ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

皇室ウイークリー

2016-07-24 07:00:00 | 皇室ウイークリー

ご日程

両陛下

7月15日・・・天皇陛下 → 通常業務

         両陛下 → 地方行啓について説明をうける

7月18日・・・両陛下 → パラオ大統領と昼餐

7月19日・・・両陛下 → 皇太子明仁親王奨学金奨学生と懇談

        天皇陛下 → 認証官任命式

7月20日・・・天皇陛下 → 信任状奉呈式

         両陛下 → 人事異動者に会う

                 新旧外務省総合外交政策局長と昼餐

                 天蚕の収穫作業

       皇后陛下 → 国際子ども図書館リニューアル記念展「現実へのまなざし,

                夢へのつばさ:現代翻訳児童文学の半世紀」鑑賞

7月21日・・・・天皇陛下 → 信任状奉呈式

                   外務省から進講を受ける

                  総理大臣から内奏

        皇后陛下 → 外務省から進講を受ける

 

皇太子同妃両殿下

7月19日・・・両殿下 → 赴任大使に会う

7月21日・・・一家 → 奈良県訪問

 ・ 神武天皇陵参拝

見返り美人風?

 

 

お父様そっくりの手の振り方。

 

秋篠宮家

7月14日ー15日・・・・紀子妃殿下 → 山形県訪問

 ・ 日本赤十字山形県支部山形ロジスティクス・センター視察

 ・ 青少年赤十字防災学習発表を聞く

 ・ 日本赤十字社献血事業視察

 ・ 山形県知事招待夕食会

 ・ 平成28年山形県赤十字大会出席

 ・ 山形県赤十字有功会主催昼食会

7月15日・・・眞子内親王 → 兵庫県訪問

 ・ 神戸市立海外移住と文化の交流センター視察

7月19日ー20日・・・両殿下 → 愛知県訪問

 ・ 赤塚山公園視察

 ・ 生命の海科学館視察

 ・ 海の総合展視察,海フェスタ東三河絵画展等入賞作品鑑賞

 ・ 市町村勢概要聴取・夕食会

 ・ 記念式典出席

 ・ 記念式典祝賀会出席

 ・ 吉胡貝塚資料館視察

7月21日・・・秋篠宮殿下 → 静岡県訪問

 ・ 第50回全日本高等学校馬術競技大会出席

 真偽のほどはわかりませんが、22日の京都御所で皇太子一家は

  小和田夫妻と一緒に散策したと。

  その小和田恒氏は今、日本にいて25日に日本記者クラブで発言するようです。

 23日。皇太子・秋篠宮・黒田清子さんの3名が皇居で夕食会。

  映像で見ると、秋篠宮殿下はラフな格好です。ちょっとダンディ。

  黒田さんは自分で車を運転しています。で、皇太子はせっかく一人なのに奥の席で

  にやけている感じ。

  これまた真偽のほどはわかりませんが、23日には学習院に出没しているようですから

  何かがあったかかなと。

 庶民の感覚かもしれませんが、こういう時に「嫁」を外す両陛下の意向がわかりません。

   皇后陛下は自分が同じことされても平気なんでしょうかね。

   「血が繋がった家族だけ」で夕食会。以前のお見舞いもそうだったし、喜寿かなんかの

   写真展もそう。

   雅子妃に気を遣っている・・・・(もう復帰したんだから気を遣う必要もないでしょうに)

   としてもおかしいと思います。

   成年皇族の眞子さまや佳子様も無視。

   両陛下にとっては実の子3人だけが「次世代を託せる」人なのかもしれませんね。

 女性誌によると、最近皇后陛下は雅子妃に対して直接

「健康の状態はどうか」とお聞きになったそうで、雅子妃は

  「もう大丈夫です」と言ったとか。それが本当なら全部の公務に出るんだよね?

  「皇后になります」宣言しているわけだし。

 神武天皇陵参拝時の皇太子のズボンのふくらみの違和感が。

   何か入れているのかな。本当に病気なのかしら?

   病気持ちの天皇陛下ですか。

  まあ、皇室典範もまさか天皇が認知症になるなどという事は想定外だったと

  思います。

  明らかに身体に異変が生じて寝込んでしまう状態・・・・だったら「摂政」を

  置いても大丈夫なわけですが、体は意外と元気で、時々変になるというのは

  考えないよね

  今回の夕食会で「私は皇太子に皇位を譲りたい。秋篠宮はフォローに

  徹するように」なんて言われたら絶望。

  さらに皇后陛下が「悠仁に変な野望は持たせない様に」なんておっしゃったら

  もう終わりです。

  その時、黒田清子さんは・・・・・・?鍵はこの人なのかも?

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

でも考えなくてはいけない問題 2

2016-07-23 07:05:00 | つれづれ日記

 前述した「くたばれ専業主婦」で、作者の石原理沙は

「専業主婦は家畜」と言い放ちました。

つまり「専業主婦は夫に家畜として飼われているんだから

夫の金を使ってランチへ行ったり、旅行へ行ったりするな。

旦那が気の毒。働く能力もないくせに」

という意味でした

これって「旦那の扶養に入っている女性は甘えている」「合法脱税者」と

いうのと同じですよね。

しかも「パート収入があるくせに扶養に入っているなんてけしからん」と。

1円でも収入があればそこから税金を払えって話でしょうか。

あの当時の「主婦論争」はすごかった。

「TVタックル」で田嶋先生と石原理沙が言い合いして、阿川さんが

あっけにとられて・・・・みたいな感じ。

私はどっちの理論も変だと思いましたけど。

専業主婦VS働く女の討論もテレビで見ましたよ。

専業主婦さん達の言い分が、あまりに感情的で「これじゃ負ける」と

思った覚えがあります

 

女性達の心の中にくすぶるどす黒い差別意識が今も根強く残っているのだと

思います。

私などからみれば専業主婦さんはみんな「セレブ」に見えますけどね。

公務員か公務員の妻、あるいは専業主婦が日本のセレブかも。

夫の手取り額は全部夫のものなんでしょうか?

そういう話をしだすとキリがないのでやめますが。

今回の社会保険料の話。

自分でせっせと計算しました。

 社会保険に入って土日以外は全部出勤した場合の手取り額

  (一日も休まなかった場合)

 社会保険に入らず職場の言う通りに月17日を上限として働いた手取り額

 (一ヶ月も17日を下回る事がなかった場合)

               ↓

            ほぼ同額

 

 社会保険に入らず、夏休みや年末年始は数日休んだ場合

 → 手取りは現在より1万以上下がる。

 社会保険に入って、夏休みや年末年始に数日休んだ場合

→ 手取りは現在より1万円程下がる

だったら「我慢して自分の為に社会保険に入れ」っていうわけね。

 

 もうすぐ30の独身臨職A・30代子供なし結婚3年目臨職B

私 「あと20年国民年金を払うことを考えれば、手取りが下がっても

   社会保険に入るべき。貰う時に1万違ったら大きいよ」

A 「それはわかるんですけどね・・・・・」

B 「私達、一応契約が9月までじゃないですか」

私 「いや、絶対にクビにはならないから」

A 「でもいつ「2月で終わりとか9月で終わり」とか言われるかもしれない」

B 「そしたらまた扶養に入らないといけなくなりますよね」

A 「一日も休まずに働く事なんかできません」

そうだった・・・・二人とも持病持ちだったり親の介護があったりだった。

 

 元PTA会長C48歳

C 「私は減らしていいかな。最初から週に4日でいいって思ったし」

ちょこっと胸がざわつくのを抑える私。この方は「受験生の母」を理由に

残業をしないんだよねーー

AやBはものすごくいい子達だから、何も言わないけど。

C 「あら?ふぶきさん、消防引き取り訓練は行かないんですか?」

私 「うん・・・・だって仕事だし」

C 「まあ、そうなんですね」

CとDは子供が同じ学校へ通ってるって事は、3人が同じ日に保護者会

だったり引き取り訓練だったりするわけで。3人とも休んだらさすがに

まずいっしょと思うのだけど。

 

 臨職歴3年目の54歳 D

D 「納得できない。何で社会保険に入ると手取りが下がるの?

  その分、長く働かせてくれたっていいじゃない。何で短くなる方を

  選ばせるの?」

私 「そりゃあそうだねえ」

現在、市の最低賃金で5時間強働いている。それが社保に入らないを

選択するとマイナス1時間か、もしくは週4日になる。当然手取りが減る。

D 「2万くらい減るのよ。そんなんだったらフルタイムにしてくれていいと思う。

 どうせ扶養から抜けるんだし。そしたら働くよ」

私 「でも、それじゃ正規雇用とほとんど変わらない時間数を働く事になって

  なのにボーナス無し、有休少ない、時給アップなしって事になり

  かえって差別感が増すんじゃない?」

D 「そっか・・・・・」

私 「役所としては企業のようにあからさまに差別感をあおりたくはないと思う」

D 「でも、私もふぶきさんも臨職歴3年でしょ。特にふぶきさんは、正職員より

   仕事出来るし、臨職のリーダーだし。一方でKさんなんて、何も出来ないのに

   ただ正規雇用っていうだけでボーナス貰えて再任用されて、ずるくない?」

Kさん59歳は今年、うちの職場に来た独身男性。どんな人かって?

半年たっても私の名前を憶えていない・・・稀有なおじさん。

人と会話が出来ない、臨機応変に動けない、記憶力悪いで前職場から

追い出されてしまったっていうか、たらい回しにされてたのね。

私 「でも公務員は公務員だから。試験受かって入って来てるし。

  まあ、何で28年も同じことやってきてるのに、一々初めてのように

  戸惑うのかわからないけど」

D 「理不尽だあ」

そこではっと気づいたのです。

問題は社会保険に入る要件として「月収8・8万」ではなく「時給〇〇」で

考えてくれないと困るって話。

そもそも役所の臨時職員っていうのは「補助」なんですよ。

小さいお子さんがいる母親が、フルタイムは無理だけど5時間ちょいなら、

休みも気軽にとれるし・・・子供が病気しても保護者会でも気兼ねなく

休める。それが一番だった筈。

それは、いわゆる「本庁」だけの話で、支所の場合はあまりにも覚える事が

多くてミスすると大変で、しかもマイナンバーで新しい仕事も増えた。

仕事量とキャリアは確実にアップしているのに、絶対に時給は増えることなく

昨日入った人と同じ。

今まで10年以上働いている臨職さんとお付き合いしてきたけど

みんなそれを我慢してた・・・というか、「元々扶養範囲内だから」という事で

「気楽に」思うように心がけて来たってことなのね。

もっとも本庁でキャリア10年といっても、なんら仕事内容は変わらないけど。

D 「パソコンの入力だって片方の指でピコピコやってる人と違うのに

  それを認めてもらえないって悲しくない?」

私 「うーん」

入った当初とは違う悩みが出てくるのか。

それに社会保険の話だから。

キャリアとたたき上げの違い。資格を持つ者と持たざる者の違い。

 

人はそれぞれ生きて来た環境があり、流れがあり、わけがあり。

だから自分の生き方と違うからって単純に貶めていいものではないと

思います。

正社員夫婦に育てられた方、よかったね。感謝しなさいよ。

どうぞあなたもそうあって下さい。

子供を育てながら社会保険に入ってる方、偉いよ。真似できない。

結婚する時の男女のそれぞれの約束や考えがあり、「専業主婦」を

選んだ人が「甘えている」というのは違うと思う。

PTAなんて専業主婦さんに助けられてるところ、沢山あるもの。

なので、この件はおしまい。

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

でも考えなくてはいけない問題 1

2016-07-23 07:00:00 | つれづれ日記

すのーさま。ご心配頂きありがとうございます。

「主婦」に関しては触れない方がいいんですね。

そういえばバブル末期、「くたばれ!専業主婦」という本が売れました。

専業主婦は家畜」と言い放った作者に驚きました。

当時私は正職員として働いていましたけど、そんな風に思った事がなかったからです。

悪い意味の「ジェンダーフリー」がとうとう政治や制度にまで及んだ気がします。

安倍総理の「一億総活躍時代」という思想は一見素晴らしく見えますが

そうではありません。

なぜなら、人というのは「老いる」存在だからです

20代と60代では仕事をこなせる体力が違う、頭の働きが違う。

それを認めずに同じようにやるという事は、人に「老いるな」と言っているようなもの。

そして「老い」を認めない社会は、「持てるものと持たざる者」の格差を

より鮮明にします

 

話は飛びますけど。

天皇陛下の「摂政を置かない」事に関して、所功は週刊ポストや

「プライムニュース」でこんな事を言っていました。

大正天皇が在位中、病気であった為に昭和天皇が摂政になった。

その時、まだ天皇が生きているのに摂政として全部代わりにやるというのは

「やりづらさ」を感じた事だろう。それを知っている今上は摂政を置かない。

また

「摂政」を置くというのは、陛下にしぬまで働けと言っているようなものだ」と。

事の発端は、2011年に入院した事で、宮内庁幹部が

何とか陛下の公務の数を減らして行こうと意見書を提出した。

それを見た陛下はあからさまに不愉快な態度をして認めなかった。

と、同時に去年の戦没者慰霊祭におけるフライングにご本人がひどく

ショックを受けてしまい、

「役目を果たせない者が天皇でいる必要はあるのだろうか」と悩んだ・・・・」

この気持ち、みなさんはわかりますか?

私は「ああ、うちの郡山宮夫妻とそっくりだな」と思いましたよ。

郡山宮妃の母。大宮さんが80代後半の時、一時期宮家と同居して

もめた事があります。

大宮さんはカラオケが好きで同年代のお友達を呼んでは毎日カラオケ

お茶しておしゃべり。さらに少しでも家事を手伝おうとして必死でした。

そんな母親の態度に宮妃は「年より年寄りらしくしなさい」と言いました。

大宮さんが動くと、水道の水が出しっぱなしになったり、お鍋を焦がしたり

するので「じっとしてて」という事だったらしいです。

(今、宮妃は同じことしてますけどね)

大宮さんはため息をついて「私は役立たずだ」と言っていた事を思い出します。

もうすぐ90になろうとしている老人なんだもの、好きな事してていいよーって

言われて嬉しい筈と思っていたんですが、大宮さんの頭の中では

「働かざる者食うべからず」がしみついていたんですよね

傍について一緒にやれば失敗しない事も、知らない間にされちゃうので

当時の宮妃は常時イライラしていました。

一方、私の母は50代で脳卒中をやって血圧がいつも高い人でした。

私が上京し一人暮らしを始めてからは心臓を悪くしました。

入退院を繰り返し、私がいる町に連れて来て入院した後に老人ホームへ。

家族負担金は私が支払いました。

子供二人の保育園料とそれで手取りが全部なくなる事も。

そんな私の母に対して宮妃は「自己管理がなってない」

「子供に迷惑をかけるとは何事だ」と言い続け、亡くなった時は

「ほっとした」と言いました。

つまり、「いくつになっても元気に動いて自分の事は自分で出来る事こぞ

生きている条件」という考え方があるんですよね。

陛下も多分、そういう考えなんじゃないでしょうか

回りがせっかく「負担軽減」の為に、公務を削ったり「皇太子なり

秋篠宮にお譲りに」といっても、それを「自己否定された」と受け取った。

私は所氏の

「摂政を置く事が死ぬまで働けと言われているようで気の毒」の意味が

わかりません

摂政を置く事が「自分は用なし」と言われているようで嫌だ」ならわかりますが。

 

鳥越さんが「病み上がり」で怒ったのも、つまりはそういう事ですよね。

74歳で癌を患い、何度も手術して生き延びてる。まさに「病み上がり」

だけど、そういう言葉を許さない、へんてこな「ポジティブシンキング」が

そこにはあるのです。

 

人は老いていく存在で、老いれば老いる程、顔はしわくちゃになるし

体はきかないし、思考もノロノロしてくる。

でも一方で少数派だけど「本当にこれで90歳?」みたいな人もいるわけ。

それを基準に「人間はいつまでも元気で働き続けるべきだ」というのは

間違っています。

安倍総理自身、病み上がりで総理大臣になったわけですが

その理由は「お金」があったからというのは言い過ぎではないでしょう。

仮に彼がやもめ暮らしの定年サラリーマンだったら・・・・・

「病気する方が悪い」って事になるんでしょうか。

(昭恵夫人は専業主婦の扱いじゃないのか・・・・)

 

健康な老人が病気をした老人に「病気したのは自己責任」などと言って

私なんか病気をしたって病院にも行かないし、病気らしい病気も

しない。病院に行かないのにしっかり健康保険料を払って来た。

あんたなんか恩恵受けすぎだよ」とかいう時代が来るんでしょうか?

何で介護受けてないのに介護保険料払うの?うちの親なんか

介護認定受けずに死んだわよ。介護料金払い損よね。要支援2で不満持つ

ってどういう意味?甘えているよ」とかいうの?

 

「夫の扶養に入っている主婦は合法脱税」とか「甘えている」って

いうのは、そういう意味にとれますよ。

1億の国民の中、5000万人が女性だとして、それらの女性が

全員何かしらの資格を取り、公的機関で公務員として働くか

大企業のキャリアとして働く道を選ばないと「甘えてる」とか

結婚して子供が生まれてパートで最低65歳までパートで働く。

社会保険料と厚生年金くらい自分で働いて払え。非正規雇用

選んだ自己責任じゃん。ボーナスなし、時給アップ無しも全部

自己責任」 

っていうのかな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

皇太子一家 神武天皇陵参拝

2016-07-22 07:00:00 | 皇室報道

 とりあえず・・・・

 

 

 

 

 

 

神武天皇陵参拝時。

3人が横並びで参拝しました。

愛子内親王は駅での態度が嘘のようにむっつり。

神妙な顔をしているというより、明らかに嫌な顔してます。

雅子妃のドレスは伊勢の時と同じですか?それとも武蔵野陵?

 

東京駅ではボレロを着ていた愛子内親王。

奈良に着いたらワンピースだけ。

そして参拝の時は制服に着替え・・・・・最初から制服じゃダメだったの?

この愛子内親王は本物なんでしょうか?

手の感じからいうと本物っぽいけど、画像を加工してあるようにも見え。

内親王の顔がこんなにコロコロ変わるって。わかんない。

いや、痩せて可愛らしくなったわーーやっぱりお年頃なのねーー

将来はものすごい美人になるかもねーーねーーー

 

だけど変わらないもの。

一家揃ってずーーーーーーーーーーーーーっとお手ふりしてる。

いやーーどこでもお手ふり。手の位置も一定。これは並大抵のことではないかも。

明日にもそう呼ばれるかも「天皇ご一家」と。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ロイヤルファミリーの温かさ 3

2016-07-21 07:00:00 | 日本人なら絶対に知っておきたい皇室

 まあ、どうせ「雅子様と愛子様、神武天皇陵参拝」のニュースが

にぎにぎしく報道されるでしょうから。

その前に・・・・・・っと。貼っていくシリーズね。

どんな家庭でも(それが天皇家でも)遅くに出来た子供というのは

とりわけ可愛いと思います。

最初の照宮様は非常にご聡明で昭和天皇のお気に入りと言われましたが

それでも20歳かそこらで降嫁しちゃったし。

待望の男子はやっぱり嬉しかったと思いますよ。

1946年の昭和天皇と皇太子。皇太子の物腰に緊張も孤独も見えません。

何で「孤独な幼少時」と思い込んだのか。洗脳って怖い。

こちらも1946年、皇后陛下の授業参観風景。

確か平成の皇太子夫妻は教室の一番後ろに椅子を置いて

朝から夕方4時までずーーーっと教室に居続けるんだとか。

偉くなったもんだなあ。

 

1951年。テニスをする昭和天皇と皇太子。

くったくのない昭和天皇・香淳皇后・孝宮様と清宮様と義宮さま。

それに比べて皇太子の表情が今一つ。遅く来た反抗期みたいな?

 ここでももうかつての親子じゃないなあ。

皇太子は大学に入って立太子して・・・・の時期。

今後、昭和天皇が亡くなるまでこの表情。

国会図書館が移転して一時、赤坂離宮にあった事がありました。

その時に見学されている貞明皇后、香淳皇后、内親王方。

香淳皇后の緊張感が伝わって来ますね。

もうすぐお嫁に行く孝宮様のミシン掛けを見守る香淳皇后。

普通の母と娘って感じですよね。思えば美智子皇后と紀宮のそういう写真って

ないと思いつつ。嫁にいく娘が主役よね。

1954年。軽井沢での3人。昭和天皇と皇太子の距離が離れているというか

微妙になってます。

同じく1954年。全皇族が集まっての神楽の鑑賞。つまらなそうな

昭和天皇と、ちょっとふてぶてしい皇太子。しつけのできてない子供達。

義宮が犬をかわいがっているのを見守る家族。

思えば火星ちゃんは皇太子よりさらに年下で体が弱く、香淳皇后の愛情も

ひとしおと思えます。

ただ、やっぱりこの時の皇太子も精神的に微妙なんですよね。

含みがあるというか。

自分の家族に違和感を感じていたんでしょうか?

 

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

だって病み上がりじゃないか

2016-07-20 08:07:12 | ドラマ・ワイドショー

 まあ、千葉県民には関係のない都知事選ですけどね。

シスターマーマ あれはなんでしょう?」

憲法9条を守る為に都知事になるとかいう詐欺師ですわ」

「シスターマーマ あの女性は誰でしょう」

あれこそ都知事ですわ」

 

詐欺師・・・などという言葉を使ったら素人のブログといえども

鳥越さんは怒り心頭、「差別だ」とかいうのかな。

小池百合子さんが「病み上がりの人を連れて来てどうするんですか」と

言った事に対して、大変お怒りとの事ですが

真実を言われると怒るタイプの典型例では?

だって、病み上がりじゃん 今まで何回手術してるの?

病人ではないなら病み上がり。いや、現役患者に近い人では?

胸をはって「ガンは治りました」といえるんですか?

言える筈ない。いつ再発するかわからないんだもん。そのリスクは

誰でも背負っている事。

ゆえに「病み上がり」は間違いではないと私は思います。

そんな事に一々怒るより政策を出しなさいよ。

なにが「がん検診100%」だよっ

 

そんな事より日本の土地を韓国に提供する事のないように

保育所を作ってもらう事や東京オリンピックのへんてこな「おもてなし服」を

やめる・・・いえ、東京五輪自体を返上して頂く事が大事。

日本の夏の厳しさを外国人だって知っている筈。

毎年多数の人が熱中症で倒れ、死者も出ている東京で

節電をモットーにしている日本で、どうやって真夏の五輪が出来るのか

お聞きしたい。

天皇陛下にとってこれが花道・・・・だったら恐ろしい。

選手や観客がばたばた倒れる五輪が花道なんて。

いやいやそれより平昌五輪にお金も援助もしないでくれる人がいいですよ。

だから都知事の第一条件は「身も心も日本人であること」が最優先。

我が家のヨンジュナのクラス30人の中にも、日本語のおかしな

外国人ママが多数いましてね。それはそれでしょうがない。でも、子供の

名前だけではわからない。知らずにバザー長に選んでしまったら

「ワタシデキマスカ?」なんて言われて「ええっ!ママ、日本人じゃないの?」

ってな事になる。

仕方ないから一番負担の少ないチケット売りをして貰おう。

クラスはそれで「楽でよかったー」と喜ぶけど、他のクラスは内心

「不満」だろうなあ この複雑な心境はその場になった人しかわからない。

まあ、そんな小さな話はいいとして、今や日本列島は本当に

ポッポ兄が言ったように「日本人だけのものではない」状態になっている事は

確かです

見分ける方法は不自由な日本語とかーー激しやすい性格とか

膝を立てる姿勢とか・・・そんなもんで判断するしかないんだもんね。

 

そうそう、鳥越さんの話。

巣鴨の老人たちの前に森進一を連れ出して「若いわーかっこいい」とか

言われて悦に入っているもうすぐ後期高齢者で病み上がりの男性に

都知事が務まるとは思えません。

私はがん患者だから公用車で静養に行く権利がある

とか言い出しかねないもん。

こういう左巻きの主張というのは。ひたすら自分の立場だけを理解してほしい

わかってくれないあなたが悪い、差別だ人権侵害だというもので

自分の事を棚に上げるのは得意技ですから騙されない様に。

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

社会保険かあ

2016-07-20 07:00:00 | 近況報告・子育て・嫁姑

 安倍総理の政策の一つに、パートでも要件を満たせば

社会保険に入れる…入れるべきというのがありますよね。

とうとう私の職場も10月からそうなる事になって。

時給は変わらずで社会保険料を14000円以上納めないといけなくなります。

なので、「どういう働き方」をするか・・・・と問われるわけです。

 

今までは配偶者控除の範囲内でという事で、夏と冬に2週間の休みを

強制的に与えられてきました。

でも、今後はこの制度は廃止。手取りでは月21日がっちり働いて

やっと収入がそれなりに上がる印象。

年金は今後20年入るなら月々9700円お得。

それ以外の人は週に5日間を短く働くか、今まで通りの代わり週に4日に

するか選ばされるのです。

 

1億総活躍」なんて所詮は絵に描いた餅なんだなあと思います。

今になってこんな制度を作られても、今更一日も休まずに働くというのは

精神的にも肉体的にも無理。

だったら今まで通りでいいかな。でも多少手取りが減るなあ。

また内職しなくちゃだめか。

こういう時に自分の人生を振り返り、ああ、失敗したのかもしれないと

思ってしまうのです。

子供達が思うように育たなかったり、反抗期そのものの態度をされたり、

それもこれも、あの時学童にいれたせいなのか?とか、仕事でいなかったせい

なのか?とか後悔だけが募る・・・・みたいな

今だって。

仕事量は確実に増えているのに時給は上がらず、扶養範囲はそのままで。

かえってがんじがらめにされているよう。

扶養の範囲を広げてくれたらもう少し安心して働けるのに。

特に子もちのママはね。

あと20年若かったら、もっとステップアップしようと思ったなあ。

でも、当時は子供達が小さくて弱くて、無理ばかりしてたら結果的に

自分が倒れちゃって、仕事のランクを下げていくしかなかったんですよね。

なのになあ。子供達はそういう親の生き方を

「自分で勝手に選んだ仕事じゃん」とか言う

それはそうなんだけどさあ

「親なんだから子供を育てるのは当たり前」

「仕事をしているんだから頑張るのは当たり前」

当たり前ばかりじゃ疲れちゃうなあ。

 

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

雑談

2016-07-19 07:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 黒柳さんの番組を見ました。

テレビ番組60年史でしたっけ。

昔、50年史とか40年史とか・・・・NHKで見た記憶が。

そのどれにも黒柳さんが出ていました。

今回の黒柳さんのドレスはさすがにド派手。可愛いなと思います。

でもネックレスはくどいんじゃないの?と思ったりして。

もしかして黒柳さん、歩くのが大変になってきたのかな。

 

樹木希林と内田裕也の夫婦が出て来たってところがすごすぎて。

これ、若い人はわからないと思います。

何だか内田裕也は根負けして夫婦やってるんじゃないか?とかね。

 

個人的にはヨン様が出てくれた事が嬉しかったです。

日韓がこんな時代、わずかとはいえ、日本の番組に出る事は

リスクも大きいのではないかと思います。

親日派だと思われているでしょうし

ネチズンがあれこれ言わない事を祈りますけどね。

「ミーマイ」を見ている時、2幕最初に地震があって怖かった。

場内からは悲鳴っぽい声も上がりましたし、もしかして

中止?と思ったり。

どういうわけか2階席にいる時に限って地震が起きるので

トラウマ状態で、なかなか集中してみる事が出来ないのよね。

前の方にいれば、またロケットの靴音が怖かったり。

困ったもんです。

 

帰りに久しぶりにお友達と長々おしゃべりをしたのですが

ファンクラブについての沢山の話を聞きつつ、本当にファンクラブって

大変な事なんだと思いました。

まだ世間を知らない10代の娘が歌劇団に入った瞬間から

「ファンを増やす」「ファンに報いる」事を仕事にしなくちゃいけなくて

その印象を決めるのはファンクラブです。

でも、代表が独占欲が強かったり強欲だったり、事務が苦手だったり

人望がなかったりしたら、ファンクラブを運営していく事は難しいのです。

女性ばかりの集団で、しきたりも多いしお金もかかる。

ジェンヌ一人一人がそれを特別と受け止め、感謝するならいいけど

何でもかんでも「出来て当たり前」みたいな態度はよくありませんよね。

 

人望があってお金の計算にきっちりしてて、采配が上手。

事務能力も抜群。

ジュゴンさんとアビちゃんがいたら、どんなファンクラブもうま

運営出来るんじゃないか?と思ったりして。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花組 ミーアンドマイガール

2016-07-18 07:00:00 | 宝塚コラム

土曜日の11時の部を見てまいりました。

ジェラルド → 芹香斗亜

ジャッキー → 鳳月杏

パーチェスター → 柚香光

ジョン卿 → 瀬戸かずや

マリア → 仙名彩世

 

このブログにおいては「ブロードウエイミュージカルは好きじゃない」

という意見を書いている私。

だから、この作品も本当いうと好きじゃありません

貴族社会を知らないアメリカが貴族社会を描くと「アーネストインラブ」や

この「ミーマイ」のようにおちょくっている感じ?がするという事と

サリーのような身分の女性が、どんなに頑張っても貴族社会に受け入れられる

筈がないって事がわかるだけに、あまりにもお気楽な「終わり良ければなんでもいい」

的な展開にちょっと・・・・って感じだからです。

だから、今までにビルやサリーに感情移入した事などなかったし

正直、ストーリーもよく理解しないまま見てたわけですね。

 

でも 今回、初めて主役の二人を理解しました。

(単に私が歳をとっただけ?)

ランベスで育った、本当は貴族で御領主さまのビルが、貴族社会に馴染めず

っていうかいわゆる「人格否定」を受けているような気分になりつつ

いつも「ランベスに帰りたいな」と思っているけど、いつの間にか知識が増えて

今いる環境が(人間関係は別にして)心地いいと思いはじめ、

はっきりくっきり「ランベスの人とは違う自分」を認識し、かといって

育ちのいい人達の中では浮いてしまう事にいら立ちを覚える。

すごくわかります

 

一方のサリーは、今回の事はビルにとって奇跡に近い出来事であること

はわかる。逆立ちしたって自分が貴族の令嬢になれるわけがなく

生まれ直す事も出来ない。

という事は、ビルと自分の間には大きな溝が出来てしまった。

ビルはそれを軽々と飛び越えて、両方の世界を行ったりきたり出来ると

思っているけどそんな筈ない。

知識も教養も自分達とは全然違うレベルに達してしまったビルは

やっぱり「青い血」を持ってる人なんだなと思う。

そしたら自分のような人間は足かせにしかならない

 

そしてマリアおばさまにとって最も大事なのは「家」であり、血筋を

守る事。傍系の誰かに継がせるくらいなら、半分だけとはいえ、直系の

ビルに継がせたい。継がせる事が自分の使命だと思っている。

そして、元々「青い血」を持っているビルは訓練次第で立派な当主に

なると信じている。

ビルの感情とか、性格とか、恋人の有無とか、そんなものはこの際関係ない。

ビルが当主になる事に邪魔が入れば全部排除。それが貴族としての

生き方である。

尊い身分には義務が伴う」マリアおばさまの中では「私より公」

権利より義務、感情より理性。

余りにも完璧なマリアおばさまの前では、何を言おうと何をやろうと

太刀打ちできない。

ビルとサリーが持つ「血筋」と「育ち」へのコンプレックスは、法律や

努力ではどうにか出来るものではない。

そのコンプレックスが、今、トップスターとして身の丈に合わない立場に

立たされてもがいている明日海りおと、決して明日海の相手役として

美貌を認められる事はないだろう花乃まりあに重なって見えて。

ひどく共感できたのです。

 

どちらかというと花乃まりあの方が肝が据わっていて、

伸び伸びとサリーを演じているような気がしましたし、明日海の方も

ようやく相手役に任せる事は任せ、引っ張られて一人前のように

なっていました。

マリアおばさまに何と言われようと、ジャッキーに言い寄られようと、

サリーの事が好きっ!「僕の女の子は彼女しかいないっ!」と思い込む

ビルが初めて可愛いなと思いましたし、またけなげに見えて。

サリーに関しても、必死に身を引こうとする様がいじらしいと思いました。

だから、ラスト、ビルが「てめえっ!このやろう!」と抱きしめた時は

ちょっとうるっときちゃったというか

よかったねーよかったよかったみたいな。

そっかー「ミーマイ」ってこういう話だったんだなと。

 

何で今回、そんな風に思えたのかはまだまだ謎な部分があります。

演出はほとんど変わってないと思うのですが、振りが少々オリジナルっぽい?

より登場人物の感情が伝わりやすくなっているような気がしました。

 

私の中でもっとも素晴らしかったのは仙名 彩世

ズバリマリアおばさまです。

思えば、この作品における「マリアおばさま」の比重は高く、影の主役くらいの

意義があります。

仙名は、声の出し方といい、セリフ回しといい、歌声といい、とにかく完璧っ!

おまけに綺麗。

この人のおかげで「ミーマイ」が面白かったといっても過言ではありません。

なぜなら、物語のキーは全てマリアが握っていて、登場人物は全て

「受けの演技」をさせられていますよね。

投げるボールがよいからスイスイ受けられる・・・というわけです。

それに比べるとジョン卿の瀬戸かずやはかなり存在感が薄い。

っていうか、それをいうならジェラルドの芹香斗亜も印象がない。

柚香光はジャッキーの方が断然似合っているような気がしますが

とりあえず見た目が目立つのと、正しい演技で及第点。

鳳月杏のジャッキーは逆にやっぱりちなつっちゃんは男役の方がいいなと

思ってしまい。演技やスタイルに非のうちどころがないのは認めるのですが

それでもやっぱり男役の方がいいと思いました。

 

明日海りおと花乃まりあの相性もよくなって来たというか、花乃まりあの方が

リードしている印象です。

このままの力関係でいけば、ゴールデンコンビになるんじゃないか?と。

自分でもまさか花乃まりあにそういう感情を持つとは思わなかったので

意外です。

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

退位と譲位

2016-07-17 23:50:00 | 皇室報道

 最初に「生前譲位」とか「生前退位」を言い出したのはNHKですか?

私もうっかり間違えてしまいました

正しくは「退位を思し召し」

くらいですか?

「譲位」 → 位を譲る事

「退位」 → 位を降りる事

どちらも生きている時に行うものなので「生前」をつけると重複になる・・・

実際、陛下がどっちの意志をお持ちなのかはわかりませんが

「譲位」でも「退位」でも、結果的に皇位継承権第一位の皇太子が継ぐわけで

そんなに変わりはないかな。

「ミーアンドマイガール」を見ながら、

「あーあ、雅子妃にもマリアおばさまがいたら少しは違っていたのかな」と

思ってしまいました。

「人は正しい扱いを受けると変わるんです」

ビルがわずかな期間であっさり本来の「貴族」への変貌していくのに比べて

雅子妃は23年経ってもまだ「小和田雅子」のまま

ある意味、ここまで自分を変えない、曲げない、成長出来ないというのは

稀有な存在だなと思いました。

尊い身分には義務を伴う」

という考えを23年経っても身に着けられない皇太子妃が皇后になる。

まるでランベスから出て来たビルとサリーそのままに、

「え?これ、全部貰っていいのか?やったー」とお屋敷の道具を

全部かき集めていく姿が重なって。

彼女の中ではいまだにこの考えで

東宮御所のものは全部私のものなの?やったー親を呼んで姉妹を

呼んで思い切りごちそうして泊めてやって自慢しちゃえ。

ティアラもネックレスもドレスも御用邸も皇后になれば自由に使えるんだよ?

いいよなーー皇后って」

って思ってそう。

 

徳仁親王&雅子妃が天皇と皇后になり、とある晩餐会に出たとして。

 雅子皇后はアペリティフは欠席

 無理やり出席させられたとして

侍従 「こちら〇〇王国の国王陛下並びに王妃様です」

皇后雅子 「どうも」(ぺこぺこ)

国王 「お招き頂きありがとうございます」

皇后雅子 「いえいえ、そんな。どうもどうも

王妃 「皇后陛下にはご機嫌うるわしく

皇后雅子「どうもどうも」

そこでマリアおばさまの登場です。

まあ。今日はようこそいらして下さいましたわ。食前酒は何がよろしいかしら?

どうそなんでもおっしゃってね。まあ、王妃様のそのドレス、お国特産の刺繍ですわね。

私、一度拝見したかったんですのよ。素晴らしいわ。あ、このブローチ?

これは先の皇后陛下から賜ったもので。ええ、もうすっかり元気になりましたわ。

こうやってお迎え出来る事を嬉しく思いましてよ

 

晩さん会にて。

国王 「京都は日本的なものであふれていますね

皇后雅子 「そうですね」

国王 「京都へは行かれるのですか?」

皇后雅子 「いいえ。私はめったに行きません。外国の方が好きです」

国王 「(困って)では我が国にもぜひいらして下さい」

皇后雅子 「いつがいいんですか?冬はスキー出来ますか?そちらの有名な

    観光地といえば・・・・・」

王妃 「よくご存じで」

皇后雅子 「私、そういう事にはうるさいんです。ハーバードの時はアメリカの

  ボストンにいて留学でオックスフォードへ行きましたでしょう?学生時代は

  スキーといえばスイスでしたし、小さい頃はソ連にも行きました。

  ああ、でもやっぱりサウジアラビアでのラクダレースは見ものでした。

  そちらの国には競馬とか、レースのようなものはあるんですか?」

王妃 「さあ・・・どうでしょうか

そこでマリアおばさまの登場です。

 

国王 「京都御所は素晴らしい建物でした。京都は日本的なもので

    あふれていますね」

皇后雅子 「そうでしょうとも。やはり京都は古都ですし、あそこで歴代の

    天皇陛下が過ごしになられたと思うと身がひきしまりますわ

国王 「京都へは行かれるのですか?」

皇后雅子 「ええ。度々。京都には他にも見て頂きたいものが沢山ありますのよ。

     仏教には興味がおありですか?仏像はご覧になったかしら?」

国王 「我が国にもぜひいらして下さい」

皇后雅子 「ありがとうございます。楽しみですわね。そういえば、王宮は300年もの

     歴史がある建造物と聞いていますが、そうなのですか?」

王妃 「よくご存じで」

皇后雅子 「本当は少し勉強いたしましたの。でも写真で宮殿を見た時に

    その壮麗な姿に驚きましたし、大変興味をひかれましたわ」

王妃 「来て頂ければもっと興味をお持ちになる筈ですわ」

おっほっほ。

 

後席。雅子皇后は「体調の波で失礼」と退出。

あっけにとられる賓客たちを後目に天皇が「マデイラワインはいかがです」

と声をかける。

国王 「皇后陛下はどうされたのでしょうか?体調がお悪いのですか

天皇 「いいえ、雅子は体調の波で帰っただけです」

王妃 「まあ、私達の為に無理をされたのですか」

天皇 「ええ。雅子は本当に精一杯やってくれているんです

もうマリアおばさまの出番もない。

国王も王妃も「二度と日本には来ないし、呼ばない」と思うでしょう。

 

とはいえ、そんな二人が天皇と皇后になる事は確かなんですわ。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加