ベランダ オーキッド ナーセリー

ベランダや窓辺で 夫(潅水当番さん)が育てている蘭が 季節の移り変わりとともに花を咲かせます。

アケボノシュスラン

2018-10-19 13:49:32 | 山野草
Goodyera foliosa var. laevis

立ち上がったプレーリードッグみたいな小さなラン(^^)



アケボノシュスラン(曙繻子蘭)です。
花色が、明け方の曙の空のみたいな色で、
アケボノシュスランと呼ばれるようになった・・と、
山野草屋さんが教えてくれました。
素敵です。



同じ鉢の中に、白っぽい花も!



個体差があるようです。
曙色もきれいだけど、白もまたきれい~。



花の奥の 黄色く小さな舌、可愛いです。
花の質感はネジバナに似てます。



曙色、やっぱりきれい~!
小さな黄色い舌もカワイイな~



乾かないようにしっとりと。水切れしないように注意。
でも、水はけよく、水がよどまないようにするのがよいようです。
明るい日陰で、風通しよく。
環境が合えば、どんどん増えるそうです。
検索すると、
花が咲いた茎は枯れるので、早めに花摘みした方がよいみたい。
凍結に弱いとあります。
山野草屋さんに、もう一度聞いて、追記しておこうと思います。



←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。

コメント (2)

北限、宮古のセッコク

2018-10-18 11:27:10 | Den.=デンドロビューム
Den. moniliforme

デンドロビュームのセッコクです。
10年ほど前に 仙台のらん屋さんのブースで。

以前、セッコクの北限は宮城県松島とされていましたが、
現在は、岩手県宮古市が北限とされています。
Wikipediaには
「セッコクは岩手県宮古市を北限とし、これは本属のみならず着生蘭における北限とも言われる。」とあります。
そうなんだ~?!



ノドの奥のグリーンが瑞々しく・・



花びらのフチの桃色が愛らしく・・



やさしい雰囲気のセッコクです。
高芽がでやすくて、小さいのがどんどん増えます(^-^)

宮古の自生地がどんな場所なのか、
いつかゆっくり歩いてみたいな~
宮古市のPRの一助になったらいいな~
・・いろいろやってみたいことがふくらみます(^^)


←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。


コメント (6)

C. セルヌア

2018-10-17 09:51:26 | Soph.=ソフロニティス
C. cernua  (旧 Soph. )

我家でもセルヌアが咲き始めました。
灯火色の小さなラン。秋を告げます。

急激に、朝夕 冷えるようになりました。
・・日付を何日もスキップしてしまったようで、
面喰います・・



蜜柑色の上に、ローズのパウダーをふりかけたような、
セルヌアの美しい色彩。
見るたびに惚れ惚れします~!



我家のセルヌアの中で、毎年、この株が最初に咲きます。

そして毎年、水が不足ぎみなシオシオ咲き(^^;)
これを見てドキッとして、他のセルヌアを見回ります(^m^)

大きな花のセルヌアと、とても小さなセルヌアも咲き始めました。

花はいいですね~~
花をしげしげ眺める時間っていいですね~
ホッとします(^ ^)



←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。


コメント (9)

Den. オリゴフィラム? トリナービューム?

2018-10-16 11:32:41 | Den.=デンドロビューム
ブログ更新も えっちらおっちらになってきました・・;
えっちらおっちらって・・標準語ですよね・・(^^)?

アップが遅くなりました;
開花は8月後半から9月でした。
ラベルはDen.oligophyllumですが、Den.trinerviumかと思っています。
花の大きさは2cmほどです。

凛とした鼻筋、見事なたてがみから、
我家の愛称は「ライオンキング」です-*



最初は縮まっていたリップも 少しずつ広がります・・
今回の花は、セパルやペタルが大きく厚く王冠みたい。



リップもきれいに広がってきました。
今年2月に咲いていた時は、透明感ある繊細な美しさでしたが、
今回は、雰囲気が変わってしまいました・・(^^;)
ちなみに2月の花はコレ↓です。

印象が、変わりすぎ・・(笑)



恥ずかしながら、全体の様子です(^皿^;)
この状態で マメに水やり。
高芽がどんどんでて、高芽から咲きます。
ふやそうと思い、高芽を水苔でくるむと 枯れてしまいます;
隙間に新しい水苔を入れると、詰まったところから枯れるので、
慌てて取り除きました。

ムム~・・。何かに着生させればよいのかもしれません。
でも我家では空中湿度が足りず、
小さなランを着生させると水が辛くて☆彡になることが多く。

我家に来て1年半が経過し、体調はそこそこみたいなので、このままの状態で、
外側に素焼鉢を増やしながら様子をみようと考えています。




←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。


コメント (7)

Asctm. インスラルム 復活

2018-09-27 17:41:47 | Asctm.=アスコセントラム
いつの間にか1ヶ月も更新が滞ってしまいました・・・;
時々のぞいてくださって 本当にありがとうございました、すみません。
また どうぞよろしくお願いいたします(^ ^)

Asctm. insularum(現在 V.)

アスコセントラムのインスラルム、3年ぶりに咲きました。

大阪に引越した直後に咲いたのですが、
環境の変化とコンポストの劣化のためか、調子を崩し・・
私は、もう枯れてしまうのだろうと半ばあきらめていました。

潅水当番さんは あきらめず、
鉢から出して 根気強く乾かしました。
新しい根が出てきた時は、本当に感動しました(^▽^)
がんばれ~、がんばれ~と祈りました。



そして ついに復活!

いやもお、めんこいのなんの、本当にめんこい~!!
キラキラしています。



しばらくぶりの開花にキャーキャー喜び、何枚も撮りました。
つぼみの1粒1粒まで、愛らしくみえます(笑)



きっと声もかわいいんだろな~と妄想(^v^)



ノド奥に花蜜も見えます。
なかなか切れず、山吹色っぽくなってきました。



早く切って、無理させないようにしなくちゃ!

復活して、本当にうれしかった。
こういう喜びって、かけがえないですね・・



←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。


コメント (7)

グラマトフィラム・スクリプタム v. kiilani

2018-08-28 10:59:02 | その他のラン
Grammatophyllum scriptum var. kiilani

夏らしいランが咲きました。
グラマトフィラム・スクリプタム v. kiilani。

グラマトフィラムというと、大型のイメージですが・・


こんな可愛らしい株、4号鉢です。
今年のドームのらん展で見つけた株で、
らん屋さんの話によると、スクリプタムのドワーフタイプとのことでした。
「Grammatophyllum scriptum var. kiilani」で検索するといろいろでてきます。



少しずつ開いて、ココア色が濃くなってきました。
コラムにも ココア色のドットがはいります。



中心部の造形は、チョウのようです。
細部にわたり、気を抜かない美しさです~!



光に翳してみると、まさにタイガーオーキッド。
奔放にのびやかに生きるトラのイメージです。
この小ささは、小虎かな(^-^)-*


ちなみに、2月に咲いていたのは↓こんなでした。
ウチに来て、奔放さに拍車がかかったような・・(^m^)


←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。


コメント (9)

Den. デラコウリー

2018-08-22 11:59:40 | Den.=デンドロビューム
Den. delacourii  

デンドロビュームのデラコウリー。
帰省から戻ってきたら咲いていました(^^)

留守中 連日の猛暑で、ラン以外の植物はシオシオになっていましたが、
ランは強いです。すごいな~*



デラコウリーは、リップの形状が特徴です。
小さなマッチ棒が密集しているみたいで、ピロピロしています。

微かに香ります。
柑橘の皮のような香りだと思うのですが・・
上手に表現できません。どこか懐かしい香りです。



この角度が、最もデラコウリーらしいかな。
ちょっとユニーク。なんだか楽し気♪・・デラコウリーの特徴です。



つぼみの先は バレリーナのトウシューズの足先みたいで キュートです。

このデラコウリーは、今年のドームのらん展で買いました。
その後、新しいバルブが育ち、いいかんじだな~と思っていたら、突然の開花。
デンドロは、バルブが育って充実してから、翌年そのバルブに花がつくイメージだったので、驚きました。

いろいろ検索してみたら、花咲か父さんのブログにデラコウリーの栽培について記載がありました!
https://hanasakato.exblog.jp/20030685/
これを読みながら、育てようと思います。



全体の様子です。
新しく伸びたバルブは4本。2本は咲きませんでした。
上手に育てると、全部に花がつくのかもしれません。

この画像、実はお気に入り-*
偶然、底面に映った花影が きれい~!
側面のツボミもまた可愛らしく キュンキュンしています(^v^)


←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。


コメント (7)

三陸 宮古に帰省

2018-08-17 15:15:25 | 三陸・宮古

宮古に帰ってきました。
涼しかったです~



うちの前から。
いつもは青い海が見えるのですが、やませで海から霧があがってきて、海と空の境が見えません。
坂道を降りていくと、霧状の粒々が顔にあたって、どんどん涼しくなります。



12日の夜は、海上花火大会。
うちの2階の窓からよく見えました。

いろんなことを ボーっと、想います。
ボーっとしていちゃいけないんですが・・



お寺さんのお庭で。
木々が こちらをのぞいているみたいです。



「一竜」の中華そば。
手打ち麺と あっさりしていながらコクのある旨味スープが絶妙。
行くごとに、また行きたくなるラーメン屋さん。



大阪の花火問屋さんで買って帰った花火を玄関前で。
これは、長持続きするドラゴン・・のはずでしたが。
時々終わりそうになっては、また持ち直し、また息切れし、なんとか続く様子に、がんばれ~!と声をかけながら(^ ^)



国産の線香花火。
鮮やかに広がる火の花は、瞬きよりも一瞬で撮れなかった。

線香花火の残像と香りが、ずっと残っていました。



盛岡と宮古の間の大峠ダム。いつの季節も美しい風景。
この車窓を見逃すまいと、どんなに眠くてもがんばるバス移動。



盛岡駅では、7月放送の秘密のケンミンSHOWで紹介された柳家の「キムチ納豆ラーメン」を食べてみました。
なるほどね~(^m^)
個人的にはいつも食べてる「はやぶさ」(柳家盛岡駅限定)が好きかな~(^v^)


---

大阪に戻りました。
宮古が涼しかったので、一層暑く感じます。
帰省中、雨は降らなかったのか、カラカラでした。
炎暑でカラカラはきつかっただろうなあ・・
そんな環境でも、留守中に開花したランもあり。
いろいろと想う・・夏の日です。


←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。


コメント (10)

Lpt. ボーンキアナ

2018-08-07 11:48:31 | Lpt.=レプトテス
Lpt. bohnkiana (S3008)

小さなレプトテス、ボーンキアナ。
今年2月に咲いたのですが、また咲きました。
こんなに暑いのに大丈夫(@_@)?!
咲くだけでも大変そうなのに、ちゃんと香ります。



記録をみると、去年8月にもチョコンと咲いてました。
2月と8月に咲く?・・そんなわけないですよね。
あまりの暑さに間違えてしまったかな。

本当に小さな花で、この鉢は2号です。



今日は暦の上では立秋です。
連日37℃超えでしたが、今日の最高気温は34℃の予報。
35℃を切ると少しラクです(^v^)暑いけど・・
カラダが少しほっとしているのか? 眠くて眠くて~(笑;)
冬眠ならぬ、夏眠しそうです・・・



←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。

 
コメント (5)

Galeandra minax

2018-08-06 09:29:57 | その他のラン

ガレアンドラ ミナックスが、また咲きました。
今年のドームのらん展から、バルブ1本の状態で連れてきて、
6月初めに咲いたばかり。

新芽がでますように~と見守っていたところ、
新芽は出ずに、また咲きました。
6月に咲いた時よりも、リップが広がりました。



この株を置いているベランダは連日42~43℃になります。
ちょっとシワシワ。よく咲きました。



このランを売っていたラン屋さんは、
「ボート置き場の柵のところに自生」と言っていたので、
年中水浸しかな?と思っていたのですが、

『蘭の王国 ブラジル大紀行』には、
「河周辺に見られ、河の氾濫期に半分水に浸かってしまうパーム椰子に着生」とあり、
ガレアンドラ・ディベスとカタセタム・アルボビレンスがココヤシに着生している画像がありました。・・となると、新芽がでるまではカラカラで、新芽が伸びてから水ビシャか?と推測。
新芽がでるまで 乾かしてみることにしました。

ところが今回また花が来て、新芽の様子はありません;


6月の様子は↓こんなでした。

6月は、バルブがしっかりしていますが、
今回は、バルブがだいぶシワシワです。

これからどうしたものか・・・
とりあえず、極端なことをせずに観察してみます・・・


←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。


コメント (5)

赤影

2018-08-02 14:06:56 | 富貴蘭・長生蘭
〇赤影

京都府立植物園の富貴蘭展に行った時に、
会の方から薦めていただいた「赤影」が咲きました。

葉にも赤がのるところが特徴だと教えていただきました。
検索してみると「朱天王」と「火影」の交配なそうです。



花は星型で 花びらの端が桃色に染まり、愛らしいです。
よく見ると、距の真ん中もほんのり染まっています。



どことなく爽やかな雰囲気です。
花茎の元は濃い赤ですが、分かれた花茎は薄緑。
距の中央はほんのり薄紫ですが、花の近くと先端は薄緑。
この薄緑と薄紫が交錯し、なんとも爽やかな雰囲気をかもしだします。

会の方のオススメを連れてきてよかったです(^-^)



←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。


コメント (8)

イワギボウシ

2018-08-01 13:26:23 | 山野草

待ちに待ったイワギボウシの花が咲きました。
思っていたより白く、ストライプが爽やかです。



ギボウシと言えば、花が下から上へと並んで咲くイメージですが、
この暑さのせいか、数日でしぼんでしまいます。
でもこの暑さの中、がんばってます~



ギボウシの花びらの縁って透明なんですね~
涼しげです。キラキラ*



イワギボウシは、川沿いなどの岩場に自生するそうです。
毎日、日が落ちると、水をザンザン流して 水やりしてます。



こちらは、斑入りギボウシです。
全然咲きません;
斑入りは咲きにくい、と聞きましたが、
肥料食いで 肥料をたっぷりあげると咲く、とも聞きました。

検索すると、ギボウシは葉の美しさを楽しむものらしく、葉の画像がたくさんでてきます。

花のキラキラも葉に負けず美しいです(^^)
まだ咲き始め、これから楽しみです。



←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。

コメント (7)

ヒメカマキリ

2018-07-31 12:21:21 | 関西散策

二尊院の手すりの上に小さなカマキリ。
体長3センチほど。



カマキリの赤ちゃんかな?と思いましたが、
お腹も大きく、成虫っぽい。



近づいてみました。
画像は大きいですが、小指の半分ほどの小さなカマキリ。

手すりに映る木々緑もきれい(^-^)



この体勢で、素早く手すりの陰に隠れます。
反対側から撮ろうとすると、その反対にまた隠れ。
なんだか楽しい。かくれんぼ-*


少し慣れてきたかな?
カメラに興味がでてきた?



昨日いただいたコメントで、やっぱり普通のカマキリじゃないかも!と調べました。
もしかしたらヒメカマキリでしょうか?
ちっちゃくて可愛かったです*



←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。


コメント (5)

嵯峨野の二尊院、祇王寺

2018-07-30 15:59:39 | 関西散策
2018年7月14日の嵯峨野散歩です。
〇二尊院

嵯峨野の二尊院。山号は小倉山。
ご本尊は、釈迦如来と阿弥陀如来の二如来像です。

総門をくぐると「紅葉の馬場」と呼ばれる参道が広々とのびます。
この季節は爽やかな青紅葉。



石段をどんどん登り、山道を歩いた奥まったところに、



藤原定家が 小倉百人一首を編んだと言われる「時雨亭」跡があります。
時雨亭の場所については、諸説あるようですが、



時雨亭跡からのこの眺め。
奥まっていながら、心が解放される、よいところでした。



二尊院の手すりにカマキリ1匹。
なんかちょっと変わってます・・


---

〇祇王寺

さらに嵯峨野の奥、祇王寺へ。



平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が、清盛の心変わりで都を去り入寺した尼寺です。



苔の美しい静かなお寺。



日差しの揺らめきは 息をのむほど美しく



青紅葉は星のように煌めきます。



それぞれの風景に いろんな物語があるんだな、と思いながら帰り道。
人力車が横を通り過ぎていきました。


追記:
紫陽花や夏椿の季節はとっくに終わってしまい、どうしようと思っていた三千院と寂光院の画像も整理しました。ぼーっとしてるとあっという間にひと月がすぎます。
「雨上がりの三千院、寂光院」
https://blog.goo.ne.jp/superflua/e/c805c506ec9aa868a0dc9eab0fb31a25



←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。


コメント (9)

嵐山 虫散歩

2018-07-27 17:53:55 | 関西散策
嵐山の遊歩道にはたくさんの昆虫がいます。
7月14日の虫散歩です。

・・6月の嵐山の遊歩道には、
美しいフンコロガシが↓たくさんいました。


豪雨の後、どうしただろう・・と思っていましたが、

いました!いました!よかった~!(7月14日)



これはニホントカゲ?きれいな色です。



これもニホントカゲ?メタリックでピカピカです。逃げません。



水辺にオオシオカラトンボのメス。たぶん。



美しいクロアゲハ。真黒です。



土嚢の上にウラギンシジミ。
飛ぶと、裏表の色彩の違いがチラチラしてきれいです。



30分前にはなかった卵の殻。
誰かが孵ったのでしょうか。ヒナは見つからなかった(^^)


---

話しは変わりますが、昨日我家のプランターに大きなムカデがでました;

ピンセットで捕獲しようと追いかけましたが、あまりのスピードに怖くなって逃げてしまいました、私の方が;
ムカデは植物にワルサをするかな・・次に見たらどうしよう・・;


←カチッとお願いします

※自動掲載される広告は当ブログとは関係ありません。非表示にできなくてすみません。



コメント (4)