わんわんらっぱー

DIYやオーディオから社会問題までいろいろ書きます。

戦争か、平和か?2018年を読み解く

2017-12-31 23:01:35 | 戦争
 総選挙の結果は衝撃的だった。私自身は選挙速報は最初の数分で切り上げた。各選挙区での当落というのは重要だが、それよりももっと重要なのは、アベ一凶体制の継続で発生する社会的危機について対処することであると考えるからだ。

 今後、いかなる国家的危機が発生するにしても、アベという人物が総理大臣である事時代が行政府の長としての対処能力のなさから、危機の上塗りをしているという事を考えなくてはならない。
 甲府盆地で豪雪の折に、国道20号線では多数の凍死者が出たが、アベは赤坂の高級料理店で優雅に食事をしていたのである。
 この点だけでも責められてしかるべきだが、話題になったのはSNS界隈と一部のメディア(ラジオ)だけである。ある意味、社会の木鐸としての報道は機能していないと看做すべきであり、人民のダマスコミ依存もアベ一凶体制の継続と等しく日本社会にとって危険なのである。

 福島第一原発の折には天の配剤というべく菅直人氏が首相であり、東工大出身者で原子炉内残留熱を理解する素養があり、なおかつ「イラ菅」と異名を取る叱責力を持って東京電力の撤退を防いだ。
 これがアベが首相だったらどうなったのであろうか?福島第一原発も福島第二原発も東海第二原発も放棄となれば、首都圏や東日本の放棄というだけでは済まない状態となったであろう。

 そのアベがアメリカの尻馬にのって北朝鮮に対して「あらゆる手段で最大限の圧力」と国連の場で述べている。アメリカ側はその言葉の背後には「日本政府は戦争によって発生する日韓の被害は仕方がないと了承している」と認識している。
 北朝鮮側は日本に対して「(韓国よりも)もっと話にならない。わが国を先頭に立って非難し、わが国への制裁を強化している日本に、拉致問題の解決うんぬんを言う資格などない」(1)と述べている。
 アベにも日本人民にも水爆攻撃による数百万、もしくは一千数百万と言われる死傷者と致命的な社会設備の破壊が発生することを微塵も想像していない。数百万人の犠牲に対するコンセンサスもないのに、とにかく、北朝鮮に圧力をかければ良い、という非常に安直な認識しか持ち合わせていない。

 マッハ5で地表に到達するミサイルを100%迎撃するのは不可能であり、しかもJアラートが鳴る前にミサイルが着弾している可能性が高い。
 というのも、一連のミサイル実験は北朝鮮側から事前に国連機関に通報がなされていた、との証言もあり、日頃私邸にいるアベがミサイル実験の日には首相公邸に宿泊しているにも、事前に情報を得ていたからだとされる。打ち上げる時間や着弾ポイントまで事前に知っているからJアラートが発令できるのであって、むしろ、止める必要もない電車まで止めて、経済活動を停滞させているのだから、自爆的対応を行ったと考えることも出来る。
 防空訓練と称して地面にしゃがみ込むような事を行っているが、防空警報前に着弾しているのだから、全く役に立たない。
 1950年代のアメリカのように、「ピカッと光ったら机の下や地面に伏せる」という訓練の方がまだ現実に即している。
 日本には防空壕のようなものはないし、地下に入れといっても、殆どの家に地下室がない。おまけに放射能防護に関する知識を意図的に与えていない節すらある。

 米国要人の発言から読み解くと、米朝戦争の発生確率は15%~50%である。自衛隊は戦争のシミュレーションをやっているが、日本政府は戦争を前提としての被害想定を出していない。一方で中国政府は難民の収容所を北朝鮮国境沿いに5つも作っている。

 日米地位協定によって、米朝間が戦争に突入した場合、日本の自衛隊は米軍の指揮下に入る。日本だけは地位協定で軍事的主権をアメリカに委ねている世界で唯一の国なのである。戦争状態に突入した場合、アベの手を離れて軍事行為が行われるので、むしろまだ良策だと考えることも出来るが、米軍は自軍の被害を最小限にするために、自衛隊がもっとも苛烈な戦地に投入される可能性が高いと考えられる。

 2018年2月に予定されている平昌オリンピックの翌3月に米韓軍事演習が控えている。米国は大気圏再突入可能なICBMの配備が2018年春と考えている。よって、2018年3月に開戦すると考える人もいる。ところが、米国側は北京オリンピックやソチオリンピックで軍事行動にでた前歴があるので、平昌五輪の最中でも戦端が開かれる可能性が否定できない。
 ロシアがシリアを援助して、シリア戦争は平定されつつあり、中東(シリア・トルコ・サウジアラビア)や北アフリカ(エジプト・リビア・チュニジア)までもがロシアの勢力圏に入りつつ有る。そのロシアと北朝鮮は比較的良好な関係にあるので、米国が開戦に踏み切るのは難しいという考えかたも出来る。

 米政府内では米本土へ到達し、大気圏再突入が可能なICBMが完成するまえに、北朝鮮を叩き、その際に韓国や日本で被害が出ても仕方ないと考えている。トランプ大統領自身も日韓の被害を許容する発言を行っている。
 かといって、北朝鮮が保有する核ミサイルがどこにあるのか米国は把握していない。地下に隠しているので、分からないのだ。静止衛星は高度の高さから識別能力に限界がある。低軌道の衛星は周回軌道で巡っているので一定箇所の常時監視は不可能である。偵察機を飛ばしても地対空ミサイルで迎撃されてしまう。であるから、ミサイルだけを撃破するという手段は取り得ない。仮に米朝開戦となれば、米軍は全力で空爆をし続ける状態になるだろう。
 
 裏を返せば、すでにテポドンやノドンなどの射程入っている日本にとっては、既に北朝鮮からの核攻撃が可能であるという意味で「核の傘」に入っている。核弾頭ミサイルが到達しない米国と違って、軍事力行使の不利益が絶大なのである。
 既に日本も韓国も軍事力行使という手段は絶対に取り得ない状態なのだ。
 だが、新聞を読んでいると、開戦ムードを作り上げるための記事がオンパレードである。先日、日経新聞本社トイレで販売店主による焼身自殺事件が起きた。推測だが記事内容に抗議して日経新聞の購読者が減っているのではないか。

 取り得ない戦争への道を日本では官民挙げて突き進んでいる。アベも政府要人も、戦争によって発生する被害状況を認識していない訳ではない。少なくとも数字では把握している。それでも、戦争に突き進むのは対米隷属体制の死守が保身の全てある、という認識に基づいた行動原理で動いている、というのと、福島第一原発事故によって発生している人的損耗があまりにも甚大であり、隠蔽工作として国体挙げての戦争動員を行うという側面もあるだろう。

 米国にとって、北東アジアでの戦乱を望む要因が別にも有る。なんと、サムスンの半導体部門の売上額だけでインテルの売上額を超えている。
 昨今の日本におけるサムスン叩きとアップルよいしょは目に余るが、意図的に誘導されている可能性は高い。しかも、韓国の司法当局によってサムスンの社長が収監されている異常事態である。
 アップルは部品調達を通例2社以上から行っている。そのアップルが心臓部であるSoCの調達をTSMC(台湾)一社に絞ったのである。
 穿った見方をすれば、米国企業よりも国際競争力でまさる韓国系企業を物理的に破壊するために、米政府が戦争を仕掛ける可能性も捨てきれない。日韓が戦火にまみれて産業界が機能不全に陥れば、米国IT企業は相対的に浮上する。この悪魔的戦争利得に逆らえるほど、米国が道徳的ではないことは歴史が雄弁に物語っている。

 日本人民にとって戦争を抑止するにはアベ一凶体制を打倒するしかない。武田鉄矢がアベを批判する人達に対して「非対称戦は卑怯」ということを言ってSNSが炎上しているが、これには一理あって、無名で影響力もほぼ皆無のネット人民の攻撃に対して、アベ政権は対処できないのである。仮に対処しても、アベを批判する人民が100万人単位で発生すれば、それだけで警察や司法機関が機能不全となってしまう。

(1)北朝鮮の幹部が明かす「米朝戦争のタイミングと、回避の方法」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53745



21世紀の戦争と平和: きみが知るべき日米関係の真実
孫崎享
徳間書店
コメント

【研究成果】ソ連の北方四島占領作戦をアメリカが軍事支援していた!

2017-12-31 11:06:19 | 帝国

 ヤルタ会談の協定で、ソ連に対して南サハリン(南樺太)や千島列島(クリル諸島)の割譲と対日参戦が密約されたことは良く知られた事実である。また、米国が日本に四島一括返還を求めて、日露関係改善を妨害しているというのも周知となっている。(1)
 ところが驚くことに、米国がソ連の軍による北方四島占領作戦に米国が艦船10隻を貸与していたことが、研究成果として発表された。

根室振興局の調査結果によると、樺太南部の返還と千島列島の引き渡しと引き換えに、ソ連の対日参戦が決まった45年2月のヤルタ会談の直後、ともに連合国だった米ソは「プロジェクト・フラ」と呼ばれる合同の極秘作戦をスタートさせた。
米国は45年5~9月に掃海艇55隻、上陸用舟艇30隻、護衛艦28隻など計145隻の艦船をソ連に無償貸与。4~8月にはソ連兵約1万2千人を米アラスカ州コールドベイの基地に集め、艦船やレーダーの習熟訓練を行った。コールドベイには常時1500人の米軍スタッフが詰め、ソ連兵の指導に当たったという。
訓練を受けたソ連兵と貸与艦船は樺太南部や千島列島の作戦に投入された。8月28日からの択捉、国後、色丹、歯舞の四島占領作戦には、米の貸与艦船10隻を含む17隻が参加。ソ連軍は各島で日本兵の武装解除を行い、四島の占領は9月5日までに完了した。(2)

 1956年8月、後に【ダレスの恫喝】で有名になる会談が行われた。アメリカのジョン・フォスター・ダレス国務長官が日本の重光葵外相とロンドンで会談した際に、日本がソ連との間で2島返還で講和した場合は、沖縄を日本に返さないことを示唆した。当時の沖縄は「琉球列島米国民政府」が統治していた。

 1956年10月19日、ソ連モスクワで日本の鳩山一郎首相とソ連のブルガーニン首相は「日ソ共同宣言」に署名した。共同宣言の主な内容は「日ソ戦争状態の終了」、「外交・領事関係の回復」、そして「平和条約締結交渉の継続」と「平和条約締結後の歯舞群島・色丹島の日本への返還」である。(5)「ソ連は歯舞群島及び色丹島を日本国に引き渡すことに同意する。ただし、これらの諸島は平和条約が締結された後に現実に引き渡されるものとする」と明記された。(4) 
 この日ソ共同宣言で重要なのは、ダレスの恫喝により、日本側は四島一括返還を主張せざるをえなくなり、日ソ平和条約締結には至らなかったという点である。

 アメリカは帝国主義による世界支配を目指しており、配下の周縁諸国が離反しないように分断統治政策を行ってきた。そのため日本が近隣諸国と友好関係を築くのを阻害するために領土問題を固定化させようという戦略を行使し、対露では北方領土、対韓国では竹島、対中では尖閣諸島という領土問題を創り出した。日本が自主外交で周辺諸国と関係性を強化するのを妨害し、対米隷属に成らざるを得ないように謀略を働いてきたのである。(3)

 1969年3月2日中ソはアムール川の中洲にある珍宝島を巡って軍事衝突したが、1991年と1994年に中露東部国境協定が合意された。2004年10月14日中露国境協定によって残る係争地の国境も合意し、2008年7月21日に全て画定した。(6)
 領土問題で譲歩したことに対する両国内の反発を考慮して、祝賀会は秘密裏に行われたという。

 尖閣諸島における紛糾も米国の指示を受けた前原誠司国土交通大臣(当時)や野田佳彦総理(当時)や石原慎太郎都知事(当時)によって意図的に引き起こされている。

 仮に北方領土が返還されたとしても、元北方領土島民に帰島の意志はなく、帰島の意思確認のアンケートすら取っていない。北方領土が返還された場合、既に在住しているロシア人に日本国籍を与える必要があり、一定数のロシア人は北海道への移住を希望すると言われている。また、行政活動及び生活インフラ整備のために、日本から北方四島へかなりの人員が出向せざるを得ない。退潮激しい日本国に新規国土整備を行うだけの余力があるとは思えない。
 それどころか、JR北海道は存続の危機に瀕しており、北海道自体の交通網や生活基盤が維持できるのかどうかが危なくなっている。

 かの石橋湛山は戦前から日本の領土拡大政策を軍事的負担及び国際政治的反発及び経済的側面から非難しており、小日本主義を掲げて経済的合理主義に立脚した平和的な加工貿易立国経済発展論を唱えた。(8)
陸軍歩兵連隊入営時の主張から、石橋の合理的意見は一定程度陸軍内でも理解されており、陸軍少尉にまで至った経歴から、日本軍部に対する帝国主義批判に対して報復を受けることはなかった。(7)
 日本は敗戦後に領有国土を大幅に減らしたが、皮肉な事に、石橋の主張通り加工貿易国家として経済的繁栄を遂げたのである。

 私は釧路に旅行した事があるが、国道沿いにおどろおどろしい「島は奪われた!」という立て看板が幾つも置いてある。現地の人は、ものすごく間隔を置いて設置しているつもりなのかもしれないが、長距離を運転していると、これでもか!これでもか!というほどに出てくる。さすがにまずいと思ったのか、近年は顔を犬に換えた立て看板も出ているようだ。だが、そんなものは観光業を考えたら百害あって一利なしである。
 加えて言えば、日露間での通商を考えても負の側面しかない。「島は奪われた」のは歴史的事実だが、その背後にはアメリカの帝国主義支配の実施と継続という支配の構図があり、アメリカ帝国主義支配からの脱却及び、経済的発展性を考えたら、北方四島の領有権は放棄して、一刻も早く日露平和条約を締結し、天然ガスのパイプラインをサハリンから札幌まで引くべきである。


(1)北方領土,アメリカの立場 ソ連への戦利品 : 知識連鎖  (旧・千日ブログ)
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-2032.html

(2)北海道新聞
ソ連の北方四島占領、米が援助 極秘に艦船貸与し訓練も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00010001-doshin-hok
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/154416?rct=n_major

(3)犬 | 2017年12月30日 14:11
http://my.shadowcity.jp/2017/12/post-12446.html

(4)プーチン大統領が"ダレスの恫喝"に言及 北方領土問題で米国が「日本を脅迫した」
http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/18/putin-dulles_n_13703530.html

(5)「2島か、沖縄か」日ソ共同宣言直前、領土返還で圧力かけた“ダレスの恫喝”
https://thepage.jp/detail/20161209-00000007-wordleaf

(6)中ソ国境紛争
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E3%82%BD%E5%9B%BD%E5%A2%83%E7%B4%9B%E4%BA%89

(7)石橋湛山
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E6%A9%8B%E6%B9%9B%E5%B1%B1#%E5%AD%A6%E7%94%9F%E6%99%82%E4%BB%A3

(8)石橋湛山の思想――小日本主義――
http://www.ritsumei.ac.jp/~yamai/7KISEI/furukawa.pdf





ゴルビーのパイプライン大作戦
徳間ジャパンコミュニケーションズ
コメント

12月30日(土)のつぶやき

2017-12-31 03:24:33 | つぶやき
コメント

美音過ぎて発売停止のテレフォンケン085aはなぜ美音なのか?

2017-12-30 21:45:56 | オーディオ
 世の中には美音スピーカーというのが存在する。本当に美しい響きがするのである。

Telefunken 085aモニタースピーカー


http://jirou.jugem.cc/?eid=1203
http://www.gokudo.co.jp/

 以前、三上先生の所で、Telefunken 085aを聞いたが、びっくりするほど美音だった。
美音過ぎて発売停止になってしまったという噂まである。メーカー名から察するにドイツ製のようである。写真にあるとおり、プリアンプや真空管アンプはかなり高価な品物である。


 Telefunken 085aはステレオ時代の到来に対応すべくテレフンケンが開発した希少モニタースピーカーである。高域のツィーター、中域のスコーカーを上下左右にそれぞれ8基、その下に30cm口径のウーファーを二基を搭載している。高域のユニットはコーンタイプでフレームはプラスチック製、ウーファーはアルニコ4Ωの仕様となっている。(1)


 一聴して三上先生が所有している他のシステムとは違う音色なのが分かる。
よく観察するとテレフォンケンは実質的に密閉型のようである。キャビネット内に吸音材が張り込んであり、低音はあまり出ない。

 このテレフォンケンがなぜ美音なのか謎なのである。真空管アンプが美音を産んでいるのかとも考えたが、他のテレフォンケンも美音だとの評価である。(写真では真空管アンプが映っていないが、私が聞いたときには真空管アンプで駆動していた。)

 他に考えられるのは「振動板の材質」「キャビネットの材質」である。
ところが振動板の材質はツィーターもスコーカーもパルプのようである(未確定)。
金属系振動板は美音がするのだが、パルプで美音のものは聞いたことが無い。
キャビネットの強度はあまりなさそうである。キャビネットの振動とも考えがたい。

 Fostex GX103も似たような美音がする。GX103はマグネシウムツィーター+マグネシウム合金ウーハー×3発(内一つはスコーカー)の組み合わせである。金属系振動板特有の響きがあり、弦楽器はとても美しい響きになる。しかし、低能率ゆえに、ある程度以上音量を入れると美しい響きがする。小音量ではあまりパッとしない。
 ツィーターの磁石がネオジムなので、過渡特性が良いというのも美音に寄与しているのだろう。

 GXシリーズは当時100/102/103と3タイプが併売された。
GX100はマグネシウムツィーター+マグネシウム合金ウーハー×1
GX102はマグネシウムツィーター+マグネシウム合金ウーハー×2
GX103はマグネシウムツィーター+マグネシウム合金ウーハー×3(内一つはスコーカー)

はっきりいって、GX100はあんまり美音というわけではない。ところがGX102はかなり前面に張り出してくる音で、幾分美音である。
GX103はユニット口径が10cmであるので大型フロアスピーカーに比べると抑制的ではあるが、低音も充実しており、なおかつとても美音なのである。

美音度でいうと
GX100<GX102<<<GX103 なのだ。

 加えて言うと、13cmユニットのFOSTEX MG130HRは単独使用でも美音である。だから、ユニット数の増加と美音は絶対的な関係ではないかもしれない。

 そもそも、「美音」などというと非科学的であるように感じる。美音とは原音とは違う音色で鳴っているのだから、原音に対して何がしかの付帯音の量が多いという事と考えることも出来る。オーディオとは原音の忠実再生である、と考えると美音スピーカーは本則から外れる存在であると捉えることもできる。しかし、美音には麻薬的魅力があるのである。
 ということを前提にして、推論すると、テレフォンケンの美音の源は、スコーカー×8という多連装ユニット構成にあるのではないか?という仮設が成り立つ。ツィーターも×8であるし、ウーハーも×2も装備しているが、美音の元となっているのはスコーカーだと思われる。
 しかも、スコーカーやツィーターはあっちゃこっちゃを向いてユニットを装着してある。これはモニタースピーカーとして、部屋のどこにいても同じような音を聞くてために、全方位に音を出す狙いがあったのだと思われる。中音を発する音源が複数あることにより、微妙にズレて耳に到達する。音が滲むことにより、人体が美音だと認識しているのではないかと推論する。
 そうとでも考えなければ、あの異様なまでの美音を奏でるテレフォンケンの源泉を探り当てようもない。



(1)Telefunkenのスタジオモニタースピーカー、O85aを買取
http://highsound.net/blog/archives/5421

GX103スピーカーシステム
https://www.fostex.jp/products/gx103/


FOSTEX スピーカー GX100MA(DB) [ダークブラウン 単品]
FOSTEX
コメント

平和と護憲の為にまずは初詣を禁止すべき。

2017-12-30 18:51:14 | 憲法
 先日、富岡八幡宮事件が発生した。女性宮司が日本刀で惨殺されたのである。事件のタイミングが富岡八幡宮が神社本庁から離脱表明直後だったこともあり、関係が疑われた。
 犯行に及び事件直後に自殺した住所職業不詳の茂永容疑者(56)が、八幡宮が神社本庁から離脱することに危機感を持っていたとの証言もある。個人的な恨みだけで犯行に及んだのか、神社本庁の意向が一定程度働いたのか知りたいところではある。

 神社本庁は関連団体「神道政治連盟国会議員懇談会」を持ち、300人以上の国会議員が加盟している。神社本庁の掲げる改憲案は、「大日本帝国憲法という理想に帰る」という理念に基づき、『神社新報』には、「(憲法改正は)帝国憲法にまで遡って明治の先人による自主憲法制定過程の苦心とその精神を学び、今日に活かすといふ道程を取るべきだ」(2013年9月16日付)、「(憲法改正運動は)明治の帝国憲法こそが指針となってくる」(2012年5月21日付)と明示している。(1)
 2016年正月には全国各地の神社が櫻井よしこのポスターを掲げて改憲署名を推進したのである。神社本庁は日本会議と「一心同体」となって改憲運動を進めていることを堂々明言した。(2)

 日本会議は特に自民党に強い影響力を保持し、改憲を党是とする自民党を支えている。彼らの目論見は人民からの人権の剥奪であり、国家による強権的人民支配体制の確立にある。強権化が経済の退潮を招くことは、世界における他の強権国家で実証済みであり、民需の停滞から産業界が官需偏重となり、戦争への誘引が強く働くようになる。既に官需偏重の傾向は見て取れており、アベが諸外国にまきちらす巨額のODAに絡んで、巨額の資金が動いている。

 三原じゅん子参院議員が八紘一宇に言及し話題となった。八紘一宇とは「世界を一つの家にする」という理念であり、国家神道と結びついた日本独特の儒教的道徳である。しかし、八紘一宇はかつて日本の帝国主義を正当化するために使われた宣撫工作用語であり、戦後GHQが八紘一宇の使用を禁じたのも、むべなるかなと考える。

 現在の自民党や日本統治機構は人民の統制と、統制を正当化するための戦時体制構築を狙っていると推測される。そのために改憲を欲し、宗教による動員をも必要としている。神社に顕現される神道はかつて戦前に行われた思想統制に再び使われようとしているのであって、もし、平和を欲し、護憲による安寧を願うのであれば、総人民は神社を禁足の地とし、初詣は自発的に禁止すべきなのである。

(1)安倍政権の黒幕と指摘される日本会議と神社本庁、その違い
https://www.news-postseven.com/archives/20161022_455758.html
(2)【IWJブログ】境内に櫻井よしこ氏の改憲ポスターが!全国各地の神社で起きている「異変」 ?日本会議・神社本庁・安倍政権が一体となって「政教分離」を定めた憲法に違反する、改憲署名を推進! 2016.1.6

ポピュラスDS(特典無し)
エレクトロニック・アーツ
コメント