団塊シニアのひとりごと

定年退職して8年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

「定年退職者の声」の記事を読んで

2018-06-30 06:03:08 | 定年後の生活

毎日やることがなく困っている、一番自由な今が一番しんどい、

家で居場所がない、暇になったのにあせる、このままの毎日が

続くと思うと、自分の人生は何だったのかと思うときがある、

ある雑誌に書かれていた定年退職者の声である。

 

さらに図書館、ショッピングセンター、スポーツジム、喫茶店

にいる定年退職者と思われる人を見てると誰もが「ひとりぼっ

ちでさみしそう」退職することによって生まれた時間をどのよ

うに過ごしてよいのかわからずに戸惑っている人が少なくない

という記事であった

 

定年退職者の喪失感、そして孤独感は確かにある、しかし街の

中にひとりでいる定年退職者がすべて淋しいというのは違うよ

うな気がする、人間群れてないと、はしゃぐわけではないので

みんなさみしそうに見えるのでは…、案外ひとりでいる時間を

楽しんでる人も多いのではと思うのは私だけだろうか?

 


女性の幸せの節目、つらい節目

2018-06-28 04:58:44 | 幸福

婦人公論の読者アンケートで「あなたの人生の転機は何歳?」と

うテーマで幸せな節目、つらい節目のトップ3が掲載されてい

た。

 

回答者96人の平均年齢が64歳、思い出すと気分が華やかでう

しい気分になる幸せな節目のトップ3は1位、子供の結婚、2

位、孫の誕生3位、自分の再婚、逆につらく不幸な気分にあるつ

らい節目のトップ3は1位、家族の死、2位、子供の死3位、自

分の病気を挙げている、いずれも家族に関連したことが上位にラ

ンクされている。

 

また同様のアンケートで「タイムマシーンで戻るとしたらいつが

い?」での回答では56歳女性は26歳に戻りたい(夫と出会

わなかったことにしたい)、また別の56歳女性は28歳に戻り

たい(結婚するまで姑がどれだけ恐ろしい存在かわからなかった、

姑のいない人と結婚して自分たち家族だけで暮らしたい)

 

そしてもう一つのアンケート「100歳まで生きられるとしたら

何がしたい?」では圧倒的にこの回答が多かった「100歳まで

生きたくない、ピンピンコロリで元気なうちに死にたい」

 

事例を交えて、なかなかユニークな回答が多く女性の本音が垣間

見える記事であった。


自分の人生に納得することこそ大切

2018-06-27 06:04:00 | 生き方

人生には思うようにいかなかったこと、つらかったこと、悲しか

ったこと、数えあげたらきりがない、しかし、そういうことは誰

にもあることだし、ある意味、人生とはそういうものかもしれな

い。

 

なぜか悪条件ばかり重なり突然窮地に陥ることがある、長い人生

平穏のうちに過ぎればそれにこしたことはないけれどそうはうま

く、いかないものだ。

 

ただ、つらかったこと、悲しかったこと、数々の失敗や無念の思

いがあったとしても、自分は自分なりに精一杯やってきたのだ、

まぎれもなく自分の人生なんだと納得することこそ大切だと思っ

ている


老後は自分軸の生き方をしたい

2018-06-26 06:17:03 | 老後の生き方

これまでものすごくいやだったものが、別にどうでもいいと思った

り、逆に以前は素晴らしいと思ってたのが結構、色あせてみえたり

と見方が変わる、齢を重ねると過去を見る自分の眼に変化が生まれ

るのかもしれない。

 

人というのは悪く思われるよりはよく思われたほうがいいのは明ら

か、往々にして必要以上によく思われたいと思う傾向がある、いい

人に思われたいというのは他人の評価を求める態度、他人からいい

人だと評価して欲しい、いわゆる他人軸の生き方である。

 

現役時代は私も他人軸の生き方だったかもしれない、しかし老後は

自分軸の生き方、自分の心の声を聞き自分がどうありたいかという

ことを基準にする生き方をしたいと思っている。


平均寿命は伸びているけれど

2018-06-25 06:11:39 | 健康

平均寿命は伸びている、男性80.98歳、女性87.14歳、人生

50年といわれた昭和22年当時より30年も延びている、平均寿

命が延びたのは医療のおかげである、ただあと何年生きるという保

証はない、平均寿命や平均余命はあくまでも平均、その人の寿命は

末期がんでもない限り誰にももちろん本人にもわからない。

 

実際死は常に思いがけないかたちで襲いかかってくる、いつどんな

形でやってくるかわかったものではない、病気の問屋と言われた人

が90歳になってもかくしゃくとしてたり、スポーツマンで何一つ

病気をしたことがない人が突然病いで倒れ60歳そこそこで亡くな

ったりする場合がある。

 

だから本当にわからないものだ、それでも平均寿命にこだわり長く

生きることが人間の幸せだと思っている人が多いことも確かである、

しかし人間は必ず死ぬ、生きている限り必ず死ぬ、本当の人生は人

は必ず死ぬという事実をしっかり受け止めて今を生きていくのが人

生なのかもしれない。