紆余曲折あったが、シリアは収束に向かいつつある。そして、リビアもロシアなどが支える勢力が全土を平定しつつある。
 また、北朝鮮との緊張緩和も進んでいる。むしろ、各国へ北朝鮮との断交を呼びかけた日本が孤立する状態になっている。
 では、ベネズエラの政変は?というと、CIAが単独で暴走しているのではないかと言われている。

○井の中の蛙たちが、米帝国主義のお先棒を担ぐ
 ダマスコミ系は全部揃って反マドゥロ政権で論調を出している。なぜか?それが彼らの最大にして絶対的な役割なのである。大戦中に戦争を煽って部数を伸ばした新聞各社は戦後になって、米帝のお先棒担ぎで、その地位を担保されてきたのである。
 日本共産党も反マドゥロである。これも定番であり、違和感がないとすら言える。
 田中龍作氏は現地入りしてまで、反マドゥロの報道を行った。

 笑えないのが人民新聞でる。人民新聞も反マドゥロなのである。

 極一部の英語を直接的に理解する人民や南米の事情通以外は反マドゥロになってしまっている。

 なぜか?単に目先の情報しか見ていないのである。人民の生活が困窮している可哀想、ということなのである。
だが、その背後には米国による経済封鎖が存在し、チャベス政権時代からの石油の利益を人民に分配してきた政策を粉砕する米帝の野望がある、という観点には思いを馳せることができない。
 これを責め立てるのは不憫なのである。なぜなら、彼らは単に「善人」なので、「悪人」の思考回路を読み解くことができないのである。
 悪魔を理解するのは悪魔的思考が必要であって、それを強要するのは、無粋であるのかもしれない。









コメント

ベトナム戦争で使われた枯葉剤の一部は沖縄に貯蔵され運び出されていた。

2018-11-03 20:48:14 | 帝国
 1964-75年に戦われたベトナム戦争で、米国は敵が潜むジャングルを枯死させるため、枯れ葉剤を散布した。枯れ葉剤には猛毒のダイオキシンが含まれ、枯葉剤を浴びたベトナム市民や米兵を中心に健康被害が生じている。
 米兵の健康被害はベトナム駐留者だけに留まらず、沖縄で荷役作業にあたった者のも発生している。
 この枯れ葉剤が、実は米軍統治下の沖縄でも、基地内の除草などの目的で散布されていた?との証言が出ている。
 ダウ・ケミカル(DOW CHEMICAL)のペンタクロールフェノール(PCP)が枯葉剤として使われ、急性の呼吸毒性を持つ。
枯葉剤は遺伝子への悪影響があり、多世代に渡り催奇性などの影響を与えている。


年代

30年代から40年代 枯葉剤の調査のために多額の費用を使う

40年代末から50年代 国防省は米大陸本土とプエルトリコの森林や農場で枯葉剤の試験を幅広く行う

45年6月 沖縄は「鉄の暴風」と呼ばれる地上戦を戦い、米軍占領を受けた。

45年 アメリカは対日戦で枯葉剤使用を検討するも、間に合わずに終戦。

49年11月 『タイム・マガジン』誌が沖縄を「忘れられた島」と書いた。

50年6月 朝鮮戦争勃発

52年 サンフランシスコ条約が発効。
裕仁天皇の推挙によって、沖縄は米国施政下に置かれた。
サ条約第三条「日本本国は、北緯二十九度以南の南西諸島(琉球諸島及び大東諸島を含む。)孀婦岩の南の南方諸島(小笠原群島、西之島及び火山列島を含む。)並びに沖の鳥島及び南鳥島を合衆国を唯一の施政権者とする信託統治制度の下におくこととする国際連合に対する合衆国のいかなる提案にも同意する。このような提案が行われ且つ可決されるまで、合衆国は、領水を含むこれらの諸島の領域及び住民に対して、行政、立法及び司法上の権力の全部及び一部を行使する権利を有するものとする。」

62年 ペンタゴンはランチハンド作戦(Operation Ranch Hand)に着手
1962年から1971年までの間に、南ベトナム、ラオス、カンボディアで約7600万リットルの枯葉剤が散布された

67年 米軍は枯葉剤に含まれるダイオキシンの毒性を認識

69年8月から72年3月まで沖縄に枯れ葉剤が貯蔵されていた。
嘉手納飛行場の倉庫にはドラム缶にオレンジの帯で塗装された通称「エージェント・オレンジ」が4・5千本が備蓄されていた、との証言もある。

71年までに、枯葉剤の健康への危険性に関する科学的証拠の提示や報道が行われる。

71年1月 レッドハット作戦 沖縄の化学兵器25219本はすべてハワイのジョンストン島へ移送された。

1961年から1971年の間に製造された枯葉剤には、360キログラム以上のダイオキシンが含まれており、一兆人の致死量に相当する。

72年以後 名護市辺野古のキャンプ・シュワブ付近では、代表的な枯れ葉剤である「エージェント・オレンジ」を定期的に散布していた。

ベトナムでの枯葉剤による障害者は300万人を超えると言われている。


ザ・スクープSPで触れられているが、
日米地位協定第4条1項
「アメリカは施設および区域を返還するに当たって、原状を回復し、補償する義務を負わない」
日本政府は上記条項を盾にして責任逃れをしている。

1973年の日米合同委員会合意文書の中には以下のような文言がある。
「日本政府は汚染場所を視察し、水や土壌などのサンプルを入手することができる」

であるから、在日米軍基地内であっても、サンプルの入手を行って土壌調査を実施できるのである。
日本政府はそれすらも行っていない。

沖縄のベトナム戦争は終わっていないのだ。


枯れ葉剤を浴びた沖縄とベトナム戦争


検証 沖縄の"枯れ葉剤"疑惑


枯れ葉剤を浴びた島~「悪魔の島」と呼ばれた沖縄~(1)

枯れ葉剤を浴びた島~「悪魔の島」と呼ばれた沖縄~(2)


「沖縄における米軍の枯葉剤:エージェント・オレンジ」ジョン・ミッチェル2011年9月12日
https://www.jonmitchellinjapan.com/asia-pacific-journal-11-9-12.html
コメント

玉城デニー新沖縄県知事は習近平氏と会談すれば良い。

2018-10-10 21:18:44 | 帝国
◯ホーチミンに学ぶ
 ホーチミンは1945年9月2日にベトナムの独立を宣言した。その下準備として国内外の各政治勢力に書簡を送付している。なんと、アメリカのトルーマン大統領にまで援助を要請する書簡を送っている。
 当時、終戦直後でソ連邦は疲弊していた。とても援助を乞える状態ではなかった。ベトナム新政府としては、国民党軍がベトナム領内に十数万人も駐屯しており、これを追い返す必要があった。
 トルーマン政権は成立して4ヶ月、しかもトルーマン自身が財界の傀儡として担がれた人物で力がなく、トルーマンはホーチミンの書簡は無視した。この時にアメリカがベトナムを支援すれば、歴史は大きく変わったであろう。
 結局、旧宗主国のフランスを再駐留させ、国民党軍を退去させている。しかし、これが第一次インドシナ戦争の引き金になるのである。

 他国の軍隊が永続的に駐留しているのは異常事態である。ベトナムの北爆には沖縄の嘉手納基地から飛び立った爆撃も参加している。沖縄に米軍が駐留し続けていることにより、ベトナムの人々は惨劇を被った。
 沖縄に駐留する米兵はイラク戦争にも参加した。イラクから引き上げてきた海兵隊員は「沖縄でクールダウン」させてから本国へ帰還する。
 沖縄が米帝軍事戦略の踏み台として使われてきた歴史があり、今現在も進行中なのである。

 最終的に北ベトナムホーチミン政権は中国共産党やソ連の援助を得て、対米戦争を勝ち抜いた。その過程でベトナム人民300万人が亡くなった。ホーチミンは1969年にベトナム統一を見ること亡くなった。
 日本は戦争を望まない。戦争を回避して米軍を日本から撤退させなくてはならない。それは日本や沖縄の為だけではない。米軍が世界の戦争発生要因となっている現状では、米軍を支援することが、その分だけ世界を不安定化させるのである。米軍への支援を止めること自体が人類のためでもある。

◯対中軍事的緊張緩和が必要
 石垣島に自衛隊が駐留し、まさに軍事要塞化しつつある。石垣島は中国に近い。日本政府として、中国との軍事衝突を望んでいると取られかねない。石原慎太郎などの政治家が石垣島を利権化している向きもある。
 かつて、ロシアとノルウェーが軍事緊張した際には両国は話し合って国境から遠方へ軍を引いた。今、日本政府は逆の事をやっている。
 尖閣諸島は台湾・中国漁船の漁業黙認、実行支配は日本ということだったが、米帝の意向を受けて前原誠司が中国漁船の取締や拿捕を行ってから、紛争地に格下げし、50年実効支配による領有権確保目前にして、紛争地に格下げとなった。これに野田政権による国有化が中国側の反発を招いた。そういった、日本側が作り出した政治的緊張の果てに、石垣島の要塞化がある。また、南沙諸島でのイザコザに日本は関与すべきではない。戦後、南沙諸島は全く領有権を失っている地域である。

 つまり、石垣島や沖縄本島や周辺の島々に日米の軍が展開している事は、対中関係を考えると望ましくない。
 少なくとも、日本側と中国側で政治的な会談を持って、将来的に沖縄地域における軍事力展開を縮小する方向を示すべきである。

 ネトウヨが「中国が攻めてくる」とか「中国共産党との関係がー」とか言うが、逆の意味で真理を言い当てている。米朝関係が緩和する見通しがたった今、日本と中国が友好的な状態に向かえば、米国が日本に駐留する理由もないのである。
 可能であれば、玉城デニー沖縄県知事は中国政府要人と幾度も会談を行うべきである。沖縄の基地問題は日中の緊張緩和を実現しなくては解決しないのである。
コメント

2007-09-23 アメリカ大使館によるWikipediaを使った日本・韓国分断工作が発覚- ○アメリカ大使館様によるネット工作

2018-09-22 09:34:07 | 帝国
はてなダイヤリーが閉鎖されるそうだ。
私が書き溜めたゴミ文章が溜まっているのだが、発掘するに値するものだけ転載していくつもりである。
ネットワークに詳しい人に聞いたら、米国大使館の上位プロバイダーがソフトバンクというのは、ありえるそうである。米国大使館直々の日韓分断工作が行われている。
以下転載。

2007-09-23 アメリカ大使館によるWikipediaを使った日本・韓国分断工作が発覚- 編集
○アメリカ大使館様によるネット工作

 Wikipediaで、日本の官庁が自分の所に都合の良いように書き換えていた事例がありましたが、このアメリカ大使館の工作に比べると可愛いものです。

 アメリカ大使館直々の日韓分断工作とはかなり悪質です。ネットに蔓延する嫌韓情報はアメリカ様の工作なのかもしれません。

○アングロサクソンの分断統治病

 イギリスは植民地にて分断統治を行なってきました。民族・宗教対立を煽って消耗させて、植民地支配を確固たるものにするわけです。イラクのバスラで二人のイギリス軍人がスンニ派とシーア派の対立を煽るために狙撃を行なっていた所を捕獲されたのですが、収監していた警察著にイギリス軍がやってきて、イギリス軍人を強奪していったという話しがありました。

 イラク戦争は「アメリカの軍事力・日本のカネ・イギリスの悪知恵」で遂行されていると言われています。アメリカは世界最大規模のテロ国家です。規模が大きいテロである軍事侵略行為を戦争と言い換えているだけで、まさに「テロ行為大規模にやれば怖くない」の世界です。その世界最大のテロ国家アメリカを支援しているのが我が日本国です。ですから、日本国こそが世界基準で言うところの「テロ支援国家」です。

 そのテロ支援国家が支援先であるアメリカ帝国様によって分断統治工作が行われているという不条理は、アメリカという宗主国と軍事占領されている日本という植民地という力関係から発生する、不可避な現象なのかもしれません。

○日本はアジア諸国やロシアと仲良くしましょう。

 特に中国・韓国・北朝鮮・台湾・ロシアと国境を接している国と仲良くしましょう(^ー^)ノ

 昔、ファミコンで「ゴルビーのパイプライン大作戦」というゲームがありました。このゲーム自体は落ちてくるブロックを組み合わせるゲームですから、パイプラインを敷設するためのシミュレーションゲームではりあません(^-^;しかし、ロシアとは和解して、サハリンから天然ガスのパイプラインを引く必要が有ると思います。エネルギーを確保出来ねば、日本の未来はありません。

 鈴木宗男氏などに代表されるロシアやアジアと親しい政治家は失脚させられる事例が多いです。明確な証拠はありませんが、ベンジャミン・フルフォード氏の言うところの「横田幕府」か、副島隆彦先生の言うところの虎ノ門のアメリカ大使館か、六本木に居るCIAなのかよくわかりませんが、アメリカの意向に逆らう政治家は失脚させられるようです。

 日本は中国・韓国・ロシアと領土問題を抱えています。これが解決しないのもアメリカ様のお蔭という話しもありますが、サンフランシスコ平和条約締結時に曖昧にしといた案件が今でも解決しないわけですから、これだけの長い年月を浪費したのは日本の政治・行政に責任があるのかしれません。

 もう一方では激高する世論が領土問題における合意形成を疎外しています。大日本帝国の感覚が抜けきらない日本人は領土問題や拉致問題になると態度が頑なで、合意を得る事によるメリット勘定ができません。譲歩することによって利益を得るということが、激高する国民感情が形成よる世論によって出来ないのです。

○アメリカイラク戦争支援=日本国内貧困層の増加

 一昨日、マイミクさんが一人、自殺を仄めかしてmixiから消えました。他にもマイミクさんの会社で2人目の自殺者が出たと日記に書いてありました。ラジオを付ければ人身事故で電車が止まったという話しが連日あります。この状況は尋常ではありません。

 イラク戦争支援と国内貧困層の増加は表裏一体で、相関関係にあります。 宗主国は植民地に対して戦争遂行に際して人とカネを要求するわけです。古来から普遍の外交事実です。カネが国外に出て行くと、国内の景気は悪化します。外需で儲ける一部の企業だけにカネが極所化し、デフレ経済&原油高によるコストプッシュインフレに陥り、恐るべきスダグフレーション状態が我々を苛んでいるのです。

 この不条理な戦争支援を止めることが、不条理な貧困の蔓延を抑制することになるのです。皆さまの御奮闘を切に願うものです。

http://wanwanlapper.seesaa.net/article/56510806.html

以下転載---
離間の策?米国が日本の嫌韓ムードをあおる世論誘導か?

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=568543821&owner_id=30788

☆アメリカ大使館がWikipedia記事を書き替えて、嫌韓を煽っているらしい (カマヤンの虚業日記)

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070921#1190321954

IPアドレス 210.236.224.130

編集項目 朝鮮の歴史

編集内容 朝鮮近代史の項目を削除し、「朝鮮に歴史なし 昔から中国、日本、偏狭蛮族の属国」と書き込む荒らし行為

http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2&diff=8434966&oldid=8280871

210.236.224.130 からwhois検索しました。

このwhois情報は、2007年08月30日 3:18:37(20日前)に取得しました。

Network Information: [ネットワーク情報]

a. [IPネットワークアドレス] 210.236.224.128/25

b. [ネットワーク名] US-EMBASSY

f. [組織名] アメリカ大使館

g. [Organization] U.S. EMBASSY

m. [管理者連絡窓口] CF023JP

n. [技術連絡担当者] CF023JP

p. [ネームサーバ]

[割当年月日] 1998/11/06

[返却年月日]

[最終更新] 2002/08/07 14:02:02(JST)

上位情報 ソフトバンク・アイディーシー株式会社 (SOFTBANK IDC Corp.) [割り振り] 210.236.224.0/19 ソフトバンクIDC株式会社 (SOFTBANK IDC Corp.) SUBA-021-058 [SUBA] 210.236.224.0/24

下位情報 該当するデータがありません。


これへの反応↓

22 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2007/09/20(木) 12:53:20 Kz+nn3fr
統一信者だけでなくて米国大使館直々にやってたのかよ嫌韓厨ってw

27 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2007/09/20(木) 15:52:38 M+SMs+BL
嫌韓や右寄りの人を統一教会と結びつけたがる人がいるが、矛盾してないか。統一は朝鮮宗教だから右寄りが好きなはずない。

29 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2007/09/20(木) 16:32:32 HVkmuyv+
>27 お若い人かな? 1980年頃の韓国を知らないのか。あの頃の韓国は軍事政権で戒厳令を出したりして、日本の左翼(朝日新聞も)がすごく叩いてたよ。統一教会の本体は国際勝共連合であり、共産主義に対抗するためにアメリカが作った組織だ。日本の政治家の多くも、勝共連合に参加している。韓国の財閥の創設者は早稲田出身が多いけど、清和会の早稲田出身者と韓国で同窓会やってるよな。そういえば、韓国の元国務総理KJPは早稲田で先生をやってたね。

これらの単語で検索すれば分かる。統一教会=国際勝共連合=韓国CIA…後見人は米CIA アメリカは、アジアが一つにまとまらず互いに反目しあって、アメリカに対抗しないことが国益に適い、特に日本がアジアから孤立する方が都合がいいんだよ。

31 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:2007/09/20(木) 16:42:40 LR01U+0p
>27 バカなのか釣りなのか知らんが、統一協会=勝共連合で朝鮮右翼とは彼らの通称。ちなみに「統一協会」が正しく「統一教会」はキリスト教をよそおう彼らの手口。カルトに矛盾はつきもので常識が通用しないのは当たり前。
コメント

平昌五輪の謎オブジェクト「モルゲッソヨ」は反米の象徴的作品。

2018-02-11 09:45:44 | 帝国

 平昌五輪で話題となっているメインプレスセンター前に立てられていた謎のオブジェだが、これは2009年に彫刻家キム・ジヒョン氏が作った「弾丸マン(Bullet Men)」という作品である。
 2004年イラクのアブグレイブ刑務所で起こった米兵によるイラク兵への虐待や拷問事件への批判モニュメントであり、製作者の反米的な意図が込められている。「こんな姿でイラク人はアメリカに虐待受けたんだ」というのがモルゲッソヨの本来の趣旨なのだ。


 像の名前をボランティアに質問したら、「モルゲッソヨ(分からないです)」と返答されたので、ネット社会ではモルゲッソヨという呼称が定番となっている。

モルダ(分からない)
モルゲッタ(考えたけど分からない)
モルゲッソ(対等の関係の相手に対し、分からない)
モルゲッソヨ(分からないです)
モルゲッスムニダ(存じ上げません)


 通称モルゲッソヨは「朝鮮半島への軍事的侵攻は許さない」という明確な政治的メッセージを込めた銅像なのである。だからこそオリンピック会場でも目立つメインプレスセンター前に設置してあるのだ。

 確認はできないが、モルゲッソヨは「盧武鉉大統領(ノ・ムヒョン)が抗議の意味で作らせてお蔵入りしていた」となると、文在寅大統領の意向を一定程度受けて意図的に設置された可能性はある。文在寅現大統領は盧武鉉大統領(当時)の側近で、事務局長だった人物である。

 太陽政策を敷いた盧武鉉大統領を米軍が目の敵にしたのは想像に難くない。盧武鉉氏が反米的な立場を旗幟鮮明にしたとすれば、米国の意向によって大統領からの追放及び自殺(他殺だと思われる)という結末を迎えたと考えることもできる。

 日本における排外主義の横行は「はだしのゲン」で述べられているが、日本の統治機構自身が戦争遂行体制に移行しつつあるというのが主たる原因だが、もう一つには中国や韓国では大衆レベルで反米的な意志を共通認識として共有しているという事実を、日本人に知られたくない、というのもあると思われる。
 むしろ、日本のように異様なまでに、上から下まで隷米主義に凝り固まっているのが不可思議なのであって、単なる『搾取されるだけの構造下』において有りもしない目先の損得に惑わされているだけであり、米帝国主義の暴虐に目を覆う行為という点では不道徳の極みである。
 フランスやドイツまでもがイラク戦争に反対したが、日本は外為特会を通じた米国への資金融通やイラク南部サマワへの自衛隊出兵が行われた。
 アブグレイブ収容所はブッシュJr.大統領が発音できなかったというのでも有名になったが、中世スペインの異端審問を想起させる暴虐行為が行われていた。米兵が囚人にかぶり物を被せて性的虐待を行っていたのだ。そのかぶり物を被らせて虐待をするという行為を「モルゲッソヨ」は抽象的に具現化している。

 また、膨大な劣化ウランがイラク各地で使われ、残留したウランが生殖腺に悪影響を及ぼし、奇形児の出産等の膨大な人的被害が発生し、それは帰還米兵にも発生した。米軍は民間会社を通じて兵站を担わせたが、運送業務従事者は米兵のような防弾チョッキやミネラルウォーターも支給されず当然武器も所持ぜず、米兵よりも危険な状態で事実上従軍し、ウラン弾微粒子による被爆の影響を受けた。

 イラク戦争は人類史上最大量の「臨界しない核弾頭」が使用された悲惨な闘いであり、結果として現地住民を未来永劫苦しめる事になっている。

 ツィッターにおいてニューヨークで活躍する日本人芸術家が曝露していたが、学芸員は「思想的な芸術作品を発表させない」ためにいるということである。実際に、日本芸術界における表現の自由とは名ばかりであり、性器を土台にして戦争や原発をモチーフにした「ろくでなし子さん」の弾圧や、米軍機の墜落事故をモチーフとして商店のシャッターに描いた作品「落米(らくべい)のおそれあり」を非公開にした事件などが起きている。

 アベ政権に取り込まれた恥ずべき表現者達が数多いる日本社会ではあるが、日本人民には他国の作品で良いものがあれば良いと評価する事ぐらいはできるはずである。
 米軍の残虐さを世界に知らしめた彫刻家キム・ジヒョン氏の作品は高く評価され、後世においても平和を希求するすべての人民から祝福を受けるものである。

(参考)
平昌五輪会場に立てられた謎のオブジェ 通称「モルゲッソヨ」作者の最新作が激ヤバ
http://gogotsu.com/archives/37144

急げ!平昌の謎の像「モルゲッソヨ」がGoogleMAPで確認できるぞ!
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3282387





コメント