ブラック サーフのめざせ爆釣!

黒のマイカーで外房のアジ釣りを楽しんでます。

釧路川調査

2010年04月27日 12時10分36秒 | 釣り
今週は突然の釧路出張。
月曜日朝一番に仕事を済ませ、客先からお昼でもとの誘いを断り釧路湿原に直行!
さすが北海道、すぐに鹿がやって来た。
これがあちこちにいるからまたビックリ!


さらにキタキツネまでも



やって来ました釧路川。




地元の方に色々とお話を聞くとここでイトウも上がるそうだ!!!
前日にはいい型のアメマスを釣ったとか。
さらにサクラマスも良く釣れるみたいじゃ。
シーズンになればサケも掛るらしい。
ここで釣りをしてたら、もう外房で釣りが出来なくなりそうじゃ。


見ている前で釣り上げたのはウグイ。
ウグイは入れ食いで、こいつを狙ってイトウが来るらしい。


さらに奥に行くとぶっ込み釣りをしとる?
泥鰌でイトウを狙っとる!!!
北海道は規模が違うのぅ。


こんなイトウが釣れるんじゃろうなぁ!!!


最後に、ホテルで、熊には会えても丹頂ツルには会えないと言われてたんじゃが…
何と鶴君に会うことができた
今回は突然だったため釣り具を持参出来んかったが、
秋の出張の時には、サケを釣ってやるぅぅぅぅ!!!


コメント (6)

本年初の貝堀

2010年04月19日 06時37分07秒 | その他
せっかくの日曜日に釣りにも行けず、このままだと昼から飲んだくれてしまいそう。
天気も良さそうなので、潮はもう一つじゃが貝堀に出撃じゃ。

有料の堀場はそこそこの人が来とる。


しかし、金のないわしは無料の堀場に。
何とかなりそうな潮位じゃ。

今日はなんと海上保安庁の職員が海と陸からジョレンの取り締まりをしとる。
ジョレンを買おうかと思ったが買わんでよかった!!!



一年ぶりの堀堀で、メチャクチャ腰が痛くなった。
今週末は釣りに行きたいのぉ。
コメント (7)

神秘の氷 番外編

2010年04月18日 07時58分58秒 | 料理
先日、大学の後輩が調査船の遠洋航海から帰って来た。
そのお土産にもらったのが、南アフリカのワインと南極の氷。
これがただの氷と思っていたのじゃが…

南極の氷は雪から変化し積もるにつれ圧力を受け、固く積み重なり氷となるそうじゃ。
その年月は何万年もかかる!!!
このとき雪の中の空気は気泡となって氷中に閉じ込められ、
当時の大気が保存されているので“大気のタイムカプセル”と呼ばれるそうじゃ!

この氷で焼酎のロックを作ると“パチパチ”と泡の弾ける音が出てくる!?
「南極の氷」の神秘じゃ!
何万年前の太古の呟きが次から次へとパチパチパチパチ…
これに自分で釣った旨い魚があれば最高なんじゃがなぁ!
今日はこの神秘の氷で3Mを飲みまくってやるぅ!


それにしても釣りに行きたいなぁぁぁ!
しょうがない!近所に貝堀にでも行くかのぅ
コメント (6)

4/2. 3 外房某堤釣行記

2010年04月04日 11時42分49秒 | 釣り
金曜日に夢のような出張が実現した!
客先に車で銚子、旭、夷隅と周るコースじゃ。
そのまま帰宅せずにHGに直行すればと思っていたんじゃが…
何と20m前後の南西風が吹き荒れ、とても釣りが出来る状況じゃない↓
世の中、そんなに上手くいかんもんじゃのぅ!


泣く泣く帰還して翌日に再出発じゃ。

今回は久々のお茶会!渡り鳥Gにレイコママ、こばちゃん、ミキティ、
そして南房で撃沈されてきたizuっちが参加。
渡り鳥Gが釣って来た稚アユの天ぷらをメインに乾杯
Gが釣った稚アユは最高に美味かった!!!


pm4時、いつもの堤防でミキティが内側でサビキを開始。
すぐにジンタがやって来た。
今日は内側で入れ食いとなるかと思ったが後が続かん…


堤防上はizuっち、渡り鳥G、金ちゃんがマヅメを待って臨戦態勢。
夕方の5時のチャイムとともにわしも戦闘開始じゃ。
ジンタはポツポツ釣れるがRGサイズがなかなか来ん!?
開始から30分、本日初めて“プルッ”っといい当たりが来た♪
多少、痩せてはいるが20cmのRGサイズじゃ↓


ここから入れ食いなったが、食いが浅いのか途中でバレテしまう。
この入れ食いも1時間程で終わってしまい7時を過ぎると激渋状態に!
いつもは堤防上を暴れ回る渡り鳥Gも今日はやけに大人しい!!!
(哀愁の漂う渡り鳥G)↓


8時過ぎにはizuっち、渡り鳥Gと次々に撤収していく。
再度の入れ食いを期待していたが、こいつ↓が入れ食いになってしまいわしも撤収じゃ。


どうも最近はいい釣りが出来ん。
次回は尺アジを求めて南下しようかのぅ。


今回の釣果 アジ  15cm~22cm 20尾

1  0  3  6  8  2  2  3  0
コメント (11)

関東釣行記

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村