マイ・シークレット・ガーデン

アニメ好きハハがネタバレ感想等をつぶやいてます。秘密のお庭へ遊びにいらっしゃ~い♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鎮魂のハミング

2005年10月31日 | アニメ&声優 05.10~12
うわー助けてドミニク!!

『交響詩篇 エウレカセブン』 §メメントモリ

レイの回想。
目覚めると愛するチャールズの顔。
しかし、すぐ深い悲しみに襲われるレイ。
彼女は子どもを授かれない身体になってしまった。
そんな悲しみごとレイを包み込み、キスをするチャールズ。
「結婚しよう。」
レイの薬指にリングはピタリと納まった。

***

悲し過ぎるぅ~・・

かつては整然とセンス良く、居心地の良い空間だった白鳥号。
愛し合うふたりの城。
主を亡くし、残された者の喪失感は狂気にも近い。
月光号から脱出した後の取り乱し様が、船内の酷い破壊でわかる。
なのに、
3人分のテーブルセットがキチンとされている食卓。
レイのこころはもう・・

レントンはイモ虫みたいに寝袋に包まって、
でも、眠れなかったらしい。
(また、ジャージに岡持ち描写アリ)
自分も眠れなかったエウレカは、
レントンも同じと、少し嬉しく感じる。
その後ニルヴァーシュの所に行くと、
ふたりともニルヴァーシュが震えているのがわかるんだよね。

レントンの生命に関わる事に反応するという事は、
ニルヴァーシュの中には、ダイアンの意識が流れ込んでいるのか?
それはアミダドライブ(コンパクドライブ?)の中にあるのか?
・・とか思った。

エウレカがレントンの所へ行ってて取り残されてたんだか、
チビコ達は寂しがってたみたい。
だけど、モーリスだけはエウレカの側に寄らなかった。
複雑な表情をしている。
過去の記憶でも甦ったんだろうか?

ジョブスとウォズの会話で、
どっかの工房へ寄らないと・・と言ってたから、
じっちゃんのとこ行くのかな。
(で、またドミニクと会ったり♪)

ドギー兄さんの憔悴を見ると、
あの惨事の後片付けをやらされたのはたぶん、兄さん・・
うわー可哀想・・!

戦闘シーンとレントンの必死の説得がかわるがわるで、
盛り上がった。(ううっ・・こんな風に言っていいのか・・)
♪GET IT BY YOUR HANDS
と、レイのハミングが・・堪らん・・

「聞いて下さい。レイさん!くそぉ!!
と無線機(?)に拳を叩き付けたレントン。
そっと手をかけたエウレカが良かった。
「自棄になっちゃダメ。冷静に・・!」
レントンが自責の念を話してみせると、
レイは最期の最期に一応の答えをくれた。
レントンには優しい声で、エウレカには憎しみを込めた声で!
(久川綾さんの台詞がエエ!!)

レイが乗ってるだろうと思われたKLFが撃破され、
しばらくしてまた音楽が流れて来るところが上手い。
二段構えの攻撃だったんだ。
月光号危なーい!!
どーすんだーっ!と思ったが、辛くも回避。
レイの千切れた左腕。
リングのエピソードは哀し過ぎる・・
(爆破のタイミング巧すぎで憎い・・)

レントンがホランドの部屋に行って話をしなかったら、
素直に輸血に応じたかな・・
や、レントンはほっとけなかったよね。
レントンとエウレカはまだ何にも話をしてないんだね。
でも、エウレカは顔を曇らせていた。
彼女の過去はレントンに知られたくないものも多いよね。
きっと・・


チャールズもホランドとの対決を望んでいたようだから、
レイだけのせいでもないけど、
レイがエウレカへの復讐を果たそうとしなかったら、
チャールズは死なずに済んだのではないか。
ふたりの未来のしあわせを一番に考えていれば、
こんな悲劇にはならなかったんじゃ~・・
それ程エウレカが危険な存在という認識なのか。


コメント (4)   トラックバック (28)

涙の理由は

2005年10月30日 | アニメ&声優 05.10~12
時間の経過は確かに遅い。でも、夢中で見れる☆

『BLOOD+』 Episode‐4 アブない少年

ジョージは一命を取り留めた。
病院の廊下の壁に拳を叩きつけるカイ。
「私のせいなんです・・」
小夜も自分を責めていた。

***

ジュリアも赤い盾メディカルスタッフというやつでした。
デヴィッドに「相変わらずね。ビジネスよりハート?」
と皮肉っているところを見ると、彼女はシビアな人なんでしょうね。
「汚染の可能性は?」って言うのが気になります。
米軍に連れ去られてしまったようですが、
汚染されていたら、父さんはフォレストみたいに・・?

デヴィッドが握り締めていた黒いクロスは形見?
赤い盾って組織もスゴイ謎ですね。
活動資金とかはどっから出てるんでしょう。

街の中で翼手の声を聞く小夜。
月を見上げると目が紅く輝きを持つ。
徐々に覚醒してるんでしょうな。
リクにも翼手の声が聞こえてるみたいです。
なんで?!

カイを捜す真央。
彼女はヤクザの娘なんですかい?
「あのバカ!」
「アイツ一度火が点いたら総理大臣だろうと突っかかるからねぇ。」
「ま!そこが可愛いとこでもあるんだけど。」
こういうセリフは小夜にワザと聞かせているようにも感じます。

フォレストはレイミが倉庫に入って行って直ぐに血を吸ったんだ。
血を吸われた後はミイラのようになっちまうんだ。
ああ、グロイ・・

空から現れるハジ。
(ずっと小夜を追ってたんだよね。またストーカーって言われるぅ)
「ハジ・・とお呼び下さい。そして命じて下さい。」
今回の主な台詞はこれだけかい!
あぁでも痺れる台詞だわ~

えー。
飛び降りてきた小夜のスカートは何で翻らなかったんだろう。
何でこんなところにみょーに気をつかったんだろう。
え?そんな事気にしちゃダメ?・・エヘ・・

刀を鞘に納めると我に帰った小夜。
膝をつき、泣き出す。
自分の運命を呪って泣いているのか・・?

カイは弾切れのコルトを見つめ、
自分の非力さを悔やんでいた。
でも、フォレストを野放しにしといたら、
もっと犠牲者が出ていたかも。
でもでも、やっぱりひとりで突っ走るのはアブないので止めようね・・

コメント (8)   トラックバック (45)

少女革命ウテナ

2005年10月29日 | 映画(ネタバレ)
なんて恥ずかしいタイトルなんでしょう
だからTVシリーズは最初から視聴していませんでした。
しかし何回目からか、
意識せずTVをつけてしまってからというもの・・虜です
友人からBSアニメ夜話を録画してもらったので、
ちょこっと感想を呟かせて下さい・・

『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』
1999年日制作。幾原邦彦監督。

全寮制の私立鳳学園中等部に転校して来た天上ウテナ。
何故か男装をして男子のように振舞っている。
彼女は姫宮アンシーを助ける為に、
デュエリストたちの決闘に巻き込まれて行く・・

***

実は映画のストーリーはわけわかんなかったし、
だいぶん忘れてしまってます。
アニメ夜話を見ながら少しづつ思い出しました。

映画でのウテナは髪が短かった。
アンシーはひっつめ髪にメガネではなく、
薔薇の花嫁らしく、TVシリーズより女性らしく華がある感じ。
アンシーの胸からウテナが剣を引き抜くと、
ウテナの髪が伸びるのは、
ふたりの少女の男性の部分を剣に結晶させたので、
ウテナの女性の部分が長い髪になって現れたのでは・・とか思った。

でも、意味なんて考えずとも、
なびく色とりどりの長髪とか翻るドレスの裾。
降るような薔薇の花びら・・
美しければいいんです

ウテナはノージェンダーではなく、
まだ女性として未分化な、少女の時間の中にいるんじゃないか。
そんな朧げな時の中で出会う同じ年頃の同性の友人。
一緒に時間を過ごし、思い出と意識を共有する。
友人の呪縛を解いてあげようとして戦うということは、
自分を救うことに繋がるのかも・・
それが「世界を革命する力」?

TVシリーズでの王子様はもうひとりの鳳暁生。
彼の光の部分。(と、私は理解)
映画では桐生冬芽だった。
ウテナは否定しながらもずっと冬芽に惹かれてたよね?
TVシリーズでのデュエリストのひとりを王子様としちゃったとこが、
ちょっとなぁ~と思ったんだけど、
既に死んでしまっている冬芽とのガラス越しのキスシーンは、
本当に素敵だった。
女の子の憧れを動く絵本にした、お手本みたいなものだと思う。

TVシリーズは自ら王子様になろうとしていたウテナ。
自分をボクと呼び中性的だったが、
映画の中ではただつっぱってるだけみたいに見えた。
それとも意識の底で冬芽が死んでるのがわかっているので、
代償行動のようなものなのか?
その自分の中の女性を否定して生きて来たようなウテナが、
TVシリーズの最後の方では仄かに女っぽさを見せた。
一皮剥けて女になったようなのに、
アンシーを助ける為に最後まで王子様になろうとしていた。
最終回はいつも、
涙なくしては観られない・・感動です・・

映画でウテナが車になってしまった時には驚いたさ!
でも、外の世界へ脱出する為には必要だったんでしょう?
その力は、学園の王子様になったからこそ得られた力かと思うと、
鳳暁生には皮肉なことかな。
ミッチーの声は頂けない~と思ってたけど、
岡田斗司夫さんの解説で、
王子様を演じる男の、
みじめったらしい部分を演出するという意図があったのだとしたら、
凄いことだと思いました。(ホント~・・?)

と、アンシーって兄に殺されたんじゃないのー?!
と思い出した。
あの学園の中では死者も生きられる。
けど、外の世界に飛び出したアンシーはどうなるんでしょう・・?
(追記:剣で刺されたのは性行為の暗喩だったのかも?)


印象に残るシーンは、 【劇場版 ダンスシーン】
星空の中、薔薇の水面で踊るウテナとアンシー。←コチラはニコニコ動画♪
幻想的。唄もとても素敵。
感情が盛り上がって、意味なく涙が出そうになる。


【Utena dance 曲 時に愛は 歌 奥井 雅美 】 2分54秒




後、アンシーがウテナの先を歩いて行くのに、
走ってるウテナが追いつけないシーン。
と、
走っている車の前に鳳暁生がゆっくりと立ちはだかるシーン。
シュールな、幻想的なシーンは理解出来なくとも見られるだけで満足ですわ

革命の後に明るい未来があるとは限らない。
けれど穏やかな温室の様な墓場。
閉じた世界から自ら選び、戦って走り出した少女達。
真に生きる喜びというものに辿り着けることを祈るわ・・


これは深夜でも、地上波で放送しないかも~・・と思い、
友人を誘ってわざわざ浅草まで観に行きました。
(帰りに神谷バーに寄った♪)
マンガ本も買ったよん。
でも☆☆☆★★くらいかな・・?


【少女革命ウテナ ~いつか一緒に輝いて~】 2分10秒




これはTV版のラスト+(プラス)です。
私、これだけでもぅ泣けるんだけど~・・


トラックバック (3)

映画化するんだ

2005年10月29日 | アニメ&声優 05.10~12
2006年3月11日土曜日公開!
ああ、鬼が笑う・・

『ケロロ軍曹』

【623 僕のラジオにでない?】
夏美の大好きなラジオパーソナリティ623が、
1日アシスタントをオーディションで決めるという。
夏美は623の顔をひとめ見たいと、
友達を誘ってオーディション会場へ行く。
するとそこには、ペコポン人スーツを着たケロロ達がいた!

ククルス・ドアンという登場人物を全然思い出せなくて、
検索してみたりした。
人情派らしいギロロのご贔屓?
夏美の新体操(?)みたいな踊り(?)が恥ずかしかった。
ケロロの感動話に興味ありですぅ!
クルルは実は623に頼まれてオーディションを受けたんじゃ?
とか思った。
子安さん可愛い

【ケロロVS夏美 1/6ガチンコバトル!】
ケロロは3日連続掃除当番をサボって、
夏美にプラモデルを没収されてしまった。
ケロロは皆のお給料をもつぎ込んで、
クルルにペコポン侵略の為の最新兵器を作らせていたが、
それを使ってプラモを取り返そうとする。

1/6ケロロは可愛かった。
なのに凄く強いところが怖~い!
プラモを作るマシンの名前を漢字で書くと、
我輩野望射出装置なのに、
読みがテンシノエノグデオモイノママニデバイスと言う!?

夏美のプラモは実際に販売されているものみたいに、
HINATA-723っていうのがなんか良かった。
(ファンは欲しがるんじゃないか?)
1/6夏美に囲まれて目玉がひっくり返ったとこが良かった
ドロロさえも敵わないプラモのケロロ。
なのにやっぱり夏美のプラモが出たとたん顔色が変わった。
夏美の量産プラモが反乱を起こしたら、
地球侵略なんて楽勝なんだろうな・・

地球軍は1/6HINATA-723の量産に成功
戦局は一変し
日向家プラモデル大戦はここに終結したのであった・・


ってガンダムのナレーションぽかった?
夏美が気の毒がってプラモを返してあげようと思ってたのに、
ケロロはジオラマ作りを楽しんでいた。
無駄がないねぇ

トラックバック (10)

捨てられない写真

2005年10月28日 | アニメ&声優 05.10~12
コラァ!ジョージの手は何をしていた!?

『PARADISE KISS』 stage-3 KiSS

採寸を済ませた後のモデルは当分用無し。
ユカリは何だか物足りない。
アタシが好きなのは徳森くんよ!と気を紛らわそうとしても、
ジョージへの反発と興味が止まらない・・


この流れで行ったら、
ミワコアラシとユカリ徳森くんのダブルデイト
という予定だったのかな?
ミワコと徳森くん(とアラシ)の過去に何かあったのねと察したとたん、
気持ちはきっちりジョージに向かった・・?
(すれ違った時に無視された時にも何か感じた?)

ジョージみたいなオトコがフリーというのにちょっとひっかかるが、
意地っ張り同士の会話ながら、
お互いの気持ちをハッキリ言って、
お付き合いの始まりですわね♪

あー・・年頃のオンナノコにはうっとりするような展開なんでしょうが、
ハハの立場から見るとまずいですぅー!!

「じゃ午後からちょっと付き合えよ。
続きはその時だ。
お前を死ぬ程満足させてやる。」
「今止めないともう引き返せなくなる。」

「お願い。止めないで・・」
「ダメだ・・暴走しそう・・」

あ”ー-!!会話がポルノですぅ!!
オトコはオオカミなのよ~気を付けなさい!
S・O・S!!



『舞-乙HiME』 §の転入生!!

黒き谷よりの使いとシズルの戦いの巻き添いで、
巨大な飛行機(?)が倒れそうになる!
アリカは人々を助けようと必死に支えるが、
力が足りない!
その時助けに入ったのはマイスターハルカだった!
「オトメっていうのは、力と技と根性!!」
・・!そして飛行機を空の彼方にブン投げてしまいましたとさ。

・・ありえないってばよ・・


というわけで、
この働きを認められたアリカは、
めでたくガルデローベに入学を許された。
ハルカとユキノ(なんと大統領)の迷コンビ健在☆
ハルカ良かったよ~☆
ハルカはシズルをライバル視してるけど、
シズルにはそんな気、相変わらずないよね。
ナツキの言ってたアイツというのはマイなのかな?

皆マイスターに憧れてこの学園に入ったのでしょうが、
(良い家柄の子女が集まっているというのは、
かなりの名誉職なの?)
一生恋愛を諦めなければならないことは理解してるのでしょうか。
(アカネはどう考えてるんだよー!?)
やっぱり百合な乙女達の集まりなんでしょうか?

マイスターは恋愛ご法度というのを聞くと、
アリカの母はマイスターではなく、王族という線なのかな~?
(マシロは本物の女王ではないのかな~?)
アリカのペンダントは何の象徴?

マイスターは単に主の命を守るものというのではなく、
命を共有するものらしい。
え?ちょっとマズイんでないかい?

早速イジメっぽいのがありますが、
アリカの制服に手をかけたのは、
優しそうにしていたトモエか、
気の弱そうなエルスティンかと予想してます。

コメント (2)   トラックバック (3)

昔は秋が一等好きだった

2005年10月27日 | アニメ&声優 05.10~12
今は春の方が好きですね。
段々と沈黙の季節が近づいて来てるのに、耐えられないんだなぁ・・


『アイシールド 21』 §地獄への境界線

作画持ち直して良かったです。
アメリカ編はあとデスマーチで終わるのでしょうが、
皆日本語ベラベラだったので、
アメーリカという感じが全然しなかったです。
最後に瀬那がアイシールドだとバラした時の顔が唐突に凄かった!
まもり姉ちゃんにもちゃんと話すの?


『NARUTO』 §走れ!!!生命のカレー

お話の括りの時は作画良好♪
動き良過ぎで子ども大受けでした。
ネジが生命のカレーで2度死んだ(チ~ン)とこが可愛かった
雷牙の最期があっけないくらい弱かった。


『今日からマ王!』 §熱闘コロシアム!?

OPいつも早送りしてるから気付かなかったけど、
歌詞が変わってた。え?いつからでした?
(追記:あースイマセン気のせいだったみたい・・)
グウェンダルがアニシナを恐れている感じはいつ見てもええ
美熟女戦士ツェツィーリエの衣装はヒドイ・・!
有利の予告で、
「悪がなくても愛をもって戦う気でしょ!?」
ってのが良かった。


『灼眼のシャナ』 §惑いのフレイムへイズ

シャナのキャラって、
ツンデレのお手本てゆーか、見本みたいですか?

坂井のトーチの灯りが消えそうだったのに急に回復したって、
中に宿しているなんとかのせいってのがわからなかった。
やっぱり、1回目見てないんで専門用語が理解しにくいです。

坂井がシャナに渡そうとしたスプーンに、
逆さに自分が映っているという絵が良かった。

シャナは初め坂井の目の前で服を脱ごうとしたクセに、
急に「覗いたらブッ飛ばす!」って変わったね・・?
お着替えのシーンが妙にリアルで丁寧だった。
(サービス、サービス♪)
そして、朝目覚めたらひとつのベッドに!!
(ま!お約束のサービス♪)

フレイムへイズって戦闘機なのか?
こころの揺れが惑いを起こさせ、戦闘への集中力を低下させてる?
トーチは既に命のない、石や木のようなもの。
なのに何で気にしちゃうんだよアタシ!って、
う~ん実にかわゆいですね
試練を乗り越え復活して下さい!

アカペラのサビから始まるドラマチックな・・
このEDってOPにしてもいい感じの曲じゃない?


『ガラスの仮面』 §100万の虹

今まででたぶん一番面白かった♪

いや、泥饅頭のシーンを省略したのはもったいないと思ったんですが、
凄く内容が濃かったです。
亜弓さんとの共演。
舞台を台無しにしない為に役者魂に火がつき、泥饅頭を食べた事。
こういう状況の中で、
マヤは「もう一度お芝居がしたい!」と強烈な思いに突き上げられる。
そんな思いを取り戻せた事に対して、
真澄様に素直に感謝の気持ちを言う。
そしてなんて優しい笑顔・・なんて思っちゃうんですね~

月影先生が具合悪い時に、
真澄様しか頼れる人がいないと思っちゃってるなんて、
既に惹かれていますわよ
真澄様も憎まれ口をききながら、
「思い出してくれてありがとう
だもんねー!

芸能界を追放され、劇団つきかげにも戻れない。
それなのに「汚名を返上しなさい!」という厳しい月影先生。
でも、お芝居をしたいと心から思うマヤは強い。
(亜弓さんからも「待っているわよ」って言ってもらったし☆)
文化祭でひとり芝居をやるんだけど、
小劇場で人が出入りするのに観客を芝居に集中させるのは大変。
そういう舞台の難しさも天性の才能で乗り切ってしまう。
んもースカッとします!
『女海賊ビアンカ』のひとり芝居も見ごたえあったわ~♪

源造さん。買い物姿が似合わなかった。
月影先生。いつも死にそうで結構不死身。

ひとつの芝居の成功は、次の舞台の幕を開けるのです
紅天女の舞台はその果てに・・
そして私の命を受け継いでおくれ・・


マヤが紅天女の舞台に立つ時が、先生の命の尽きる時なのかな・・
なんて思った。
でも・・そんな日は来るのか・・?

コメント (4)   トラックバック (7)

重いよgoo・・

2005年10月26日 | アニメ&声優 05.10~12
ただ今、アクセスが集中しているため表示されづらい状況になっています。
もうしばらくお待ちになってから、アクセス願います。
・・って、下書きさせて~!!

追記:↑の原因は大量のスパムコメントによる不具合だったらしい。
    スタッフブログを見てちょ。

『カペタ』 §フルスロットル!

初めてサーキットに出られたというのに悲しいかな、
素人の父が作ったこのカートは、
右前輪が浮いていてうまく走れないのだという。
しかしカペタはカートを降りない。
運動神経とカンの良さで乗りこなしてゆく。

茂波のライバル登場!?
エンジン音やカペタの走りを見て、
彼がどんな運転をしているのかわかってしまうナイスなバディの女性。
凄いな~。
ラインが変わって来たって、
カーブで速度を落とすと、加速で他のカートに敵わないから、
大回りになってでもフルスロットルのままで走ってるって事ですか?
この女性は、あのキツイ目の子どもの母か、コーチか?
わくわくしますよ♪


『焼きたて!!ジャぱん』 §集められた究極の食材!! 史上最大の決勝戦!

999じゃないよって言っても、
あの車掌さんは肝付兼太さんだったよね?
母さんの名前がメーテルだった?
いくら会いたかったといっても、あの星はキモい・・


『BLEACH』

恋次のルキアへの言葉が優しくてじーんとした。
京楽が七緒を庇うところにうっとり
七緒ちゃんがスゴイ可愛く見えた。


『闘牌伝説 アカギ』 §本物の無頼

コイツ中学生じゃないぞ。
バーに中学生を呼び出し、ビールを勧める悪徳刑事とか、
ロシアンルーレットに動じない盲目の代打ちとか、
ヤクザな世界だ。
無頼ってカッコイイのかね? (アタマ硬い私にはわからん世界)
死線を潜らにゃ生きてる実感が持てない子なんだにゃ。
代打ち市川の声が田中秀幸さん。グリマーさんですよ!


『GPO ガンパレード・オーケストラ』 §特別な一日

うわーなんかツライ。ちぐはぐ。
石田クン。
橋が落ちたのは自分の作戦失敗かと悩む前に、
上官の命令を無視する部下を問題と思わないか?
そのバカ娘達は、
墓参りに行った彩華をうらやましいと言ってたようだが、
(亡くなった前中隊長が恋人だった?)
そんなのちっとも素敵な事じゃないだろ!馬鹿!

コメント (2)   トラックバック (4)

演出意図による自主規制

2005年10月25日 | アニメ&声優 05.10~12
 最高デース!! (ヘンな宗教にはまったわけではナイ)

『ガン×ソード』 §座標Xを追え

ロバの引く荷車に乗って目的地に向かうヴァンとウェンディ。
気が付くと、エルドラV(改めソウルって言った?)の手の上に・・

***

今期視聴してるアニメの中で、最高かもしんない!

駆け寄るジョシュアにいきなりの膝蹴りに回し蹴りですよ。
そんなにされても、
「やっぱりヴァンさんだ・・」って、ジョシュってMだったんだ!
とか、
ブラコンぽいジョシュアってヴァンにもゴロニャンなの・・?
かと思うと、
水着王国へ行った女性達が下着を着けてるか否かで、
「眠れません。」(キッパリ) という可愛らしさも・・
何度もヴァンに「寝ろ!」と言われても食い下がるしつこさも!

その兄のレイは、やっぱりジョシュアの兄だと思った!
(ウェンディの荷物に発信機を忍ばせるとはなかなかやるもんだが)
シリアスキャラの様に見せかけて、
敵も味方も(?)恐怖のるつぼに落とし入れる凄いヤツ。
何気な大ボケ野郎でした♪

そして、
「まもなく演出意図による自主規制が始まります・・・」
なんて言われたら、ワクワクしちゃうじゃないですか!
5 ・  ・  ・  ・ 1・・!
まだ、こんな手があったんだ~ 

なんでもないシーンのはずなのに、笑いが止まらん。
ああ、バカだらけだ。 (サイコー♪)

マンソン達のファクトリーにブリッジシティのヒゲとか出て来たね。
って事は、カイジも再登場!・・しないか・・

こんなところでも活躍したカメオ。
渋いぜー・・

カルメンVSファサリナも良かったわ
ファサリナが初めて黒い表情を見せた。(私の記憶では)
と、戦闘シーンまでえろーいファサリナ。
ファサリナはカルメンにやっつけてもらいたいけど、
オリジナルセブンのヨロイにはちょっと敵いませんよね~。
このふたりの決着はいかに?!

マンソン役の関智一さん。
「オイオイ、そんな下着は地獄のディナーショーでも穿けないよ。」
ってセリフと、
妻キャサリン・ナカタが作った、男性用??グレートメン75を穿いて、
「これでもかー!!」 (ここの自主規制は?)
ってトコで、本領発揮。

「お前はしあわせだ。お前の女は生きているんだからな。」
「最後のケリは自分でつけるんだな。」
と、いい話で終わる筈が、台無しでした~ 

その後、ヴァンとジョシュアの会話で締めてのED。
S・O・Sに、もうネコ夢中 

いや~アニメって本当にいいもんですね。
それではまた次週、楽しみましょう♪


コメント (2)   トラックバック (16)

命は輝いたか?

2005年10月24日 | アニメ&声優 05.10~12
今回はキーワードになるような台詞がたくさんあったよなぁ。

『交響詩篇 エウレカセブン』 §へルタースケルター

レイとチャールズ。
月光号への強襲作戦の前に、
丁寧に爪のお手入れをしているふたり。

「死を感じる前の緊張感こそ生きている感じ」
「ギリギリまで追い詰めてやんねェと命も輝きゃしねェからな」

チャールズに「手を引くなら今よ」と言ってるところを見ると、
この作戦を遂行したがっているのはレイの方なのか・・?

***

「エウレカ・・」
レントンは眠るエウレカを心配そうに見つめ、そっと手を取る。
強い憧れのような気持ちでいた以前には気付かなかった、
彼女の身近な様子。
お互いに歩み寄り、真に分かり合おうとしてるーって感じ。
ちょっと前だったら、
寝顔にちゅーとかしそうだよん♪

レントンとエウレカの他、関係のないチビコ達まで営倉入り。
ドギー兄さんの差入れが不安感や胸騒ぎを更に煽りたて・・
(レントン、違和感なく「兄さん」って言ってたね)
でも、兄さんはさりげなく、
「今はエウレカの傍にいてやれ。あいつずっとさみしがっていたさ。」
って言ってくれた

月光号のクルー達の台詞は、
この物語の世界情勢を語っている。
面倒くさいことを考えるのは人任せ。
簡単に情報操作され。
(コーラリアンが、ヴォダラクの大量破壊兵器だと!)
作られた敵に憎悪の目を向ける。
でも、
そんなのに乗っかってしまった後のツケの方が、恐ろしくない?
【ray=out】はただのカルチャー雑誌ではなく、
そんなものに対抗する意義もあったのか。

ホランドってスネ毛ないんだとか思ったら、剃ったんだ。
なんじゃあの格好はぁ!?と思ったら、
ナイトスコープに映らないステルス塗料というヤツだったんだ。
兄弟分でありながら、ライバルでもあったろうふたりは、
お互いのやる事が読めている。
そしてふたりとも、命のやり取りのスリルが好き?
笑ってるんだもん。

レイはエウレカに特別な恨みを抱いている様子。
化け物と罵り、(タルホには「あんた達の姫」と言ったが)
容赦のない憎しみの目を向ける。
タルホたんに締められた時は、悔し涙を流す程・・
一体昔何があったんだろう・・
チャールズに最期のキスをして、
彼の遺体を犠牲にしてまでも脱出した。
それはエウレカへの復讐(?)を果たすまでは何でもやるって事?
(でも、レントンにはやっぱり弱い・・)
本格的な白兵戦になったら月光号の何人が対応出来るんだろう。
プロの仕事の怖さと凄さを見た気がする。

チャールズが最期に言った言葉。
俺はあいつと出会った時に気が付いた
王の資格を受け継ぐ者
王が残した金枝を受け継ぐ者だと

どういう意味か早く知りたいです。

レントンの危機に自ら動き出すニルヴァーシュの謎とか・・


えーと、月光号に取り付く時ってか、その前から、
マスクでもしてないと息が出来ないんじゃ?とか思った。
戦闘の時もレイは長髪を束ねないんだ。
邪魔じゃない?


コメント (4)   トラックバック (22)

無垢なる微笑

2005年10月23日 | アニメ&声優 05.10~12
ちょい作画がアヤシクなってきました。

『BLOOD+』 Episode‐3 はじまりの場所

長い階段の上にはお墓があった。

降りしきる雨の中
華奢な白い肢体が伏している
長い長い黒髪
その前には、銃を構えて立つ男
手を伸ばして男の足を掴むと少女は
黒い髪の中から、あどけない笑みをこぼした

雨は男の迷いを洗い流すが如く、更に強く勢いを増して・・

***

ジョージとデヴィッドの話を聞いていた小夜は、
自分がこれからどうなってしまうのか不安を感じてるようです。
学校へ行くとあの夜の記憶が少しづつ甦る。
ハジからのマウストゥーマウスも思い出していたようだけど、
どう思ったろう・・?
翼手と遭遇した場所にあった木は、
証拠隠滅の為か(爪跡や血痕とか?)切り倒され、花が手向けられていました。
小夜を元気づけようとしてる香里は明るい子だね。(今週もハラがなった・・)

ジョージは沖縄出身。墓も沖縄にある。
なのに米兵としてベトナムに行ってたってどういう事?
(墓があるのに「アメリカに帰るつもりだった」とか言ってるし)
除隊って言葉を使ってたけど、
従軍カメラマンも辞める時そういう言い方するのかな?
(いや、あの時のカメラマンだったとしたら、よく生きてたな)
小夜をジョージに託した恩人って誰だろう?
(ハジ?赤い盾の誰か?)

ジョージが死のうとした時、
小夜の鼓動が「生きろ」と言ってるように聞こえたって、
目覚めた小夜が笑ったのを見ると、
本当にそう言った(言葉ではないが)のかもしれないと思った。
ベトナムでの殺戮は、
彼女の望まぬ事をした結果
自信も望まぬ暴走をしてしまったって事・・?

もう1匹のマウスはジョージの知り合いでした。
だから助けを求め、電話をかけてやって来たんですね。
米軍の兵士を実験台にしてるのかな。
小夜が近づくと翼手の姿をあらわにする。
それは小夜の血が翼手にとって危険なものだからでしょうか。
デヴィッドが日没までがタイムリミットとか言ってたので、
翼手は日の光が苦手なのかな?
(小夜は平気みたいだね)

お父さん、説明ありがとう。
色々見えてスッキリしたよ。
お父さん、死なないでね・・
(誰か!早く救急車を!)

リクと香里が似てると思った。
もしかして実は姉弟だったりして~とか思った。

記憶がないのに高校へ入れるもんかなとか思った。

アルジャーノが常にアメを舐めているのはナゼかしら?
実は彼もヴァンパイアの血を持つ者だったりして~。
常に血を欲する者は、
飢餓感とも闘い続けなければならないから~・・ナンチャッテ・・

小夜が一番ピーンチ!な時に現れるハジ
また「小夜、戦って・・」と、刀を手渡す。
もっともっとセリフをプリーズですぅ!!


追記:ハジはどうして小夜を止めたんだろうって子どもも言ってた。
後から考えると、
小夜が戦わないと、こういう事になるというのを見せたかったのでは?
残酷だけれと・・

コメント (4)   トラックバック (47)