ブラック サーフのめざせ爆釣!

黒のマイカーで外房のアジ釣りを楽しんでます。

続外房放浪釣行記6/23

2007年06月26日 09時58分03秒 | 釣り

一晩釣りをしてわずかに5尾のみじゃ!
なんたる貧果!最低目標の20尾にはまだまだ遠い。
昨晩は渡り鳥Gが15尾の釣果だった。
よし、わしもあと15尾目指して夕マヅメに挑戦じゃ!
居酒屋レイコ閉店後、良竿さんはS堤に。
わしは、ター坊さん、izuさん、つくものてつさんとH堤に移動。
H堤では、顔見知りの常連さんが4時頃にアジを何尾か釣り上げていた。
izuさんと共に早速開始するが、アタリがない。
ここで、疲れがピークに達してしばし休憩Zzzzzzz!

6時に釣場に戻ると周りでポツポツ上がっているみたいじゃ。
15分程して最初の1尾が来た。
ここから日没の7時半過ぎまではマアマアのペースで来ていたのだが…
またまた8時半頃よりまったくアタリがなくなってしもうた。
先端のトーフにいたター坊さんがあまりの渋さに戻って来た。
釣果は1尾とのことで、元気なくしょんぼりしてKUに移動して行った。
内側で釣っていたつくものてつさんも、大きなショウサイ君のみで撤退して行った。
ここでまでH堤で7尾、納竿しようかとも考えたんじゃが……
そうじゃ、コマセが1ブロック余ってる。ここで必殺技を使おう!!!!
余っていた古いコマセをもったいないが、ゴミ袋に捨ててしまう。
そして、バケツに新しいコマセをいれて「魔法の水」を数滴かける。
ひたすらかき回すと青白くコマセが発光し始めた。
これに○○○パワーを混ぜてさらにかき混ぜる。
よしよし!これをカゴに目一杯詰めて投入しウキが馴染んだところでガンガンに煽る。
そしてさっと上げてしまい、これを何度か繰り返して撒きえとする。
それから付け餌をつけて軽く誘いアタリを待つと…
「ブルッ」っと小さいがいいアタリが来た。
軽く合わせて上がってきたのは24cmのいいアジじゃ。
何尾か続けて釣り上げると、たまらず隣のizuさんが付け餌の確認に来た。
ムフフフフフ…青白く発光するコマセをizuさんに見せると、izuさんもなぜかハリスにルミカを付け始めた。
ここから渋い中、なんとか数を伸ばし10時半に15尾達成したため納竿とした。

後で分かったのじゃが、S堤に行った良竿さんはいい釣りしたらしい。
今の時期、釣場選択で天国と地獄が待っている。
う~ん!週末はどこにいこうかのぅ!
 

今回の釣果 アジ20尾 15cm~25cm  ショゴ1尾 20cm 
本年     アジ 総釣上数 755尾 (10cm以上のみ)
 

コメント (14)

外房放浪釣行記6/23

2007年06月24日 18時24分19秒 | 釣り

天気予報では南西の風が強くうねりも高く大荒れの予報!
土曜日の朝に出発しようかと考えていると、仲間はみな夜に出撃するという。

まあ、とりあえず行ってみるかということで、KU港にpm23時に到着。

風は止んでいるが、雨はまだ降っている。
港内では、つくものてつさんとター坊さん
がノベ竿トリックで豆アジを釣っておる。
とりあえず隣で竿をだす。
豆アジがたまに掛かる程度でレギュラーサイズは2尾のみじゃ。
その後、朝マヅメはどこに行こうかのぅと迷う。
渡り鳥GがいるH堤にしようか、それとも先週爆釣したKT秘密基地か…
しかし、KT秘密基地は出勤前釣行したmobaraさんから撃沈されたとの報告が来ていた。
迷いに迷った結果、やる気満々のター坊さん、izuさんとともにKTへ移動。
しかし、これが……

2時半よりKTにて開始。
ひたすら投入を繰り返すがアタリがない。
夜が明け、先週のような爆釣を期待したのじゃが…
半ば諦めかけた5時過ぎにやっとアタリがきた。
慎重に取り込むと22cmのアジ。
ただ、その後続かず、6時までに2尾追加しただけで終わってしもうた。
やる気満々だったター坊さんとizuさんはまさかのボーズ…
う~ん、いったい何が先週と違うというのか!?

6時に納竿とし、再度KU港へ寄ったところ、KAZZさん夫妻を発見!
サバを避け、アジだけを狙ってコツコツと豆アジを釣り上げている。
うまいもんじゃ!
「ちょっとやってみますか」ター坊さんの一言で、また並んで竿を出した。
しかし、豆アジよりもサバのほうが多く、思うように豆アジが釣れない。
しかしそんな時、メジナの群れに混じってショゴが釣れた。
今年は、港内で生餌でショゴが楽しめそうじゃ!
隣のizuさんはいい型のサバや豆メバルやカタクチなど
一人で五目釣りを楽しんで(?)いる。
そうこうしていると、電話が来た。
「おーい、居酒屋レイコを開店するぞぉ~早く来ぉい!」
昨晩、H堤で寂しく一人だった渡り鳥Gからの督促電話だ。
片付けて、いつもの公園に向かう。

8時半頃から、久しぶりの居酒屋レイコが開店♪
お客は渡り鳥G、ター坊さん、izuさん、つくものてつさん、こばちゃん。
ただ一人、ツ抜けした渡り鳥Gは「勝ったゾー」と上機嫌(笑)
途中で良竿さんも加わり、賑やかに時間は過ぎた。
レイコママ、美味しい料理をありがとうございました♪

ここまでレギュラーサイズが5尾のみじゃ!
このままでは帰れんぞ!
H堤に行って
リベンジじゃ!

続く

コメント (18)   トラックバック (1)

続外房KT○秘ポイント6/15.16釣行記

2007年06月20日 20時31分29秒 | 釣り

KTにて満足の朝マヅメを終え、KU港に立ち寄るとmobaraさんが豆アジを釣っていた。
豆アジは渋いみたいだが、すでにTN堤防でショゴやアジを上げていた。
フムフム!来月あたりからショゴが楽しめそうじゃのぅ!

その後、H堤に移動すると渡り鳥Gが、メジナをいいペースで釣っている。
このオヤジ、マヅメ後のシマアジやカワハギ釣りが本当に上手い!
これだけはとても敵わん!
昨年はずい分肝パンのカワハギを貰ったものじゃ!
今年もよろしくお願いします。

渡り鳥Gとともに公園に移動し、こばちゃんを強制的に呼んでいつものようにプチオフ会!
なんと釣り名人のこばちゃんが、熟成したアオリイカの刺身を持って来てくれた!
これがメチャクチャ旨い!渡り鳥Gが思わず純米大吟醸を買いに走って行ってしまったほどじゃ!
こばちゃん、どうもごちそうさまでした。

公園で休憩して夕方、さて帰ろうかと思ったのじゃが……
まだコマセが少し残っとるゾ!!!よし、10尾だけ釣って帰ろうっと!
何も考えずに再度、KTに向かってしもうた。しかし……
釣場に着いてビックリ!
人人人人……もうこれでは○秘ポイントでもなんでもないわ!

たまたま自分の指定席が空いていたためpm6時より釣行開始。
昨日の入れ食いが頭にあったため、すぐに掛かるかと思ったのじゃが!
周りもぜんぜん釣れとらん。どうしたんだろうか?
タナを深めにして忍者仕掛けで30分程ひたすら誘うと、来たー!
ここから、ポツポツではあるがいい型のアジが続いて上がるようになった。
しかし、釣れ始めたのはアジだけではなかった。
左右のウキが、ワシの前にガンガン飛んでくる!
おまけに左右でオマツリしちょる!困ったもんじゃ!
この場所でオマツリしたらアウトじゃ!
何とか空きを見ては投げ込み、10尾を釣り上げた。
どうも、このまま続けていても渋くなりそうなので終了とした。
ウ~ン!今週末はどこに行こうかのぉ!

久々に大満足の釣行だった♪

今回の釣果 アジ66尾 16cm~26cm   
本年     アジ 総釣上数 735尾 (10cm以上のみ)
 

コメント (17)

外房KT○秘ポイント6/15.16釣行記

2007年06月17日 12時58分38秒 | 釣り

今回は、客先の社長が「何でもいいから魚を釣りたい!」ということで
KU港で豆アジ、小サバを山のように釣ってもらう予定で早く出発したが…
突然、ドタキャンされてしもうた。
そこで先発のター坊さんに連絡をとり、前回好漁だったKTに向かう。

KT到着はpm6時、すでにター坊さんはスタンバイしとる。
早速、梯子をのぼり山越えしてポイントに。
並んで準備をしていると、何とター坊さんも仕掛けが忍者になっとる!
またまた“忍者”が増えた(笑)

1投、2投、3投目、横を向いていたら手元に「ブルッ」…!?
来たー!20cmのアジじゃ!
ここから短時間だがいきなり爆釣が始まった!ドリャー!!!
仕掛けを投入し煽って誘う。するとすぐにアタリがある♪
アジも20cm以上で型もいい。

隣のター坊さんも全開モードじゃ!
ただ、足場が悪いためター坊さんは25cm前後の型のいいアジを何回も落としてる。
投入して誘えば必ず掛かる!メチャクチャ楽しいゾ♪
ダブルで掛かることもある。
忍者仕掛けは最初のアタリで合わせてしまうため、ダブルはめったにないのだが。
もう、こうなると技もテクニックも関係ない。
いかに手返しよく釣るかが勝負じゃ。
手に付いたコマセを洗う暇もない。
暑い中、汗まみれコマセまみれになりながらひたすら釣続ける。
日が沈んだ7時半にパタッとあたりがなくなった。。
1時間で31尾、ウ~ン!やったのう!満足満足♪

全身汗まみれになり、また思いっきり喉が渇いた!
このまま続けても釣れそうもないのでKU港に移動してビールタイムじゃ!
KUスペシャルの7.2mのノベ竿トリックを仕掛ける。
入れれば必ず豆アジが釣れる。
でも何か物足りない!さっきまでの爆釣が…
9時過ぎにター坊さんが帰還。
今日は久々に渡り鳥GがH堤に出撃予定なのだがどうしようか。
ここのところH堤はダメとのことだし。
とりあえずKTに戻りお休みタイムzzz

am3時に起床し朝マヅメに向けて再度挑戦じゃ!
3時半より釣行開始。
夕マヅメの様な爆釣はないがポツポツと飽きない程度に釣れる。
また、夕マヅメよりも型がいい!
抱卵していて丸々と太ったアジばかりじゃ。
4時半過ぎに日の出とともにアタリが一時止まり、隣にいた人がやって来た。
どうも全然釣れないらしい。
タナや付け餌など聞いてきた。
明るくなってから見ていると仕掛けを投入してそのまま投げっぱなしじゃ!
おまけに仕掛けを巻き上げるとカゴにコマセがほとんど残っている。
あれじゃ釣れんのぉと思っていると、本日最大のアタリが来た!
「ガツン」どごろじゃない。「ドッカン」と…
ものすごい引きじゃ。竿が立てられない。
ドラグを緩めなんとか持ちこたえる。
グニャーという引きなのだが明らかに生物反応がある。
釣れたアジにイカが乗ったのかななどと思っていると…
なんと足元まで寄って来たのは丸々と太った40cm強の赤目君だ♪
玉網は車じゃ!しょうがない。一気に抜き上げる。
上がったあ♪よっしゃ!これで今日は純米大吟醸じゃぁぁぁぁぁ!
と思っていると掴もうとした瞬間、針が折れて斜面をころがり海へ!アー!
高級食材が!海に落ちる瞬間、目が合い笑ってるような顔をしている!
クソー!やっぱり今日も大五○じゃ!トホホホ。
その後も6時まで釣れ続け25尾のアジを確保した。
夕マヅメと朝マヅメのみの釣行であったが56尾と久々に効率のいい釣りじゃった。
後半に続く

コメント (23)

6/8.9外房リレー釣行記

2007年06月10日 11時55分35秒 | 釣り

どうも最近はどこも渋いようじゃ!
8日の昼に週8日釣行のこばちゃんに電話をしてみると
「ダメだよ。夜10時を過ぎないと釣れないよ!」とのこと。

本当は会社から直行で釣場に向かう予定であったのだが、これじゃ早く行ってもダメじゃ!
今回もター坊さん、izuさんがH堤に出撃ことでとのでH堤に向かう。

H堤では、アジ釣師はター坊さんのみで地元の方は誰もいない。
釣れないんだろうなと思い、今回は内側にサビキを投げてビールタイム!
1時間で2尾が釣れたが、その後はアタリもない。
8時過ぎにizuさん、しろぼさんがやって来た。
皆で外側に投げるが釣れるのは海藻ばかり!
ター坊さんはあまりにも渋いため、KU港に移動してしもうた。
10時過ぎに続けて4尾釣れたが、後が続かない。
さらにどしゃぶりの雨が降ったりやんだりで、車と釣座を行ったりきたり…
後で聞いたら、なんとKU港は降らなかったみたいで、なんでここだけ降るんじゃ…とほほ
いつもだったら、ここで飲んだくれて釣行終了というところだが、今日は違った!!

H堤をあきらめ、KU港へ向かった。
KU港では、ター坊さんとすぎさんが小鯖と遊んでいた。
う~ん、小鯖じゃなぁ…
よっしゃ!今日は渡り鳥Gも欠席で一人なので、ちょっと危険だが
封印していたKTマル秘ポイントに行って見るか!
山越えで行くため、ビールも持たず装備を最軽量にして釣座に向かう。
後からター坊さんが偵察に来たが、急斜面と足場のあまりの悪さのため、諦めて早々に移動してしまった。
3時半より開始!1投目より「ガツン」とアタリがきて、ウキが消し込んだ。
やったぁぁぁ~20cm超のアジじゃ♪♪
その後、ポツポツとアタリが続き、1時間で6~7尾を確保した。
周りが明るくなり、逆光でウキがまるっきり見えん。
しかし、仕掛けは忍者じゃ!ウキは一切関係ない!
ウキを見ずに穂先に集中していると、アタリが続くようになった。
仕掛けの着水地点の海面を見ると、なんとアジが表層で乱舞しているのが見える。
タナを思いっきり浅く50cmにし、さらに○○○パワーの配合を調整して、
コマセを着水と同時に一気に拡散するようにした。
すると投入後、誘いをかけた瞬間にアタリが来るようになった。
ここから怒涛の大爆釣が始まった♪オリャー!!!!
久々のアジの入れ食いじゃ!これだから、釣りはやめられん。楽しいのぉ~♪
コマセのなくなるまでの1時間、全身コマセまみれになりながら釣り続けた(きたねぇ~)。
コマセがなくなると同時にアジの群れもどこかに行ってしまった。
今回は、本当に久々に楽しめたぞぉ~満足満足!

その後、KU港に移動し、小鯖と戯れているジョニーさん、つくものてつさん、KAZZさん達と懇談して帰宅した。

今回の釣果 アジ36尾 15cm~24cm   
本年     アジ 総釣上数 669尾 (10cm以上)

コメント (45)

貧果等街道まっしぐら6/2KD港釣行記

2007年06月03日 15時03分01秒 | 釣り

金曜日の午後、仕事中にメールが飛び交っている!
「これから出発します!」「今、大多喜通過中!」等等
おいおい、まだ世間一般では業務中だぞ!

こちらも定時に退社して、いつものH堤に向かう。

すでに駐車場は満杯。偵察に行くと、堤防上にkiーpaさん、izuさん、すぎさん、1号さん、izuさんの友人ジュンさんと、ここも満杯じゃ!
しばらく様子を見ていたが、相変わらずアジは渋いみたいじゃ。
さらにみんな頻繁にハリスを結んでいる。
何じゃ?……どうもフグの猛攻にあってるようじゃのぅ。
コリャたまらん!フグはお持ち帰りはするが決して自分では釣らん。
仕掛けの予備も少ないしな!
よし、それでは今日は久々にHGのKD港に行こう!

KD港に着いてテトラを偵察に行くと釣人が一人…
「どうですか」と声を掛けると、何とmobaraさんではないか!
すでにアジを何尾か上げている。
こちらも早速、23時より戦闘開始じゃ!
2投目に早くもアタリがあり22cmのアジをGETじゃ!
こりゃ、今日は爆釣かと思っていると……
その後はまったくアタリがなくなってしもうた。
タナをかえ、ポイントを換えるがアタリがない。
朝マズメにまた来ますよ!とのmobaraさんの言葉を信じ、ひたすら朝マズメを待つ!

夜が明けかかった4時前にmobaraさんにアタリが来た。
と同時にこちらにもアタリが…
ここからプチ入れ食いになったのじゃが、いかんせんテトラ仕様の準備をして来んかった。
水汲みバケツ中の釣り上げたアジはどんどん脱走していく。
バケツの上のタオルを濡らして掛けておいたのだが、それでも本日最大の25cm超のアジは逃げて行ってしもうた。
隣のmobaraさんは要領よく確実に20尾近いアジを釣り上げているのに。
完全に明るくなってからもmobaraさんはいい型のアジを釣っている。完敗じゃ!
結局、バケツの残ったアジは6尾のみ。トホホホホ…

その後、いつもの公園に移動して↑のH堤メンバーの他、良竿さん、こばちゃん、こま夫妻とともに海を見ながらまったり過ごす。

お茶会終了後、明日のアジ丼の食材確保のため夕マズメに軽く竿を出そうと思ったが、S堤は満杯状態。
H堤は激渋とのことだったので、今度はKD港の防波堤に移動。
ここは、過去にに90cm超の巨大ヒラメ、43cmのアジ等を釣ったHGなのだが、今は全然ダメみたいっじゃ。
いかんせん地元の釣人がおらん!
とりあえずアジを4~5尾確保して帰ろうと5時のチャイムとともに開始。
堤防上には6~7人の釣人がいるが誰も釣れない!
7時を過ぎて暗くなった頃に待望のアタリががあり、その後続けて4尾を確保。
しかし、8時を過ぎるとまたパッタリとアタリが止まってしまった。
激渋のせいで疲れがドッと出て、そろそろ撤収しようか迷っていると良竿さんから電話が…
「タコが釣れたけど取りに来ない?」
大急ぎで片付けて、良竿さんが待つKU港に向かう。
良竿さんが渡してくれた袋には、こぶし大の頭のタコが入っていた。
やったあー!本日最大の釣果♪頑張った甲斐があった~!!!

明日の昼食は久しぶりにアジ丼&タコ飯じゃ。
釣果が少なかったので、少々ミニのアジ丼になってしまうが…
ここ最近は本当に貧果続きじゃ!
さて、来週はどこに行こうかのぉ?

今回の釣果 アジ10尾 19cm~22cm   
本年     アジ 総釣上数 633尾 (10cm以上)

コメント (32)

関東釣行記

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村