ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

元気だなあ・・・それはいい事なのよね?

2014-10-31 07:00:00 | 皇室報道

 佳子内親王殿下

国際基督教大学に合格、おめでとうございます 

キャンパスがきっと花が咲いたかのようになりますわ

我が家のおバカなヨンジュナはちっとも勉強しません

私が仕事でいない事をいい事に、学校から帰って来るとすぐさま

友達の家に行くか、自分で呼ぶか・・・・きっちり「よい子のみなさん・・・」が鳴るまで遊び呆けます。

その後、宿題とくもんが待ち受けているのですが

私が油断するとすぐに「サボリ」ます

それがバレテも「明日やるよーー」って・・・情けない。そなたはこの老いた母を殺すおつもりかい?

そなたを身ごもった時、経済的に苦しくてどうしよう・・・産まない方が・・・などと言われたけれど

母は「きっと親孝行な子が産まれるはず」と信じ、産んだのに。

毎日毎日、必要以上に手がかかり 勉強させるのにも監視が必要。

そしてついにっ 「分数の計算」でつまづき。

慌てて母が分数の掛け算と割り算、帯分数の掛け算と小数点を分数にする方式を

ネットで調べる羽目に。

算数が苦手だったのに なんで今さら分数を・・・・・それをさらにヨンジュナに叩き込み

気がつけば午後9時をすぎ 食事もせずに頑張って。

きっと愛子様も同じような事を毎日なさっておいでなのですわ(棒)

だから日々、遅刻と欠席を繰り返すんですわね。学習院は私立だから宿題も多いしね。

あ、でもうちのヨンジュナは遅刻だけはしないんですのよ。

朝の7時30分には学校に到着しておりますの。

夜、どんなに遅く寝ても朝の6時にたたき起こされるものでねーー

まあ、貧乏な庶民の子供に遅刻は許されないのですわ。

 皆様に直接コメントをお返しできないので、ここで改めてお礼を申し上げます。

コメントをありがとうございます。

私にとりましてコメントは日々の生きる糧になっております。

今後ともよろしくお願いします。

ちなみに・・・・・・・・・・

私、雅子妃と同い年ではありません。

一歳年下です。

雅子妃に厳しい、温かい目で見てあげないのか?

温かい目で見て頂きたいのは国民の方です。

生活の不安なく、税金でたらふく召し上がり、家事も育児も全くしなくていい環境にいて

不平不満ばかりを並べ立てる同年代の女性は恥ずかしい限りですわ。

これ以上、何をお望み?好きな時に好きな外国へ行けるパスポート?

常にVIP待遇でちやほやされる人生?

毎日「万歳」三唱され、「頑張ってる。すごい。羨ましい。素晴らしい」と褒められる人生ですか?

「雅子妃に厳しい」とおっしゃるあなたはどれ程お優しいんでしょうね。

では私財を投じて一生滅私奉公なさいませ。

 

久しぶりに「エクスカリバー」や「砂漠の黒薔薇」を見ながら

「花總まりが皇太子妃だったらどんなに素敵だったかしら」と思ってしまいましてよ。

なんたって彼女こそ「女帝」だものね。

ドレスの選び方、髪型にティアラ・・・全て完璧だったろうなと思うと・・・・

でも我が家の姫が言いました。

「お花様、あんな旦那様じゃ嫌なんじゃない?」って・・・・それを言っちゃいけませんわ。

そっか。「皇太子妃」は「人身御供」だったんだっけね。

さて。

この写真のおかしさに気づかなかった私は疲れていたのですわ。

乾杯シーンよね?そうなの。乾杯のシーンなの。

なのに、雅子妃だけは国王に目が釘付け

本来なら隣の外相とグラスをあげなくちゃいけなかったのに。

しかも髪の乱れがこんな小さな画像にもはっきり。実際はどんだけ目立っていたのでしょう。

僅かなシーンを切り取ってすらこのありさま。

まるで「近江の君」です。

 

30日、皇居で開かれた昼食会にいらしたオランダ国王夫妻と両陛下。

双方、シック・・・本当に秋らしく、落ち着いたファッション。

しかし。

そこに現れた皇太子夫妻。雅子妃は全身ピンクで「主役」状態です。

さすがに両陛下の前には出られなかったとは思いますが。

雅子妃の立ち位置、皇后陛下に近すぎませんか?

とっても元気で上機嫌でぺらぺらとしゃべりまくっている映像が流れましたが。

長崎にはいかないの?

っていうか・・・このお手ふりの後、この4人はどんな会話をされたのか。

そっちが気になります。

「御苦労さまでした。無事に務められてよかったですね

と皇后陛下が「お喜び」になった・・・なんて記事が来週の週刊誌に載るかも。

来週の女性週刊誌の見出し候補。

「雅子様。決意のオレンジスーツで復活の兆し」

「マキシマ妃と友情を確かめられて」

「マキシマ妃。「ぜひまたオランダへいらして」と雅子妃にお誘い」

「雅子様、皇室外交復活の晩さん会。美智子皇后から送られたティアラをつけて」

「雅子様。弾ける笑顔!もう一度オランダへ」

なーんてね。

コメント (18)

追記

2014-10-30 07:43:47 | 皇室報道

まだ掲載してない写真を載せて。

まず、マキシマ妃の上着

これじゃ確かに歓迎式典には着て歩けないでしょう。

だったら最初から長袖のスーツにすればよろしかったのに。

ハイヒールは・・・歩くのが大変だったのでは。

背が高い国王に合わせたのだとしたら、気の遣い所が違うでしょう。

まあ、とにかくこの二人は「オランダアピール」に来たわけですから、どこまでも独善的ですね。

 

いわゆる雅子妃の「カーティシー」

こんなにも腰はひけているとは・・・・・

ネットで「超高速屈伸運動」と言われるだけあります。

晩さん会での紀子妃。

なんというか、ぱっと見、皇太子妃と紀子妃の衣装が被っているようですよね。

ティアラの被り方が全然違うなあと。

一体雅子妃の後ろの髪はどうなっているんでしょうか。

 

デイリーメールに掲載されたマキシマ妃。

ティアラがすごいです。前髪を多少残して被るのが今風なのかなあ。

ダイアナ妃のティアラ姿が一番好きですけど。

リボンのブローチもシックで可愛い。

デイリーメールに雅子妃のお姿はありません(それが普通)

 

雅子妃は確かに宮中晩さん会に出席しましたけど

 疲れが出て一時的に退室

 この日の為に体調を整えようとしたのではないか

と言われています。という事はいつもはそういう事はしないという事で。

「頑張ろう」と思う所が違うんでしょう。

それが「病気」と認定される時点で終わっておりますけど。

国内の地方公務や勤労奉仕団に会釈などは「体調を整える必要なし」と言われているんですね。

「雅子様のめざす皇室外交が最優先」なわけですね。

わかりました。

 

 

コメント (27)

嬪宮小和田氏万歳・万歳・万々歳!

2014-10-30 07:00:00 | 皇室報道

 タイトルの読み方ですか?

ピングンオワダシ マンセーマンセーマンマンセー」です。

国賓をほったらかしにして、日本中のテレビ局が

雅子様11年ぶりに晩さん会へ」のオンパレード

ネットによるとTBSに電話をかけたら

「国賓より両陛下より雅子妃が皇室の中心に見えると視聴者が判断したのなら

それがテレビ局が伝えたい事と思って頂いてオーケー」だそうです。

つまり、TBSに限らず日本中のテレビ局、マスコミがどこからかの号令を受け

「雅子様万歳」を一斉に報道しているという事です。

普通は国賓が一番でしょ?

それを全部無視して「雅子様の雅子様による雅子様の為の晩さん会」として

報道したんですから。

 このドレスは新調ではなく、2000年頃に着ていたものです。

 後ろの髪の毛がぴょんと飛び出てしまっています。

 第一ティアラではなかった。

 これで「第一ティアラ」行方不明説はさらに信憑性を増しました。

  残念ですが、あのティアラはもう いくら国民が騒いでも

  「宮内庁が保管しているっていったらしているんだ!」の神の声には叶いません。

 ここでも髪は飛び出たまま。

皇后陛下から貰った帯どめでしたっけ?ブローチにしてるの?

どうしてもこれはつけたかったわけ?

皇后陛下もティアラなしなので、大きな事は言えません。

頸椎の痛みによるティアラなし」と「国のものであるティアラ紛失」を同時に語る方がおかしいけど

世の中ってそういうものなんでしょうね。

マキシマ妃、せっかく鮮やかなドレスにティアラなのに、全然大きく取り上げて貰えない。

オレンジのドレスといい、マキシマ妃の髪の色にあった、いいドレスなんですけど。

雅子妃のドレスは皇后陛下とほぼ同じ色。

結果的に最後まで髪の毛は立ちっぱなしでした、

あら。お隣のオランダ外相とは話が合うんですのね。

反日的な意見をお持ちの方と伺っておりますが。

 

自分達に注目が集まっていないオランダ国王のスピーチは言いたい放題。

っていうか、陛下、70年も前の戦争時の両国関係を持ち出さなくてもいいんじゃないの?

せいぜいシーボルトが来てーーとか言ってくれたらそれでいいのに

わざわざ大戦を持ち出すから国王だって

「和解がーー」と言い出すのね。

まるで韓国のようです

陛下を批判するつもりは毛頭ありませんが、どうしてわざわざ戦争の話題を取り上げるのか。

当時の両国の関係はそれぞれの立場があり、どっちが悪いと言えますか?

でも陛下のおっしゃり方は、相手国にとって「日本が非を認めている」と取るに十分なんです。

皇后陛下のお誕生日文書の「A級戦犯」ご発言と同時に、傘寿を迎えた両陛下は

ことさらにリベラルである事があからさまになってきたようで怖いです。

 

そして、今回の報道の仕方は、はっきりいって「ジャーナリズムの死」です。

雅子妃の勝利宣言」です。

もう一度「死」と「勝利宣言」はあると思います。

それは恐れながら陛下の「崩御」により、マスコミはそれより

雅子様皇后に」と報じるでしょう 高笑いが聞こえて来そうです。

 

先日、加護亜依の復帰報道を延々と報道したワイドショー。視聴率はあまりよくなかったそうです。

コメンテーターのどなたかが、「国民が知りたいこととマスコミが流すものの間に大きな差がある。

だから大々的に報道しても視聴率が伸びず、ツイッターなどでは

「なんでこんな事が大々的に?」と言われる」と言ってました。

だけど、テレビ局、芸能事務所などの横の関係重視のマスコミからすれば

見る側、知る側の事情なんかどうでもいいのでしょう。

ジャーナリストとしてのプライドより、「お金」と「安定」これが第一。

国際的にみれば、国賓として来日している方々を大々的に報じなければならないのに

一斉に「雅子様」ですから・・・・・相当なお金と人脈が動いているに違いありません。

そしてTBSが本当に上記の事を言ったのだとしたら、何も怖いものなんかないという事になります。

もはや国民なんかどうでもいい、誰が見ようがどう解釈しようが、「言葉」と「写真の切り取り」一つで

人を殺す事が出来るし、印象を植え付ける事も出来る。

洗脳なんて簡単なものだーーと

今回の報道だって、まるっきり皇室に関心がない人からみたら

雅子様、久しぶりに晩さん会か。こんなに報じられるんだから人気があるのね」と思うでしょう。

で、誰が来てるの?」だとしても驚きませんけど。

 

だけどね・・・・・皇室の自業自得です。

王妃と同じ色の服、乱れた髪で晩さん会・・・こういう「皇太子妃」を隣に座らせているのは

他ならぬ両陛下なのですから。

もう何をどうしても皇室の威信を取り戻す事は出来ないでしょう。

両陛下は気づいていないのかもしれませんけど、この「ツケ」は悠仁殿下に行くんですよ。

悠仁殿下がどんなにご立派な陛下におなり遊ばしても、一度堕ちた皇室の「権威」は

早々戻るものではありません。

それほど、今回の「万歳」報道は致命的だったという事です。

多くの脳裏に「オレンジスーツと第二ティアラの雅子妃」が刻みつけられ、またそれが

「普通」であると認識されたわけですからね。

私達国民は、ジャーナリスムが権力に負け、死んでしまった事で

「真実」を知る権利を奪われてしまった・・・・・・・北朝鮮を笑えない憐れな国民なのです。

コメント (13)

どっちもどっちの衣装かぶり

2014-10-29 17:45:38 | 皇室報道

 もうなーんも期待しません。

この国のマスコミは恐ろしい ただそれだけです。

夕方、フジテレビを見て「国王夫人のマキシマ妃」かと言うし

「オランダに配慮されたのかオレンジ色のスーツで・・・」って

私、現役時代の衣装ストーカーはほとんど目に入っていなかったので

実感としてなかったんですが、今回、目の当りにして、これがどれほど

気持ち悪いもので国益を損じ、印象を悪くしているかよくわかりました。

しかしながら、マスコミはこぞって

雅子様、5年半ぶりの歓迎式典 オランダカラーのオレンジで。友好の証」

「雅子様、本当に嬉しそうでしたよね」

「日本とオランダの特別な関係」

こればかり報じて、肝心の「お客様」であるオランダ国王夫妻については一切報道しない

ありさま

いいんですか?これで?

 

ブータンの時は、王妃様の出自やいつ結婚してとか、国王が王位についた経緯とか

詳しく報道していたし、ファッションも褒めていたと思う。

でも今回は、どこを切り取っても「雅子様」ですよ。

お客をほったらかしにして自国の皇太子妃を褒めまくるって・・・・どんな国なんでしょうか。

 

 

ただ。

どっちもどっちだろうと思ったりします。

国王夫妻。

マキシマ妃は確かにオレンジ色のドレスですけど、この季節に半袖はないだろうと。

よくみると本当にオレンジなのかしら?

金茶色のようにも見えるけど。

っていうか、自分の国のシンボルカラーを着てくる王妃様ってどうでしょうか?

「相手国」に配慮するなら、紅白を入れないといけないんじゃないの?

皇后陛下は必ず相手国の色をちょっとだけお入れになります。色だったり花だったり。

ダイアナ妃は日本で紅白の水玉模様のワンピースを着てくれました。

このように片方が相手国の色を着ているなら、もう片方もそうするべきで

両方とも「オランダのシンボルカラー」っていうのは変だと思います。

午前9時の皇太子夫妻。

こっちのオレンジはオレンジと言うより「熟する前の柿色」ですけど。

仮にマキシマ妃が自国のアピールのつもりでオレンジを着てきたのだとして

雅子妃も同じオレンジを着て「オランダ最高」的なアピールになったんだろしたら

あちら的には成功だし、失礼でもなんでもないんじゃないですか?

 この方はどうしても手を前で組みたい。

きっちりとプロトコルを守っている両陛下が・・・・お人よしに見えた瞬間です。

雅子妃はこの後、国王にカーティシーしてほっぺにキスされて、事もあろうに

「バイバイ」とお手ふりをしてしまいました。

「ウイレムもマキシマも私のお友達なの」と「やりたかった皇室外交」が出来て

大喜びの雅子妃です。

 満面も満面の笑み。

国王の後ろを歩くマキシマ妃。皇太子と並んで歩く(いているように見える)雅子妃。

同じような色の服が目立つ事といったら。

ここは日本じゃなくて実はオランダなんじゃないか?と思う程です。

でも明るい陽の光の下で見ると、マキシマ妃の鮮やかなオレンジに比べると

雅子妃の服はくすんでいますね。

マキシマ妃のピンヒールもどうかと思いますけど。

オランダで報道された写真が上。ドイツ紙は「雅子妃を憐れむマキシマ妃」と報じているそうな。

両陛下のシックな装いが悲しいわ。

国王が陛下に挨拶した時、マキシマ妃は立ち位置を間違えて、国王が皇后陛下に挨拶するのを

邪魔すような恰好になり、さりげなく直してましたね。

国王は陛下に「150社の企業を引き連れている」とおっしゃったとか。

 マキシマ妃は「オランダの庭で作っている蜂蜜をお送りします」と。

もうねーーオランダに失礼とか言ってるけど、どっちもどっちだと思います。

何より、両陛下がそれでいいいっていうなら、しょうがないやね

そりゃ、マキシマ妃が自分のお国に帰って、こっそりヨーロッパの王族達に

衣装ストーカーされちゃったのよーー信じられる?」

「私と雅子は親友なんですって」

「でも結果的に歓迎式典はオランダのオレンジ一色になったんだからいいわよね

と勝利宣言しても驚きません。

この場に秋篠宮両殿下がいらっしゃらなかった事は幸いだったとしか。

 

それにしても。

日本の皇太子のお仕事はまだあるんですよ。

31日から長崎へ行くんですけど、「晩さん会のお疲れ」が出て当然行かないんでしょうね。

そして31日は金曜日だし、池田礼子宅で毎年恒例のハロウインパーティ。

午前様になるんじゃないでしょうか

こんなに好き放題出来る皇太子妃が病気だって・・・・ありえないんじゃないでしょうか。

でもね、でもね。

マスコミは持ち上げ、両陛下が許し、安倍総理も何も言わないんじゃしょうがないって。

きっとこれで「花嫁と同じ白のドレスで披露宴に出ても失礼にはならない」とか

パーティで主賓と同じ色のドレスを着ても別に恥ずかしくない」とか

そういう「モラル」が出来上がって行くんじゃないでしょうかね。

 

 

 

コメント (20)

ドラマ色々

2014-10-29 07:29:08 | ドラマ・ワイドショー

 磯野貴理子が脳梗塞で入院・・・というニュースに驚き。

なんせ同い年でございまして。

彼女はかなり年下の旦那とまだ新婚状態だった筈。

でも、体調の変化にすぐに気づいて病院に行ったのは偉い。

お互いに気を付けなければいけない年頃ですよねーー

同年代がこういう病気になると、すごく落ち込むし・・・明日は我が身と思います。

V6新曲発表。

久しぶりに「踊る岡田准一」を見てしまったけど、官兵衛のヒゲ面で踊っても

様にならないわ と、重い、笑ってしまいました。

V&と同じ年代のジャニーズは他にもいろいろいるけど、V&はもう

歌ったり踊ったりが似合わないグループになっているんじゃないかしら?

 SAKURA

面白いのかそうでないのかわかりません。

だらだらしてるかと思えば、ラストは時代劇風に啖呵切って大暴れ。

警察来る前に逃げちゃうし。

っていうか、生活安全の課にいて、遅刻と休みがあそこまで許されたらおかしいでしょう?

佐藤隆太と仲間ちゃんの相性はいいみたいだけど。

 

 信長協奏曲

面白いです。桶狭間をああいう風いn表現するとは思いませんでした。

でも前田敦子の農民が・・・ちょっと不愉快っていうか

なんだろ、このざわつき感。

それと。そもそもこれはファンタジーなんだからどう作り変えてもいいさーーと

思いつつも、そこにリアリティがまるっきりないと、しらっとしてくるのね。

ここで三郎がやってる信長が

いつまでもパーカーを着ているとか、乗れない筈の馬に軽々と乗ってしまうとか

農民が、あの恰好を見ても違和感なしに接するとか。

そのまるっきりの御都合主義がちょっと勘にさわるのは事実です。

本人達は真剣なだけにね。

特に柴崎咲コウの帰蝶ちゃんがすっごくいいです

 

 すべてがFになる

脱落決定。あんな冷凍庫にいれられて生きてる方がおかしいって。

ビルから落ちたのに木にひっかかって一命を取り留めた?

なのに4人も同じ研究室で死んでる?

だめだーーこりゃ。

 

 素敵な選TAXI

普通の話でしたね。

不倫してた女が「妊娠」をつきつけて結婚を迫ろうとしたけど失敗。

時間を戻ってやり直してみたら、かえって夫婦仲をよくさせちゃった・・・みたいな?

「妊娠」も嘘でしたーめでたしめでたし では終わらない。

男に都合よすぎるでしょうがっ

こういうのを「男女差別」っていうんじゃないでしょうか?

バカリズムさん。

 

コメント (4)

なぜこんな事が許されるか

2014-10-28 07:46:00 | 皇室報道

 じゃあ、今までの事はなんだったんだよっ

「治療の一環」「体調の波」

好きな人と会うのは「波」が来ないって言っているようなものではありませんか。

 子妃、11年ぶりに晩さん会へ 

 28日に来日するオランダのウイレム・アレクサンダー国王夫妻。

 29日午前の歓迎行事、夜の晩さん会共に雅子妃が出席予定。

 ただし、食事後の「後席」は欠席

 雅子妃が晩さん会に出席するのは2003年以来11年ぶり。

 30日の皇居で行われる午餐会は食後の歓談のみ出席。

 正直、こんな事が許されるんでしょうか?

 皇太子妃「だけ」はどの晩さん会に出るとか、どの部分の公務に出るとか出ないとか

 ぜーーんぶ自由なんですよねっ

 「晩さん会」には出るけど「後席」に出ない理由はなんですか?

 翌日の昼食会には出ないけど、その後のお話には出る理由はなんですか?

 一国の皇太子妃がこんな気まぐれな事やって許されるんでしょうか?

 オランダは確かに皇太子妃にとって特別な国でしょうよ。

 小和田氏が赴任していた国で、そのコネで城を借りて前代未聞の「静養」を敢行。

 よその国で小和田家が勢ぞろいして宴会をやっちゃったという・・・・

 2013年には即位式でオランダに。散々返事を遅らせた挙句

 「即位式」だけ出るわ―という上から目線。

 教会でにはただ一人女官を連れて入場するという「特別扱い」ぶり。

 「お長服」で登場するという・・・何ともみっともない恰好を見せつけたのは記憶に新しく。

 この人、皇后になってもこれをやりますわね。

  皇后になったらもっとひどい事になって、「皇后陛下に御目通出来るか否か」が

  国賓の大きな目的になりそうな。

 でも私は言いたいです。

  ブータン国王夫妻がいらした時には完全無視を決め込んでいましたよね?

  ルクセンブルク皇太子夫妻が来た時も玄関に出迎えもせず

  一体、誰がそんなえり好みを許すのでしょう?宮内庁ですか。

  両陛下がまるで何事もなかったかのように、雅子妃を座らせてにこにこ笑うとか

  週刊誌に「皇后陛下の後押しで晩さん会へ」なんて書かれたらもう涙もでないです。

  「出来る事からおはじめになるべき」とか「皇室外交」とか誤魔化されたら腹が立って

 死にそうです。

 ところで、晩さん会出席であれば当然ローブ・デコルテですよね?

  ちなみに、2003年の時は先日、千家夫妻の披露宴に着てたあのドレス。

  また同じドレスで出席するか?

 皇太子妃の「体調の波」「事情」に左右される皇室。

  国民は尊敬しませんよ。

  それを容認している皇族方も同罪です。

  

 

コメント (31)

軍師官兵衛・ごめんね青春!

2014-10-27 07:30:43 | ドラマ・ワイドショー

 皇太子一家、高島屋へ行ったんですね

しかも夜の9時に・・・・ orz 10時30分までいたの?

っていうか、月曜日は学校ですのよ。中学生がそんな遅くに外出ってありえないでしょ。

東宮一家の中で「午後9時」は真昼間か朝なのかも。

閉店後とはいえ、迷惑すぎるっ 何とかしなさいよ宮内庁

例のエプロンの絵を見て

皇太子 「自動車・・電車かな?」

雅子妃 「ひさしぶり?」

 

この真ん中の写真をみて

内親王 「悠仁ちゃんに似てる

皇太子 「似てるかな?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感想

秋篠宮 「初めて見るものもありますね

皇太子 「初めて見るものもあって素晴らしい展覧会でした」

秋篠宮家は朝の9時すぎ。開店前にお出まし。

皇太子一家は夜の9時過ぎ、閉店後にお出まし。

何と言う対照的な事でしょう。

 軍師官兵衛 

2週分録画して視聴。

朝鮮出兵をどう描くのか・・・見たくなくてずるずると先延ばし。

でも見なくちゃなーーと

そしたらまあ、NHKにしては反日色もなく、出兵した人達の苦労話で終わってよかったよ。

今までは・・・っていうか、「おんな太閤記」あたりでは

モロ「何の罪もない朝鮮に兵を出して(侵略)そんな事間違ってる」という思想でしたから。

それにしても、石田三成とお茶茶は見事に悪役に徹して頂いて

嬉しい限りですわ。時代劇はにっくき悪役が出て来ないと善が引き立たないのです。

この点、まるで日本人ではないかのように罠をしかける三成に拍手です。

でも、それ以上にめげずに生き延びる官兵衛にもまた拍手です。

とうとう出家までしちゃって。いやはや。

こうしてみると、老いらくの恋にうつつをぬかし、後継ぎ渇望の弱みに付け込まれて

善人から悪人になっていく秀吉の姿が非常に人間的に描かれていますよね。

所詮成り上がりというか。

秀吉は人の心を開いて戦を勝ち進んで行ったのに、晩年は誰も信用できなくなったのでしょう。

なんで三成だけ別格なのかちょっとわかりませんけど。

後から見ると「官兵衛を大事にしとけば」とか「利家を大事にしとけば」と思うけど

その時は自分を省みる事が出来なかったのよね。

わき役である官兵衛がここまで「主役」として光り輝けるのも岡田准一あっての事なんだろうと

思います。

 

 ごめんね青春! 

個人的な事だけど。クドカン、意外と「蘭陵王」見てるんじゃない?

だっていきなりの般若の面、それに菩薩と称する女媧様。

わかる人にしかわからないもんね。

 

最初、「男女共学」を題材にするのは古いと思ったけどそうでもないのね。

思春期の男女の対立というのは、永遠の課題なんですね。

それにしても永山絢斗・・・リアルな時代に出てきたと思ったら

実はとんでもない奴だった?

そんな事わかってたら平助は花火を飛ばしたりしなかったのにねえ。

ラストシーンのザビエルをやっつける男子達、かっこよかった。

 

 

コメント (16)

週刊文春「プリンセス雅子妃物語」番外編2

2014-10-27 07:00:00 | 皇室報道

 結論的に言えば、「登校拒否」はない

遅刻や欠席はあるが、頻繁ではない。

皇族といえども、不登校から時間をかけて立ち直ったこどもが

ちょっと学校を休んだり、遅刻したりしただけで、不登校が「再発」したなどとは

あまりに心無いのではないか。

 遅刻や欠席が普通の子より多い事を「登校拒否」というし、「頻繁」と

 いうんですよ。友納さんは日本語の意味すら否定するおつもりか?

  それに「結論的」って何?「的」って。言葉に自信がないからそういう

  曖昧な表現になるんでしょうが。

 自信を持っているなら「結論として」と書くはず。

 「ちょっと」レベルじゃないから騒いでいるんじゃありませんか

  まるで虐待されている子供の傷を見て「これは転んだから。大したことないです」と

  言ってる親のよう。

  また、「皇族」だからこそ、遅刻や欠席はあってはならないのです。

 ではなぜ、愛子様は欠席や遅刻をなさるのだろうか

実際に風邪をひかれたり、腹痛になったりしてお休みになったことは

あったが、遅刻は前述したとおり、不規則な生活が影響しているようだ。

 要するに「勉強のしすぎ」だそうです。

  じゃあ、やっぱりそれを容認している「親」の責任であると言えませんか?

 また、遅刻の原因が「不規則な生活」であるとして、「欠席」の原因は?

  なぜここで「遅刻」だけを取り上げたのでしょうか?

 ただ、いつも「23時に食卓を囲んでいる」などといったことはない。

一般的な家庭でも学校から帰った子供が疲れて寝てしまい、夕食が遅くなる日もある。

夜食を召し上がったこともあるだろう。

「皇族がそれでいいのか」という議論はあるだろうが、それをことさら「異様な生活」と印象づけようと

するのは疑問が残る。

 異様な生活を「普通」と印象操作する方が疑問が残ります。

 学校から帰って来た子供が疲れて寝ちゃったら、夕食時には起こします。普通です。

  夕食が遅くなるったってせいぜい9時で11時はありえません。

 遅刻については、愛子様が朝起きられないことは事実のようだ。

一学期は午前中には登校されていたが、二学期になると午後から登校されることもあった

 両殿下は何度も声をかけられて起こそうとなさるそうですが、愛子さまが

起きられないこともある。そんな光景は子を持つ親なら誰でも経験していることでは

ないでしょうか。

 両親揃って娘を起こすのに手間取るって・・・・どんな家庭だろうと思います。

  男の子ならともかく、女の子で。

  しかも1学期より2学期の方がひどくなってるし。

 雅子妃も悩んでおられた。愛子様も中学生となり思春期に差し掛かられた。

親は言い聞かせようとしても本人は本人なりの言い分があるのだろう。それでも

どうしたら解決するのか考えるのが親だ。

しかし

「親が諌めようとすると、いっそう気持ちを加薬して自分の意思を貫こうとする。

それは反抗期とも言えるのではないでしょうかね。

そんな時、親は辛くても見てみないふりをして耐えながらやり過ごす事も大切です。

愛子様はおそらく、皇族であるご自分にとって、今何よりも

必要なのは学ぶことであるという意識を強くおもちなのではないでしょうか。

それは自我の芽生えでもあり、皇族としての自覚の芽生えでもあるでしょう」

(精神科医)

 「朝、きちんと起きない」事が「反抗期」ってなんじゃ?それ・・・状態です。

  それを見て見ぬふりなんて・・・出来ないんじゃないでしょうか?

  しかも「学ぶことが必要」とお持っている内親王が平気で遅刻や欠席を繰り返す

  というのは、ある意味、学校を馬鹿にしているのと同じ行動です。

  見てみないふりは出来ません。

 反抗期の為、遅刻や欠席を繰り返し、それが「学ぶことが必要」と感じている為で

  それこそが皇族としての自我だの自覚だのって。

  日本語としておかしいでしょっ

  文春の編集者は推敲しなかったのですか?

 

 揺れ動く思春期は誰にも経験がある。

一時的な振る舞いを「問題行動」としてとらえることは

意味がないだろう。

また、雅子妃については、母親として思春期の子供に立ち向かわれているお姿を見るべきだと思う。

 思春期の子供ってどんだけ恐ろしい存在なのかしらと思ってしまいます。

  これが15歳とか16歳くらいならわかるのですが、まだ12歳でしょう?

  今からこんな事を言ってると、本当に高等科へ進む事にはどうなることやら?

 子供に向き合うのは親として当然ですが、ここであえて雅子妃の姿を見るべきって・・・

  みてどないせいというのでしょう?

 

 「不登校の時にはお付添いとうこうをなさったことから、中学生になり

あえてご自分にまかせておられるのだろう。放任ということでは決してなく、

たえて自立を待っておられるのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

 いや、放任でしょ お手上げとも。

 朝、愛子さまが起床される時間には、いつも通に目覚まし時計は

ピッピピッピピピピと鳴る。

雅子妃は何度も声をかけられることはないが、時間を気になさりながら

愛子様の自立を見守っていらっしゃるのだ。

 ちょいまって。

 両殿下共に起こしているんじゃないの?

 何度も声をかけないって事は「朝よーー愛子、早く起きて」で終わってるって事ですか?

 女官達は何をしているんでしょう?本当におかしな東宮御所。

 これで将来「天皇皇后」ってありえませんわ。

 

あえてここまで引用したのは、これは「ノンフィクション」として書かれていると

いう事をみなさんに知って頂きたいからです。

これのどこが・・・と思うけど、ちゃんとした雑誌に書かれているものであり、

その影響は大きいと思わざるを得ません。

こうやって印象操作はなされていくのです。

それを許してもいいのだろうかと。

 

コメント (4)

週刊文春 「プリンセス雅子妃物語」番外編

2014-10-26 12:00:00 | 皇室報道

 愛子さまの「反抗期」と雅子様の葛藤」  BY友納尚子

 小見出し・・・中等科に進学した愛子様に遅刻が目立つと言われ始めた。

  その心のうちには、皇族としての将来への思いが芽生えつつあるのかも

  しれない。そして見守るマサコさまの心中は・・・

 

 東京・元赤坂の東宮御所の2階にある愛子内親王殿下の10帖ほどの

  部屋は、深夜12時を過ぎても灯りがついたままだった。

   コツコツコツ

   ゴシゴシ

   サッサッサッー 

 聞いてたの?でもここは「カリカリカリ・・」じゃないかい?

 勉強机に向かわれている愛子さまが左手のシャープペンシルで書いた文字を

    決して、カスを右手で払われる。

    そのしぐさはどこか規則的なようでもあった。

 静寂時間のなかでこうした音だけが響いていた。

  ベッドに並べられた動物のぬいぐるみたちが

  愛子様の姿を見守っているかのようだった。 

 こうした深夜にまで及ぶ勉強は、9月に二学期が始まってからも続いていた。

愛子様は帰宅後、学校の宿題をすまされると、夕食後にはその日の授業の復習と

予習に取り掛かられる。毎日が勉強に追われているかのようだった

雅子妃殿下は、愛子様のこうした不規則な生活が、いつか体に障るのではないかと

ご心配されているといわれた。

 ここをわかりやすく小説風に書きますと

カリカリカリ・・・今日もペンが走る音がする。

深夜12時をすぎ、回りは静寂。広い東宮御所の中は人気もなく、灯りも消えている。

しかし、2階のアイコの部屋だけはこうこうと灯りがついていて、

勉強に机に向かう思春期に入りたての娘の顔がガラス窓に映っている。

その表情は険しく、必死で、何かに追い立てられるような感じだった。

宿題・・予習・・・復習・・・まだ足りない。勉強しなくちゃ。

学校から帰って来るなり母や女官達への挨拶もそこそこに部屋に閉じこもり

ただひたすら教科書と問題集に取り組む内親王の姿に、雅子妃は心配をかくせない。

この子は私にそっくりなんだわ。

こんな事をしてたらいつか体を壊す。心も・・・」

という事を言いたかったんだと思います。

 

 別の部屋で耳を澄ませて、時間を気になさりながら、一体何時になったら床につくのだろうと

   浅い眠りを続けていた。

 東宮御所は意外と狭いらしい。まるでアパートに住んでる人のよう。

  そんなに心配なら部屋まで行って「いい加減に寝なさい。明日も早いでしょう」て

  怒ればいいのに。

 巷では、愛子様の偏差値が高いとか、成績はオール5ではないかといわれる。

事実はさだかではないが、勉強がお好きな事は確かなようで、東宮職も関心するほどだった。

塾には通われていないが、家庭教師に授業の総復習と先取り学習まで指導をうけているようだった。

愛子さまが通学する中等科は、共学だった初等科と違い、女子校である。

持ちあがりの内部生と中学受験で入学してきた外部生が混合する為、生徒の顔ぶれも

勉強の難易度も、環境は大きく変わる。

とにかくお勉強は大変です、宿題が多く出されるのです。受験で入ってきた生徒と違って

初等科からの制とは勉強に遅れまいと頑張ろうとするので、二学期ぐらいまでは学校生活との

両立で疲れてしまうお子さんもいるようです

愛子様も初等科では管弦楽部とバスケットバスケットボール部に所属なさっていたのに、

中等科では新しい部活動を始められなかった。

 そんなに勉強が好きならなぜ学校へ行かないのか。学校を馬鹿にしているのか。

  家庭教師に総復習と先取りまでしているというのは、要するに

  「学校なんか行かなくても勉強は出来る。だからテストは常に満点です」と言いたいのでしょう。

 初等科から持ちあがりの生徒はそんな大変な思いをするんですか?初耳です。

  だったら初等科から入れる意味がないじゃない?

  宿題が多く出されるったって、限度があるでしょうし。

  普通の中学生は+塾へ行ってるんだけどな。

 共学が女子校になったからなんだっていうんでしょうね。

 部活もやらずに午後登校・・・それを勉強が大変だからとか、勉強のしすぎである

  と解釈するなんて・・あまりの言い訳に誰も信じないんじゃないかと思われ。

 

 一方で

「雅子妃が愛子様の学校の関わりに追われているようだ」という情報を耳にするようになった。

「学校の関わり」とは具体的に何を指すのか、そこまではわからなかったが、保護者会や行事等が

多いのかと想像した。

 小学生に比べると中学校の保護者会や行事は少ないですよ。

  それをわざわざ朝から晩まで中等科にはりついて授業参観をすることがおかしいのです。

 「学校の関わり」の意味は「どうやって中等科を傘下におさめるか。

  いう事をきかせられるようにするか」に追われていたのだろうと思います。

 高円宮典子女王と千家さんの記者会見をみて。

  雅子妃は若々しいお二人微笑ましく思われたと言われた。

  その隣で愛子さまもとてもお幸せそうねとおっしゃったという。

 友納さん、中学生はそんな事いいません。

   せいぜい「ねえ、結婚式は十二単なの?それともウエディングドレス?」くらいなら

  現実味が。

 愛子様の登校に異変が見えたのは、6月17日の事だった。

桂宮殿下の豊島岡母子での「斂葬の儀」に、皇太子ご夫妻が参列されたこの日、

愛子様は初めて学校を欠席されたのだった。

 まるで斂葬の儀が原因のように見えますけど。

  そういえば、愛子内親王だけ「お通夜」に出られなかったのでしたね。

 友納氏の文章の特徴として、何の関係もない出来事を、大げさに「まさにこの日」的に

  書く癖がありますが、素人っぽいのでやめたほうがよろしいかと。

 欠席の理由について、東宮ご一家に仕える小町東宮大夫は会見で

詳細はうかがっていないが、新しい環境でお疲れが出たのではないかと思う」と述べたのだった。

これ以降、愛子様の遅刻と欠席は、一部報道にあったように頻繁ではないものの

ときにみられるようになっていった。

皇太子ご一家の様子について、公表される情報は多いとはいえず、その実情は見えにくい。

そのせいか、事実を誇張したり、断片をつないで捻じ曲げた報道が出ることになった。

愛子様の「登校拒否」が再発した」などとしながら、あたかもその原因は

愛子様が学校生活に問題をかかえ、

クラスメイトとのコミュニケーションが不足しているからと言わんばかりだったが

よく読めば具体的な情報は何もない。

 事実を捻じ曲げているのは友納さん、あなたでしょうと言いたい。

 しかも自ら学校に学校生活に問題を抱え・・・・と暴露してくれちゃって。

 よく読めば事実は一つ。

  病気でもないのに休む

  試験を欠席

  毎週金曜日は午後2時登校が多い。他の日も遅刻は当たり前。

 宮内庁関係者によれば

「愛子さまは、初等科の頃にはお友達との関係で不登校になったことがありましたが

今では初等科からの仲良しのお友達や中等科から一緒になった

ご友人と楽しい学校生活を過ごされています」

 学習院に通わせている母親。

「愛子様はどちらかというとおとなしいご性格ですから、お友達とはしゃいで接するような

ことはありません。マスコミ側に女の子同士はこういうものだというイメージがあるのでは

ないでしょうか。まるで愛子様に原因があると言わんばかりでお可哀想に思います」

 女の子同士とはこういもの・・・ってどういう意味?そしてこれが不登校と何の関係が?

 まるで愛子様に原因が・・・も暴露風味で面白すぎる。

 

コメント (6)

週刊文春 「独りぼっちの特別授業」

2014-10-26 11:25:00 | 皇室報道

 もう「昭和天皇実録」に間違い発見ですって?

山百合の花咲く庭にいとし子を車にのせてその母はゆく」昭和天皇の御製。

普通に見れば「ああ皇太子妃と浩宮のこと」って思いますけど、実は違っていたそうです。

担当者が思い込んで書いてしまった」と風岡長官は言ったそうでうですけど

実録って「思い込み」で書くものなんですか?

 週刊文春 美智子さま(80)が憂慮される

          愛子様 独りぼっちの特別授業 

 10月15日、二学期の中間試験の初日。9時半からの「地理」に続き

   「英語B」と「古文」のテストを受ける筈の愛子内親王。

 8時過ぎ、北門には警備が顔をそろえたが内親王は一向にやってこない。

   やがて、試験開始時刻を待たずして警備は全員撤収。

   愛子内親王は中間試験を欠席した。

 東宮関係者

 「この日は、愛子様は朝8時30分には起きていらっしゃいました。

 試験開始時間の9時30分には十分間に合う時間です。

  学校へ持って行くお弁当も用意され、登校の手筈は全て整っていました。

 それにも関わらず、結局、ご欠席になってしまったのです」

 「9月6日から二学期が始まりました。始業式は問題なく朝から登校されたので

  安心していたのですが、学校が始まって一週目に一日欠席

  9月中旬ごろには週に一回程度、午後から登校される状態になっていた。

  同時に生活のリズムも再び再び不規則になり、ほとんど毎日就寝は深夜になっている

  職員は見守るしかないと話しています」

 宮内庁担当記者

 「中間試験を欠席した事は、関係者への取材でわかったが、体調を崩したという

  発表もなく、取材も控えろと言われているのでわかりません

 まず、朝の8時半に起きるってありえないんですけど・・・中学生が。

  普通は6時起床で、7時朝食開始では?

  制服に着替えて髪を整え、バッグに色々詰め込んで

  「きゃあ、髪がっ まとまらない。結いなおし。ちょっと待ってーー」てな

  雰囲気を想像するんですけど

  「8時半には」・・「には」っていつもはどんだけ寝ているのかと思いますし

  8時半に起きて9時半開始に間に合う。

  いくら車通学でも、何だかへんですね。

  ちなみにいつまでも寝ている我が家のジュニアですら、7時20分には起きてた・・・・

 ともあれ、間に合う時間に起きていたにも関わらず、学校は休んだと。

  警備はそれを知らず、待ち続けていたんですね。

 女官や侍従はただ「見守って」いるだけなんですか?

  (さっさと行かないと遅刻するよーーあーやっぱり今日も休みかあ)と心で思って?

  寝てたら布団をひっぺがし「宮様、さっさとお起きなさいませ

 ♪ なんて寝坊なの 怠けてはだめよ 

 ♪ まだ8時半です 

 ♪ 毎日6時きっかりに全て始めるのよ 

 ♪ 内親王の務めは勉強が一番 全て学校に捧げるのよ 

  でしょうがっ(怒)

 毎日世話をしている女官の「しつけ」が問われますわっ。ねえ、奥様?

 

 10月10日の小町東宮大夫の記者会見。

  愛子内親王の通学中の姿を掲載した女性誌に抗議。

 記 者 「こんな状態がいつまで続くのか。一部の記者は事の重大さに気づき始めている

 文春把握。

 9月6日以降 → 遅刻

            欠席

 とりわけ金曜日は遅刻が目立ち。9月26日から3週連続で14時登校(6時限目)

 雅子妃 → 9月下旬から学校がある月曜日から土曜日の朝は、

           普通の時間に起床、

            朝時台に3人そろって朝食をとる。

 学校がない日 → 皇太子・・・朝時から時に朝食。

                      12時に昼食。

                      22時に夕食。

             雅子妃と愛子内親王・・・14時に昼食。

                             23時に夕食に合流。

     職員が下がるのは午前1時。

 ♪ 勉強嫌い授業に出て来ない ♪

  ♪ しつけにも批判的過ぎる ♪

  ♪ 家庭教師を勝手に変えたぞ ♪

 ♪ 毒親め ♪

 なぜに雅子妃は「9月下旬」から平日は起きるようになったのか。

  起きようとすれば起きられるのに起きない理由は?

  「適応障害は朝起きれない」んですって。もう10年も・・・・・

 ♪ いいわけだわっ 

皇太子も学校がない日は8時から9時に朝食って、遅すぎませんか?

夕食が22時というのも遅すぎ。働いているわけじゃあるまいし。

12時から22時まで何をしているんだか?

 休日は雅子妃と愛子内親王は朝食を食べないという事ですね。

  午前中一杯寝て、実質14時に朝食。それから23時まで何をやってるの?

  勉強・・・なわけないし。また寝てるとか?

 皇太子と母子がまるっきり顔を合わせない生活をしているんですね。

  職員の方々、毎日残業?それとも日中はやたら暇で、夜になると急激に忙しくなる

  パターン?

  まるで夜のお仕事みたいに。

  

 皇后がこの事態を憂慮。

  皇后は9月下旬に愛子内親王が本当の意味で「普通の授業」を受けていない

  「特別扱い」になっているとお話になった。

  一人で授業を受けていると。

  これは皇后と内親王の直接の会話でわかったこと。

  (9月21日に東宮家と秋篠宮家が参内しているのでその時か?)

  皇后 「朝は普通の中学生が起床する時間に起きていないことも多く

  きちんと登校できていないようなので、非常に憂慮しているのよ

     「愛子はもう子供ではない。中学に入ったのだから大人です」

 しかし、内親王の教育については東宮の問題との考えで、皇太子に直接

 こうしなさいというような助言はしない。

 10月。 皇后 「セラピーが必要な段階に来ている」とはっきり言った。

          「愛子と話していても愛子にとって適切な対応がとられているようには

          思えない」

 この言葉が真実だという事になると、やはり両陛下は内親王が生まれた時から

  「障碍」を自覚していらっしゃったものと拝察します。

  「セラピーが必要な段階に来ている」という言葉でそれがわかります。

  しかし、本来はそんな段階ではなく、もう手遅れなんですけど。

  両陛下にとって「孫」に対する目は甘くなりがちなのでしょうか。

 本当に孫が可愛いなら「立場」もへったくれもなく、ゾフィ皇太后のように

  赤ちゃんをひっぺがして自分で養育するだろうと

  「精神疾患の母親に育てられている障碍児」なんて・・・一般家庭でも可哀想すぎますもの。

  それを「東宮の問題」と言ってしまったのは、一種の「逃げ」であり、自己保身です。

 愛子内親王は陛下の孫ではあるけど、「皇族」でもあります。

  天皇と皇后が「皇族」である孫を憂慮し、あれこれ口や手をだす事がおかしいなんて

  いう事はありません。

  そりゃあ、雅子妃側は色々な中傷をするでしょうけど、それこそ「孫」の為に耐えるべきでは

  ありませんでしたか?

  そしたら傷だってそんなに深くならなかったのにと思います。

 今現在、「話していても適切な療育を受けているとは思えない」のなら

 まず息子である皇太子を呼び出し、厳しく叱責しすぐに対応せよと言えばすむこと。

 それが出来ない所に、皇后の「冷たさ」が垣間見えるのです。

 皇后は、子供のメンタルヘルスを専門にする医師と交流している。

   奥山真紀子氏(国立成育医療研究センター)

 奥山氏は10年前、東宮に参内していた。

  愛子内親王についての相談だった。

  雅子妃の主治医が大野先生に決まる前の話。

 小さい頃、

、内親王はコミュニケーションを取る事が苦手だった。

 学習院関係者

 「初等科に入学される前も、お目にかかった時は意思表示の為に

 首を立てに振るか横に振るかだけでした。「声が出ないのかな?出る?」と

 お尋ねしたのですが。コクンと頷かれるだけで

 奥山氏の知人

 「東宮に参内していたのは古い話。内親王が1歳半から2半ぐらいの間のこと。

 その頃は何度も東宮御所に伺った。

 そのうち、雅子妃のカウンセラーのようになっていって。カウンセリングの中で

 宮内庁はひどいと悩まれていた妃に対して、奥山氏は「御自身も変わって頂かなければ」という

 進言をした。以後、奥山氏にはぷつんと連絡が来なくなった」

 奥山氏を紹介した金澤医務主管に小和田優美子夫人から電怒りの電話。

 「とんでもない。早く次の人を探して欲しい」

 学習院女子中等科では箝口令がしかれる。

 まず、皇后がメンタルヘルスの専門家と交流があったという事に驚き。

  多分、内親王が生まれてすぐに異常に気付いてあれこれ相談していたのかも。

  専門家に頼ろうとするのはいい事だけど、では次にどうしたら・・に行かない所が

  まずいというか。

  もしかして、(フィクションだけど)小説の通り、カミングアウトしてすぐに療育を・・・・と

  言われたから軽井沢への流れだったのかも。

 「自分を変えるべき」というセリフ、カウンセラーはあまり言っちゃいけない言葉のように

  思います。変えられないから悩むんだし。

  宮内庁はひどい・・・・と言い続けたのは、雅子妃としては「自分を肯定して欲しい」の

  あらわれで、そこに「まず自分を変えて」なんて言われたらパニックになって落ち込みます。

  ただ、そこまで言わないとならない程、しつこかったのかなあ

  そうなってくると、もうカウンセリングの問題ではなく「人格障害」だから、どんな言葉も通用しませんね。

 皇太子妃のカウンセリングを断ってしまう小和田優美子氏。

  彼女の病みっぷりもすごいです。

 いやー・・・フィクションがノンフィクションに視えちゃって。自分でも怖いわ。

コメント (5)