わんわんらっぱー

DIYやオーディオから社会問題までいろいろ書きます。

チベットは政教一致の封建農奴制下にあった。

2018-11-16 19:32:02 | 宗教
 昔、「セブン・イヤーズ・イン・チベット」という映画を劇場で見た。
チベットの美しい自然が大画面で堪能できる映画であったが、素人目にもハリウッドの宣撫工作映画なのだというのが分かった。
チベットを良く描き、進駐してきた中国共産党幹部を悪く描いている。
だが、どんなにチベットを良く描いても、人民の生活レベルは低く、とても良い政治とは思えない。あまりリアルに描いたために中世まるだしのチベット社会に、とても思い入れを持てなかった。中共幹部の言うところの「宗教はアヘンだ!」の言葉が、むしろ説得力を持ってしまっていた。

 ブラッド・ピット演じる、主人公ハインリッヒ・ハラーは元ナチ新鋭隊だった。
『「シュテルン」が暴露したのは、ベルリンの連邦資料館で発見されたハラーの原資料。80ページにわたるこの資料によると、1912年7月6日に生まれたハラーは1938年5月4日にナチ党に入党し、党員番号「6307081」を持っていた。ナチ親衛隊のメンバーでもあり、所属部隊は「38部隊」、隊員番号は「73896」。資料にはハラーの手書きの履歴書もあり、ハラーが1938年4月1日に親衛隊での活動を始めたことが記されている。それ以前の1933年10月からもオーストリアで当時非合法だった突撃隊の活動に尽力していたという。この履歴書には、襟にナチスのシンボルをつけたハラーの証明写真も貼られている。』
http://j.people.com.cn/94709/6562097.html


ダライ・ラマが発した公文書が残っている

○旧チベットにおけるダライ・ラマの猟奇的仏事の命令書
ダライ・ラマが支配するチベットではとても人間の行いとは思えない残虐で猟奇的な仏事が行われていた。これは、ダライ・ラマ誕生日の祝賀仏事に使う人間の腸、頭、血、皮を徴収する命令書である。
「ダライ・ラマの誕生日祝賀のため、下密院全体成員は「忿怒十五施回遮法」を唱えねばならず、この仏事のために、湿った状態の腸一本、頭蓋骨二個、各種の血液(浄血と汚血とがあるらしい)、人間の皮丸々一枚が必要であり、至急送ってくるように。 」
http://xizang.is-mine.net/buddhistservice.html


 河口慧海『チベット旅行記』というのが凄まじい。これでは、中世以前である。

○河口慧海『チベット旅行記』の「第九十回 不潔の都」
「けれどもかえってラサ府の市街の道の悪い事といったら仕方がない。高低の多い所で町の真ん中に深い溝が掘ってある。

溝は大小便の溜池 その溝にはラサ婦人のすべてと旅行人のすべてが大小便を垂れ流すという始末で、その縁には人糞(じんぷん)が行列をして居る。その臭い事といったら堪らんです。まあ冬は臭いもそんなに酷(ひど)くはございませんけれども、夏になると実にその臭いが酷い。それで雨でも降ると道のどろどろの上へ人糞が融けて流れるという始末ですから、その臭さ加減とその泥の汚い事は見るから嘔吐(おうと)を催すような有様。一体ラサというのは神の国という意味で、いわゆる仏、菩薩すなわち外護(げご)の神様の住処(すみか)で非常に清浄な土地であるというところから神の国という意味の名をつけられたのである。けれどもその不潔なところを見ると、確かにパンデン・アチーシャがいわれたごとく糞喰(くそくら)い餓鬼の都としか思えない。実に不潔なものです。

私はシナの不潔をしばしば耳にしましたけれど、恐らく糞の中、糞の田圃(たんぼ)を堂々たる都の道路として歩くようなそれほど不潔な所はあるまいだろうと思います。もちろんラサ府には糞食い犬が沢山居りますけれども、なかなかその犬だけでは喰い切れない。犬も糞の新しいのは悦んで喰いますけれども古いのは喰わない。だから古い奴が沢山残って行く勘定になるのです。 」
http://xizang.is-mine.net/kawaguchiekai.html#8

河口慧海『チベット旅行記』の「第八十六回 驚くべき葬儀」
「食人肉人種の子孫 さてその死骸を被(おお)うて行ったところの片布(きれ)その他の物は御坊(おんぼう)が貰います。その御坊(おんぼう)は俗人であってその仕事を僧侶が手伝うのです。骨を砕くといったところがなかなか暇が掛るものですから、やはりその間には麦焦(むぎこが)しの粉も食わなければならん。またチベット人は茶を飲みづめに飲んで居る種族ですからお茶を沢山持って行くです。ところが先生らの手には死骸の肉や骨砕(ほねくず)や脳味噌などが沢山ついて居るけれども、一向平気なもので「さあお茶を喫(あが)れ、麦焦(むぎこが)しを喫(あが)れ」という時分には、その御坊(おんぼう)なり手伝いたる僧侶なりが手を洗いもせず、ただバチバチと手を拍って払ったきりで茶を喫(の)むです。その脳味噌や肉の端切のついて居る汚い手でじきに麦焦しの粉を引っ掴んで、自分の椀の中に入れてその手で捏(こ)ねるです。

だから自分の手について居る死骸の肉や脳味噌が麦焦しの粉と一緒になってしまうけれども平気で食って居る。どうも驚かざるを得ないです。あまり遣り方が残酷でもあり不潔ですから「そんな不潔な事をせずに手を一度(いっぺん)洗ったらどうか」と私がいいましたら「そんな気の弱いことで坊主の役目が勤まるものか」とこういう挨拶。で「実はこれがうまいのだ。汚いなんて嫌わずにこうして食って遣れば仏も大いに悦ぶのだ」といってちっとも意に介しない。いかにもチベットという国は昔は羅苦叉鬼(ラクシャキ)の住家で人の肉を喰った国人であって、今の人民もその子孫であるということですが、成程羅苦叉鬼の子孫たるに愧(は)じないところの人類であると思って実に驚いたです。」


CIAがダライ・ラマ側に武器や資金の提供や軍事教練を施していたのは知っていたが、ダライ・ラマを国外へ逃亡させて悲劇のヒーロー仕立てにしたのもCIAだったそうだ。

CIA とチベット:関係者の証言


以下ポストセブンの記事を転載。
○CIA ダライ・ラマ側に対中闘争の資金と武器の援助していた

 中国人民解放軍が1949年にチベットに侵攻し、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世を事実上の軟禁状態にし、監視下においていた際、米中央情報局(CIA)がチベット支援のため、ダライ・ラマ側に年間18万ドル(当時のレートで約6480万円)と軽火器を提供するとともに、チベット兵に軍事訓練などの支援を行なっていたことが分かった。米ニューヨークを拠点とする中国専門情報Webサイト「多維新聞網」が報じた。

 米政府が1959年3月のダライ・ラマのインド亡命後、資金援助などを行なっていたことは知られているが、それ以前にもCIAが資金とともに軽火器などを提供していたとの事実が明らかになるのは初めてだ。

 それによると、ダライ・ラマの密使が1951年、ニューデリーの米国大使館とカルカッタ(現在のコルカタ)の米国領事館を訪れ、当時独立国だったチベットが中国共産党に対抗するために、ダライ・ラマへの支援提供や武器の援助を要請した。

 これに対して、東西冷戦下で、共産主義のアジア各地への波及を恐れていた米政府はダライ・ラマへの資金援助などを了承するとともに、機関銃などの軽火器を提供することを決めた。さらに、チベット国内のほか、米国の米軍基地でチベット兵に軍事訓練を行なうことも約束した。

 これらの交渉はダライ・ラマの2番目の兄、ギャロ・トンドゥプ氏が担当していたが、ダライ・ラマにとって交渉結果は事後承諾の形で報告されており、いまでも平和主義者で、非暴力主義で知られるダライ・ラマが当時、軍事闘争路線を承認したというわけではなさそうだ。

 CIAがチベット軍を援助し、中国人民解放軍相手のゲリラ戦を支援する作戦は「セイント・サーカス(St. Circus)」とのコードネームで呼ばれ、チベット内の2か所の基地で3000人のチベット兵を武装させて軍事訓練を実施し、活動資金も提供したという。

 1959年にダライ・ラマがインド亡命した後も、軍事的支援は続けられ、訓練は中国国境に近いネパール北西部の拠点を中心に行われた。また、CIAはゲリラ戦を行なうチベット人兵士259人を米コロラド州の基地に連れて行って軍事訓練を実施したという。訓練のプログラムは殺人、射撃、誘拐、爆撃、爆弾製造などで、訓練を受けたチベット兵は神出鬼没に中国領内に現れ、人民解放軍部隊を相手にかなりのダメージを与えたとされる。

 ところが、これらの資金提供や軍事援助は1969年に突然中止となる。当時のニクソン政権の大統領補佐官だったヘンリー・キッシンジャー氏が対中関係改善を模索していた時期と符合しており、ニクソン大統領の決断だったとみられる。
NEWSポストセブン2012.7.15
http://www.news-postseven.com/archives/20120715_129207.html


(1/2) Free Tibet -- True History of Tibetan People and CIA

The CIA's Secret Expedition to Lhasa (2002)








コメント

ユダヤ教とは?

2018-11-09 12:37:40 | 宗教
◯ユダヤ教の成立への過程
前2166年、アブラハムはシュメールの首都、ウルで生まれる。
メソポタミア南部から北方のハランに移住する。そして、アブラハムはハランの高原で神と出会い、天から啓示を受けて、約束の地カナン(イスラエル)のヘブロンに移住する。(これは神話だと推測されている)

 いつしか、エジプトでイスラエル人は奴隷として扱われ、ピラミッド建設において酷使されていた。
 前1280年頃、モーセがヘブル人をエジプトから脱出させた。この時の事をまとめたのが「出エジプト記」。40年かかって、約束の地カナンに到着するが、徒歩で8日の距離である。モーセはだいぶ方向音痴のようである。
 前1200年頃モーセが、シナイ山で神ヤハウェと契約を結ぶび、「十戒」を制定する。
イスラエル王国を建国する。

◯ダビデ王のイスラエル黄金期
前1050年ころ、サウル王の統治が成立、子供のダビデ王の代に黄金期を迎える。エルサレム神殿が構築され、タルシュ船を使って世界中の国々と交易する。

◯イスラエル王国滅亡
前931年イスラエル王国とユダ王国に分裂し、南北に分列する。
前722年、イスラエル王国がアッシリアに滅ぼされた。
ヘブライ人の国家はイェルサレムを都としたユダ王国のみとなった。

◯バビロン捕囚(前586?前538)
 紀元前587年、ユダ王国が新バビロニアに滅ぼされ、バビロンに捕囚される。前586年に第2回バビロン捕囚が起きた。バビロン捕囚中の約50年間は、政治・宗教のエリート層の全員が捕囚され異郷の地バビロニアで生活を強いられ、王国もなく、神殿もない状況に置かれた。この中で今までのイスラエル民族の歩みを根本から捉え直され、民族神・神ヤハウェに対する深刻な葛藤・省察の後に、国はなくてもユダヤ教団として生きる道を選び、大胆な宗教変更・改革が行われた。



ユダヤ人の知識層はバビロン捕囚でシュメールが残した神話に触れる。「ノアの箱舟」や「エデンの園」の元ネタはシュメール。

前537年、キュロス2世がアケメネス朝を建国。バビロン捕囚されてたユダヤ人を解放した。

 旧約聖書の天地創造物語はバビロン捕囚解放後に著述、編纂された。これが「神ヤハウェが、この世界を創造した神であり、唯一神である」と理解し直された。
 神ヤハウェの再理解が行われ、神ヤハウェはユダヤ民族の神であるだけでなくこの世界を創造した神であり唯一神である、と理解されるようになった。

 前167年、ギリシア風のゼウス信仰を強要されたユダヤが反発して、ユダス=マカバイオスらが反乱を起こした。これにより、ユダヤ教は一神教へ更に傾倒することになる。


◯旧約聖書と問題点
 私見だが、旧約聖書はシュメール文化から強い影響を受けている。シュメール人だとしているアブラハムは神話の人物だと思われる。苛烈な抑圧の歴史を踏まえて、ユダヤ人は民族としての絆を経典(清書)に集約した。
 原理主義のユダヤ教から「許し」を与えるキリスト教へと「宗教改革」が行われ、後には一定の納税を行えば他宗教を認めるイスラム教が発生した、これも「宗教改革」とみなせようか。
 問題はユダヤ教に基づく教義は善悪二元論であり、一神教は基本的に他の神を認めない。多神教のシュメールやギリシャ、仏教とは、根本的な相違がある。
 後にキリスト教はギリシャ哲学を排外し、文明の停滞を生む。また、この旧約聖書を源流とする宗教勢力同士が今でも「メソポタミアの地」で争っているのは、宗教的な対立を米諜報機関が扇動しているからである。

 トランプ政権がイラン、リビア、ソマリア、シリア、イエメンの5カ国から米国へ入国禁止にしているが、これはCIA協力者を排除するためである。

◯カシュルート(食べ物のルール)ユダヤ教の食物の清浄規定
食べたらダメなもの
・蹄(ひずめ)が分かれてい無い動物。(ウサギ・ラクダなど)
・反芻(口で噛む→胃で消化→再び口で噛む)をしない動物。(ブタなど)
・ヒレやウロコがない水中生物。(エビ・貝・たこ・いかなど)
・ほとんどの昆虫
・「野外で獣に裂き殺された動物の肉」「自然に死んだ動物の肉」
・肉類と乳製品を一緒に食することが禁止


【ゆっくり解説】3分でわかるユダヤ教

ユダヤ人に取ってイエスとは?





コメント