ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

皇室制度は人間差別?

2014-11-26 07:00:00 | 皇室報道

 長野の地震に関して、両陛下が「お見舞いのお気持ち」を出されました。

 両陛下は、余震が続き、寒さが募るなかで、互いに助け合って懸命に災害への対応を行っている

    被災地の人々に対するお見舞いと励ましの気持ちを、宮内庁の川島侍従長を通じて

    長野県の阿部守一知事に伝えられた。

 また両陛下は早速現地に赴いて救援活動に従事している人々をねぎらう気持ちも表された。

 大変ありがたい事ですが、両陛下、これから長野は雪になりますし。あまりおでましにならずとも。

  「名代」はぜひ・・・皇太子殿下を(なんせ毎年長野にお世話になってるし)・・・え?

  長野の人達、嫌ですって?そうおっしゃらず。

 

 常陸宮様の怪我。

首と左足首の捻挫、肋骨の骨折で全治一ヶ月だそうです。入院はせず宮邸ですごされると

いう事ですが。今週は公務がおありになります。

無理をなさらないで頂きたいです。

色々考えさせられますね。

 ネットで話題になっていたので、11月23日放送の

たかじんのそこまで言って委員会」をYOU TUBEで見ました。

女性が輝く未来はほんとうにくるのか」・・とかいうテーマでしたよね。

皇室に関しては

 女性の成年皇族が次々降嫁していくと皇族の数が減り公務に支障をきたすのでは。

 安倍政権は女性宮家を認めず、典範もそのままで、皇籍を離れても活動を認める。

 女性皇族は結婚後も皇室活動をすべきか否か。

 皇室活動を続けるにはどうしたらいいか?

竹田恒泰 → 「現状維持」

竹田君の隣の男性 → 皇室の意義を訴えていきたい

田嶋陽子 → 「皇籍離脱して皇室活動?」

田嶋先生の隣の女性 → 「男女平等のお手本に」

ざこば → 天皇の負担経験にならないが

津川雅彦 → お助けする人が沢山いた方が

津川さんの隣 → 天皇の負担が重過ぎる

その隣 → 資格要件を設置する

 

で、辛坊氏が「皇室の事なら、とりあえず竹田君に聞かないと・・・」というと、竹田君は

マシンガンのように話し始めました。

要約すると

 皇室活動という言葉は最近宮内庁によってつくられた言葉で、本来こんな言葉はない。

 皇族には「やらなければならない活動」はない。だから、病気で皇太子妃が長年公務をしない事に

  あれこれいう心無い人がいるが、言う事自体が間違っている。

 天皇陛下の仕事を誰かが代行する事はありえない。もし、ありえるとするなら皇太子だけ。

  だから女性皇族が何人いようといまいと、陛下のお仕事が増えるわけでも減るわけでもない。

 ゆえに現状維持でいいと思う。

 おおむね、竹田君と意見は同じなんですけど。ただ一つ。

 「皇族に仕事がない」というのは違うのでは?

 竹田君がいう「仕事」というのは色々な団体の名誉総裁とか植樹祭とか、「公務と呼ばれるもの」ですが

  そういうものは、本来やる必要性がないもので、引き受けるのはそれぞれ宮家の意向という事ですね。

 まあ、それはそうなんだけど。

  一方、天皇の「祭祀」「執務」に関しては、代行出来ないものであり、女性皇族にやってもらうなんて事は

 出来ない。そんな軽いものじゃないという事。

 津川さん達は「何で?頭を柔らかくして考えれば植樹祭とか代行させればいいやん」って事になるけど

  竹田君は一貫して「そんな軽いもんじゃない。出来るとしたら皇太子殿下のみ」と言い張ります。

  それなら、皇太子に代行させればいいじゃない?

  で、「現状維持」っていうならわかるんですけど、竹田君は「皇太子殿下がいるから大丈夫」とは

  ついに言わなかった 

  出演者の方々も「じゃあ、とりあえず皇太子殿下に委譲したら」とは言わなかった。

  という事は、さすがに皇太子夫妻では次代は担えないと感覚的にわかっているんでしょう。

 だけど、宮家の公務を「やらなくていいんだけど好きでやってる事だし」的な言い方をするのは

  どうかと思うのですが 

  私は、「皇族」には仕事があると思います。

  宮中祭祀

 これが第一の仕事でしょう?私達国民が「皇太子夫妻」に関してあれやこれや言うのは

 「病気なのに仕事しないと心無い事」を言っているのではなく、祭祀が出来ないのに海外に

 旅行したり晩さん会に出たりという・・・本末転倒な事をやっているからではありませんか?

 例えば、今、常陸宮殿下が「お怪我」を理由に祭祀にお出にならなくても、公務をされなくても

 私達は少しも「心ない」事を申し上げたりしません。殿下の姿勢は私達国民にきちんと伝わって

 おりますので。

 陛下の公務は宮内庁が決める。

 宮内庁には利権がある。天皇をブッキングできるから。

 宮内庁が全部悪い。

 竹田君は何気にすごい事をおっしゃいました。

  省庁から「陛下におでましを」と頼まれた宮内庁がこれを承諾し、陛下を担ぎ出す事が出来れば

 後々、自分がそれらの省庁に異動した時、顔がきく。「だから宮内庁を信じちゃいけません」だそうです。

  確かに「陛下の公務」と、他の皇族方の「公務」では質と・・格が違うので、女性皇族が皇籍離脱した後

 どんな活動をなされようと、それが陛下の負担軽減になるわけではありません。

 それは悠仁殿下が将来「陛下」になっても同じ。

  眞子様や佳子様がどんな活動をされても、悠仁殿下の負担軽減にはなりません。

 

ここで、田嶋陽子先生に話がふられる。

テレビ的には田嶋先生が何か発言するとすぐに竹田君とバトルが始まって面白いんでしょうけど

私達から見たら「そもそも田嶋先生に皇室の話を聞く事自体がおかしい」という話。

左翼に「皇室存続についてどう思いますか」なんて聞けるわけないじゃないの。

案の定

 なんで女性だからって皇室からでなくちゃいけないの?

  皇室は日本の象徴なんでしょ?男女平等なら女性だけ結婚したら皇籍離脱するのはおかしい。

 竹田 「それは日本の家族制度でしょう

   田嶋 「戦後、日本は華族制度はなくなった」

   竹田 「その華族制度じゃなくて民法の家族制度。一般でも女性の姓を選んだり・・・」

   田嶋 「そんな結婚ない」

  竹田 「皇室は民間女性を皇族にするけど、民間男性は皇族にしない。どこが女性差別?」

 と、ワケワカメな展開に。

津川 「田嶋さんは天皇家を認めているのか」

田嶋 「天皇を認めていなかった。天皇廃絶ですっと来ました。だった。でもみなさんがこうして喜んでいるから

    ああそうですかって・・・倒そうしてもどうしようもないじゃないですか。

    でも、天皇制を辿って行くとどうしても「女性差別」にいきつく。

辛坊 「田嶋さんが言いたいのは、生まれながらに他の人と違う人がいるという事、基本的人権がない人が

   いるという事が別な意味で差別になるんじゃないかということ」

田嶋 「全てが繋がっていますよね。身分制度。制度そのものが人間差別。

     人間全体の身分制度じゃないですか。天皇制って。そこから女性はずっと排除されて

    きたわけですから」

津川 「分担制度でしょう」

 竹田君はあくまで「皇室の女性差別」ってどんな話なのか聞きたがったのですが。

  竹田君、怒る所が違うでしょう。

  「天皇制は人間差別」って言ったんですよ 田嶋先生は。

  そして辛坊は「生まれながらに他の人と違う人がいる事が逆差別」と言いました。

  この二つの言葉の意味は共通しています。それは簡単にいうと

  教室で男の子から名前を呼ぶのは差別だ

  運動会で一等賞とビリがいるのは差別だ

  女性だけ子供を産まなくてはならないのは差別だ

・・・・というような論理で。極端な事を言えば「この世から「女性」という性をなくして全員男性化

 した方がよい。というような理屈になると思います。

 田嶋先生が天皇制を(天皇制は左翼が考えた言葉なので使うなと竹田君がおっしゃってましたが)

 「身分制度で女性が排除されてきた」と考えるのは、天皇の妃達に立場によって位があって

  「世継ぎ」を産む義務があって、世継ぎの母は優位に立って、そうでない妃はみじめになる。

  これ=差別って事だろうと思います。

 つまり。

  紀子妃は「世継ぎ」の母なので優位。

  雅子妃は「皇太子妃で将来の皇后なのに世継ぎの母でないのでみじめ」で差別されていると。

  じゃあ、近代皇室において後継ぎのなかった宮妃は全員「みじめ」で「差別」されてきたと

  いうのでしょうか?

  女帝のうち、本当に独身だった何人かはみじめだった?(推古天皇は世継ぎ候補の母だったけど

  息子を亡くして女帝に立った・・・これすなわち「差別」だったのか)

 他にも「一夫多妻だったから差別」とか・・・「文化」そのものが差別だというんだろうなあ。

  田嶋先生の気持ちはわからないわけではありません。

  小さい頃から「女のくせに」とか「お前が男だったら」とか言われて育ったんじゃありませんか?

 自分が「女性」である事に少しも「価値」を見いだせない女性。それが田嶋先生。

  だけど、それこそが「差別」なんじゃないですか?

 個人的には皇室程「女性」に寛容な場所はないと思いますけどね。

  中韓の王室や皇室と違って、互いに生き残りをかけて毒を盛ったり、殺し合ったりしなくて

  すみましたもの。

 

辛坊氏がまたへんてこりんな話をしはじめて。

 伊勢神宮の遷宮の時に「皇籍を離脱して都庁の方と結婚したあの方が介添えだったけど

  私達から見たら皇籍を離脱した民間人だけど、それは明治以降の皇室典範の規定であって

  神道の系統で言えば皇族なんですか?

 もうね・・・ 言葉が出ませんでした。

  竹田君が必死に「介添えじゃなくて祭主と臨時祭主」と言い換えていたけど、

  「血筋で祭主の役をするのは差別」的な話しなんでしょうか?

 竹田 「元々は天皇の娘が祭主だったので、元内親王が神道に関わるのは自然

 

そこで辛坊氏が「そのうち真正面から皇室を取り上げますか。なぜ徳川が皇室を滅ぼさなかったかとか

・・・・それが最大のミステリーなんだそうです

もし、それをやるなら保守派のコメンテーターは竹田君だけじゃ心もとないので、櫻井よしこ姉さんあたりを

よろしく。

それにしてもたかじんの番組がすっかり「左翼」化しちゃったんですねえ。

 

結果的に「女性皇族は結婚後も皇室活動をすべきか否か」の答えは竹田君の

「現状維持」に終始したのでありました。

 

 

コメント (5)

ドラマ・ドラマ

2014-11-25 16:50:00 | ドラマ・ワイドショー

 先日、突如、朝日新聞名古屋支局の販売店なるものから電話が

来まして。

朝日新聞をより知って頂くために1週間、無料でお配りしております」と言われました。

まあいいっかと思って配って貰う事にしたんです。

でも、その後勧誘されたら思い切り「反日新聞は嫌でございます」と言ってやるつもりです。

それにしても・・・・天下の朝日新聞が個人の家に電話をかけて営業とは

堕ちたものですわ。

暫くドラマの感想を書いておりませんが、一応見続けております。

姫いわく「ママは録画しすぎ」との事で。まあ確かに見切れないよなあ・・・・・

面白くなければ削除していきますけど。

でも日曜日から「ダウントン・アビー2」が始まるからシーズン1はおさらい

しないといけないし

中国ドラマ「山河の恋」(LALATV)は毎日。正直、いつの時代のメロドラマ?と思う作りで。

こうしてみると「蘭陵王」はセンスがよかったのねと。

この「山河の恋」は清朝が発足する前の話なんですけど、ハーンのホンタイジが

バカに見えてしまう・・・といういささか困った作り。

権力者よりその妻の方が偉いというか強いと言うか。いつの時代も女は強いのですわ。

「リーガル・ハイ」の再放送見ててむかついた、韓国製品のCM。

安全な野菜?嘘ばっかり。こういう虚偽のCMを流していいのでしょうか?

 軍師官兵衛

岡田准一の目がキラリと光ると「始まったぞ」とこちらもにやりとしてしまいます。

三成の田中圭はまだまだだなあと。

それにしても長政君、糸さんを離縁して栄姫を娶るとは。

ドラマではあんな風に精神を病んでしまった糸さんですけど、本当の所は

どうだったんでしょうね

栄姫、白無垢着てるけどーーあの時代は白無垢じゃないだろうって何回言えば。

信長協奏曲ならファンタジーだからいいけど、こっちは一応「大河ドラマ」

白の意味が違うのです。あれじゃやっぱり喪服に見えちゃうって。

 

 リーガル・ハイ

長かった。面白かったけどちょっとだれたなあ。

最後のコミカドの長台詞は意味はわかるけど納得できません。

だって古谷一行が演じていた赤目さんって本当に悪役だったんだもの。

「沢山の患者の犠牲の上に・・・」というのとはちょっと違うのでは?

東出君が棒だーーとネットで騒がれていましたが、堺雅人の前では

みんな棒に見えてしまうのでは。

剛力はあの程度の役柄が丁度いいかも。

 

 ごめんね青春!

爆笑に次ぐ爆笑。そして涙。こんなに個々のキャラが立つ脚本はないわーー

錦戸君のピアノ、いいじゃない

あの菩薩のお母さんは、その人の心に宿る「罪悪感」の化身なんですね。

でも往年の映画ファンにはきっと、風間杜夫平田満が並んで座ってる状況が

嬉しく思えるのでは? 

今回は双方の高校の校歌がツボでした

 

 信長協奏曲

まず・・・何でお市が水原希子なのかわかりません。

お市は「絶世の美女」だった筈で。絶世の美女の第一条件は「色白」でしょ?

「官兵衛」の茶々といい、浅井家に恨みでもあるのかしら?

 

おゆきの件は・・・まあ・・・でも、帰蝶さん、自分が気に入らなかった着物を

上げるのってちょっと上から目線すぎませんか?

官兵衛における大政所様や、今回の信長君にしても、日本人はすぐに自分が引いたり

許したりするんだなあと。

おゆき、韓国や中国のドラマなら拷問された挙句に火あぶりか毒殺だよーー

 

 

 

コメント (4)

ちょこっと面白い動画

2014-11-25 07:00:00 | つれづれ日記

 結果的に三連休は寝てばかりいた私です。

ちょこっと埋め草を・・・・

産経新聞の「日本人の座標軸」ネットに上がっているのでわかる方もおおいでしょうが

日本の「君が代」がドイツの世界国家評定会議で秀歌として1位にランクされているそうです。

理由は。

君が代 → 君が代は 千代に八千代にさざれ石の いはほとなりて 苔のむすまで

中国 → 立て 奴隷となるな 血と肉もて 築かんよき国 立て!立て!立て!

       心あわせ 敵にあたらん 進め敵にあたらん 進め 進め 進め進めよや

フランス → ゆけ祖国の国民 時こそ至るれり正義のわれらに 旗はひるがえる 旗はひるがえる 

         聞かずや野に山に 敵の呼ぶを悪魔の如く 敵は血に飢えたり 立て国民 

         いざ矛とれ 進め進め仇なす敵を葬らん

世界的に見て平和的な国歌は日本しかないって話なのですが、こんな国歌がどうして

軍国主義の象徴になるんでしょうか。

今一度、意味をよく考えれば入学式や卒業式で歌うにふさわしい一曲といえるでしょう。

長く長く日本が続きますように・・・・という願いの歌ですもの。

「ごめんね韓国」してしまったIKEAの解説。すごく笑えます。

 

 

これは大きな第一ティアラの画像の上に文字が並び、読み上げているだけなのですが

普段、色々なブログで読んでいる言葉が、いざ発声されるとこんなに違うのかと。

 

 

ここには動く「第一ティアラ」が映っています。ついでながら皇后陛下のティアラも。

もうみなくなって久しいなあと。

さらに雅子妃の「LIKE YOU」も。

 

 

これは一時期、ネットで随分拡散されていた映像ですが、皇室カメラマンが語る

「雅子妃の笑顔」です。

ベルギーの結婚式で雅子妃の青い衣装について

現地でも「ショッキングブルー」といって話題になった」と語っています。だけどそれは

いい話題じゃなくて「日本人がイギリス王室のナショナルカラーを着て出てきた」という事

だったんじゃないかと。

またいわゆる「破顔一笑」する写真もありますが、カメラマンは一生懸命褒めておりますが

今思えば「馬鹿笑い」にしか見えず。

 

 

 お浄めに秋篠宮ご一家の映像です。

 <!-- 秋篠宮 -->

 

 

コメント (6)

思ったこと

2014-11-24 07:00:00 | つれづれ日記

まずは長野の皆様、心からお見舞い申し上げます。

緊急地震情報の「強い地震」の・・・・あれは本当に心臓に悪いと言うか。

怖かったでしょうし、被害に遭われた方の今後が心配です。

しっかりと頑張って下さい。

 21世紀の日本のスーパーからバターが消えるなんて想像できた?

しかもクリスマスシーズンに

いわゆる「代用品」を見ると、やっぱり日本は小さい国なんだなと思うけど。

猛暑が原因?まあ、それもあるかもしれないけど、一番は「離農」が増えているからでは?

日本では「農業」をなりわいにしていく事が本当に大変です。

もしかしたらその大きな原因は戦後の「農地改革」にあるのかもしれないと思ったりして。

一部の「ブランド品」を作る人以外は、「北の国から」で描かれたジュンの離農とほぼ同じような

事が繰り返されているんでしょう。

「銀の匙」でも酪農を続ける苦悩が描かれていますし

第一次産業もダメ、第二次産業もダメ、世の中営業力がある人以外が生き残れない国になったら

もうおしまいでは?

 私、あまり東宮家の「法則」に関しては信じていなかったんですけど

長野の地震で、遅まきながら信じることにしました。

両陛下は「お見舞い」に行かれるんでしょうかね。

それより東宮家が静養に行かなければいいだけの話ではと。

(っていうか、毎年スキーに行ってるんだから今回は率先してお見舞いに行くべきでしょう。

あ、また法則が発動するからダメか)

「新嘗祭」の夜の拝礼が取りやめになった直後だった事から、これもまた「怒り」の一つでは

と見る向きもありそう。

今年は伊勢の豪雨といい・・・・神様を鎮めないと危ないかもと思う事が多々ありました。

紅白から浜崎あゆみが落選決定だそうで。

本人は新たな活動を始める予定だから・・・なんとも思ってないようですが。

個人的には落ちて正解ではと思ってしまいます。

そりゃあヒット曲もないのに毎年出ている演歌関係の大御所もいるわけですけどね。

だけど、私、彼女の・・・最初にちょろっと出てあとはさよならーー的な態度が好きじゃありませんでした。

一方、当確予定のV6.

全て岡田君とイノッチのおかげだってわかってるよねーー

「軍師官兵衛」のヒットで岡田君を出さないわけにはいかないものね。

だけどそうなるとジャニーズ枠はどうなるんだろう?

久しぶりに歌って踊るV6を見る事が出来るんだけど、こんなにメンバーにおんぶにだっこな

ジャニーズも珍しい。(キスマイが次を狙ってるか?)

流行語。

毎年色々出てますけど。

今年は「LET IT GO」(ありのまま)じゃないのかなあ。

何でもかんでも「ありのままで」って言えば許されるかのような風潮だったよね。

だめよーだめだめ」もありかなあ。

一年間、「嘘」が多かったと思いますが。

ここに「イミテーション・ティアラ」を加えて欲しいと思うのは私だけ?

「11年ぶり」とか「キャベツドレス」とか「渋柿スーツ」とか。

「体調が整いました」っていうのもいいかもね。

22日の「世界ふしぎ発見」は英国貴族のお話。

ダウントン・アビー」は世界的にヒットだそうで。

確かにアメリカのドラマで「ダウントン・アビーの続きが気になって」とかいうセリフが

出てきた時には驚きましたけど。

野々すみ花がバッスルスタイルのドレスを着るわ、馬車に乗るわ、イブニングドレスを

披露するわ、本物の貴族様にインタビューするわ、ご活躍

元ジェンヌは姿勢がいいし、何を着ても似合ってしかも立ち居振る舞いは完璧だし

お邪魔したスコットランド貴族の面々もきっとすみ花ちゃんにメロメロだったんでは?と思います。

ここで印象的だったのが「貴族のありかた」

いわゆる「ノブレスオブリージュ」に関してのマールバラ公爵のお話。

私達は国に貢献するという意識が人生において一番大事なことなんです」という言葉です。

 有事の際には率先して国に貢献する

事が暗黙の了解で義務付けられているという話。戦争が始まれば率先して戦い

屋敷を国民の為に開放し・・というような。

と、同時に「伝統」を守る事も重要な仕事であるわけで。

ゆえに高い税金を払ってでも城を守り、狩猟や晩さん会などの文化を守っていく。

現代のイギリス貴族は日本の皇族よりも厳しい生活をしているのかもしれません。

そういう生活を雅子妃はしたかったのでしょうか?

「貴族」の華やかな部分だけを見て「贅沢が出来るわ」「使用人に何でもやらせる」事だけが

素晴らしいと思い込んでいませんか?

「ダウントン・アビー」では中流階級出身の後継ぎが、身の回りの事を下男にやらせず

何でも「自分でやるから」と言い、軋轢を生みます。

伯爵はそんな彼に「下男にも仕事に対するプライドがあるし、私達は彼らを雇っていく義務がある」と

諭すのです

上に立つ者にとって下の者は「使用人」というより「信頼できる人」なんだなあ。任せる事が

信頼の証なのだと感じました。

 

「ふしぎ発見」ではレディ・ガガの帽子を作っている帽子やさんのお話が印象的。

王冠を被ったり、帽子を被ったりするのは自分を重要な人物に見せる意味がある」

まさにそれです。

帽子やティアラ文化のなかった日本ではなじみのない考え方ですが、本来、ティアラや帽子は

「特別な存在」の証なんですよね。

それを外して晩さん会に出たりするのは、やっぱり違うのではないかと思ってしまうんです。

西洋文化を取り入れた時、その信条も取り入れた筈で。そこらへんの事、皇后様はどう思われて

いるんでしょうか?

ましてティアラがプラチナじゃなくてシルバー製に作り替えられているかもなんて恐ろしい

 

さらに印象的だったのがすみ花ちゃんが出席した「晩さん会

晩さん会の目的は「社交」・・・・早い話が「おしゃべり」です。

食べる事が目的ではないのです。

宮中晩さん会でも皇族方は隣の席の人と延々としゃべっています。

すみ花ちゃんが出席した晩さん会でも、みなさん、ずーーっとおしゃべりしてました。

(いわゆる食前酒を片手におしゃべり。それから晩さん会・・・多分、その後、お茶と煙草の

後席)

無論、「ダウントン・アビー」でも、中流階級出身の後継ぎ親子が来ようとも

とりあえず晩さん会では気の利いたおしゃべりの連続。トルコの王族が来た時もそう。

約2時間もの食事の間、一体ネタはどこから拾って、どんな風におしゃべりするのが

ふさわしいのでしょうか?

ホストはみんながリラックスして楽しんでいるかどうか、常に目を光らせないといけない」

「沢山の人をまとめる責任とか、みんなを楽しませる為の心遣いのスキルはビジネスでも

役に立つ」

という事は、11年前、メキシコ大統領の晩さん会の時

「天皇陛下に紹介して貰えなかった」とぶんむくれて、「何を食べたかも覚えていない」

程落ち込んでうつむいている映像が残る雅子妃は、まるっきりプロトコル違反だったという事。

ホストとして絶対にやってはいけない事をやってしまったのが皇太子妃だったんですね。

今回のオランダ国王夫妻の晩さん会でも「ホスト」というよりお客様状態でしたし、その

お客様状態のホストを持ち上げ続けたマスコミがおかしいという事になります。

野々すみ花に出来て日本の皇太子妃に出来ない事。

それが「社交」なんですねえ・・・・・・

22日。本当は観劇予定だったのですがちょっとダメになっちゃったので・・・・

せっかく休みをとっていた姫が「日比谷に行きたい」というのでお付添い

滅多に着ないワンピースを着て目の前に現れた姫は、結構可愛いなと。

はいはい。ママは姫の引き立て役よね」といいつつおでかけしました。

一緒にお昼食べて(ママ持ち

有楽町のLOFTでお買い物(ママの事務用品)

イトシアのアリスのカフェでお茶(ママ持ち

三省堂で本を見る(姫が漫画を買った・・・・)

ここですでに私はお疲れモード 座りたいーーもうやだーー

しかしながら、彼女の最終目的はシャンテ下のキャトルレーヴ。

上演中の時間だから人が少ないと思ったらとんでもなかった。

柚希礼音武道館グッズを買うお客でごった返し。しかもそれ専用にレジが3つ占領され

一般客のレジは1つ。

お写真沢山(姫持ち)カレンダー(ママ持ち)で延々と並んでいたんですが、レジの遅さに

姫はイライラ。自分の職場でこれをやったらクレームだらけになるよーーと。

でもヅカファンは文句も言わずに並んでる。偉い。足が疲れる。

私、今、100周年のチャームを集めているのですが、今回は買うのを諦めました。

それにしても恐るべし柚希ファン。

サラリーマンの旦那さんからお上りさんのおじいちゃん達まで動員しちゃうのか。

で、大幅に疲れましたがこれで終わりではなく。

姫の最終目的はシャンテの点灯式に出る「音月桂」様。

その為に1時間も立ったまま待つハメに・・・・・・

あそこは段差で後ろが低くなってます。しかも背が高い人達が前をぶんどりさらに背伸び。

まるでバレリーナのようなスタイルで必死に待ち、そして現れた音月桂を見ようとさらに背伸び。

正直「早く終わってーー」状態でした。

姫はいつになく満面の笑みで本当に嬉しそうでした。

それからシャンテの地下でお夕食(ママ持ち)

衣装展を見てたら閉店時間。慌てて写真をとりまくって帰途についたのでした。

これだけお尽くし申し上げたのに、帰りに「電気ビルのパブに行きたい」って言ったら

ダメっ お酒は自分のお友達と飲みなさい」と叱られてしまいました。

日比谷や有楽町で飲む事なんて滅多にないんだもの。一人でお店に入れないし

付き合ってくれたっていいじゃないのよーー ここで喧嘩。

まるでだだこねてるのが私みたいで(私だけど)

娘って本当に厄介な存在だなと思いつつ。

衆議院が解散した時。

職場で、44歳の臨時職員の女性がぼそっと言いました。

今度はどこに投票したらいんでしょうね

そこで私は答えました。

「民主党だけはダメ」と。

今もって海江田の顔を見ると、トラウマがぶり返して嫌な気分になる私。

だってあれからあだ4年近くしか経ってないんだもの。

そしたら彼女が「何で民主党じゃダメなんですか?」と言い

逆に「何で民主党がいいの」と聞きたいのを我慢して、震災前後のあれやこれやを

説明したら

いやーー震災の時はどこでも同じ対応だったんじゃないんですか?」

「あの時は特別だったんです。きっとたまたま悪かったんですよ

民主党が政権を取ったら日本は日本でなくなるよーーと言ったら

まさかーーと大笑いされまして。

脱力・脱力・脱力ーーー で、ございました。

別にこの女性が特別とは思いません。

日本人ってのはこうやって、すぐに忘れる。

そんな事より消費税が上がる事が問題ーーと。

私はもう二度と民主党を支持しないし、あの面々の顔を見るのも嫌ですが。

大嘘つかれても、国を売り渡されそうになっても、そんな事あったの?と思う人が

まだいるんだなと。

コメント (24)

皇室ウイークリー

2014-11-23 07:00:00 | 皇室ウイークリー

 

ご日程

両陛下

11月14日・・・・両陛下 → 三の丸尚蔵館鑑賞

                  勤労奉仕団に会釈

         天皇陛下 → 勲章受章者に会う

                   通常業務       

11月15日・・・両陛下 → 奈良県訪問

      ・県勢事情聴取・知事らと懇談

      ・紀伊半島大水害被災者と懇談

      ・第34回全国豊かな海づくり大会絵画・習字優秀作品鑑賞・レセプション

      ・提灯行列

      ・豊かな海つくり大会式典

      ・大神神社参拝

 

11月18日・・・・天皇陛下 → キルギス議会議長と会う

                    通常業務

11月19日・・・両陛下 → 離任大使に会う

                 勤労奉仕団に会う

                  平成26年度宮内庁永年勤続表彰者に会う

11月20日・・・両陛下 → 埼玉県訪問

    ・埼玉県知事より平成26年2月大雪災害と復興状況等について聴取

    ・知事らと会食

    ・雪害地区視察

    ・下里農地における有機農業視察

    ・下里・豊かな郷づくり委員会代表等との懇談

    ・細川紙及び展示鑑賞

 

皇太子同妃両殿下

11月14日・・・・皇太子殿下 → 現行警察法施行60周年記念平成26年度全国青年警察職員意見発表会

             両殿下 → 国連難民高等弁務官に会う

11月17日・・・皇太子殿下 → 勤労奉仕団に会釈

             両殿下 → 外務省から進講を受ける

11月19日・・・皇太子殿下 → 第36回母子保健奨励賞受賞者に会う

11月20日・・・皇太子殿下 → 勤労奉仕団に会釈

                    第47回全国少年補導職員等研修会出席者に会う

 

秋篠宮家

11月7日・・・紀子妃殿下 → 神奈川県日赤紺綬有功会創立50周年記念午餐会及び同式典出席

       秋篠宮殿下 → 赴任メキシコ大使に会う

11月9日・・・佳子内親王殿下 → 第36回少年の主張全国大会〜わたしの主張2014〜

11月10日・・・両殿下 → 京都訪問

    ・ 平成26年度御寺泉涌寺を護る会定期総会出席

11月11日・・・紀子妃殿下 → 全国聾学校作文コンクールについて説明を受ける

11月12日・・・両殿下 → 東北大学東北メディカル・メガバンク機構について説明を受ける

                 第26回ブループラネット賞授賞式。祝賀パーティ

11月13日・・・紀子妃殿下 → ろうあ連盟から進講を受ける

 こんな事を申し上げるのは不敬ですが、両陛下の奈良訪問と埼玉訪問は

  必要だったでしょうか?

  奈良は「豊かな海づくり大会」で、毎年出席されていますが、それこそ「年齢的に」取りやめても

  いいと思うし、主催者だって文句は言わないでしょう。

  両陛下のおかげで知名度が上がったのですから。

  本来なら皇太子夫妻に譲られるべきもの。皇太子ではイメージがと思われるなら

  秋篠宮家にお譲りになればよろしいこと

  なんなら高円宮家の女王殿下とか、三笠宮家の女王殿下とか、手はいくらでもあると思いますが。

 どうにも両陛下は「日本全国津々浦々まで見て歩かないと気が済まない」という強迫観念に

  とりつかれているような気がします。

  ほとんどの公務を皇太子が請負い、老後の楽しみとして訪問する・・・というなら、それはそれで

  理解できますけど、両陛下の場合はいつもやたら必死で

  歳を重ねてより「動き」たがっているような?

  その裏にある深層心理はなんなんでしょう?

  皇室を破壊しかねない皇太子夫妻の現状から目をそらしたい、東京にいたくない、

  国民の支持が落ちているのではないかと不安でしょうがない、そんな印象を持ちますが。

 今回、新嘗祭の夜の拝礼を「年齢」の為に取りやめられました。

  その事自体は否定はしません。

  しませんけど、だったらもう少し地方訪問もやめて頂きたい。パラオなんて言語道断

  今すぐ、「ご執務」「祭祀」「全国戦没者慰霊祭」以外の公務は全て皇太子にお譲り頂きたい。

  なぜそれをしないか。

  それをやったら、両陛下の今までの実績が消えてしまうとおわかりなんです

  だから譲らない。だけど、秋篠宮家に譲るのも嫌。

  なぜって・・・「格落ち」するから もっと意地悪な見方をするなら、両陛下以上の実績を

  上げるのが嫌。

  秋篠宮家はすでにあっちこっちの宮の公務を引き継いでいます。

  それをしっかりなされているなら、こんな頼もしい事はないじゃないかと思うのが人の常。

  しかしながら、それらの事と一緒にしてほしくないという気持ちもあるのかもしれませんね。

 じゃあ、祭祀の取りやめはなぜ承諾したか?

  宮内庁が、風岡長官が、説得に走ったからではありませんか?

  さすがにこれ以上は、陛下の身に何かあったら長官のせいになるかもって・・・

  マスコミは今まで何年にもわたって「陛下の公務軽減」を提唱して来ました。

  しかしながら、公務に関しては「これ以上は譲れない」領域に達している。

  祭祀をこれ以上やってもし、倒れちゃったら誰のせいに?風岡長官ですよ。

  だから、必死におとめしたんだろうと思います。

 まあ・・・それが平成の皇室なんでしょうね。

 

 常陸宮殿下の入院と退院 

 20日、お住まいで転倒された常陸宮殿下。大事をとって入院。

 21日、検査の結果、異常がなかった事から退院。

 よかったです。常陸宮様、お大事になさってください。

   宮邸をバリアフリーにすべきでは?

 

 週刊新潮』2007年7月19日号 東宮御所「建て替え」への風当たり

         ―13年前の「3億円大改修」は何だったのか。3000万円の「子供部屋」に

                                    代わり今度は「勉強部屋」が。

バリアフリー・・・・と言えば。

先日、ネットでふるーい記事の検証が出まして。

改めてみるとこれまたすごい話だったという話。


 東宮御所には平成6年(補足:1994年)に皇太子さまと雅子さまが、

   赤坂御用地から引越されてきて住んでいます。

   その時、総工費3億800万円をかけて奥私室部分を中心に改装工事をしました。

  雨漏りがしていたので銅板の屋根を葺きなおし、壁を直し、皇太子さまのご希望で

  日本間の前にししおどしのある 日本庭園も造っています。

  さらには両殿下がお好みの壁紙やカーテンにしたり、内装工事も行われました」(前出・記者=神田秀一氏)

 平成9年(補足:1997年)公室部分の改修工事を行っている。

 「耐震補強工事を行っています。支柱や壁を補強するだけでなく、

   車椅子でも入れるようにリフトを設置するなどバリアフリー 化に努めています」(同) 

  この時かかった工事費用は実に総額5億8000万円。

 愛子内親王が誕生した時も子供部屋を改装。

 愛子さまのための子供部屋にはかつて 紀宮さまが使われていた8畳ほどの洋間が用意された。

   「転んでも大丈夫なように、コルクのタイルが敷かれ、壁には落書きをしてもいいように

   リノリウムを張っています」(同)

 部屋を仕切って看護婦控室も設け、改装工事にかかった額はおよそ3000万円

 2008年。私室と事務棟の配管の交換や内装の張り替えなどの改修工事。

  屋根にソーラーパネル設置、トイレにLED照明。費用は10億円

 写真の昇降機は江頭氏の為に設置され、亡くなった後は撤去されたという話。

 常陸宮家だってバリアフリーにして昇降機をおつけになるべきです。

 この21年で東宮御所の改装にかかった費用はざっと・・・・・・19億9000万

   21年よ・・・たった21年。 

   さすがに約20億円は多すぎませんか?

   まさに「特権階級」そのものですが、これ全部税金ですから。  

   オランダへいった時の衣装代が1700万円でしたっけ?ちょろいちょろい。倹約したわーー

   皇太子妃殿下。

  

コメント (17)

韓国史劇風小説「天皇の母」171(こっちはフィクション)

2014-11-22 07:00:00 | 小説「天皇の母」161−

じとっとした夏だった。

窓の外のセミの声が一段と大きくなった気がする。

地球温暖化の波で、都会の夏は異常に暑くなった。

日差しを避け、ブラインドを下ろしても夕日の赤さは目に入る。

ノリノミヤは眠っているキク君の顔をじっと見つめていた。

ガンと診断され、もう長くない。

ガン撲滅運動にずっと関わっていらっしゃったキク君自身が

ガンになってしまうとは。

なんと理不尽な事だろうか。

小さい頃からこの大叔母はとりわけ自分を可愛がってくれた。

宮夫妻には子供がいなかったから・・・・兄は習字を習い、自分もまた事あるごとに

宮邸にお邪魔した。

キク君はどんな時でもノリノミヤを歓迎したし、いつもおいしい紅茶を入れてくれ

昔の話を沢山してくれた。

徳川の御姫様の暮らしがどんなだったか。

時々、持っている着物なども見せてくれたし、「こんなのが御似合いね」と

着物の選び方も全部教えてくれた。

無論、それらは母からも教わって来た事だkど、キク君の言葉には重みがあった。

「華族」出身という重みを感じていた。

キク君はいつも「宮さん」と自分を呼んだ。

ちょっとくすぐったいような発音だったけど、そのはんなりとした口調はとても素敵だった。

母は鮮やかで華やかで強烈な印象だったけど、キク君はしなやかでつややかで

しっとりとしていた。

そんな大叔母の背中を見て育って来たのだった。

可愛がってくださった大叔母様に一目、自分の花嫁姿を見せたいと思っていた。

けれど・・・・

キク君がうっすらと目を開けた。

「あら・・・」キク君は小さな声で言った。

そこにいらっしゃったの?私、眠ってしまったのね

ええ

宮は微笑んだ。

あまりによくお休みでしたので、起こしては・・・と。大叔母様のお顔を眺めていました」

宮さんに眺めて貰うような顔でもないのよ。もうおばあちゃまになったわ

そんな事ありませんよ。大叔母様はいつまでもお綺麗」

宮さんに比べたら。やっぱり嫁ぐ前の女性は綺麗

キク君は少し起き上がったので、宮はクッションを背中にいれてやった。

随分痩せた。まるで枯れ木のように。

あんなにつややかだった肌は肉が削げ落ち、表情もよくわからないくらいだ。

かつての大叔母を知っているだけに、本当に悲しく思われて、宮はそっと顔をそむけた。

ねえ・・・」

キク君は小さな声で言った。

いつになったら日取りが決まるの?私、もうゆっくりとはしていられなくてよ

ノリノミヤは困ったような顔をする。

あら。そんなにお待たせしないわ

それならいいけど。ああ、あのお小さかった宮さんが嫁がれるとは。時々こちらに

来て下さるマコちゃんとカコちゃんを見ると、宮さんを思い出すのよ。

本当によく似ていらっしゃること」

そうかしら?マコはお兄様に似てるし・・・カコはおじいさまに似ているわ」

「そうそう・・・カコちゃんはほんと、先帝のお小さい頃の写真にそっくりね」

キク君は深く息をついた。

でも、似ていて当然です。だって血が繋がっているものね

お疲れじゃなくて?少し横になられたら

いいのよ。せっかく宮さんが来て下さっているんですもの

キク君は少し楽しそうに笑った。

どんなお道具をお持ちになるの?お着物は何枚?それにお化粧道具入れとか

色々揃えたいわね」

私、何も持って行くつもりはないんです。母のお下がりを貰えれば

そりゃあ、皇后陛下は着道楽でいらっしゃるし昔からそりゃあご立派なものをお持ちよ。

私達ね、ほんの少し妬けてたの。だって皇后陛下の持ち物は

何もかもそりゃあご立派だったんですものね。失った過去の栄光に私達は涙した

というわけ。でももうそんな事はどうでもいいわ。

だけど、宮さんは皇女であらせられるのですから、きちんとしたものを誂えて頂きなさいな。

降嫁されても内親王は内親王ですもの」

ええ

ノリノミヤはうっすらと微笑んで頷いた。

「皇室も。変わるわね

え?」

ノリノミヤははっとした。一瞬キク君の顔が大昔のきりりとした表情に見えたからだ。

しかし、それは本当に一瞬の事ですぐに、齢を過ぎた老女の顔になった。

東宮家の姫は・・・・ああ・・・名前が思い出せないんだったわ。嫌ね」

トシノミヤアイコですよ」

そうそう。トシノミヤ。いくつになったのかしら?」

「2歳ですわ。もうすぐ3歳ですよ

可愛い盛りね。どんな様子なのかわからないけど・・・・あれから東宮妃は懐妊なさらずなのね。

色々あるわね。それにしてもと・・トシノミヤ様はどんなお顔をなさっているのかしら?

小さい頃の東宮はのんびりした方だったけど、この姫もそうなの?」

さあ、どうだったかしら

私には子供がいないからよくわからないのよ。ああ、一人くらいいたら・・・それもまた

言ってもせんないわね」

大叔母様」

ノリノミヤは泣きそうになった。皇室に嫁いで幾星霜。

常に「妃殿下」としての気品を守り続けてきた女性。大切な大切な女性皇族。

このようなお手本がいなくなったら、皇室はどうなってしまうのか。

そろそろ遅いので帰りますというと、キク君は

次にいらっしゃる時までにはちゃんとお祝いを整えましょう」と言ってくれた。

もう少し元気になったら、宮邸中の宝箱をひっくり返して色々さしあげましょう」と。

そこでまたノリノミヤは泣きそうになった。

いつまでもいつまでもお元気いて欲しい・・・・・一緒に宝箱をひっくり返して

あれこれ取り出してはいわくを聞いて、「宮にはこれが似合うわ」などと

言い合いながら。

 

宮邸をあとにすると、ノリノミヤを乗せた車はそのままアキシノノミヤ邸に向かった。

今は皇太子妃が心の病だから、それを考慮して発表を控えましょう)

母はそう言った。

皇太子妃が「適応障害」と発表されたのは8月に入ってからだった。

誰もが聞いた事のない病名に驚いたが、皇太子の「人格否定」発言以来

それが変だなどとは言えない雰囲気になっている。

まるで、何もかも皇室が悪いといわんばかりのマスコミ報道に

天皇も皇后も正直、怯えていた。

私達は働いた経験がないから皇太子妃の心がわからないのかもしれない

と皇后は言っていたが、それはどうなのだろう。

日々公務に励む天皇・皇后、各皇族たちは働いていないとでも言うのだろうか。

そもそもこうなったのは、皇室が云々というより、トシノミヤの「障碍」のせいだ。

それは気の毒だと思う。

だけど、自分達はそういうもの、ありのまま受け入れてきたのだし、今さら驚いたり

嘆いたりはしない。

ただ、どうすればトシノミヤが「皇女」として生きて行けるか、その為に必要な教育は

何かと考えてやるだけなのだ。

障害者に優しく、「ねむの木」の活動に特に理解を示している皇后が、どうも今回は

歯切れが悪い。

それこそそちらのツtを頼って、自閉症などのエキスパートを探せばいいのに・・・・・

皇太子夫妻が頑なに娘の姿を認めないばかりか、よもや影武者をたてようとは。

そして、それは穏やかな結婚生活が待っている筈のノリノムヤにも暗い影を落とした。

 

夏の日は長い・・・といっても、夕食の時間はとっくにすぎている。

あたりはすっかり暗くなっている。

宮邸の侍女に迎えられ、ノリノミヤは邸内に入った。

ねえね、いらっしゃい

すぐにマコとカコが飛んでくる。

カコは相変わらず姉の後ろに隠れようとするが、マコは随分大人びた印象。

それもそうだろう。

先日、初めて両親と一緒に「公務」に出たのだ。

タイのシリキット王妃の誕生日を祝う会に出席したマコは要人たちに

きちんとお辞儀をして、内親王ぶりを見せた。

それは叔母であるノリノミヤにとっても頼もしい事だった。

少しずつ皇室のあるべき姿は何だろうと思ってしまう日常にあって

マコやカコの上品な姿は、ほっとさせるのであった。

「ごきげんよう

ノリノミヤは可愛い姪達の頭をなでた。

お夕食は済んだ?」

ええ。ねえね、今日は一緒に遊んで下さい」

カコがすぐに腕にじゃれついてくる。マコが制する。

ダメ。ねえねは大事なご用事があるの

しった風な口をきくマコがおかしい。

大事なご用事ってなあに?お父様とお母様はまだお帰りにならないし

一緒に遊んだって誰も・・・・」

そうじゃなくて

と、マコが言いかけた時、ベルが鳴り、侍女が飛び出していく。

お父様達?」

すぐに出迎えようとしたマコとカコの目の前に現れたのはヨシキだった。

クロダさんね

カコは嬉しそうに声を上げた。

ヨシキはたまに宮邸に来ると、必ずトランプやゲームをして遊んでくれるのだ。

その時はノリノミヤも一緒だったりする。

ごきげんよう。宮様方

ヨシキは穏やかに微笑んで挨拶したが、視線はすぐにノリノミヤに行く。

そんなヨシキの姿を見た宮は思わず「私・・・」と言ったまま言葉につまり

しくしく泣き出してしまった。

ねえね

宮様」

みな驚いて絶句してしまった。

 

その日の夜遅く。

公務から帰宅したアキシノノミヤ夫妻はノリノミヤとヨシキと共に

夕食後のお茶を楽しんでいた。

宮は少しならいいだろうと、タイのメコンを出してくる。

ああ・・・殿下お得意のメコンですね」とヨシキは笑い、さっそく一緒に飲む。

キコはミルクを温めてノリノミヤの前に置いた。

ノリノミヤは少しすすって、それから子供のようにほっとした顔つきになる。

お前は昔から、泣いたあとはミルクだね

と宮が言うと、ノリノミヤは少し怒ったように

いつの話をなさっているのかしら。お兄様は」

「まあ、こんな妹だがよろしく頼むよ

宮の言葉にヨシキは大きく頷いた。

喧嘩の仲直りはミルクにします」

ヨシキは赤くなったノリノミヤの目を心配そうに見つめた。

それにしても・・・今さら、婚約発表を延期だなんて。どういうつもりなんだ」

アキシノノミヤは怒り、そしてヨシキに頭を下げた。

こんな事になって申し訳ない」

いえ・・・

ヨシキは恐縮して言った。

僕は大丈夫です。皇太子妃殿下はご病気なのだし、もう少しくらい。ただ宮様が

私だって平気よ

さっき泣いたばかりのノリノミヤだったが、間髪を入れずに言い返す。

おいおい、二人して大丈夫と言ったらまるで結婚したくないみたいじゃないか

殿下

とキコがたしなめた。

お二人とも心の中は・・・・・」

クロダさんに申し訳なくて。お母様はもうお引越しの準備をされているのでしょう?

ご親族へのお話もあるでしょうし

いえ、宮様。皇室の事情はよくわかっていますからそんなに落ち込まないで。

もう少しデートとか・・・・そういうのをやってみるのもいいかもしれません。

殿下にはご迷惑をおかけするけど

ヨシキが珍しくキザな事を言ったので、場が笑いに誘われる。

「いやいや、我が邸でいいならいつだって提供するよ。ただ子供達がいて

落ち着かないのでは?」

そんな事ありません。内親王殿下方には遊んで頂いてます

そしてまた場が笑いに包まれた。

それにしても東宮家はこの先、どうするつもりなのか。妹の結婚話まで

水をさす結果になった。無論、一番悪いのは止めた皇后陛下さ」

殿下

またもキコが口を挟む。

アキシノノミヤのずけずけした物言いは小気味がいいのだが、不敬な気がする。

いくら親と言っても相手は皇后。

わかってるよ。キコ。皇后陛下は・・・なんだな。きっと娘を手放したくないんだよ。

だから今さらになってぐずぐずと延ばす口実を欲しがっているのさ。

そう思う。そうでも思わないとやってられない」

僕、その気持ちはわかりますから」

ヨシキは重ねて言った。

宮様は両陛下にとって特別です。ですからもし手放したくないと思われて

そうしたのだったら僕は・・・」

手放したくないって。娘は35になろうとしているのに

少し声をあらげた宮はぐいっと酒を飲んだ。自分から言い出した事なのに

自分で否定してしまい、矛盾に気づいて慌てて付け加える。

普通の親なら一日でも早く嫁がせたいと考えるのではないのか?東宮だって・・・・

いや、兄上は知らないか。そう。お前たちの事は今は全く関心がないからな」

「お兄様は妃殿下の事で手一杯なのよ」

ノリノミヤが庇う。

きっと・・・そうなのよ

小さい頃、本当に可愛がってくれた兄の変貌ぶりに悲しくなる。

「でも東宮のお兄様達は、一度も叔母様のお見舞いにもいらっしゃらない。あんなに

トシノミヤに会いたがっていらっしゃるのに。妃殿下がトシノミヤをご出産された時

だって庇われた。でも、妃殿下はそれを悪口を受け取ってしまった。一体何をどう

申し上げたら妃殿下のお心が落ち着かれるのかしら」

あれは性格というより気質だ。元々もって生まれたものさ。一生直らない。

だが、皇太子妃の言葉が民意のようだ」

宮の言葉に今度はみんなが黙り込んだ。

「むしろ、こうなってしまっては一日も早くお前を嫁がせたい。というか民間に降ろして

やりたいよ。皇室は変わる」

ノリノミヤはびくっとした。

皇室は変わる・・・・キク君も同じ事をおっしゃっていた。

まさかそんな。本当に。

私、少し怖い。東宮妃のご病気が何もかも変えてしまうのではないかと

ノリノミヤは震える声でそう言った。

大丈夫、お前は自分の事だけを考えなさい」

頼もしい兄はそう言って笑った。

コメント (23)

確執のねっこ

2014-11-21 07:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 皆様、コメントをありがとうございます。

朝起きて、自分のブログを見てコメントが入っているとほっとします。

ないと落ち込みます。

それを以前、オフ会で話したらみなさんに笑われてしまったんですが

ガラスのハートの持ち主なんですよ。ふぶきは(笑)

 ゆえに。「通りすがり」と書き投げしていく人は嫌い。

いつもは削除で終わるけど今回は、長々書いているので

敢えて公開しました(日々、こんなスパムと闘っているのですけど)

こういう人たちはえてして古い記事にコメントを残します。

そして確実に「通りすがり」なんですよ。

今回の文章には東宮問題の根っこがあると考え、公開しました。

皆様はどう思われますか?

 「いくらなんでもあなたのブログ内容もまたひどいですね。この方がこれを着て出席しますなんて、

ご自分の意思で衣装選んでって、できると思いますか?。

美智子妃が皇太子妃時代は、専属の遣いや宮内庁からのいびりやいじめは相当なものだったようです。

この方も同じです。

宮内庁本部と専属の遣いから、色々といじめや圧力を受けているんですよ。

宮内庁関係者は、子供は望んでなかなか授かれるものではない、なのに、

男子のご世継ぎを強制的に求めた為海外公務を行く事を拒み、

ずっとこの方の人格を否定され続けた、結果おかしくなってしまった、

非難すべきは宮内庁本部と職員の人間であり、この方を非難するのは筋違いです。

それに、ずっとこの方をストーカーのように中傷されていますが、

相手皇室の方ですよ。そんな方に向かって、一体何がしたいの?。」

 点と丸の付け方も知らない・・・

 まるでそこで見たかのような事を書く。(引用じゃなくて書く)

 美智子妃が皇太子妃時代・・・って日本語おかしくない?

  強制的に求めた為海外公務を拒み?

  職員の人間?

  もしかしてこれを書いているのは外国人?

 これの主旨は

 皇太子妃は自分で衣装を選ぶ事は出来ない

 美智子妃は苛められた経験があり、雅子妃も同じ。

 いじめの原因は「世継ぎ」

 海外公務を拒んで人格否定

 悪いのは宮内庁本部と職員

という事で、これは友納氏が人格否定発言以来、色々な場所で言い続けてきた事。

あ、でも「メキシコ大統領に無視された事件」はいいの?

 私達国民は、結構長い事、「世継ぎ優先で海外公務をさせてもらえなかった」と信じて来ました。

  美智子妃殿下が苛められたという事も信じて来ました。

  だけどさすがに20年も経てば、どこが真実で嘘なのかわかりますって。

  美智子妃が華麗なる皇室外交で外国に頻繁に行っていたのは、国からの要請があったからで

  当時は日本が高度成長期にあり、世界に日本のイメージを高める必要性があったのです。

  戦争の責任を云々されていた昭和天皇が行けない分、皇太子夫妻が行っていただけです。

  1993年以降、世界は湾岸戦争やらサリン事件やら阪神大震災やら・・・とにかく戦争、テロの

  恐怖がつきまとい、世界的に王族が外国に行く事は減ったと記憶しています。

 っていうか、皇太子妃が外交する必要はないの。したかったら外務省に残ればよかったでしょう?

  それを「皇太子妃になれば格が上がって手っ取り早く外交の場面で活躍できるかも」と

  欲をかくからこういう事になるのです。

 衣装を自分で選ぶ事が出来ないそうですが、あのへんてこな髪型も幅出しのドレスもいじめなの?

  皇太子妃ともあろう方が自分で衣装も選べないなんてお可哀想。

  早く皇太子殿下に言いつけて記者会見で言って貰いなさいよ。

  「雅子は晩さん会に出るドレスを選ぶ自由もないのです。人格否定です」って。

 美智子妃苛め事件の数々も、実際、本当にあったかどうか、今となっては信じられなくなりました。

  お印を選ぶ時に

  香淳皇后「野菊がいいのでは?」

  とおっしゃったことすら「いじめ」にされたんじゃたまったもんじゃありませんって。

  野菊・・・今思えば素晴らしいお印だったのに。

  でもあの当時、私達は「野菊なんてイジメ」って思ったんですよね。

 美智子妃が心を病んで葉山に静養した原因は「プライドを傷つけられたから」と解釈しています。

  24歳の女性がプライド・・・・って、50の私は笑ってしまいますが、血筋以外は全てが完璧で

  自信もそれなりにあった世間知らずの「女王様」が皇室に入って手練れの妃達に

  やりこめられたからってそれが「いじめ」に値するのか。

 

 しかし、上記のコメントのような話をいわゆる「雅子妃お可哀想派」の方々が未だに言っている。

 どんな嘘も100回言えばそれが真実となる・・・という事を証明されていらっしゃるのです。

 ですから私達はそんな手に乗ってはいけません。

 そして「通りすがり」さん、あなた、ご自分のおっしゃっている事が正しいと思うなら、きちんと

 名乗って正々堂々と議論を申し出たらいかがですか?

 それが人としての真実と・・・・私は思いますが。

(つたない日本語でも一生懸命書けば伝わるものですよ)

 IKEA、ドタキャンされる

 19日に予定されていたソウル駅でのIKEA広報イベントが中止

 コレイル関係者 「国民感情に反するイベントをソウル駅で開催するのは不適切だと判断した

 韓国ネットユーザー

「『地図を修正する』と言わないってことは、日本を選んだということでしょ?韓国を甘く見た罰だ」

「国家は事業登録許可を取消し、IKEAを追い出すべきだ。韓国をばかにし過ぎ」

「謝罪だけで許されると思った?早く世界地図を東海(日本海の韓国名)に修正して!」

「IKEAはやっと事の重大さに気が付いたか?」

 もうね・・・韓国と言う国が「反日」に狂ってしまったとしか言いようがない。

 北欧の方々、全く何でここまで言われるのかわからないんじゃないかしら?

  とりあえず出店するまでは・・・と思って「ごめんね」って謝ったら、それは気持ちがこもってない

 と言ってさらに怒る。

 しかもしかえしまでされて

 それでもソウルに出店するなら勝手にすれば?だけど。

 出店したらみんな買うよね。ソウルの人は。

  だって自国ではこんな家具、作れないんだし。

  IKEAのマークの上に別なシールを張って「IKEAのじゃないよ」と言いつつ置くと思います。

 だけど、IKEAさん。日本人もまた怒ってますけどね。

  日本は静かに潮が引くように嫌っていくから。

  とはいっても反日ユニクロはまだ健在だから。

私は見ていないけど、フジテレビの「バイキング」で花田のお兄ちゃんが激白したそうで。

 「いつも貴乃花がナンバーワンなんですよ

 角界に入ったのも(弟の)壁になるってことだった

 力士になりたくなかったのに「横綱になったら辞めさせてあげる」と言われてなった。

 横綱決定の時に「謹んでお断りします」と言ったら「仕事的にそれは無理だろう」と言われ

  横綱になった。

 「仲直りとかは気にしてないんです。もうお会いしないというだけで」

  「俺がなんで謝んなきゃいけないんだ、あんな奴に

 別に衝撃的な話でもないです。結構、いろんなところで話をしてます。お兄ちゃん。

  確か、若貴対決の時「弟に勝ちを譲れ」と先代に言われて負けたら、それを知った弟が

  それ以来、おかしくなった・・・・って言ってませんでしたか?

 今、花田憲子さんはお兄ちゃんと一緒にバラエティに出る事が多いですけど、息子が

  こんな告白をしても

  「「お兄ちゃんは心の底からそう思ってはいないと思う。

  前に口癖で『世の中で1番弟が好きだ』って言ってたもん」とおっしゃってたそうで。

  母としては息子達が仲が悪いという事を認めたくないんでしょうね。それはわかります。

 でもなーんか、どこかの兄弟に似てませんか?

 親と言っても人間ですから、平等に愛する事は出来ないかもしれません。

  子供達はいつも「自分が一番愛されたい」と思っており、「だけど親は〇〇が一番好きだ」

  と思うもの。

  貴乃花からしたら両親はお兄ちゃんをこそ一番と思っていたんじゃないか。

  自分は部屋の為に利用されたのでは・・・と思っていると思う。

 まさに皇太子と秋篠宮がこんな関係であると私は思います。

  確執の根っこは「愛」なのかなあ。

 

  

 

 

コメント (27)

埋め草に

2014-11-20 07:54:04 | つれづれ日記

 夕べ、さあ、寝るぞ!と思ったら腰が・・・・・何で?何もしてないのに。

ひねったわけでも打ったわけでもないし

おまけに急に咳き込むわ、心臓がばくばく言うわ。

日替わりの「体調の波」に ちょっと疲れてます。

そうは言ってもお仕事をやめるわけにはいかないんですけどね。

 もしかして、これはIKEAのせいかもしれない。

怒りが腰に・・・・というならわかります。

なんたって

 IKEA 韓国に謝罪 

 来月ソウルに1号店を出店予定のIKEA

 飾り物として販売する世界地図や同社ホームページの東海表記を「SEA OF JAPAN」と

   したところ、韓国から批判が噴出。

 それに対し、IKEAは謝罪。

 関係者は「東海表記問題と関連し、韓国消費者に謝罪する。修正案があるのか、

  本社と協議を続けている。早急に解決できるよう最善を尽くしている」

 何で謝るの?日本海は日本海でしょうが。

  決して「東海(トンヘ」じゃないっ IKEAはスウェーデンの会社だから日韓を

  めぐる問題はわからないのかしら?

  わからないとしても、日本にまず「日本海でいいの?悪いの?」と聞くべきだろうが

  何を一方的に謝罪しているのよっ

 日本はなんでIKEAに抗議しないの?知らないの?無関心なの?

  「あちらにはあちらの事情があるから」なんて思ってる?それは違うでしょ。

  北欧もヨーロッパも、韓国の「宣伝」に取り込まれているって事なのよ。

  正しいのは「日本海」なの。きちんと厳重に抗議し、それでも「東海」にするなら

  日本から撤退させるべきです。

埋め草に・・・・・また古いものですみませんが見つけたので。

影絵界で超有名な藤代清治氏の作品。

これは1993年。雅子妃の結婚を記念して制作されたもの。

これから読み取れるものはなんでしょう。

未来に向けての美しい夢とタイトルがありますが、二人が立っている橋はもろそう。

なんて言っちゃいけませんね。

こちらは2001年、愛子内親王が生まれた時に記念して制作されたもの。

暖色を使って夕日の中に浮かぶような風景です。

そして。

こちらは2006年。悠仁親王殿下が誕生された時のもの。

藤代氏いわく

秋篠宮さまに新宮さまがお生まれになった。9月6日、待ちに待った男のお子様お誕生のお知らせに、

日本中が喜びと幸せに沸いた。秋篠宮妃殿下の紀子さまは、影絵がお好きで、

影絵劇や影絵の展覧会によくお出でいただいたことがあるだけに、ぼくは、この喜びを光と影で

どうしても描いてみようという衝動にかられた。

日本も世界も宇宙も、地球上のすべてが喜びにあふれているような影絵を描いてみたいと思った。

地球の母ともいえるひろい海はもちろん、富士山も、木や動物達までみんなが喜びにあふれ、

祝福しているような絵にしたかった。桃太郎の家来のきじや犬やさるをはじめ、

猫もきりんもくまもいれば、かめさんやなまずさんもいます。

水の中からは鯉のぼりがとびあがって祝福しています。

お誕生の報を聞いて、描きはじめて、約10日ほどで作りました。ぼくにとってもこんなに早く、

描いてしまったのははじめてのことだ。きっと、喜びにあふれて、気持ちも手もうれしくてひとりでに

自然に踊るように動いて描いてしまったからだろう」

愛子内親王の絵にも悠仁親王の絵にも平等に虹と動物が描かれています。

なのにどうしてこんなに雰囲気が違うのかなあ。

女の子と男の子だから?女の子が生まれた時の方が華やかになりそうなものですが。

芸術家の勘・・でしょうかね。

コメント (17)

改めて見直してみると

2014-11-19 07:40:00 | 皇室報道

 女性週刊誌は一体、雅子妃についてどう持ち上げようと思っているのでしょうか。

今さら、愛知の帰り、東京駅で涙していた・・・なんて。

泣いたかどうかわからない記述になってるし、一々泣いたり笑ったり・・・そんなのちょっと

クレイジーで決していい印象にならないんですよね。

 

 さて。

例の「メキシコ大統領に紹介して貰えなかった事件」で友納氏の記述と

実際が違っていた・・・という事が宮内庁から発表されています。

友納氏は、天皇陛下が「宮殿松の間」にて紹介が・・・と書き、実際は

「松風の間」であったこと。

ネットでは、それを証明する動画もアップされています。

陛下が国賓に皇族を紹介するのは「松風の間」のようです。

そして、サンプル動画は1993年の東京サミットの時のもの。

 

東京サミットは1993年7月7日から9日まで開かれ、8日に宮中晩さん会が

催されました。

1993年7月8日というと、皇太子と雅子妃が結婚して1か月後の事。

普通なら初々しい「妃殿下ぶり」を発揮され、国民から「素敵ね」という声が

あがってもいい筈だったのですが。

 週刊新潮 1993年7月22日号

「サミット晩さん会で国際的にご披露した雅子妃への驚嘆」

 宇野元首相の話

 「豊明殿の食事のあとに春秋の間でもお茶の席があったけど

ここでも雅子さまは外国人に囲まれていてね・・・一番積極的にお話になって

いたのは雅子さまでした。とにかくあの日は雅子さまデーだった」

 まさに人気スター顔負けだったのだが、それも雅子妃殿下の語学力を考えると

 当然の事だろう。なにしろその実力はハーバード大卒業後、昨年の暮れまでは

 外務省で現役の外交官としてキャリアをつみ、平成3年の日米半導体協定締結を

 めぐっては当時のベーカー米国務長官やヒルズ通商代表の通訳を務めたほど

 英語だけでなくフランス語もドイツ語にも堪能な為、「お妃教育」で語学が削られたのも

 記憶に新しい。

 皇室担当記者の話

雅子妃の語学力は皇族の中でも群を抜いています。といっても、これは

外国で長く生活し

最難関の大学を優秀な成績で卒業したのだから、もともと他の人達と

比較すること自体無理ですよ。確かに皇后陛下や紀子様は日常会話くらいは

出来ますが通訳抜きで經濟や外交などの専門的な会話が出来るのは雅子様だけです

 福田赳夫元首相夫人の話

「初めての大舞台にも関わらず、大変に堂々と外国の首脳の方々とお話をされていて

私などはもう、ただたださすがというか、ご立派でいらっしゃるなあと思うばかりで」

 首脳たちは「松風の間」に招き入れられて両陛下と対面。その後春秋の間で

  食前酒を片手に歓談

 皇太子夫妻は真っ先にカナダのキャンベル首相に挨拶(女性首脳だから)

  その後雅子妃は一人でデハーネEC議長、クリストファーセンEC副委員長の所へ

  いって長い間話す。

  通訳なしで基本的にフランス語とドイツ語で会話。

 ロサンゼルス・タイムズ」のレスリー・ヘルム特派員の話。

 「クリントンはヒラリー相手に雅子妃を絶賛。

  エリツィンは宮沢首相と話した時、シベリア抑留の話を持ち出されて気分を害したが

  雅子妃とあった事で多少は日本を理解したのではないか」

 ニューズウイークのビル・バウエル東京支局長の話

 「英語ばかりでなく、それ以外の外国語も出来る雅子様は素晴らしい。

 日本にとってかけがえのない宝物ですよ」

 イタリアのテレビ局「テルジョルナーレ5」のリマルティレ記者の話

 「雅子さんが元外交官だという事はイタリアでも有名ですが、実際にみた彼女は

 愛らしくてエレガントな女性でした。しかし、それでいて何かこう、場馴れした雰囲気が

 あるのはさすがだと思いましたよ」

 国際化の流れの中で、外国語に堪能であり幅広い教養を兼ね備えた雅子妃殿下の

  ような存在が、いかに我が国にとって得難いものかはすでに先の宮中晩さん会でも

  証明されたといえるだろう。

 ベテラン皇室ジャーナリストの話

「せっかく雅子様のように専門的な知識を持っている方でも国際親善の場では

そうした(政治的な)話題には触れることすら禁じられている。

雅子妃はそのギャップにかなり戸惑われたのではないか」

 南ドイツ新聞のヒールシャー極東特派員の話

なにしろ雅子様はキャリア外交官だったわけですから、日本と米ロの間にある

問題については当然よくご承知なわけでしょう。

その上、クリントンはちょっとした会話の中にも政治的な入ってくる人だし

エリツィンにしても日露間に心理的な壁がある以上、

いきおい政治的な内容になってもおかしくはない。

もっとも彼女はご自分の立場をよく理解した上でごく自然に対応したと思いますね。

例えば微妙な話題になった時には、私は大学生の時はこう考えましたという風に

答えられるのが雅子さんという方だと思います」

 大役を果たした雅子妃殿下への期待は高まるばかり

 日本の皇室外交の舵をとるのはやはり、このスーパーレディのようだ。

 21年前からこんなに「架空」の話がでっち挙げられてきたのかと思うと腹が立ちますが

  当時は、このような記事を鵜呑みにした人が沢山いたのであり、その印象が今も強い事は

  確かです。

  まず、馬鹿みたいに沢山出てくる「語学堪能」という言葉。

  このサミットでは英語だけでなくフランス語とドイツ語を通訳なしで喋っていた・・・だろうと。

  「へえ、雅子様って英語・ドイツ語・フランス語・ロシア語まで出来るのか。すごいな」と思った人

  沢山いたでしょう。

  しかも

  ・ 語学が堪能だからお妃教育から「語学」が削られた

  ・ 皇后と紀子妃は日常会話くらいしか出来ないが雅子妃は専門用語で話せる

  ・ 語学堪能なお妃は国際化の流れの中で貴重

 と書かれていて、これとほぼ同じ記事が毎週のように女性週刊誌に書かれていたのですから

  洗脳されないわけがない・・・・と。

 さらに「キャリア外交官」という言葉が頻繁に出てきます。

  正確には「外務省北米二課勤務の職員」にすぎなかった雅子妃が、なぜに「外交官」と

  言われ、それを誰も否定しなかったのかという事。

  福田首相夫人やら宇野元首相やら・・・・政治家やその夫人がこぞって彼女を褒め称えた

  わけですから、反論する人などいるわけがない。

 そして、今思えば、あまり有名とはいえない外国人ジャーナリストたちの証言。

  だけど、あの当時は「〇〇っていう国の〇〇って記者がこう言っている」と書けば

  それこそ「国際的に認められた妃殿下」と思われたんですよね。

 そこで。動画です。

 

 

 この動画を最初から見ていると・・・・・

  あれ?エリツィンと通訳を介して話してるけど。

  入場の時点で雅子妃の目は少し泳いでいる印象。横の皇太子に何か聞いている。

  動画が始まって3分強、雅楽を見る皇族方はみな、横の公賓としゃべっているのですが

   皇太子夫妻は二人の世界に・・・(決して微笑ましい場面ではなく)

  他の人達の塊から離れた所でカナダのキャンベル首相(?)と話し込む皇太子夫妻。

  皇后陛下はエリツィンらを紀子妃に紹介。ちょっと戸惑い気味ながらにこやかに

   対応する紀子妃。

   人の輪の中から外れた雅子妃は、宮沢元首相に軽く会釈後、一人でぶらぶらと歩き出す。

    ここから先の雅子妃お「華麗な皇室外交」シーンは、よく流れているので記憶にある方も。

   でもよく見ると、一人でしゃべくりまくっているんですね。

   自然に人の輪が出来たというより、「あの人、何を一生懸命に喋ってるのかしら」って感じ。

  晩さん会の席に到着すると、紀子妃はすぐさま隣のメージャー首相とにこやかに歓談。

   こちらが思わず微笑んでしまうようなシーン。一方雅子妃は誰とも目を合わせる事がなく

   着席。

 会話が弾む両陛下、紀宮、常陸宮妃。紀子妃はクリントンと楽しそう。

  雅子妃は最初こそエリツィンと通訳を通して会話。というか、ここでも雅子妃は

  一方的に話しをしたのではないかと推察(エリツィンが頷く場面しかないので)

 やがてエリツィンは黙ってメニューを見る。

  きづいた雅子妃が話しかける。

 紀子妃は通訳なしでクリントンとお話し。聞き入るクリントンと「僕もまぜて」状態のメージャー。

 しかし、雅子妃とエリツィンの間には微妙な空気が流れている。

 みな、それぞれ隣の人と楽しそうにおしゃべりをしている中でこの光景は異様。

  相手がエリツィンだったから・・・・秋篠宮殿下の隣の人も無口でしたけどね。

 そして有名な

 

この写真になるわけです。

クリントンは紀子妃と楽しそうに会話。雅子妃がそれを凝視。

接待しなくちゃいけないエリツィンはまっすぐ前を向いてる・・・というシーンです。

 要は何が言いたいかというと、当時から週刊誌等、マスコミが持ち上げる言葉や文章と

  映像がまるで違っていた・・・という事。

  国民の多くは映像をみて、心の底では「何か変。ちっともキャリアウーマンに見えない」

 「皇室外交しているように見えない」と思いつつ、「でもマスコミがそういうんだからきっと

 違う場面ではちゃんとしていたんだろう」と思ったろうと。

 今回のオランダ国王夫妻の晩さん会ででは、結婚直後よりさらに「礼儀」の「れ」の字も

  無視して、髪は乱れたまま、乾杯の時は隣の外相を無視・・・というとんでもない失態を

  演じています。

 1993年当時、笑顔だけが武器だった紀子妃と、ちょっと無造作な秋篠宮。

  それが2014年にはご立派に「皇族の鏡」になられた。

  これが「人の成長」であり、そういう部分に国民は惹かれるのです。

  21年前と今年と少しも変わらない・・・・29歳時と51歳時で全くやることが変わらない。

  しかも11年も前の話を持ち出して「傷ついた」と恨み節を歌うのは、

  日本人の本分ではないだろうと思います。

 この動画を見ると

 ・ 雅子妃は外交の達人でもなんでもない、ただのKYな女性

 ・ 雅子妃は「自分が主役」である事が大好き

 ・ 語学が堪能・・・・と言われているけど、本当は・・・・

という事がわかります。そして皇太子も初めての大舞台に立った妻を

フォローするというよりはほったらかし。

礼儀を教えると言うよりは一緒になって別世界に入り込んでいるという事がわかります。

 皇后陛下がエリツィンを紀子妃に紹介したシーンは、ちょっとびっくりして戸惑う紀子妃に

  容赦なく「あなたに任せました」みたいな雰囲気をかもしています。

  なぜ、それを皇太子妃にしなかったのだろうか・・・・と。

  そうすれば、雅子妃が人の輪を潜り抜けてぶらぶらすることもなかったろうにと。

  この頃はまだ・・・・?

  色々想像できちゃう短い動画なのでありました。

コメント (17)

高倉健さん死去

2014-11-18 16:48:38 | ドラマ・ワイドショー

いつかそんな日が来ることはわかっていましたけど。

 

 高倉健さん 死去 

 10日未明、俳優の高倉健さんが悪性リンパ腫の為、死去

 享年83歳。

 ある時代の象徴・・だったと思います。

  私達の年代が小さい頃にすら、すでに大スターで、カリスマ性にあふれた人でした。

  あのぶっきらぼうさがいい・・・という人は沢山いたでしょう。

  愛嬌があるわけでもなく、不器用だったけれど、でもいかにも「日本人」らしい人だったなと。

 若い人には「鉄道員」で印象があるかなあ。

  「幸せの黄色いハンカチ」とか「ホタル」とか。

  映画の人でしたので私などは全くなじみのない方でしたが、それでも時折

  ブラウン管に映し出されるその姿はかっこよかったし、頼りがいがある方という印象。

 83歳。天寿をまっとうされたといえばそうですが。

  巨星落つ・・・・という言葉が浮かびます。もう少し、もう少し必死に生きていた昭和の

  象徴としてお元気でいて欲しかったです。

  ご冥福をお祈りします。

コメント (7)