わんわんらっぱー

DIYやオーディオから社会問題までいろいろ書きます。

「9」と「NO WAR」が禁止されている国会

2018-06-30 20:57:09 | 平和
○驚天動地、国会では「9」と「NO WAR」が記載された服やバックは禁止




 というツィートがあり、これには驚いた。
国会は国権の最高機関であるが、人民の代理人が議論を交わす場所であり、基本的に表現することが憲法によって保障されている場所であるはずだ。
 よほど奇抜な服装で無い限り傍聴できるはずである。だが、「9」と「NO WAR」が記載された服やバックや装飾品があると入場できない、とのことである。

 これ、いかなる法的根拠で規制しているのか?

 仮に自衛隊施設などで、そのような制限があるのは、良し悪しは別として分からないでもない。
が、国会で単なる私人がネックレスやタグに至るまで規制をするとはどういうことなのか?
日本は戦時体制なので、規制する法的根拠があるというのか?
確かに朝鮮戦争は休戦状態だが、日本は国連軍に参加していない。国連軍に参加している米軍基地があるから、日本も参戦しているとみなされるのか?

 アベという狂犬が米軍閥の「噛ませ犬」として振る舞っているので、人民も従えということなのだろう。アベ政権を打倒して、表現の自由を取り戻すべきである。

○ホワイトアルバムの「No.9」は憲法9条だったのか?
 「9」が禁止と聞いて私はすぐにホワイトアルバムのNo.9を思い出した。
 ビートルズのホワイトアルバムにNo.9という前衛音楽の曲が収録されている。オノ・ヨーコの影響を受けたジョンレノンが組み入れたもののようだ。No.9は一定の旋律を奏でるわけでもなく、様々な音が複雑に絡み合っている。戦争を意味するような音も入っており、ひょっとしたら、No.9の意味は憲法9条だったのだろうか。私の考えすぎか・・・。



ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)
ユニバーサルミュージック
コメント (1)

東アジアでの平和を維持するためには最低限でもアベと河野太郎の辞職は必須。

2018-03-11 14:34:02 | 平和

 脱原発が売りだったはずの河野太郎は外務大臣に就任する直前にブログを閉鎖し、持論を封印した。
 その後、何を言うのかと言えば、北朝鮮への圧力や、諸外国に北朝鮮と断交を訴えたりしている。対話なき圧力は戦争への道であり、外交の失敗が戦争である。
 河野太郎はアベの代理人として開戦準備大臣として、その任を果たしている。

 すわ戦争か?と危ぶまれたが、米朝対話開始ということで、直近の危機は避けられた。アベの走狗として、戦争を煽りに煽った河野太郎は、アジアにおける単なる有害分子として不要の長物であり、居場所はない。

 アベ内閣で唯一まともだったとの評判だった、江崎沖縄北方領土担当大臣は2017年8月「日米地位協定をもう少し見直さないといけない、私はそういった気持ちを持っている」と記者会見で発言したが、先日、病気で大臣を退いた。
 後任の福井沖縄・北方領土担当大臣は就任早々に色丹島を「しゃこたんとう」と言い間違え、大臣としての資質を疑われている。

 とどのつまりは、アベ内閣は総辞職させて、CIA自民党も解党し、本当の人民派政党が政権を握るべきなのである。

 森友加計学園疑獄はそのための一里塚であり、営々と人民と暴政との闘争が続けられていくことになるだろう。
〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻
汐文社









コメント

アベ内閣退陣は総人民の願い。

2018-03-06 09:54:48 | 平和
 そもそも、第二次アベ政権成立自体が不可解である。原発事故責任を問われてしかるべき人物が総理大臣の座に返り咲いた。この時点でアベ政権の組閣自体が恐るべき事態であり、最大限警戒されてしかるべきだった。

 案の定、量的緩和による物価安、投機資金の流出、増税、各種負担増で庶民の暮らしは苦しくなった。
 であるのならば、このアベ政権を打倒して、人民派の政権を樹立しようという動きが出てしかるべきなのだが、公然と立ち向かう人はそれほど多くはなかった。

 原因としては、アベ政権がダマスコミを買収しているという点。政権との関連は証明は出来ないが、第一次・第二次アベ政権におけるジャーナリストやマスコミ関係者の自殺や(冤罪)事件が多発した。外形的にみてアメとムチでダマスコミを懐柔し、世論を操縦したのである。
 更に問題なのは、この世論誘導に人民側がすっかり騙されてしまったということである。「自発的に考えない」ことを刷り込まれた人民側にはアベ政権の世論洗脳に打ち勝つだけの知力が足りなかった。

 いやいや、ネットを見れば反アベ政権の動きはあるではないかと言われるが、どうも巷ではそうではない。反アベ政権を公言する人をリアル世界で殆ど見たことがない。デモとかは「特殊な環境」であり、平生においては暗然とアベ政権是認の雰囲気が「支配」しているのである。

 これは町内会やPTAや商工会や、今話題の青年会議所などを通じて、かなり直接的に支配されているのである。もっとも、もはや政治に興味有りません、投票にも行きません、という人も4割ぐらいいるのである。

 私個人としては、別に言論弾圧されているわけでもないし、経済的になんとか生きて行けるのだから、現時点でアベ政権そのものを、なんとしても葬ろうという動機が即物的に沸いてこない。

 ただ、アベノミクソ金融緩和によってもたらされる金融破局大津波が予見できる、ということと、国体が戦争体制に入りつつあり、今、アベ政権を倒さなければ、私自身が経済的にも社会的にも追い込まれることが必定であり、将棋で言えば、必至形になってしまっているのである。
 このまま何かしないと、財産も生命も失う可能性が高まっているということだ。

 知らぬが仏で、多くの人には危機感がない。目先の事しか考えないどころか、「強いアベ政権を支えている俺様は偉くて強い」と錯覚している超短略的単細胞思考の人が若い世代に多い。
 豚が豚屋に媚びを売る、とは言い得て妙であり、まさに自分たちが屠殺場に送られる運命にあるのに、豚屋を褒めそやしているのである。

 大体、被曝の影響をまさに最大化せしめんとする政策を遂行するアベ政権を信任している事態で、間接的な自殺行為である。まさにサイレント・ジェノサイドが遂行されているのに、その体制を是認していること自体が、人類史上に残る珍妙な状況なのである。

 今回の朝日新聞の決断には賛意を送るし、総人民は購読新聞を朝日新聞に乗り換えて支援するようにお願い申し上げる。

 麻生大臣は「捜査中」であることを盾にとって、有印公文書偽造について真相を明らかにせず、取り繕った言い訳で逃げようとしている。捜査権を上回る国会の国勢調査権の発動には国会決議が必要なのであるが、これを実施するのは議席数から考えて難しい。

 結局、世論の胎動を得ずしてアベ政権を葬り去るのは難しいと、私は考えている。仮にここでアベ政権を倒せなければ、第二次朝鮮戦争へ突入する可能性がかなり高くなる。戦争が勃発すれば、ペリー元国防長官によると「日本でも第二次世界大戦に匹敵する損害が発生する」とのことである。
 破滅的厄災を払うには、アベ政権を倒すしかない。かかる大損害を回避できるのであれば、すべての行為は許容される。総人民の蜂起なくして、平和の存続はあり得ない。



働き方改革、憲法改正、森友文書書き換えの疑い 永田町フ?ゥン録 平野貞夫×鈴木哲夫×早野透


田岡俊次×尾形聡彦のディープ・バックグラウンド・平昌後の北朝鮮情勢/米国の新核戦略/平和ボケ日本としたたか韓国








































ドリンキングバード 水飲み鳥 平和鳥
SCIENCE MARVEL
コメント

ヘルマン・ゲーリングの至言「「国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には、何もする必要がない。」

2018-02-13 15:34:43 | 平和
三浦瑠麗がヘイトクライム励起発言をやらかしたら、三浦瑠麗は櫻井よしこ路線に行くかとおもったら、青山繁晴になってしまいました、なんてコメントが出てきた。
 更には「三浦瑠麗のネタ元は青山繁晴では?」という指摘が多数出てきている。・・・と、同じ週末に青山繁晴が三浦瑠麗と同じような発言をしていることが分かった。あの「安倍マTV」と言われるAbemaTV上の発言である。

 青山繁晴が議員になる前、大阪のテレビ番組とかラジオでほぼ同じことを言っていたようだが、青山繁晴は「落合信彦枠」であり、頭の弱いネトウヨぐらいしか最初から本気で信じている人などいないだろう、ということで、またあの青山が~という事で軽くスルーされてきた。
 青山は共同通信を取材費の使い込みで退社に追い込まれ、ダマスコミやネットなどでホラを吹きまくっていたら、アベが青山に自ら電話で出馬を要請し、あっという間に参議院議員というのだから、本当にこのアホン列島は安倍コベ異世界なんだわと感心した。

 三浦瑠麗と青山繁晴が同じ時期に同じ趣旨の発言をしたのは偶然ではないだろう。幾つか理由が挙げられるが、最たる理由としてはアベ政権が縁故政治で国会で追求を受けている点にある。
 厳しい批判を交わすために、敢えて排外主義を煽動しているのだ。
 ナチスのゲーリングは「国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には、何もする必要がない。この方法はどんな国でも有効だ」と述べた。
 この手法を用いて、アベ自身の疑獄事件への追求をかわしている。改憲で人民から人権を剥奪し、戦時体制へ引きずりこもうとしているアベ一凶体制を打倒して、人民は自らの手で明るい未来を勝ち得る必要がある。













ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-ray
TCエンタテインメント


ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)
筑摩書房
コメント (1)

世界平和を唱えると唖然とされてしまう日本社会。

2018-02-12 07:13:40 | 平和

女優の綾瀬はるかさんが、舞台挨拶で実現してほしい夢として「五輪開催中ですし、実現させたい夢は世界平和です!みなさんが、いつも笑顔で健やかに過ごせる、そんな世の中がいいです。」と述べた。
日刊スポーツは「会場は和やかな笑いに包まれた。」と報じた。(1)
ところが、毎日新聞は「突拍子もない夢に周囲はあ然としていた。」と報じたのだ。(2)

 大手ダマスコミは買収されているので、作為的に戦争誘導を行っている。著名で影響力のある女優が平和を唱えることを危険視し、発言の抑制を狙っている。
 もし、新聞を購読するのならアベが目の敵にしている朝日新聞にしたほうが良いだろう。

↓言及例



 一方では三浦瑠麗が在阪コリアンをスパイ呼ばわり発言を行い物議を醸している。三浦瑠麗はアベ政権の提灯持ちとして振る舞っている。排外思想をまきちらすのも「任務」の内なのだろう。
 こうやって、巷の情報空間は敵意に満ちたものになり、平和と言えば叩かれる。人民がお金を払うことによって、日本社会はより一層戦争突入へ近づいていく。
 更に警戒すべきは、このアベ政権は「実は戦争するつもりではなく、国内の不満を逸らすために『日本版瀬戸際外交(及び内政)』を行っている、という見解がある。
 増税で内需を低迷させ、人民を困窮させて時間的・経済的・思考的な余力を奪い、アベ強権政治に対する反動を抑えている。
 アベ政権の期間が伸びるにつれ、人民のネトウヨゾンビ化が進み、貧困化も激しくなっていく。アベ政権自体が実戦の準備をしていなくても、世論の激高から戦争へ突入していく、という事が起きかねない。その時こそが最悪の結末を迎える事になる。

 我々が取れる手立ては、積極的にアベ政権と対峙してあらゆる手段を講ずることである。発生が危惧されている第二次朝鮮戦争では日本本土も戦場となる。試算では第二次世界大戦を超える被害が想定されている。アベ政権を打倒することで、戦争による膨大な被害を回避できるのであれば、人類社会総体の損得勘定から、アベ政権打倒に費やされるすべての行為は是認され肯定され称揚されるのである。

(1)綾瀬はるか、実現してほしい夢は「世界平和です」[2018年2月11日7時43分 ]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802110000113.html

(2)綾瀬はるか、夢は「世界平和」 壮大過ぎる願いに周囲があ然
https://mainichi.jp/articles/20180210/orc/00m/200/022000c










Imagine (2010 - Remaster)
EMI UK Beatles
コメント