マイ・シークレット・ガーデン

アニメ好きハハがネタバレ感想等をつぶやいてます。秘密のお庭へ遊びにいらっしゃ~い♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アニメ リスト 2010年7月~9月

2010年09月30日 | アニメ&声優 10.7~9
今期カテゴリーの中でのアニメ感想リストです。
SEARCHにコピーして検索すると出て来ます。(今期以外のも出て来ます)
上位にある方が私の好みです。だいたいネ♪
下位はひと言だけのもあります。


『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 』

『けいおん!!』

『世紀末オカルト学院』

『屍鬼』

『戦国BASARA弐』

『ケロロ軍曹』

『四畳半神話大系』

『さらい屋 五葉』

『刀語』

『伝説の勇者の伝説』

『花咲ける青少年』

『黒執事Ⅱ』

『アマガミ』

約13番組


シャガール-ロシア・アヴァンギャルドとの出会い展

2010年09月30日 | 美術展とか
絶滅動物!
雨降る中、上野の東京藝術大学大学美術館へ行って参りました^^


「シャガール-ロシア・アヴァンギャルドとの出会い」展

また音声ガイドも聞かず、前勉強もせず^^;
大昔にガッコの宿題で調べた事があったので、
それで良しとしました☆

1.自画像

赤いのって何?

5.父

白々とした顔。目の周りにメガネのような赤い縁取り。
なんか・・
あんまり尊敬が感じられないんですが^^;
展示室内で上映されていた、
【シャガール:ロシアとロバとその他のものに】
を見ると、
シャガールの父は母ほどに芸術への理解がなかったように感じました。
そんな思いが・・?

ナターリャ・ゴンチャローワとミハイル・ラリオーノフ
は、こちらで初めて知りました。
ナターリャの画はマチスっぽかったかな。
生活と宗教と自分メモ。そんな印象だったかな。

18.ロシアとロバとその他のものに

詩人の友人がタイトルをつけてくれたんでしたっけ?
話のタネにとポストカード買ったけど、
色も雰囲気も全然違いますね。
神秘的な黒。
この画は皆既日食のあった年に描かれたので、
その影響を受けたのではないかと解説してあったような。
夜の画のようだけど、皆既日食中の暗闇なのかな。
想像していたより、
厚みをもって丁寧に描かれているものだなぁと思いました。
故郷をイメージしてここに描かれたモチーフは、
これから繰り返し作品に登場することに・・

ここのフロアーは52分の映画を観た後だったので、
これ以降、シャガール以外はさらっと流しました。
失礼!

34.灰色の恋人たち

最愛のベラとの再会を喜びながらも、
革命や戦争の影が迫ってくる不安が灰色なのかな。
でも、
33.緑色の恋人たち
も、
女性の表情は硬く見えますが・・?
ベラの母親に結婚を心配(反対?)されていたから?

35.墓地

わー
こういう感じの画、初めて観ました。
暗い雲と、その間から差し込む光を、キュビズムで表現した空・・かな。
欧米のお墓って、日本のと違って素敵だなぁ。可愛らしいとさえ思ったり。

カンディンスキーの作品は、
なんかイメージが違っていました。

55.家族の顕現

亡き肉親や愛した人たちを想っての画。

56.赤い馬

ベラを想い?

57.彼女を巡って

若い夫婦のモチーフは昔の自分とベラ?
しあわせだった時を思い出しながら、
また悲しみをかみ締めるような冥界の蒼という感じ。

60.日曜日

黄、赤、紫、緑と白の、明るい色彩。
故郷ヴィテブスクと第二の故郷パリの情景。
ふたり目の妻ヴィヴィを得て、再びのしあわせ。

62.イカルスの墜落

墜落するイカルスはシャガール自身との解説?
彼の創作意欲は尽きることのない泉のようで、
亡くなるまで芸術の高みを追い続けていたのかな?
しかし、
落ち行く地上はヴィテブスク。
村人たちは両手を広げ、彼を暖かく受け止める体勢のようにも見え・・

あと、
「魔笛」の衣装と舞台美術はさら~っと^^;


【シャガール:ロシアとロバとその他のものに】
を観る事が出来たのは、とてもラッキー♪でした。
その作風の変化等が理解出来ました。(ぁ、私なりに^^;
最初のパリ時代に手法を吸収。
故郷に戻って独自性を暖め、再びのパリ。
(蜂の巣に置いて行った作品は今いずこ・・?
モジリアニらもいたから安心だとシャガールは思っていましたが、
モジリアニはシャガールを待たずに亡くなったのでしょうね・・)
ユダヤ人だった事でナチスドイツから逃れる為アメリカへ避難。
やっとパリへ戻れるという前年に最愛の妻を亡くすと・・
波乱万丈の人生だなぁと思いましたが、
あの頃の芸術家って、皆、戦争に翻弄されていたんでしょうね。

ユーモアあるけど、芸術については頑固で。
天才だ~

オルセー美術館展2010「ポスト印象派」見損ねたのは失敗だったなぁ ;;
コメント (4)

女子高生だった日々

2010年09月29日 | アニメ&声優 10.7~9
エコアクション!
ぉ おいっ!TBS系アニメ^^;


『けいおん!!』 #26 訪問! *番外編*

あずにゃんが新入部員として入ってきたのを、
記念写真に撮ろうという・・ところまでは良いと思うんですが、
どうしてここまでウケ狙いをするか?!(´ー`*)

あずにゃんに「目、どうしたんですか?」と訊かれ、
「ただ、可愛い後輩を見ていたいだけ」と答えるむぎ。
キミは、
「赤頭巾」のおばあちゃんに化けたオオカミさんかいっっ

笑える。しょーもない写真を見てるあずにゃんは、
部室でひとり・・(ノω・、)

これは、卒業式を控え、3年生は授業がないという時期のお話。
卒業アルバムの写真の出来が気になる軽音部の皆は、
見本のアルバムをチェックしようとやって来たのでした☆
ぇー
ちょっとそれって、ズルな気がする~
一般の生徒はそんな事知らないわけでしょ?
と、
しかしまぁ、
なんだかんだと理由をつけたりつけなかったり、
ギリギリまで女子高生ライフを楽しむとか、
あずにゃんの様子を見るとかあるのかもしれない。

前髪ぱっつんにショックを受けるゆいに、
ゆいっぽくて良いじゃないかとフォローする部員達。
なのに、
「子どもっぽいぃってことかしらねぇ?」
と、
直球ど真ん中に答えるのどか。
さらに、
他の人にアルバムを見られて「前髪変!」と思われたら・・
と、泣き出しそうなゆいに、
「イイじゃない 印象に残って」
とバッサリ・・; のどか ・・

写真を差し替えてもらおうと思うゆいと皆は、
アルバムをチェック係のさわちゃん先生のところへ届けに行きます。
途中、
犬を手なずけるゆいが、ムツ○ロウさんみたいと思ったり☆
(私は猫を手なずける方が楽しいけどな♪

ゆいの妄想に反して、普通のマンションに住んでいた先生。
先生のちょっと不審な様子に、
彼氏を隠しているのでは?なんて妄想するみお。
(犯罪者かよ^^!?
覚悟を決めてチャイムを鳴らし☆
「こういう者だ」と生徒手帳を見せるりっちゃん、むぎ、ゆい。
みおは呆れています。
「ネタは上がってるんだ~大人しくしろぃ」
「先生は完全に包囲されています」
「お母さんが泣いてるよっ」

って、
刑事ドラマの見過ぎです☆(しかも古い

さわちゃん先生は、半てんのままゴミを捨てに行こうと、
様子をうかがっていただけでした^^;

先生の部屋、きれいでしたね。
私だったら、突然の訪問とか 絶対無理!

先生がチェック中にご飯のしたくや洗濯をすると言い出す皆。
うふふ。
ちとコワイけど、可愛いじゃありませんか。
先生は写真チェックをしながら、思い出にふけるのでした。

うとうと睡魔に襲われながら、
やさしい瞳で皆をながめています。
アルバムの写真をいい子いい子というふうに撫でて・・

ベランダから日が落ちるのを一緒に眺めたり、
4人にとっても思い出深い1日になったのでは・・?
(この頃は1日1日が思い出深いのでしょうが)

先生の友人達にバトンタッチして、学校に帰る4人。
そこで、見た(聴いた)のは・・


いや~
BGMに声なしで、学校をはしゃぎながら出て行く4人のシーン。
新歓ライブに向けての「ふわふわ時間」のその音は、
今までのHTTとは違った演奏でした。
軽音部は続くんだなという安堵と、晴れ晴れしいさみしさ。

みんな みんな

笑っているのに

はしゃいで 学校の廊下を走って 追い抜いたり

手すりのカメを触ったり

時折 教室を振り返ったり

みんなで 3年間過ごした校舎を見上げて

JUMP!!


私、感想を書くのにビデオ見返しても、
また、ここで、涙うるうるしちゃう・・

最後の最後もカラッと、らしかったな。
みおは、こういうキャラなんだよ♪



と、最後の最後の最後は、
涙を返せー!というような告知でしたが☆

トラックバック (49)

カレーはスプーンで食べましょう

2010年09月28日 | アニメ&声優 10.7~9
省エネ!
外は雨。今日は雷も鳴りました。
あした天気になぁれ!


『世紀末オカルト学院』 Episode.13 マヤの文明 *最終回*

学長は川島によって、安全な場所に飛ばされた?
ん?
ここ、浅草じゃないですか!(アレ、アサヒビールの建物ですよね?
死んだ事にされたとはいえ、身ひとつで飛ばされて、
生きていけるんですか?
(と思ったら、ホームレスしてたみたいですね^^;)

色々事件に巻き込まれて、
マヤは素直に父親に会いたいと思えるようになりました。
良かったですね。
マヤは、未来へ帰る文明の為、
終業式の日に彼の母親と文明少年を学院に呼んだのでした。
しかし、
未来から来た文明は、そんな記憶はないと言います・・

公式HPでは鍵が何なのかネタバレされていたと聞きましたが、
この通りでしたか?

(未来の司令部の人は敵を「宇宙人」って言ってましたが、
学長への脅し、攻撃は美風っぽくないですか?
結局、敵の正体って何だったんだろう・・?)

軽く引き止めたのに、やっぱり帰ってしまうと言う文明。
マヤは学長命令だと、
亜美とその父親とこずえとJK&スマイルで、
送別会を催したのでした。

亜美のお父さんって、良いなぁ。
若者ばっかでなく、こういう好い大人のキャラがいると、
なんか安心して見てられる~
お父さんと文明の会話からすると、
子どもの文明は「良い子ちゃん」でヤンチャした経験などないみたいな?
と思ったとたんに、
ひとりでホテルを抜け出し、学院を探険する文明少年が☆
もしかしたら、
これは初めての反抗だったのかな?
念力で石像の指を動かしたのは凄かったデス。

都会育ちの文明少年は、
本でしか知らなかった星が、夜空にいっぱい瞬いているのを見て、
うれしかったでしょうね。

えー・・
優柔不断はいけません
流されるのもいけません
お調子者なのも 無責任なのも もちろんいけません
皆 しっかりと地に足をつけて
自分の足で歩いて行ってください


真似かもしれませんが、
文明は最後は、こんな自分のような大人にはなるなと、
まぁまぁ先生らしい言葉を残して行ったのではないでしょうか?

最後の最後に、
出会ってしまったふたりの文明。
事情を知らない文明少年に、
優しく接した文明(ややこしい)は大人でしたね。
しかし、
異界の扉は容赦なく開かれ、ロボットが学院を破壊します。
この学院がとても気に入った文明少年は、
自分の超能力でそれに立ち向かおうとしますが倒され・・

このスプーンを受け取った時、能力も受け取ったんですね。
逃げろと言うマヤに、

「歴史が変わるのはここからだ!」

と言った文明は、
今までとは別人のように、ヒーローでした。

「マヤ!
マヤ!オレを・・

オレを 頼んだぞーーー!!」


そして、
未来は変わった。
文明ら、エージェントを送り出した司令部は消え、
変わった世界に散っていった人達の、
記憶も「変わった世界」の中に馴染んでいくのだろうか・・?

な~んて、
マヤと文明はどんな関係になったのだろうか?
(追記:「内田」の表札。そうか^^;
ちと年齢差があったもんね。
でも、
あの家の外観やキッチンの様子を見ると、
マヤと文明が子どもの頃、望んでも手に入れられなかった、
「普通の」しあわせな生活をしているんだと感じました。

マヤと文明の絆が強まってゆくという描写は不足していたと思いますし、
ちょっとあっけにとられるような展開もあったけれど、
私は面白かったです☆

コメント (6)   トラックバック (33)

サハラに舞う白い羽根

2010年09月27日 | 映画(ネタバレ)
エコバッグ!
ネタがない^^;
というコトで、お昼にテレビ東京でやってた映画の感想をば☆


『サハラに舞う白い羽根』 2002年米=英制作

シェカール・カプール監督

美しいタイトルなんですが、
白い羽根は「臆病者」を意味するそうです。

主人公ハリーは、将軍を父に持つ若きエリート士官。
所属する連隊がスーダンへ派遣されることが決まると、
彼はその翌日に、除隊届けを出したのでした。
そんなハリーに友人達と、愛しい彼の婚約者エスネは、
白い羽根を送ったのでした・・

う~ん。
もともと軍隊に入りたくなく、父の為に入ったというのなら、
なお更簡単に辞める事など出来ないと思うのですが、
理解出来なかったです。

ハリーは友人達を命懸けで助けようとしたけれど、
自分が臆病者じゃないと証明したくてやってたように思うのは、
意地悪な考えだろうか?
そして、
それも、アブーという守護神の助けがなくては、
何も出来なかったのでは・・?
それにしても、
アブーはどうしてああもハリーを助け続けてくれたのだろう?
ヒックス将軍の下で働いたという事で、ここまで?
当時の世界情勢や歴史を知っていれば納得出来るのかな・・?


援軍だと思った騎馬隊が実は敵軍で、
陣営はメチャメチャになってしまいます。
砂漠で敵の思う通りに作戦にはまり、
敵も味方も砂煙の中で傷つき死んでゆくシーンは、
戦争の残酷さ、やるせなさで胸が詰まりました。

よく主人公と彼の友人達数人は生き残れたよな・・(・ω・)

親友ジャックへのエスネからの手紙を見て、
一度は彼を放り出そうとしたクセに、
最終的には、
「あの時助けたのはオレだったんだぜ」
的に良いヤツって事になって、
エスネともよりが戻ったんですか?
なんか、なんか・・だなぁ・・

ハリーにとっては臆病者を意味する白い羽根。
アブーにとっては頭に付けた羽根は、
勇者の証みたいなもんって感じでしたかね?
(人殺しなんですが・・;)
アブーというキャラは、
ハリーを助ける為に現れた妖精さんみたいとも思ったり♪


なん・・だと!?

2010年09月26日 | アニメ&声優 10.7~9
砂漠化!
劇場版制作決定!!完全新作・・だと!?


『戦国BASARA弐』 *最終回*

第十二話 蒼紅決死戦!激闘の果てに吹く風の音よ!!

政宗と秀吉。
このふたりが対峙するだけで突風が吹き、
空は黒雲に覆われます・・

元就軍の要塞「日輪」に立ち向かうは、幸村。
半兵衛に借りを返さんと、リミッター外す小十郎。
あーんど、
謙信VS石田三成。
島津軍VS家康、ホンダム(生きてた)
と、
それぞれの戦いを、
子どもとそのお友達とツッコミ爆笑しながら、
堪能させて頂きましたよヾ(^∇^*)乂(=^∇^)ツ

小十郎が顔傾けてバチバチ放電してるんですが~
ひとりで全部やっつけちゃいましたよ☆
半兵衛は今頃、

「そうか・・
僕と君とは 違ったんだね・・」


なんて、
気づくの遅すぎ^^;
んにゃ。
ホントはわかっていて、
政宗の底力を恐れていて、
自分亡き後のフォローを、なんとかしておきたかった・・のかな?

小十郎の前で血を吐いた半兵衛。
最期まで死力を尽くして戦いましたが、
崩れた崖から落ちてしまいました・・
最期まで美しい。
石田さんの台詞回し、風雅な立ち振る舞いと、
楽しませて頂きました。
合掌・・

要塞「日輪」に槍2本でどう立ち向かうか、幸村?
と思ったら、
止めたよこのコ!!

鏡に磔にされても魂の力でぶっ壊しちゃうもんねっ!
大爆発して、元就は飛ばされちゃいました。
(でも死なないよねって、子どもが笑ってた)
幸村のラブコールが聞こえたか、目を開ける政宗^^

政宗は一方的にやられていましたが、
「いやコレ普通死ぬよね?」
という攻撃をどれだけ受けても絶対死なず、
崩れた城の中からも不死鳥のように立ち上がります。
う~ん。
政宗もすっげ放電してるぅ^^;

政宗は最後に六爪ではなく、小十郎の刀一振りで秀吉に対抗。

勝った。 のか・・?

ってな、よーわからん秀吉の最期でしたが、
慶次、秀吉、半兵衛の3ショットのシーンで、
決着ついたのね。と理解。
御守りは、夢吉が秀吉に持って行ったらし。
サイコキネシス?で、御守りを慶次に返した秀吉。
作中、あんだけの強さをみせた秀吉。
ちょっとあっさり過ぎるんじゃ?とも思いましたが、
秀吉の強さは、
守護神半兵衛の後ろ盾あってのものだったり?と思ったり。

佐助から幸村の伝言を聞き、満足げだった信玄。
ラストに殴り愛で、サービスサービス☆

コメント (4)   トラックバック (18)

乙女の願い

2010年09月25日 | アニメ&声優 10.7~9
酸性雨!
一時、下界の事を忘れられるあの空間。
独特の雰囲気。
ずっと行ってないなぁ・・


『ケロロ軍曹』

第333話 【桃華 星空の気持ち であります】

冬樹は桃華に、古いプラネタリウムへ連れて来られました。
そのプラネタリウムの投影機は、
故障箇所が発見出来ず、星を映せないでいました。

このプラネタリウムで
一緒に流れ星を見たカップルは結ばれる


という噂を信じた桃華は、ケロロに修理を頼みますが・・

冬樹に乗り移ったプラネタリウム投影機の意識。
話し方がおばあちゃんみたいと思ったり^^;
この古い投影機は、
流れ星の映像を失敗してから投影出来なくなったと?
最後に、
そのカップルは結ばれていて、
仲良く年老いていたというオチはお約束っぽいかもしれないけど、
やっぱり良いですよね

果たして、桃華の願いは叶うのでしょうか^^?



『ケロロ軍曹 乙』 第26話 【ケロロ 福毛ちゃん であります】

※感想はあさって以降追記の予定です☆
   ↓
10月1日追記です

歯を磨くカエル・・いや、ケロロ☆
が鏡を見ると、おデコに長い毛が一本(笑)
夏美に笑われて気を悪くするケロロに冬樹は、
「それはきっと福毛だよ♪」
と教えてくれました。
長ければ長いほど縁起が良いとか、
幸運が訪れるとかいわれるそうです。
すっかりその言葉を信じたケロロは、
福毛を異常に大切にするのでした・・

福毛を守る為(?)トイレに流されたケロロ。(よーわからん)
イヤン、バッチィ^^;
「やらせはせん!やらせはせんぞお!!」
と頑張るうちに福毛は毛束に?!

西澤家に迷い込んでしまったケロロを、
通りがかりの556が助けた事に・・?

何だったんだ、この福毛^^;

スタッフさま。
モアちゃんに、
「ちゃんとしゃべれバカ」とか、
ケロロに、
「うぶうぶしゃべんなドジ」とか、
言わせないで下さい!!

次回 【ケロロ 激突☆暴輪具(げきとつスタアボウリング)大会 であります】
【ケロロ 我輩、超決断計画!? であります】

コメント (2)   トラックバック (6)

世は乱れ

2010年09月24日 | アニメ&声優 10.7~9
オゾン層!
『屍鬼』の続きの方が早く見たいのに~


『伝説の勇者の伝説』 第13話 北の勇者王

OP、EDが変わりました。
13話から2クール目という事なのでしょうか?

そして話は、
2年前のローランド王立軍事特殊学院時代に遡ったり。
これは、
やるならキファが裏切った後に、
その理由は・・とやった方が良かった気がするんだけどなぁ。

市場でエスタブールのスパイ呼ばわりされ、
(追記:本当にスパイだったんですね^^;)
魔導師に攻撃を受けるキファと姉と妹。
あのー
一般市民もいるのにいきなりなこの攻撃って酷いんですけど^^;
キファの姉は結構な魔法の使い手なんですね。
しかし、
相手は複数。
殺され、首を・・

んんー
この悪者キャラがワンパターンで、
なんか、なんか・・なんですよね^^;
で、
いきなり「私はライナが好き」と。
ぐーたらな人が好きなんですか^^;

そのライナは今、ルーナ帝国領を馬車で移動中。
眠がっているのは相変わらずと思ったら、
寝ずに馬車を操っていたからのようです。
ぇー
だったら馬も寝ずに歩いているわけで、良くないと思いますよ。

ストオル皇国フォイズ村で軍人として戦っていたキファ。
傭兵?
ガスタークの王レファルと出会います。
「戦争なんか大嫌いだ」と、ライナと言う事が被っているような?
大技を使うたびに代償を払わなければならないなんて、
そんなんじゃ生き残れない。
残された者はどうするんですか?と思ったり・・

ライナ達の前に再び現れた、スイとクゥの兄妹。強い!
う~ん。
勝てる気がしない。

次回 【誰も、なにも失わない世界】

トラックバック (8)

暑さ寒さも彼岸まで

2010年09月23日 | アニメ&声優 10.7~9
オゾン層!
いや~急に寒くなり過ぎでしょうという、今日のお天気。
雨の中、お墓参りに行って来ました


今日はネタがないので、
いつも書かないアニメ感想をばひと言☆

『花咲ける青少年』 第19話 おさえきれない気持ち

カールの腹違いの姉3人。酷過ぎるな。
カールは本当にあの父の子どもなのか?
彼にも出生の秘密があったりして・・

リーレンと伯父の会話をバルコニーで聞いていたルマティ。
リーレンの為に怒りを抑えるという、
良い子ぶりをアピールするのが堪りませんでした。
あと、
屋敷に戻って来た花鹿がリーレンの傷の具合が気になって、
「早く脱げってば!」と押し倒すシーン。
良い!ヽ(´▽`)ノ
と、
リーレンと仲良くなったかと聞かれて赤面するルマティ。
ふたりのラブラブっぷりにスネて見せる花鹿。
三角関係ですね
んなとこばかり、喜んで見ています☆



第20話 ターニングポイント

ルマティの前に現れた花鹿の父ハリー・バーンズワース。
「殿下」と言いつつ自然にルマティの肩に手を^^;
ハリーの言葉を聞きながら、そこに父の面影を見るルマティ。
伯父さんって事になるのか。

ユージィン、ルマティ、カールが夫候補なのではという花鹿に、

それで お前は誰を選ぶ・・?
いやだ 誰にも渡すもんか

そんな事 絶対に 許さない!

という切なげな悩ましげなリーレンの台詞。
きゃ~ん
ハリーの前では無表情でいて、こんな風に考えていたんだ~

今回は、花鹿の夫候補のおさらい?
カールの高校時代の「お遊び」については、
ちょと衝撃でした。
ハリーったら、神出鬼没ね。
仕事は良いのか?
そんなパパを待ち伏せしていた花鹿もスゴイ。
14、5歳で結婚相手なんて、決められないよね~


軽音部へようこそ!

2010年09月22日 | アニメ&声優 10.7~9
地球温暖化!
何の企画会議かと思ったら・・


『けいおん!!』 #25 企画会議! *番外編*

新入生勧誘PVの☆だったんですね。
ん~
軽音部だったら演奏を聴かせるのが一番じゃない^^?

軽音部室まで花びらで案内というのは素敵だったけど、
制服でお出迎えって、ちょとコワイ・・
結局、封印されていたようですが、正解ですね☆
ナースコスって、軽音部じゃないだろ^^;

来年の為にもう一度新勧ビデオを作る事になりました。
って、
これ、卒アル撮影後ですかね。
ゆいの前髪が短い^^;

第1回企画会議の「THE 軽音部」ってカッコヨカッタな♪

第2回企画会議のトンちゃんによる「吾輩は猫である」風部員紹介。
あたいはコレ、結構良いと思ったんだけどな~

第3回企画会議はりっちゃんのアイディア。
徹子の部屋風怪しいマルチ商法とか宗教勧誘みたいな^^;
ウソはいかんよウソは。
ゆいのアイディアは論外。

第4回企画会議はティータイムになり、ぐだぐだ・・
の後、
むぎの考えた火サス風PVも却下。

りっちゃんにダメ出しばかりしていると言われ、
あずにゃんがシナリオを考えて来る事になりました。
じゅんとういに相談するうち、
インタビュー形式を思いつくあずにゃん。

って、
トンちゃんのお世話のシーン。
ちょっと怪しくないか^^?
あずにゃんのツッコミが入りながらも撮影は順調。
ラストシーンを撮る時、鳥の鳴き声が聞こえましたが、
のどかな町なんですねぇ。

出来上がったビデオは、
この学校がとってもらぶりーな女子高生でいっぱい
(食堂のおばさん、お隣のおばあちゃん含む
ってな感じでした。
さりげにりっちゃんの捏造CMも入ってましたね☆
& さわちゃん先生の全米震撼コスもワンショットあり☆

おそろいのキーホルダーをならべて更に幕に被せるなんて、ニクイっすね♪
最後のオチまで、さわちゃん先生さすが~!

しかし、
最終的に、このPVは、日の目を見たのかしらん・・?

次回番外編 【訪問!】

トラックバック (49)