マイ・シークレット・ガーデン

アニメ好きハハがネタバレ感想等をつぶやいてます。秘密のお庭へ遊びにいらっしゃ~い♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コ・ン・チ・キ

2006年02月28日 | アニメ&声優 06.1~3
ショー!!


『おろしたてミュージカル練馬大根ブラザーズ』

第8話 俺の激安ロケット発射寸前!

放送時間を12分くり下げてお送りしています
・・というコトで、
録画組の皆さんもお尻切れました~?
クライマックスとオチを知らない感想をさらっとな・・

マコちん。冒頭から、
「あーあー感度良好。○いのOK○いのOK・・」って・・
現役女子高生にこんなセリフ言わせてはなりませぬ!

ヒデキが言ってた「マコ、甘えてばかりでゴメンね」って、
メロディが聴こえて来た人は・・いい人です!(何?

激安店の商品はナゼ安いのか?
コンチキマートはどこかから、かっぱらって叩き売りしてるらしい。
人気ホストもさらって来て宇宙人に売る気だよ。
(ステキな激安ホストシリーズだって。リカちゃん人形みたい)

カラクリ刑事ユキカの今日の変装(?)は、
ピンクのダース・ベイダー?
アタマ割れていました。この人人間じゃないよ~!

「ナイス商い☆ナイスわし☆わっはっは~あ?」
ってその後どうなったのかは、他のブログでご覧下さい

コメント (2)   トラックバック (11)

枯れそうな花

2006年02月27日 | アニメ&声優 06.1~3
どうしてガリバーはベッドが凹むほど重いんだ?


『交響詩篇 エウレカセブン』 第44話 イッツ・オール・イン・ザ・マインド

「苦しんでるのは貴様だけじゃない」
ドミニクの荒んだ表情はアネモネに似ていた。

アネモネはエウレカと同じ存在ではなく、
絶望病の子どもに薬物投与をして作られたパイロットなんですね。
アネモネが今までどんなことをされてきたか見せられ、
ドミニクはデューイからの指令書を握りつぶし、
何か決意したようです。(やれやれー!

ユルゲンス艦長は愛嬌のあるところを見せてきましたが、
部下との信頼関係も厚いようです。
しかし、【ray=out】を読んでいたとは!(それを半ば信じているとは!
軍内部から真実を知る人間が広がってゆけば、
ゲッコーステイトには力強い味方になりますね。
でも、軍人は通常、命令には絶対なのでしょうから、
そこはいったいどうなるのか・・?

ノヴァク財団のデッカード。
アネモネの事をアレと言ったり、出荷とか言ったり、
怖いおじいさんです。
ヴィーナスの誕生の複製画が飾られていましたが、何か皮肉。

ホランドが投与されてる薬物って、
アネモネに注入されている薬と同じなのでしょうか?
だとしたら、続けているとあの3人の少女達と同じ事に・・?
(追記:他のブロガーさま達の説を読むと全く違うようですネ

ジ・エンドの眼つきは怖く、生きているようです。
アネモネは消耗し切って危なそうです。
ジ・エンドに取り込まれてしまうんじゃないかと心配。

レントンは先週よりは考えが座ってきたようですが、
その時エウレカ遅し・・って感じです。
魂魄(?)の光が止まらない?
今までの信頼関係はどうなったのよ~・・

追記:【才谷屋DIARY】の仁JINNさんの感想を読んで思い出しました。
私もアネモネって繭のようなものの中で作られた存在かと妄想してました。
そういうのを量産するのがアゲハ構想っていうんじゃないかとか・・

コメント (2)   トラックバック (16)

物思いに耽るソロモン

2006年02月26日 | アニメ&声優 06.1~3
まるでこの世の全てに達観した風なソロモン。
何事にも動じない、そんな彼の心が揺れ始めたのを見た時に


『BLOOD+』 Episode‐20 シュヴァリエ

えー?!
ハジはディーヴァのお婿さんなの~?!


「全てはディーヴァの為に」というシュヴァリエには、
ディーヴァの花婿たるハジの存在が一番大切なようです。
でも、小夜が一番なハジは、
例え小夜を殺されシュヴァリエ達に捕獲されたとしても、
ディーヴァとつがうとは思えないのですが・・
(追記:血だけあればいいのかな?とか思ったり)

ネイサンの声は藤原啓治さんでした。
わはは、デューイとホランドじゃないか。
ネイサンはもっとぶっ飛んだヤツかと思ってたので、
なんかただのオカマキャラでキモ・・

ビールや日本酒じゃないんだから、
ワインを注ぐ時はグラスをテーブルに置いた方がスマートな気が・・

ディーヴァはコンテナのところで人を襲っていたみたいですが、
目覚めの血をまだ口にしていないというのはどういう事なのかな。
人は殺したけど、血は飲んでいないという事?
「目覚めの血」という特別なものがあるのか?
4人集まって飲んでいた時のワインとか?

ディーヴァの髪にかかる葉が枯れたのは何故なんでしょう?
顔が見たかったわ~。

赤い盾の本部はヘリポートまである豪華客船。
世界中の翼手の情報が集まる場所。
だとしたらサンクフレシュとか、
とっくに辿り着いてても良さそうなものだと思ったり。
で、ジョエルはなんか御坊ちゃま風でした。
声は石田彰さん。
赤い盾ナンバー2のコリンズという人は、
増援部隊を送ってくれないシブい人という気がします。
デヴィッドと仲が悪そうですね~。てか、イジメ?

小夜はハジと動物園に向かっていました。
どこの動物園?
小夜が3日も食べないなんて、お腹鳴りっぱなしじゃないの?

今週のハジのセリフ
「運転手から頂いたものです」
「もう3日。何も摂取していない」
「栄養の補給は欠かさない方がいい」
「いつ翼手に襲われるか」
「小夜は彼らとは違う」
「それは、あなたが・・」


「もう、私はひとりでいい・・」とかスネてる小夜に寄り添うハジ。
眠る小夜の髪を撫でながら何を思うのか・・

もうひとり、憂える美青年ソロモン。
「兄さん。僕は小夜に会いに行きます」
悩みなさい、可愛いわ・・

p.s カ~ルくん。何処で何をしてるのですか?元気ですか~?

コメント (11)   トラックバック (37)

友だちの片思い

2006年02月25日 | アニメ&声優 06.1~3
森脇真末味の『緑茶夢(グリーンティードリーム)』2巻
『四月の雨』の中で弘が言った。
「あいつは自分がおれの友達だってこと知らないんだもの
おれの“片思い”なの」



『ケロロ軍曹』

第98話 【桃華 駆け落ち大作戦 であります】

冬樹との仲が一向に進展しない事に悩む桃華。
冬樹に「西澤さんは僕のモノだ!!」と言わせたい。
というコトで、
親衛隊の若いもん吉岡平正義と偽装駆け落ちをする桃華。

「私を連れて逃げて!」なんて言われたら、
純情そうな吉岡平正義なんて桃華に任務以上の感情を持っちゃいそうです。

カメラこそないけど、ポールが監督でカーット!なんて映画撮影のよう。
設定やシチュエーションばかりに凝っていますが、
ノリさえよければ冬樹が「西澤さんは僕のモノだ!!」
なんて言うと思ってるところがわかんないですぅ・・

でもちょっと引っかかったのは、
ケロロ達にふたりの恋が本物になってもいいの?と聞かれた時、
「それは西澤さんの意思だし、それは仕方のないことだから・・」
と答えた冬樹がちょっと寂しそうな言い方だったところ。
少しは桃華の事意識してるのかなぁ・・?

「西澤さんは僕の大切な友達だから!!」
という言葉と暖かい手に桃華はとりあえず満足。
一大プロジェクトは終了したのでありました。
吉岡平正義を除いて・・

【ドロロ&小雪 出会いの記憶 であります】

外の世界から忍びの里に来た小雪。
ムクロは里で生まれ育ったようですね。
この里は色々と掟に縛られているようですが、
そもそも何の為に存在しているのかわかんなかったですぅ。

小雪の魅力全開!で、
ムクロとの友情、
ゼロロだった頃のドロロと小雪の出会いのお話でした。

友だちと思われているかじゃなく、
友だちと思う。
自分が友だちと思えばきっと友だちだよって
友情って恋に似てるのかな?

メガネをかけたムクロが素敵でした♪
ケロン星人ってよく河童に間違われるんだね。
友だちの友だちは友だちって、いいとも!

次回のお話は、【夏美 名犬ナッチー であります】と
【ケロロ わんぱくケロッパー であります】って、
【ラッシーとクリッパー】パロじゃないですか~!
タイトルだけでなんかわくわくします~♪

トラックバック (12)

お題 バトン

2006年02月25日 | バトン♪
【ふぶきの部屋】のふぶきさんからバトンが回って来ました♪

今回は「お題バトン」

私に与えられたお題はなななんと・・「アニメ」です☆

Q1 本棚やPCに入っている「アニメ」は?

ビデオとかDVDとかあんまり買ったり借りたりもしないんですが、
『リボンの騎士』は生協でビデオ10巻(続けて販売してくれなかった)
とその後(最近)DVD Complete Box購入しました。
(まだ見てない)

『ガン×ソード』欲しいと思いながらまだ買ってないんですよね~・・

TVで録画して保存版としてるのは、
宮崎アニメの映画とか、
話のネタに『ヴィナス戦記』『アリオン』等。

深夜アニメで捨てがたく残してるのが、
『MASTER KEATON』や『花田少年史』
『MONSTER』は長丁場になりそうで諦めてしまいました。
後になる程ぐずぐずだけど、
『Hellsing』もどこかに残ってると思います。

深夜の特集で『エヴァンゲリオン』を編集してコンプリート♪
とか、このワンショットがカッコイーってのが、
切り貼りされて保存版ってどっかに埋もれてます。

『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』と『蟲師』
保存版にしようとずっとHDDに置きっぱなしにしてて、
間違えて消してしまって涙・・

Q2 今、妄想している「アニメ」は?

わはは・・
今期は私的に不作なのであんまり~・・
過去では『LOVELESS』がダントツでしょうかね

Q3 最初に出会った「アニメ」は?

わはは・・
あまりに昔のコトなのでよく憶えていません。
(それと地方は当時チャンネルが少なく放映が変則的)
『鉄腕アトム』なのか『魔法使いサリー』なのか
『巨人の星』なのか『サイボーグ009』なのか
『ひみつのアッコちゃん』なのか『ハクション大魔王』なのか
『タイガーマスク』なのか『ジャングル大帝』なのか
『ワンダースリー』とかあったよなぁ~。
(地方では放映されなかったものもあります)

Q4 特別な思い入れのある「アニメ」は?

何故だか心の中で『リボンの騎士』と決めています。

本当は可愛い女の子なのに男のふりをしなければならない。
一国の運命を背負った少女。
男装している時には好きな人の前で男のフリをしなければならない。
亜麻色の髪の乙女に変装している間だけは女の子らしく
悪者が本当に黒くなる。
ジェットコースター的展開。
セル画枚数は今とは比べ物にならない位少ないかもしれないけど、
それでも生き生きした動きは魅力があるし、
こんな大河ドラマを子どもの頃に見せられた日にゃあ、
あ~た(誰?)思い入れが残りますわな・・

アニメがオタクのオタクによるオタクだけの文化に止まらず、
大人も子どもも夢中になれて、
海外に出しても恥ずかしくない作品が作られるとイイナ

で、バトンですが・・
【好きなものを好きと言える幸福】のみやびんさん。
「お題」を『声優』で、いかがでしょう・・?

コメント (2)

1000個のビーズ

2006年02月24日 | アニメ&声優 06.1~3
色は何でもいい!いっこメダルが欲しいな~♪・・
ダンナが出勤する時間に日本女子フィギュアスケートの演技。
思わずTV優先になっちゃいました。

で、結果 金メダル  って凄いねー!!

母がTV見てるので、昔から何気にフィギュアスケート見てたけど、
日本女子の最近の活躍って本当に凄いと思います。
昔なんかジャンプも決まらないし滑ってる間お手々はお留守、
芸術性なんか望めない感じで、とどめは日本人特有のあの体型・・
でもでも、先人の努力とか土壌があって現在があるのよね。

荒川静香さんのあの存在感。
ダイナミックさと優雅さを併せ持って流れるようなあの演技。
コスチュームもとてもいいなと思っていましたが、
以前どこかのTVでもやってたけど、
全部お母様の手作りなんですってねー!
(夜なべして1000個のビーズを縫い付けたりと・・)
(私には絶対マネ出来ないヮ・・)

コスチュームと言えば、
村主章枝さんのショートプログラムの時のは、
長袖の方が見栄えが良かったんじゃないかな?とか思ってました。
ドラマチックな素敵な演技だったのに、
高得点を得られる技がなかったのが点が伸びなかった敗因ですか?
残念ですぅ。
ミキティのフリーの演技はまだ見てないのですが、
衣装は失敗っぽかったね・・(ワダエミさんのってちょっと厚ぼったい感じだった・・
若いのでこれからまた頑張ってもらいたいです。


『舞-乙HiME』 第20話 ニーナと呼ばないで

「もうオトメになんかなりたくない!戦うのはイヤ!」
というアリカが生き残る為にオトメになり、
オトメの存在の暗部を考える。
オトメって、何なのよ~?!(青木さ○か風にどうぞ・・

ワルキューレ部隊というのはアルタイのオトメになるという事?
トモエはシズルを助ける為、そして邪まな欲望の為、
志願して想いを果たす(衣擦れの音がイヤ~ン・・
チエはお世話係だったトモエが心配。で、自分も志願。
(それともチエはトモエになのかしらん?

救いはマシロが黒い谷の人達の為に彼女なりに一所懸命身体を動かし、
一族の者を指揮するミドリの姿を見ながら、
何かを得ようとしているようなところ。
オトメが力そのものだとするなら、
その力を共有している王が平和に努める事が大切。
無知であった事を自覚し、
真の王への階段を上り始めたと思いたい。

前時代の科学の結晶というハルモニウム。
現れたシルエットはミコト~!
ニナは何だか懐かしいとか言ってるし、
セルゲイに救われた時いた場所にカプセルあったし。
大!どん!でん!返し!・・とかが続きそうと思ったり・・

(ナツキはやっぱりノー○ン状態だったのですね・・アンタも好きねェ・・


『怪 ~ayakashi~』 天守物語 三の幕

しばし、ふたりだけの時間を楽しみ、
このままふたりで人間の夫婦となり「共に生き共に死のう・・」
と図書之助にプロポーズされた富姫ちゃん。
でも、逃避行は長くは続きませんでした。

図書之助ったら富姫と結ばれないとなったら、
早々にお静と祝言を挙げるなんて。
よく「命より大切なものをあなたに与える自信がある」
なんて言えたものです
(結構、天然のタラシだったりして・・)

姫は城の者の命と力を統べる者として図書之助を遠ざけましたが、
力は戻らなかったんですね。

お静は嫉妬からあの馬鹿殿に白鷺城を攻めさせますが、
返って墓穴を掘ってしまいました。
女って、愚かね・・
恋が、嫉妬が、愚かにさせるのかな・・

コメント (2)   トラックバック (5)

ルージュの伝言

2006年02月23日 | アニメ&声優 06.1~3
可愛い子分達を巻き込まない為に、
投げキッスして御崎市を去るマージョリー・ドー。
格好いいよ。姐さん!


『灼眼のシャナ』 第20話 非情のヴィルヘルミナ

「何事でありますか・・」
心乱れて倒れ込んだシャナの前に現れたヴィルヘルミナ。
察しの鋭い彼女は、すぐにシャナの変化に気づいたのでした。

まず、平井ゆかりのマンションへ行くふたり。
平井さんって一人暮らしだったの?
リュックの中から掃除機?!
ヴィルヘルミナのメイド衣装(?)は、
掃除をする姿が今まで一番似合っていましたね。

悠二の家の様子を見に行った時にティアマトーったら潜伏って・・
ヴィルヘルミナってボーっとしてるようで、
実は飲み込みが早いのね。
千草母さんと少し話しただけですぐに事情がわかったり、
悠二と吉田さんとシャナを見ただけでシャナの惑いに気づいたりする。

「炎髪灼眼の討ち手が錆び付いた理由はこの女でありますな」
「何といういやな女でありましょう」
己の使命を果たす為に邪魔な者だからなのでしょうが、
千草母さんにこの評価。きっついであります。

調律のお礼にカムシンからお守りをもらった吉田さん。
後から何か役に立つのでしょうか。

どさくさでシャナに確認出来ないまま、
お焚き上げの時、何かが起こりそうです。
前回はこの時の為の仕込みだったという感じ。

自分が消されようとしているのに、
街の地図を見て懐かしみながら街を出る決意をしている悠二。
ヴィルヘルミナの攻撃を受けながら、
シャナも同意していると聞いてどう思ったでしょうか。
悠二を助けられるのはシャナしかいないんじゃ?!
と思うけど、シャナはハダカで椅子に座ってたし☆

ま!悠二がこのままやられるわけはないんでしょうが、
どういう展開で助かるのかわからないですね~。

この世に存在出来るのは零時迷子のお陰なんだけど、
それが彼を追い詰めるものになるなんて・・
宝具ってそれを内蔵出来る器のあるものに授けられる気がする。

次回、遠ざかる想い
トラックバック (9)

明日はもっと明るい方へ

2006年02月22日 | アニメ&声優 06.1~3
あったか~い 


『カペタ』 Lap.21 レーシング・ヒストリー!

このどピンクの車は、リンカーンコンチネンタル?ロールスロイス?
田川上桃太郎くんちはとんでもないお金持ちなのでした。
そして彼のモータースポーツ100年の歴史の知識!
ダンナとふたりで「桃太郎ってバカじゃなかったんだ~!」と感心。

アニメ上ではカペタとの接点って1回しか描かれてなかったけど、
(カペタもノブもすっかり忘れてたし・・)
桃太郎くんはカペタをずっと見ていたようですね。
(永遠のライバルとして・・ )
カペタを元気づけたくてパーティーに招待してくれたって、
とてもありがたいことです。
でも、「自分の望む事をするのが一番」って・・

おゼゼがなくてそれが出来ないから悩んでいるんですってば!
(桃太郎くんのお小遣いでスポンサーになってくれれば問題は一気に解決なのだが・・

フォーマルな装いも、カペタやノブはお笑い芸人。
なのに中学生な茂波はナイスバディのレディ
お腹が空いて怒ってばかりが玉にキズでした♪
(サルッキーを追いかける時に茂波が乗ってたのってセグウェイじゃなかった?


『焼きたて!!ジャぱん』

第67話 太陽VS吹雪!!究極のタルト対決!

時間短縮をわざわざ強調しなくても良かったんじゃ?
次回タイトルの【これが私の進む道!?ロード・オブ・ザ・ビワ!】
を見て子どもが、
「だからあのおじいさんってスメアゴルみたいで声優も同じなんだ!」
って言ってた。
勉強にもその情熱とカンを生かして欲しいよ・・


『BLEACH ブリーチ』 70

「何をしておるのだ、たわけ!」
ルキアの硬派なセリフに痺れます☆
石田の作ったワンピース着てたとこが嬉しかったです☆
手乗り、肩乗り之芭が可愛かったです☆

この作者さんは女性は悪者にしない感じなので、
芳野さんはこっち側につくかな~?と予想。

狩矢神の声が大川透さんでした。ぜんっぜん気づきませんでした。


『闘牌伝説 アカギ』 第21話 一縷の幻想

牌の名前がよくわからないので時々画面を止めて見てみたり・・
「西」を捨てる時はどきどきしました!
津嘉山正種さん。ここまでイヤラシイ鷲巣の声をやるなんて凄いです。


『ガラスの仮面』 第46話 梅の谷へ

真澄さまが紫のバラの人と確信したマヤは頬を染め、
「あたし頑張ります!」と言う。(お母さんの事はぶっ飛んでます)
かと思えば真澄さまの義父に、
「親の顔が見たいわ!」(アイタタ・・)
と悪口全開だったりして。(愛情の裏返しね

東京から7時間もかかるという紅梅の谷への旅。
季節はいつ?と思ったら、
1年の半分は梅の花が咲いている不思議な谷という設定でした。

紅天女を演じる前に風火土水を理解し演じるという課題を課せられたふたり。
月影先生は「風になるのと演じるのは違う」と厳しくマヤに言いますが、
今までマヤは役になり切っていたと思うので、
ちょっとおや?と思ってしまいました。

紫織さんはおバカでないので真澄さまの気持ちをわかっているようですが、
マヤ以外にはビジネスライクな真澄さまのこと。
婚約を申し込みに行きました。
紫織さん、可哀想・・

水城さんの声がマイメロの声だとは・・
夜空の満月。雲の流れる様子がきれいでした。


『よみがえる空』 第7話 Bright Side of Life (後編)

黒塗りの車から制服が降りて来る。
ここは官舎なのだろうか、不吉な知らせはこうしてやって来る。
最初に発見された者は命絶えていた。
そしてもうひとりは「生きてる!生きてる!生きてる!」
途中、本郷三佐の以前救助された時の視点が挟まれる。
救助隊のヘリの灯りが、どんなにありがたい存在か!
ひとつの命を救う為に誰もが必死。
助けた者も助けられているのですよね。

一命は取り留めた者も、
頚椎損傷の為車椅子の生活になるかもとのこと。
だけど、
「たとえ歩けなくなっても、
目が見えなくなっても、
人には必ず何かやれる事があるはずですから」

の言葉に助けられたような内田。
実家の父を思い出し電話をかける。
とりあえず電話を、かける。

本郷三佐と内田のデュエットは初めはちょっと違和感。
でも、今度は共感と感動を持って聴こえました。
明るい方へ・・

辛くても、あんまり落ち込んだらおえんよ。


『陰からマモル!』 第7話 少年忍者マモル

マモくんってモテルな~
マモくんも初めは(今でもだけど)大変だったんだよ~ってお話。
「家訓だからじゃない。ゆうなを泣かせたくないから守る!」
ちょこーっと動機が弱かったかなと思った。
ゆうなは子どもの時の方が可愛かったような・・


『マジカノ』 第7話 メイドが来たってマジですか?

杏樹リカ。ユーモアとか趣向を凝らすを越えてますから!
この無表情が堪りませんわ☆
「ゴメンねお兄ちゃん」ってこのハンマー!死ぬ!
※これは使用例ですって何?!

トラックバック (12)

「ラーメンに指入ってるよ」

2006年02月21日 | アニメ&声優 06.1~3
「熱くないから大丈夫・・」(チャンチャン♪
隊長!イヤ、体調が良くないのでさらっとな。


『おろしたてミュージカル練馬大根ブラザーズ』

第7話 俺ので奏でて!訴えて!

大根畑で歌うのが近所迷惑ということで、
訴えられてるようですヒデキ達。
でもゴミを畑に捨てる方が罪が重いような気が・・

♪Love me Kiss me
♪This is a Pen!
この世に大切なものはメモリーオブラブって♪愛のメモリーですね。
(何気に毎週宣伝してます?)

今回の悪者は悪徳弁護士角浜って○山弁護士をもじったの?
ソプラノリコーダーをアレする前までは濡れ衣だったので、
何か可哀想・・
「弁護士の腕次第で有罪も無罪に」って現実ですよね。
イトコ同士は結婚出来ない(ウソです)は最後まで引っ張るんでしょうね?
そうじゃないと、ヒデキがもーっと暑苦しくなりそうだから・・


(追記:どーでもいいけど、ウクレレを聴いてマキシンジを思い出したな~)
トラックバック (8)

アネモネの花言葉

2006年02月20日 | アニメ&声優 06.1~3
アネモネの花言葉は消える希望。
アネモネはドミニクの想いを知っているみたい。
この若造は何も知らない、力もない。
でもどこかで救いを求めたいのか・・?
「あたしにすがらないで!」
自戒の言葉なのかもしれない・・


『交響詩篇 エウレカセブン』 第43話 ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド

父殺しのシーンいやだ。
家族皆で見ちゃったよ・・
生まれおちると同時に母を失った赤ちゃんを、
母殺しと言えるか?
殺人を儀式と、
それを失敗させた者として追放で済まされた子ども。
何かヤな感じだぁ~・・

地下なのに何故明るい?
どこで何をすればいいのかわからないレントンとエウレカのすれ違い。
ふたりの「つづく」までが沈むような囁き。

ダンスのシーンは美しかった。
トラックバック (11)