ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

皇室ウイークリー

2016-06-26 07:00:00 | 皇室ウイークリー

ご日程

両陛下

6月17日・・・両陛下 → 離任大使夫妻に会う

       天皇陛下 → 認証官任命式

                通常業務

6月20一22日・・・両陛下 → 御料牧場滞在

6月23日・・・両陛下 → 黙とう

                 勤労奉仕団に会釈

                皇宮警察本部長表彰の永年勤続功労者に会う

                赴任大使夫妻とお茶

      天皇陛下 → 赴任大使に会う

 

皇太子同妃両殿下

6月17日・・・両殿下 → ウイーン少年合唱団鑑賞

 

6月20日ー21日・・・両殿下 → 岩手県訪問

 ・ 復興状況聴取

 ・ 津波防潮堤視察

 ・ 震災遺構 たろう観光ホテル視察

 ・ 災害公営住宅等居住者懇談

 ・ 三王団地視察

6月22日・・・皇太子殿下 → 勤労奉仕団に会釈

 

秋篠宮家

6月16-17日・・・秋篠宮殿下 → 長野県訪問

 ・ 公益社団法人日本植物園協会第51回大会出席

 ・ 神城断層地震応急仮設視察

6月17日・・・秋篠宮殿下 → 山階鳥類研究所 評議委員との集い出席

6月20日・・・両殿下 → 日伊国交樹立150周年記念世界遺産ポンペイの壁画展鑑賞

                外務省から進講を受ける

6月21日・・・両殿下 → 「日本水大賞・ストックホルム青年水大賞」出席

                 平成28年度日蘭協会年次総会・懇親会出席

6月22日・・・両殿下 → 外務省から進講を受ける

6月23日・・・秋篠宮殿下 → 山階鳥類研究所会議出席

 禍々しい写真の数々。皆さまはさぞご不快になられたと思うのですが

  マスコミ的には「本格的に公務復帰をされた皇太子殿下」という事になるのです。

  今回は外務省関係者がいたせいか、地方での昼食会にもお出になった様子。

  でも、国民は本当に雅子妃の復帰を望んでいるのでしょうか?

  本人は、出たいものだけに出てそのたびにマスコミが大きく取り上げてくれて

  駅前では「雅子様ーー来てくれてありがとう」と叫び声をあげて貰い、ツィッターでは

  「雅子様に会った!いい事ありそう」と呟かれて、本当にご満悦だと思うのですが

  実際に会った人はどうなんでしょうか。

 ネット情報でしかありませんが、皇太子夫妻は岩手で日本酒は勿論 

  いちご煮10万円強相当を献上させたご様子。

  ホテルの料理はそれなりに気に入ったけどデザートは不服であったと。

 また、防潮堤でのあの黙とうに関しても、姿勢が・・・ということで回りが唖然と

  していたらしい。

  でも一番は「たろう観光ホテル」の津波の映像。これを雅子妃は1度見た時点で

  「もう一度みたい」とご所望され、ふたりで「おーおー」と言っていたそうです。

  案内した人は「津波が自分達が考えていたものと大分違っていたことでそういう

  風におっしゃったのでは」と言ってましたが、津波から5年ですけどね。

  「心を寄せて」いたわりには好奇心まるだしです。

  ちなみにこの報道に関しては

 雅子さまは「もう一度みたい」と要望され、2度繰り返してご覧になったという。

   「たろう観光ホテル」松本勇毅社長:「(ご夫妻は)『おー』と声を発していたので、

    津波が考えていたものと全然違うものだったのかと思った」

 松本勇毅社長が撮った津波映像を目の前の実際の風景と重ねながら視聴。 

     しぶきを上げて襲ってくる津波の威力に驚き、1回の予定だったDVD上映を

    「もう一度見せてください」と求めた。

   映像を流したあと、雅子さまが「もう一度見せてください」と話し、

    2回にわたって、ご覧になったという。松本社長は「『お―おー』と声を出されていたので、

   津波のすごさや勢いを感じられたのだと思う」と話した。」

 6階から撮影された津波の映像をビデオで確認し、驚いた様子で見入っていた。 

    雅子さまの要望で再度、津波の映像を見た。

と各社が報じています。要するに「もう一回見たい」と言い、それに対し二人で

  「おおーっ!」と興奮したって事でしょう?

  好奇心丸出し。まるっきり他人事。でも公には「繰り返しご覧になった」で終わるんですね。

  北の将軍様でもこんな事は言わないだろうという事、この二人は平気でやっちゃう。

  それが美談になるんだから不思議です。

 仮設住宅の人に皇太子が「快適ですか」t聞いたらしいです。

  神経を逆なでする事しか言わない皇太子夫妻が日本の天皇と皇后になるとは

  本当にあきれた話ですよね。

 やっぱり雅子妃の表情は山岸凉子の漫画によく似てると思うのは私だけですか。

 週刊誌的には予定表に「(両)殿下」の表示が増えたので、二人で公務に出る事が

  筆、とは園遊会の着物だけクリアできれば・・・との事ですが。そんなものでクリアと

  言えてしまう日本人の皇室感こそが問題ではないのでしょうか?





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イギリスのEU離脱

2016-06-25 07:00:00 | 政治

 私達が小さい頃、「EU(ヨーロッパ共同体)」はものすごくいい組織であると

教わった記憶があります。

第二次世界大戦における、数々の民族の独立とか帝国主義が崩れたとか。

「EU」っていうのは栄えある民主主義の象徴のような扱いでしたよね。

「EUの父」といえば、リヒャルト・クーデンホーフです。

正式名称はリヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ・カレルギー。

汎ヨーロッパ連合主催者。

母親は青山光子。明治時代に日本からオーストリア・ハンガリーのクーデンホーフ・

カレルギー家に嫁いだものの、夫を早く亡くし、その後は一人で子供達を育て上げ

社交界の花となりました。

リヒャルトが「欧州連合」という思想を持った背景には、母親が日本人であった事が

影響していると言われています。

その時代のほんの少し前、同じ思想を持つ人がいました。

オーストリアのルドルフ皇太子です。

ほら、「エリザベート」でもこんなセリフが出てくるでしょう?

古い帝政を廃し、新しいドナウ連邦を作る。諸民族を抑える為には

これしか方法はありません」と。

この時代、オーストリアでは少数民族の独立運動が盛ん。力で抑える為に

フランツ・ヨーゼフ一世はハンガリーと「二重帝国」になりますが、そうなると

他のスラブ系民族が不満を訴え・・・・・

ルドルフは激しい民族の対立を抑える為には、ドナウ連邦として互いの行き来を

平等に認めてやろうとしたわけですね。

ヨーロッパ大陸という大きな大陸の上に、沢山の国と民族があって

でも、私達からみれば同じ西洋人なわけで。

だから本当に欧州連合が出来て「ユーロ」なる貨幣が出来た時は「へえ」って

思ったものですが

個人的にはユーロよりポンドとかフランとか、その国の通貨名の方が好き)

オーストリアだって多民族国家だし、最近のイギリスのドラマには黒人が沢山出て来て

「そういう時代なんだなあ」と。「レミゼ」のジャベルが黒人だったり

「マーリン」に出て来た「グィネビア」が黒人だったり。

そもそも「自由」という言葉が表看板のフランスとは違って保守的に見えたから

余計に・・・と思ったんでしょうね。

だけど、やっぱり離脱かあ。

 

朝、ワイドショーでは在日イギリス人の街頭インタビューを流していて

「残留派」の意見を軸に「反対派もいるよ」といったスタンスで報道していました。

どっちがどっちかわからないのに、平等にインタビューしないで

あたかも「残留派」が正しいようなマスコミのスタンスにちょっと引きました。

残留派の意見としては「ヨーロッパを旅行する旅費が安い。通貨が一緒で面倒じゃない」

ってのんきな話。

反対派の意見は「自分の事は自分で決めたい」これって表向きの意見で

本音を言えば「難民流入、移民が闊歩するのは嫌だ」って事ですよね

いわゆる第二次世界大戦を引き起こしたのはナチス・ドイツ。

ヨーロッパの強国は以前からインドや中国などを諸君地支配しており、

民族差別だってひどかった。だけど、ナチスがそれを大々的にやりすぎて

世界は「どんな民族も外国人でも自国民でも平等な扱いを受けるべき」という

思想に転換したのですね。

日本じゃ、いつの間にか在日の立場が自国民を超えてしまった感がありますが。

イギリスも、あまりにも多い移民などに「伝統」を破壊されると危機感を持ったのでは。

今後、ヨーロッパも雪崩式に離脱するのではないかと言われています。

(スコットランドはイギリスからの独立を口にしました。まんまアウトランダーや)

今更「生粋のアーリア人じゃないと」というドイツ国民はいないと思いますが

ひたひたとネオナチは力を持ちつつあるとか。

 

日本の回りでは中韓が常識はずれな行動をして、力に任せて侵略をしようとしています。

中近東ではイスラム国により、難民が大量に出て秩序を乱す問題に。

戦前はどこも「被害者」の立場だった人たちが牙をむいているのか?とも、思い。

そしてアメリカがトランプを大統領に選んだら、世界はどうなるんでしょうねーー

 

日本なんか3代前が不肖の皇太子妃がもうすぐ皇后になりますのよ。

そもそも今上と皇后は共に「日本は悪い国」思想をお持ち。

日本だけがいつまでも「日本は日本人だけのものじゃない」とか言ってると

流れに取り残されていくのでは?

だって・・・日本だけだよー外国人が入国したら即「国民健康保険証」をくれるの。

保険料の支払い能力があってもなくても平等に。

不払いだったらどうする?その頃は日本にいないんじゃないの?

日本からアメリカに移住した人が、「病院にかかる為」だけに帰国してその間だけ

国民健康保険証を貰うケースも結構あります。

つまり外国では外国人に安くて手厚い医療は施さないのです。

日本は本当にいい国。優しい国。だけど、自分の国の中に保険料が払えず

病院にかかれない人がごまんといる事には目を瞑っているんですよね。

つまり今回のEU離脱の裏には、そんな「不満」もあったんじゃないかなと。

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

民主主義を守る共産党?

2016-06-24 07:00:00 | 政治

数日前からめまいがとまらなくて。

メニエルではないと思います。とはいっても・・・・・

とりあえずめまいの薬を貰って飲んでいますが、やっぱり疲れると

ダメみたい。

暑い・・・でも妙に寒い。湿気が・・・という事で窓をあけていたら

妙な演説が

安倍政権による安保法案を廃止しないと私達の子供が殺されてしまいます

 ちょっと・・・ちょっと・・・・どうしてそんな嘘を?

憲法は権力を縛るものです。民主主義を守る共産党を送って下さい」

 まてっ 共産党の理想は「共産主義」じゃないんですか?

民主主義を守るというなら「共産党」という名前をやめなさいよ。

ああ。ますますめまいが

 

もはや立候補する議員さん達ですら「民主主義」と「共産主義」の違いを

おわかりではない模様。それはいい事なんでしょうか?

共産主義という言葉。私達が小さかった頃は「恐怖」の代名詞でした。

なんせ文化大革命の中国とかソ連のKGBとか、もう怖い印象しかない。

拷問と貧しさこそが共産主義だーーーと。

ところが。

今や・・というか、またもや

共産主義はみんな平等に分配する素晴らしい思想だ」という嘘を

信じてしまう若い人たちが出てきているのではないでしょうか。

それはつまり民主主義の行き詰まりではあるんですけど。

ヨーロッパでは逆に民族主義が強くなっている。つまり右が強いのです。

それは多くの難民が流入し国家の経済を脅かし、治安を悪化させる

源になりつつあるからです。

理想は「肌の色や民族で差別はしない」という事になっているけれど

理想で現実は立ち行かないって所ですよね。

どの国も自分の民族を守る事で精一杯になりつつある今日このごろ。

日本だけが左向きっていうのはどうなんでしょうねーーやっぱり平和ボケ?

 

6月23日は沖縄の終戦の日です。

安倍総理の献花の様子。こう申し上げてはなんですが天皇陛下より

ずっとずっといいなと思います。やっぱり上下の色が統一されているからでしょうか。

ジャケットなしでもかりゆしでも十分に弔意は伝わりますよね。

参考にされてはいかが。

(でもまあ。この格好で献花が許されるんだから服装規定はどんどん簡略化の

一途をたどっていますよね)

総理が会場入りすると「安倍帰れ!」の野次がとんだそうです。

その時に、叫んだ人は連れ出されなかったようですけど、今度は

翁長知事に向かって

「政治利用するなよ、翁長。靖国神社に参拝してこい」と言った男性は

警察に連れ出されてしまったそうです。

でもこのセリフ、本当にごもっとも!ですよね。

多分「安倍帰れ!」が左で、「靖国」が右とすれば、左が圧倒的に強い

沖縄ならではの事です。

かつて日本に復帰した時、大いに喜んだ沖縄県民はもういないのかも。

無理やり日本に復帰させられた。本当は独立したかったのに」とか言い出すんじゃ

ないの?いや、もう言ってるかもね。どこかの国民みたい。

日本(ヤマトンチュ)に見捨てられた」と言ってばかりの沖縄です。

翁長知事はだから中国の属国になりたいんでしょう?

韓国と兄弟の契りを結びたいのかもしれません。

米軍兵士の蛮行は許しがたいものがあります。

怒るのもわかるし、だから米軍を駐留させている日本が悪い。って

そう考えるのはどうかなと。

とにもかくにも71年経過して、わだかまりが一層強くなった思いです。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国史劇風小説「天皇の母」212(ウインナ・ワルツのフィクション)

2016-06-23 07:00:00 | 小説「天皇の母」201-

準備は大丈夫かしら」

出発の朝、心配そうな母の顔を見てマコは気持ちを奮い立たせた。

もうすぐ自分達に弟か妹が生まれる。

母の体は大変な時期にさしかかっている。こんな時に「一人旅」それも

外国への旅が不安だなどと口に出せるはずがない。

本当は行きたくなかった。

母を置いては。

でも「私が入院するのはあなたが帰って来てからだから大丈夫。

お勉強していらっしゃい」と母が言うので。

オーストリアの家に2週間のホームステイ。

初めて「皇族」ではない自分を体験する事になるのだ。

分の事は自分でおやりなさい。回りに上から目線で話してはいけません。

常に日本人として礼儀正しく・・・・・」

ずっと言われ続けて来た事をもう一度反芻する。

「まあ、マコなら大丈夫だろう

父は笑っている。そういえば7月に一緒に伊勢に行き、式年遷宮の準備を

お手伝いしたっけ。楽しかったなあ。

「そうはいってもね」

母はどうにも心配性のよう。それもそのはず。

この所、女性週刊誌による「生まれるのは男子」説やら

「マサコさまがお可哀想」節がひどくて、さすがの両親もぐったりしているのだ。

覚悟をしてきた事とはいえ・・・・

お姉さま、行ってらっしゃい。でも早く帰って来てね」

カコが泣きそうな顔をしている。心細いのだろう。

母は公務と自分の体の事で精一杯。それでもお弁当を作ってくれたり

宿題を見てくれたり、色々気を遣ってくれる大事な存在。

しかし、本音を言えば学校でひそひそ言われる「陰口」の方が辛い。

しかも広めているのは・・・・あのタカマドノミヤ家の女王だというのだから。

自分もまた面と向かってではないけど、空気として

マサコさまがお可哀想だってお母様がおっしゃってたわ」という回りの声は聞こえる。

大人の事はよくわからないけど、子供が生まれるっていい事なんじゃないの?

男系男子しか継承できない「天皇」の位は男女不平等だっていうけど

本当にそうなの?

様々な鬱屈した気分がやってくる。

でも、とにかく今は。

では、行ってまいります」

マコはウイーンの空へと旅立った。

 

ここ一ヶ月程、マサコは躁状態になったかのようだった。

毎日のようにアイコを連れて深夜にホテルのレストランへ行く。

那須の御用邸に宿泊した時は、近くにきた母や妹たちと

昼間から高級リゾート倶楽部のプールで子供達を泳がせ、自分達は

おいしい料理に舌鼓を打った。

誰も反対しないし、誰も口を挟まない。

きっとオランダ行きの準備が大変なのだ。

自分では荷物一つ詰めないマサコは、ただただその場の楽しさを満喫していた。

アイコは食べ物さえ与えておけばとりあえずおとなしいし、母や妹たちとは

話があって何時間しゃべっていても飽きない。

オランダではオワダ一家が集ってお城でパーティを開く予定である。

こんな自分だからこそ、オランダの城を貸切る事が出来る。

「お父様の力がわかった?」とユミコは自慢げに言ったが、本当にお父様さまさまだ。

世間では「批判」の声もあるようだ。

だがそれがどうした?私は海外に行かないと死んでしまうのだ。

日本なんて堅苦しくて言葉が通じなくて大嫌い。私の能力は海外でこそ生かされる。

その万能感こそが病気である事をマサコは全く気付いていなかった。

もうすぐオランダで・・・何を食べてどこに遊びに行こうか

と毎日、そればかり考えているマサコだった。

 

ウイーンで出迎えてくれた夫妻は母の古い友人だった。

そう。母はその昔、オーストリアに住んでいたのだ。ドイツ語が流ちょうなのはその為。

世間ではよく、伯母さまの事を「帰国子女」だというけど、本当は母の方がそうなんじゃ?

思っても口に出せない一言だ。

ようこそ、プリンセス・マコ。どうぞ2週間の間、楽しんで下さいね」

夫人は金髪に大きな灰色の目をした優しそうな人。

ドイツ語はあまりわからないけど「グーテンモルゲン」「グーテンターク」「ダンケシェーン」

くらいはわかる。

それにしてもウイーンとはなんと古い街並みをしているのだろうか。

かつてハプスブルク家の栄光を象徴した街。

そして沢山の音楽家を輩出した街。

どの建物も100年以上経っていて、石作りのそれは便利さよりも「歴史」を大事に

しているようだ。

ウイーンには余計な音楽がない。音は自分の心の中で奏でればいい。

何と自由である事か。

数々の芸術が、日本では「道楽」とみなされる事が多いけれど、、ここでは立派な

地位を持っているのだ。

まあ、プリンセスはなんてお行儀のよい人でしょう」

夫人は毎朝、自分にそう言った。

さすがプリンセスね。でも好き嫌いを言っていいのですよ。ここでは自由」

でもマコは一日のほとんどを見学と語学の勉強にあてた。

ときおり、夫人が連れて行ってくれるカフェで食べたザッハ・トルテ。

ちょっと固いかな・・・それに甘い。でもウインナ・コーヒーはおいしい。

カフェの天井の高さと調度品の豪華さ、通りを見れば馬車を操る御者がいる。

一体、ここは何時代なんだろうと思ってしまう。

でもマコはそんなウイーンが大好きになった。

今日はテレビの取材が入るのよ。シェーンブルン宮殿へ行きましょう」

第一次世界大戦の敗北と皇帝の死により、ハプスブルク家は600年の歴史に

幕を閉じた。王宮はホーフブルク宮だったが、多くの時間を過ごしたのは

シェーンブルン宮殿と言われる。

恐ろしく豪華な宮殿の中は、ハプスブルク家の栄光が詰まっていた。

でも、ほら、あの一角には有名なミュージシャンが住んでいるのよ」と言われて

マコはびっくりしてしまった。

ミュージカル「エリザベート」の作者が住んでいるという。

宮殿が現役のアパルトマンになっているとは。

「そうやって建物が劣化しないようにしているの」

時代の流れをほんの少しだけ理解できる。

ハプスブルク家も男系で皇室でした。でもマリア・テレジアの時代に

後継ぎがいなくてどうしようもなくて、ロートリンゲン家からフランツ・シュテファンを

迎えて結婚します。

フランツ・シュテファンは結婚と引き換えに自分の国を失うのです。

彼は名目上フランツ一世として帝位につき、マリア・テレジアはその后という

立場ではありましたが、政治のほとんどは彼女がとりました。

一般的にハプスブルク家といいますけど、この時から正式な名前は

「ハプスブルク・ロートリンゲン」といいます。

フランツ・ヨーゼフ一世の正式名は

フランツ・ヨーゼフ・カール・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン。

つまりマリア・テレジアの時代で男系は途絶えてしまったのね。

そういう意味では日本は素晴らしいわ。皇族や王族の価値は何といっても

その「青い血」ですけど、日本の天皇家は一本の線で繋がっているんですものね。

言っては悪いけど、ハプスブルク家もロートリンゲンがくっついたせいで

ちょっと神聖さが失われたと言われているわ」

マコはあらためて歴代の皇帝の肖像画を見てみた。

最後のカール一世は庶民になったのだった。

マリー・アントワネットはマリア・テレジアの娘ですけど、あなたくらいの時に

たった一人でオーストリアからフランスへ嫁いだの。

言葉もよくわからない国へ王太子妃として嫁ぐっていうのは相当なストレスよね。

彼女が浪費して国家の財政を傾けた事は悪い事だけど、10代ならしょうがない

かもしれないと少し同情するわね。彼女は子供を持ってからはいいお母さんになったのよ」

 15歳くらいで他国へ輿入れ。

当時は珍しくない事だったかもしれないけど、やっぱり不安だったのでは。

でも一人の王族の行動が革命を引き起こしたり、国の運命を左右したり・・・・

「エリザベートの息子、ルドルフ皇太子は自殺してしまってね。

フランツ・ヨーゼフ一世には男子が一人しかいなかったし、ルドルフ皇太子には

娘しかいなくて。仕方なく、甥のフランツ・フェルディナンド公を皇太子にしたの。

でも、彼は貴賤結婚・・・つまり家柄のよくない女性と結婚した為に、その子供達には

皇位継承権がなくて、妃のゾフィも皇太子妃と認めてもらえなくて。

フランツ・フェルディナンド公はそれを払しょくする為にサラエボに行った・・・でも

二人とも暗殺されてしまったわ。

一人の結婚が戦争を引き起こしたの。

今時、血筋がどうの、家柄がどうの・・・・とバカみたいなこだわるだというでしょう。

もう皇室はないし、最後の「王子」オットー・ハプスブルクさんはDJとしての人生を生き

亡くなったわ。

もうこの国はには王族や皇族を尊ぶ人はいないと思うでしょう?

それがそうでもないのよ。

ヨーロッパの社交界は広くてね。たとえ一般的にタイトルをつけていなくても

「青い血」を持つ人達の集まりはあるのです。

みな、誇りを持っているわ。問題は「名」ではなく「血」です」

マコにはちょっと難しいなと思った。でもその後に夫人が

あなたは世界一古い家柄の天皇家のプリンセス。それを常に誇りに思って下さい。

私の大事な友人であったプリンセス・キコがプリンス・アキシノと結婚したのは

これはもう神が定めた運命だと思うの。私達も嬉しい

 と言った時には身が引き締まった。

お国へ帰ればプリンセスとして大切なお役目があるでしょう。

でもここではどうぞ、一人の女の子として過ごしてね」

マスコミが多数取材する中で、マコは自然な笑顔を作ろうと努力した。

どんな時でもオールウェイズスマイル。

母の言葉がウイーンの空に響き渡った。

 

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

佳子様を虐めるな

2016-06-22 07:00:00 | 皇室報道

 何だか怒ってます。ふぶき。

この怒りは紀子様が悠仁殿下ご懐妊の折、女性週刊誌によるバッシングに

対し、何の抗議も出来ず力のなさを痛感した・・・あの時と同じ怒りです。

ただ、あの時は後ろに皇后陛下がいらっしゃるとは露程も思わず

でもでもでも あの時の「女性」としての悲しさや悔しさは本当にひどくて

トラウマになっていますよ。

いくら皇太子妃が男子を産めなかったからといって、宮家にこれから生まれる

親王ないし内親王の誕生を否定するような動きがあっていいものなのかと。

翻って一般社会を見れば、「不妊様」なる言葉がある程。

「産めない私に配慮しろ」「女性差別」と言い募り、ことごとく子供を産む女性を

貶めるような・・・それが「ジェンダーフリー」「男女共同参画」って違うだろ って。

(すみません。下品になってしまって)

そりゃ私も人間だし、女性だし、貧乏人だし。

他人さまの幸せは羨ましくてしょうがない。

うちには3人も子供がいるのに3人とも結婚しないだろうなとか

多分我が家は一生ゴッホのように貧しくて、いつか私も心を病んで逝くのだろうとか

考えると悲しくなるし情けなくなるし。

だけど、虐めたり否定したりはしません。歓びは共に分かち合います。

 

だのに 日本国民の手本となるべき皇室が率先して宮家の出産を

否定した事、喜ばなかった事、そしていま、ただ一人のプリンスの存在を

無視して東宮家がのさばっている事。それを許す政府。

全てが許せないと思っています。

なのに。今度は佳子様ですか

女性週刊誌を立ち読みして怒り心頭。でもどうする事も出来ない。

悲しくて悔しくて。

ネットのレポを引用します。

 佳子さまは語学の勉強が大変で公務に出られるほどの余裕がないようだ。

 勉強に専念しても時間が足りない位で、心配した紀子さまが

  学習院の二の舞(自主退学)になってはいけないと厳しい態度で接しているようだ。

 眞子さまが1年時に参加した海外英語研修に今年は行かれると思われていたが消滅したようだ。

  佳子さまは行きたい気持ちが強いが、紀子さまはじめ周りの方々が反対されたようだ。

  ダンスやファッションが好きで好奇心旺盛な佳子さまを

   今一人で海外に行かせるのは時期尚早だと。

 眞子さまは幼少の頃から皇族の一員としての自覚があり、 勉強も努力を積み重ねてきた。

  佳子さまにはその心の準備がまだ足りないと紀子さまはお考えなのでは。

 パーフェクトな姉に近づきたいと同じ大学に入ったがなかなかうまくいかない

  佳子さまはそんな眞子さまコンプレックスに苦しんでいるのでは。

 馬鹿な話です。

  日本の皇室史を見ても2000年で初めて「美しい」と呼ばれる内親王ですのに。

  あれだけの美貌とファッションセンスをお持ちの内親王が姉君にコンプレックス?

  女性は勉強だけ出来ればいい・・・・小和田家の流儀ではないのですか?

  コノハナサクヤ姫が何で天照大神に嫉妬するでしょうか?

 しかも、佳子様が大学で勉強が出来ないかのような印象操作。

  今だから言わせて頂きますけど、礼宮殿下も長い間こんな風に報道されたいたんです。

  「兄は優秀でも弟は馬鹿」と

  実際の所はどうしてしたか?ええ、週刊誌が嘘をついている事はわかっているのです。

  だけど、雑誌である以上「嘘」を「本当」と報道していいんですか?

  いかに3流誌といえどもそれはないでしょ。

 「・・・暇もない」 → 勉強できなくて留年しそうなのか?

  「学習院の二の舞(自主退学)」 → 実は学習院の勉強についていけなくて辞めたのでは?

  「回りの反対」 → 紀子様以外なら皇后陛下以外誰がいるのでしょう?

 ネットではすでにこう言われています。

 「今年は愛子内親王がイートンに留学するから佳子内親王が遠慮せよ」

と圧力がかかっているのだろう・・・・と。

 海外留学がすべてではないですが。

  眞子さまは15歳の時にオーストリアにホームステイされ、大学時代にも2度留学しています。

  それは目的があっての事で、佳子様に特別「外国」への思い入れがないなら

  なさらなくてもいいと思うんです。

  だけど「留学しない」事を「まだ内親王としての自覚が足りない」だのと言われる筋合いが

 どこに?

 紀子様、佳子様が承子女王みたいになるなんて思ってないでしょう?

 留学するしないは佳子様の意志だと信じたい。

  だけど、「回り」を慮って紀子様が先手を打っているのだとしたら、これは「親」として

  やってはいけない事ではないかと思うのです。

  確かに眞子さまは優等生でいらっしゃる。

  だけど、あの年齢であそこまで悟っている事の方が異常なんですよ

  眞子さまがイギリスでどのような生活をされていたのか知るよしもないですが

  少なくとも日本にいる時のように、あちこちに気を遣って目立たないようにしなきゃ

  ならないなんて事はなかった筈だし。  

  それに佳子様のファッションのどこが奇抜?

  皇太子妃や愛子内親王に比べたらずーーっとまともでしょうがっ

  皇后陛下はご自分が独身の頃、どんなに奇抜な恰好をしてたか覚えていらっしゃらないの?

  もろ肌脱いだドレスだの、真っ黄色のドレスだの・・・

  っていうか、美しい孫に嫉妬してどうする?美しい姪に嫉妬してどうする。

  自分達の年齢を考えなさいって。

 王室も皇室も、国民への+アピールがなければ存続できない程危うい存在になってます。

  だからどこの国でも「美人な王女」と「イケメン王子」は世界中に発信されるのです。

  ウイリアム王子があれほどダイアナ似てでなくて、ただ髪が薄いだけの王子なら

  ケイトと結婚した時点で「王室廃止論」が多勢になっていた筈ですよ。

 その美が皇室を救い、悠仁殿下の将来を安泰にするんです。

  「優秀伝説」だけが服着て歩いている愛子内親王は身の丈にあった幸せを模索すれば

  よろしい

  次期天皇の妻とその娘だからって宮家の教育に口を出したり圧力をかけたりする

  権利はない。

 ただ、本当に紀子様にこれだけは申し上げたい。

  佳子様を隠そうとしても皇室の将来には何の意味もありません。

  そして3人のお子様の事を思うなら、自由に動ける立場を作って差し上げて。

  タンクトップにジーパンくらいで何が「内親王らしくない」だよっ

  制服着てアイスクリームなめなめ歩くのはいいんですか?

  時代が違うんです。ご自分が22、3歳の頃はもう秋篠宮殿下と結婚の約束をして

  「自覚」を持たれたかもしれない。服装だっておとなしめに清楚にきめていらしたけど

  時代が違うのです。

  我慢し続けてストックホルム症候群になってしまわれたんじゃないんですか?

  今の環境が異常なんですって。

 

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

それぞれの旅

2016-06-21 07:00:00 | 皇室報道

  両陛下は御料牧場へ静養に。

私は別に80代の両陛下がどれだけ静養しようとも

国民としてなんとも思いません。むしろどうぞどうぞと思います。

昭和天皇だって2か月も那須にいて公務に励んでいたわけだし。

だけど、たとえば移動が大変なのに無理に歩かれたり、ジャケットなしの

服装だったりする所に「皇族らしさ」というものが失われたのかなと。

いつもお元気でいて欲しいとは思いつつ「嘘」はついてほしくないわけです。

老人特有の症状が出ているにも関わらず、横から肘を掴んで指示しながら

歩く天皇なんて変だと思いませんか?

何でそこまで・・・・と思いますもの。

そりゃ、天皇が天皇でなくなったら皇后もまた皇后でないわけで。

香淳皇后のように半世紀以上もその立場にいた方から見たら

「美智子皇后」はたかだか30年です。

いや、30年でも大正よりは長いし、貞明皇后などは「皇太后」となられてからも

きっちり「大宮様」として敬われながら生活されていたわけで。

若くしてその地位を下りるならともかく、もう80代ですし。

今更、立場が変わったって権力や権威が失せるわけでもないと思うのですが。

両陛下とも、やたら「俗世」に未練を残しすぎているというか

「穏やかな老後」とは真逆の生活をされています。

黒柳さんや(彼女も足が弱くなってますし、呂律も回らないなと)

宮城まり子さんのように(車いすだけど頭は元気)

メリー喜多川のように(あそこまでいくと老害)

長生きして、その生きざまというのがうかがわれるんですよね。

かつて森光子さんが、自分の引き際を考えずに現役続行した為に

あまりいい印象を残さずに亡くなりました。

最後、本当に最後の最期でミソをつけちゃう事ってあるんだなと。

宇都宮駅の両陛下です。暑くていらっしゃる。本当にそうだと思います。

だけどこれじゃ、「両陛下」というよりただのおじいちゃんとおばあちゃんです。

それも、やたら警備が多いだけの有名人っていうだけ。

陛下、少し痩せられました? なんというか・・・・言葉がねえ。

今一つ絵にならないですよね。華やかさも威厳もない両陛下って。

しっかり陛下の腕をお支えになる皇后陛下。

そうしないと陛下がどこかに行ってしまうなら、無理に言取りで歩かせる必要なし。

侍従が腕を持ってもいいのではありませんかねえ・・・・

 

さて。

こっちは一般庶民が撮影した東京駅の皇太子夫妻。

岩手に行くんですって。

午後からはツイッターが大繁盛。警備警備でヘリコプター飛んで仕事休みで。

皇太子は遠足に行くみたいな顔しているし、雅子妃は完全普段着。

そりゃあまあ、本日は岩手に行くだけだし、衣装なんてどうでもいいわ――的な?

・・にしても、インナーがTシャツですか?そりゃないわ。

貧乏人じゃないんだし。

岩手に到着の皇太子夫妻。

皇太子は何がそんなに嬉しいのか?お酒が飲める?

ブレザーを着ているんですか?背広とは違うような?いわゆる普段着?

この季節にこの色でノーネクタイ。

「皇族」を辞めたのか?と思ってしまいますよね。

それでもお手ふりは忘れない二人。

もはや車の中にいる時だけ「皇族きどり」でいられる貴重な時間ですしね。

ネットに書かれていましたけど、あれだけ大掛かりな警備をしいてマスコミがくれば

何もしなくても「お忙しい皇太子ご夫妻」という構図が出来上がってしまう。

要するに国民は騙されるという事ですね。

 

ホテルに到着した皇太子夫妻。

そしたら岩手で竜巻が・・・・・

被災者を励ます?脅す?

私が主役!竜巻と大雨を運んで来たのよーーー

日曜日にやってた「皇室の窓」とかいうのを見てます。

録画して途中です。

「父として母として」だったかな。プライベートな映像が出るという事で録画しました。

あの当時、皇太子一家の静養といえば「軽井沢のプリンスホテル」

それを堂々と報道しても何も言われなかったんだなあと。

浜松で水泳というのもありね。

でも皇太子とまだ3歳やそこらのアーヤが二人で水産試験場へいくって・・・・

その頃、浩宮は海で泳いでいただけかい?

 

登山の時は、石でできた道標の上に乗ったアーヤを押し出して自分が乗ったサーヤ。

手を差し出すとアーヤがサーヤの両手をとってキスするようなしぐさを。

萌えーー 素敵すぎるお兄様だーーー

その頃に浩宮は山登りしか興味がなく・・・・・弟と妹には関心が薄いですね。

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

講演会来てくださってありがとうございました。

2016-06-20 07:35:28 | 日本人なら絶対に知っておきたい皇室

この度はお忙しいのに、ふぶきの公演会に来てくださり

誠にありがとうございました。

長かったですねー午後7時くらいまで…個人的には盛り上がったと思うのですが

いかがでしょうか?

今回のテーマは「皇族の洋装」でした。

副題として「十二単を脱いでドレスへ」というタイトル。

縄文時代から大和の人達はどんな服を着ていたのか。南と北では

若干服装に違いがあった事や、化粧の話もしましたね。

弥生時代になると機織りが出て来て、布地が織れさらに染色も。

身分や役割によって服装が変わった行きます。

飛鳥時代から奈良時代までは中国風。

この中国風にあわせて、中国ではどんな服装の変遷があったかを説明。

平安時代になって日本の服装は激変。

そして幕末まで一気に説明。

そこから先は例のティアラを含めて、」写真で説明しました。

 

 時々、こんな風に帽子の被り方を研究してみたりして。

 正しい帽子の被り方・・・・なんちゃって。

 

次回もまたご参加下さいね。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

皇室ウイークリー

2016-06-19 07:00:00 | 皇室ウイークリー

ご日程

両陛下

6月10日・・・両陛下 → 在京大使夫妻と午餐

        天皇陛下 → 信任状奉呈式

                 通常業務

6月13日・・・両陛下 → 芸術院授賞式

                 茶会

      天皇陛下 → 内閣総理大臣から内奏を受ける

6月14日・・・両陛下 → 離任オーストリア大使夫妻と会う

       天皇陛下 → 会計検査院長,人事院総裁,公正取引委員会委員長,

                                   原子力規制委員会委員長らとお茶

                通常業務

6月15日・・・両陛下 → 帰朝大使夫妻ととお茶

6月16日・・・両陛下 → 香淳皇后例祭の儀

                懇談

 

皇太子同妃両殿下

6月12日・・・両殿下 → 千葉県訪問

 ・ 事業概要・県勢事情聴取

 ・ みどりの愛護のつどい式典出席

 ・ 千葉大学環境健康フィールド科学センター視察

殿下 → 昼食会

6月13日・・・皇太子殿下 → 日本芸術院茶会陪席

6月15日・・・皇太子殿下 → 離任大使・外国大使と会う

6月16日・・・皇太子殿下 → 香淳皇后例祭の儀

 

秋篠宮家

6月10日・・・・両殿下 → 日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展鑑賞

        秋篠宮殿下・眞子内親王 → 在京外国大使夫妻と午餐会陪席

        紀子妃殿下 → 結核予防会「平成28年度資金寄附者感謝状贈呈式及び

                        茶会

6月13日・・・両殿下 → 日本ストックホルム水大賞について説明を受ける

       両殿下 → 宮中茶会陪席

6月14日・・・紀子妃殿下 → 国際心理学会議ICP2016」について説明を受ける

       秋篠宮殿下 → 宮中午餐陪席

6月16日・・・両殿下 → 香淳皇后例祭の儀(八王子)

        眞子内親王 → 香淳皇后例祭の儀

 嵐の前の静けさのよう。

  皇太子妃がこんなに鑑賞公務ばかり頑張るのって、多分「お元気」アピールですよね。

  だって香淳皇后例祭の儀には出ないんですもの。

  もうこの人を祭祀に引っ張り出すのは無理でしょう。

  「なんちゃって」で全部すましてしまうんだと思います。

  「復活」雅子妃の元気さからいえば、「もうこれ以上は何も望むな」といわんばかり。

  出てくれるだけでありがたいと思えって?

 皇太子の生気のなさが気になります。心ここにあらず。

   一瞬のきりとりであんな表情が撮れるんでしょうかね?

   まるでロボットみたいで。横の妻は馬鹿笑いしているし。

 週刊誌では愛子内親王の留学が決まったらしいとかなんとか?

  夏休みの3週間でしたっけ?

  オランダが最有力候補とか? 実は小和田邸に泊まるだけだったりして。

  雅子妃もついていく・・・なんて事ないようにお願いしたいものです。

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

百合の花

2016-06-18 13:08:51 | 近況報告・子育て・嫁姑

僕、カワです。

ふぶきさんちのベランダで百合の花が咲いたんです。

綺麗でしょう?すごくいい香りです。

僕、この花をプリンセス・カコに捧げます。

あーあ、僕、プリンセス・カコに一目ぼれしちゃったんだよね。

だって本当に可愛いんだもの。お嫁さんになってくれないかなあ。

百合の花を持って行ったら会って下さるかしら?

ああ、百合よ。百合。

僕の思いを伝えて遅れ。プリンセス・カコ。

あなたこそ僕の心の大輪ですって。

 

由莉じゃないよ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雑談

2016-06-17 07:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 まさかの函館震度6弱の地震。でもマグニチュードを見てもう驚かない

自分がいたりする。それが怖いですよね

ここまで天変地異が多いと慣れて来てしまうというか。

とにかく大事にならずによかったというしか。

それにしても、南から北まで。日本はどうなってしまうんでしょうか?

雨が降って寒いかと思えば翌日は30度。極端すぎてぜんそくが出ちゃう。

地震もあり、次は何だろうと思ってしまいます。

舛添さん、退職金が2200万円ですって?これだけあれば暫く

生活をしていけるんじゃない?普通は。

ご自分の国へ帰られるといいですね。

っていうか、蓮舫も嫌だからっ 日本人じゃないと嫌っ

ドラマの最終回が続々始まっていますが。

OUR HOUSE」

打ちきりなわりにはうまくまとめたと思いますが、大団円にしちゃったってところが

脚本と出演者にギャップがありすぎましたね。

脚本が悪いというわけでもないし、出演者が悪いわけでもなく

ただ。合わなかったかなあと。

加藤君なんてもっと演技出来る子なのにもったいなかったな。

芦田愛菜を無駄遣いしてしまったしね。

 

重版出来!」

つくづく漫画家を育てるのって大変なんだなあと。

っていうか、あんなに一生懸命に面倒を見てもらえたらいいと思いませんか?

萩尾望都様もそんな編集者に囲まれて「ポーの一族」の続編を書いているんでしょう?

それこそいきなり重版出来ですよ。

絵がかなり変わっているとけど。

今回は黒木華に非常にあっていましたよね。

あのキャラは誰も真似できないと思います。

オダギリ・ジョーとの掛け合いもいいというか、凹凸でいいなと。

 

「僕のヤバイ妻」

最後までヤバイ展開にハラハラドキドキしました。

この夫婦、めんどい。一生、疑いつつ殺されるかもしれないスリルを

味わいながら生きるのか。

木村佳乃の怖さが半端じゃなくて。

それだったらキムラ緑子&高橋一生の歳の差ラブラブ婚がいいわあ。

年下のカレシにあそこまで思われて女優冥利だっ

それにしても。

あの「妻」は最初から誘拐保険金狙いだったのかしら?

だったとしたら頭よすぎて こういう奥さんは金のわらじをはいてでも探すべきですね。

 

これからのドラマは「50代の女性に憧れを抱かせる」ドラマがヒットするんじゃ?

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加