マイ・シークレット・ガーデン

アニメ好きハハがネタバレ感想等をつぶやいてます。秘密のお庭へ遊びにいらっしゃ~い♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アニメ リスト 2006年1~3月

2006年03月31日 | アニメ&声優 06.1~3
今期カテゴリーの中でのアニメ感想リストです。
SEARCHにコピーして検索すると出て来ます。(今期以外のも出て来ます)
上位にある方が私の好みです。だいたいネ♪
下位はひと言だけのもあります。

『カペタ』

『おろしたてミュージカル練馬大根ブラザーズ』

『闘牌伝説 アカギ』

『灼眼のシャナ』

『舞-乙HiME』

『怪 ~ayakashi~』

『よみがえる空』

『ケロロ軍曹』

『交響詩篇 エウレカセブン』

『BLOOD+』

『焼きたて!!ジャぱん』

『陰からマモル!』

『マジカノ』

『ガラスの仮面』

『BLEACH ブリーチ』

『まんが日本昔ばなし』

『Fate/stay night』

『鍵姫物語 永久アリス輪舞曲』

『かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~』

『タクティカルロア』

『Canvas2 虹色のスケッチ』

『落語天女おゆい』

『あまえないでよっ!!喝っ!!』

『キン肉マンⅡ世 アルティメットマッスル2』

約24番組


夢のアリカ

2006年03月31日 | アニメ&声優 06.1~3
チエとミス・マリアがカッコよかったですぅ
まさかシホのマキマキがこんなところで役に立っていたとは・・


『舞-乙HiME』

第25話 蒼天の乙女
最終話 Dream☆Wing~夢の在処~

「覚悟なさい!お尻ペンペンしてやるわ!」
ハルカのセリフ。これが一番良かったね。
(その他の迷言は相変わらずハズカシカッタ・・

世界をふたつに分けた戦争。
ナギは全てのマイスターを殲滅するのが目的だったようです。
ガルデローベのオトメ達の働きで、
マイスターの力が戻ったりまた奪われたりと、
目まぐるしかったです。

アリカが生きているのを見て喜んでいたニナ。
先週のエルスティンの手紙で再確認した友情。
恋する気持ちは譲れないけど、
友達を大切に想う気持ちは強いのでしょう。
アリカとニナの友情がハルモニウムの暴走を止めたのですよネ?

最後にハルモニウムを破壊していたけど、
そんなに危険なものなら、
どうしてもっと早くに破壊しなかったのかな~と思ってみたり・・

アリカはマシロと、皆が笑って暮らせる世界を作るほうに専念。
ニナはただのニナとしてセルゲイとの愛を育てていく事にしたんですね。

マシロが最後に「ここから始まる。まだ、これからなのじゃ・・」
と、心の中でミミに話しかけるところが良かったです。
私が一番好きだったのは、
マシロがワガママ女王から目覚めたという章でした。

アリカが言ってました。
間違えたらやり直せばいい
また、前に進めばいい
とにかく、
あきらめない!

そんなアリカの根性が、
「全てを主に従う」というオトメ達の気持ちを動かしたようです。
皆が力を結集するシーンはやっぱり良かったです!
いや、めでたしめでたしでした♪

その他
アリカがレナの亡骸を破壊しなければならないとこは、泣けた・・
マシロはワザと命令したけど、
アリカは自分の考えで!破壊したの。いや、泣けた・・
トモエ。死んでなかったのね~!
(それを言うなら、アリカ、ニナが生きてたのもビックリでしたが)
ナギって最後まで悪気がないとこが返って怖いですね~。
アンナン王。顔で判断してゴメンね~。
残り数話で新キャラ登場って、イラナイと思ったり・・


『闘牌伝説 アカギ』 最終話 狂気と闇と

ネズミがこの国の王とは笑止!と思ったけど、
アカギは鷲巣のコアはそんなものではないと言ってた。
洗面器に血をぶちまけた時、
鷲巣の顔にかけるのか?とか凄いコト考えちゃってたよ。
ゲーム続行と聞いた時は気が遠くなった・・
どーすんだ?と思ったらエピローグの言葉で〆。
ナレーションが古谷徹さんで、
巨人の星ばりにスローモーな展開だったけど、
迫力ありましたー!!
日本テレビのこの時間帯のアニメはやっぱり凄い!!


『陰からマモル!』

第11話 ばいばい、ゆうな
最終話 陰からマモル!

愛里ってお金持ちなんだから、
チョコ1年分なんて大した事ないと思うんだけど・・?

結構最後の方まで、
これは本当はマモルへの試練なんじゃないかと思ってた。
ら、陽守一族の反乱だったのね。
タスケって悪い男の子だったな~。
正座365日はすんごい拷問だと思う。

せっかくゆうなが、
「もっとしっかりした(?)女の子になるよ」と言ったのに、
バナナで滑って事件の記憶だけなくしてしまうとは!
マモくんの苦労は続くのね~。
ゆるい感じが結構好きだったのに、なんか寂しいわ・・


『マジカノ』

第12話 目覚めの刻ってマジですか?

この姉妹はお年玉を貰う時だけ着物を着たのか?
苦労して着てたようなのに何か変。
ゆりの妄想は新年から暴走。
その後赤面してるとこは可愛い♪
「お米は88人の神様がぁ~」って、
神様じゃなくて、八十八の手間がかかってるって聞いたんだけど?

魔王と6賢者って、
春生とあゆみと3姉妹とゆりと真鈴の事かな?
どうして春生の中の魔王が目覚めてきたのか、
なんかテキトーだなー・・

「明日に向かって飛べ!マジカノ!」って種っぽい?
次回 【最終回ってマジですか?】

トラックバック (5)

生協のTさん

2006年03月30日 | アニメ&声優 06.1~3
うちに水曜日に来る生協のTさん。
チャイムを聞いてドアを開けると、大きな荷物を抱えた彼がそこにいる。
短い時間にテキパキと商品を渡し、天気の話なぞ軽くして、
風のように次の配達場所へと移動する。

彼は気分にムラというものがない。
顔中笑顔での挨拶を聞くとこちらまで元気が出る。
いつもありがとう!なのです。


『よみがえる空』 最終話 レスキュー

風が強いと体感温度が凄く低いんですね。
遭難者の家族を撮影するマスコミが、ハイエナのようでした。

確認しながらも残して来た生存者を、明日は救おうと意気込む内田。
使命感というか職業意識というのかが強くなってきた感じです。
救助中に落石の為流血!の本郷三佐。
(操縦桿を握る手にポタタッと血が落ちる描写。上手い!)
うろたえる内田。
しかし「大丈夫だ。取り乱すな!」と一喝され、操縦桿を任されます。
この後本郷三佐が気を失いますが、死んじゃうかと思いました~・・
(実際しばらく意識不明だったようなので、かなり危なかったんでしょうね)

本郷三佐は病院のベッドの上でも憎まれ口をきいてましたが、
自分の過去話を聞かせたって事は、
内田を認め始めたって事でしょうか。
何か伝えたかったんでしょうか。
内田はめぐみへ「俺の空がまだ甦らん」とメールしてましたから、
空が生き返って見えた時、初めて何かわかるのかもしれないですね。

救助活動ひとつが人の命を左右する。
重いお仕事の話でしたが、
目立たずとも人命を救うお仕事をしている人達が確実にいる。
感謝して、私達もお互いが小さなキャッチャーになれないでしょうか。
“That Others May Live”  “他を生かす為に”

『ガラスの仮面』 最終話 紅天女

紅天女の話もあんまし感動なかったんですが・・
なんか大自然のスケールを強調するよりも、
恋愛の心情で感動を呼べなかったものか・・
魂の半身が・・と言われてもなんか伝わらなくて・・
アニメの方が返ってこじんまりと終わってしまった感じです。
源造さんって、月影先生の相手役だったんでしょうか?
おふたりとも、年齢的にやっぱ無理があったように思います。

マヤと真澄さまの夢のような交流を、
マヤは夢なんかじゃないって言ってたのに対し、
真澄さまは美しいしあわせな幻と言ってました。
ちょっと哀しかったです。

紅天女を演じる資格を与えたのかどうか、
わからないまま終わりました。 (わからなかったの私だけ・・?
文句ばっか言ってゴメンナサイ・・


『BLEACH ブリーチ』 73

水と花火のイリュージョン 壮絶! 雨中の大決戦スペシャル

ひとことでゴメン。大決戦ってほどじゃなかったと思う・・


『闘牌伝説 アカギ』『陰からマモル!』『マジカノ』
追記出来るか、明日書きたいです☆

トラックバック (3)

見えない出口

2006年03月29日 | アニメ&声優 06.1~3
このところスカッとした展開がないのでウツウツ・・


『カペタ』 Lap.26 トラクション!

ガタボロのカペタのカート。
ノブのアイディアでリヤを思い切り軟らかくしてみれば、
跳ねは少なくなったが安定が悪い。
カペタのアイディアでシートを後ろに下げればカーブが曲がれない・・
ああ・・
どしたらいいんですか?!
桃太郎くんにTVのこちら側から、
「カートを一台貸してけれ!」
と頼んでみるものの、彼はライバルを見守るのみ。
と、今回思ったのは、
雨の日のレースで入賞出来たって事は、
桃太郎くんも運転技術高いのかな?

今回はリョウのキャラがわかって面白かったです。
ジャニーズ系イケメンだけど、超面食いなので彼女ナシ。
天才肌(たぶん)なので先が読め過ぎて諦めが良過ぎる。
奈臣が2位になったリョウの握手を拒否したのは、
素質があるのにがむしゃらになれないリョウを、
ライバルとして認められないからかな?

今回奈臣は、
いつも露出度の高い服を着ている茂波に注意をしてました。
茂波はそんな気遣いがわからなかったようだけど、
私はまた、奈臣っていいコだな~♪と感心。

体制が全てじゃない
だからレースは面白い

とリョウ達は言ってましたが、体制悪過ぎのチームカペタ。
目の前が歪むくらいの痛みをこらえての運転。
来週は周回遅れ?!
どうなるんだろう・・本当に・・


ケロロの映画観て来ました。
コメントのお返事遅くなります。
ゴメンナサイ!!

コメント (2)   トラックバック (1)

歌と友情だけが武器なのサ

2006年03月28日 | アニメ&声優 06.1~3
私達の税金を惜しみなく注いだ民営化(?)の攻撃はまるで無限。
どーする俺?!どーするライ○カード?!というキッツイ展開でした。


『おろしたてミュージカル練馬大根ブラザーズ』

最終回 俺のフィニッシュ!見ておくんなま!

バックに流れる唄が♪ソーリソーリ アイムソーリ♪

民営化って、軍隊使って国民を民営化の波に飲み込むのが民営化??
いつも説明不足の総理 (つか放棄) が説明をしてくれました。
(僕のやることをいちいち国民に説明する必要、ないよね。だもん!)

民営化とは・・
MIN→皆で
E→え~感じに
I→い~気分で
KA→快感を味わう
「素晴らしいじゃないか・・」と自画自賛ですが・・
笑点の大喜利じゃないんだから~・・

離れてみて初めてヒデキはわかったのです。
髪はなが~い友達 (違います・・
一番大切なものは何か。
練馬大根ブラザーズとして再び団結☆

女も男も痺れるイチローのビンタ攻撃。
「ばし~ん。ばしばし~ん・・」に自衛隊の隊員も「ああ~ん
 ↓
首相は苦もなくどんどん増援。

パンダ達も助っ人に参加してくれました。
 ↓
肉食獣には勝てず。(着ぐるみだけど・・)

国家公務員として手が出せないユキカでしたが、
パンダイコンへの愛の為、カラクリ愛の戦士に変態!というか変身!!
 ↓
背後は無防備・・

ヒデキはカードでダンサーズを援軍に頼みます。
 ↓
が!結局、国家権力の前では区民は無力なのか・・


民営化反対には刺客を送るとか、
この練馬を民営化した暁には大根畑を毎年お参りすることを公約するとか、
どこかで聞いた事のあるようなセリフにウケてしまったのであります。
(ウケてる場合じゃないネ・・)

ステージが燃え落ちた時はどーすんだと落ち込みましたが、
最後に監督がハッパをかけに来ました。
「俺達が誰にも負けないものといったら歌だけ!」
アカペラでヒデキが歌い出した時はちょっと感動でした♪
そして、練馬の街も国会議事堂も踊りだし、
空飛ぶ国会議事堂は撤収!

大ボスをやっつける事は出来ませんでしたが、
ブラザースには畑も大根もあり仲間もいます!
そして何より、「俺達には夢がある!!」です☆

EDに3度目の正直のOPを持って来て〆。
ん。国会議事堂をぶっ潰すわけにはいかないし、
こんなもんかなぁ~・・

トラックバック (11)

こんにちは。さようなら・・

2006年03月27日 | アニメ&声優 06.1~3
アネモネを見つめるジ・エンドの目。
怖いと思っていたけど、
ジ・エンドもコーラリアンの人間を観察する目だったのかもしれない。
アネモネの想いが満たされた時、ジ・エンドは白く生まれ変わる。
そしてアネモネ達を守る為に盾になり、破壊された・・


『交響詩篇 エウレカセブン』 第48話 バレエ・メカニック

光の矢は大地を貫く。
祭り上げられた戦いの女神は、涙を流しながら深く自ら落ちてゆく。


アネモネの心の中の語りは、まるで普通の少女のよう。
あまりにしおらしく、ちょっと違和感。
ジ・エンドの戦闘時はいつもアネモネのタカビーな叫び声があったので、
今回は静かだなーと思ってたら、ずっとずっと泣いていたんだ・・

アネモネの知らないところで彼女を救おうとしていたドミニク。
アネモネに逃げ出したかのように思わせ、絶望させてこの展開!
空中での告白。
空中でのキス
ふたりを大切に、愛おしげに両手で受け止めるジ・エンド。
よよよよ、良かったよ~~~ん 

この星で生きよう!皆で!

ドミニクとアネモネを遠巻きに見ていたレントンとエウレカ、チビコ達。
ジ・エンドからニルヴァーシュを通じて、
全て見えていた(聞こえていた)ようですね。
伸びやかに想いが伝染していく感じが感動的でした。
ああ~こういうとこ、ホントに上手いと思う☆BGMも堪んない♪

とにかく今回はドミニクの想いがアネモネに通じてハピー♪で良かった。
で、
あの超破壊兵器は本体も焼かれる程の威力なのに、
ドミニク達はなんともなかったとこが??
司令(?)クラスターとかコーラリアンだけ融かしたんですか?
上部に住んでいた人間達はどうなったんすか?
またまた??でした。

ベッドがヘコむくらい重いガリバーが肩に乗ったのに、
ドミニクが大丈夫だった時もちょび??
(絶対転ぶぞと思ったんで☆)

だいぶん操縦にも自信がついてきたらしいドギー兄さん。
カッコよいシーンがあったとこは嬉しかったです
(イズモ艦の人との息も合って☆)

次回 最終話【シャウト・トゥ・ザ・トップ!】

コメント (2)   トラックバック (15)

最強の女王様

2006年03月26日 | アニメ&声優 06.1~3
矢島晶子さんの演じ分けと演技力って凄いですよね!
亜弓さん。さすがだわ・・! (違います


『BLOOD+』 Episode‐24 軽やかなる歌声

まるでリクの為の鎮魂曲・・がBGM。
受け入れ難い状況に耐え切れず小夜は叫ぶ。
ハジを岩の下敷きにして満足げな笑みをもらすソロモンだが、
小夜の悲鳴には彼女を気遣う表情に・・


カ~ルもソロモンもアンシェルも、身体を変形出来るのに、
ハジは出来ないのでしょうか?
受けた血が違うと能力も違うのでしょうか?
チェロケースが盾になるらしいけど、(中身はメチャメチャだと思う)
戦いは段々と不利な状況に~・・

過去の記憶の扉の中にはディーヴァが閉じ込められていました。
双子のようなこの姉妹。
小夜もワガママだけど、
ディーヴァはそんな生易しい性質じゃなかったのでしょうね?

小夜は閉じ込められていたのを「可哀想」と、
どっから持って来たのか鍵を開けた後、
ハジとお出掛けしてしまいます。
ちょっとちょっとぉ!
何か疑問を感じたり、
何故少女が閉じ込められているのか誰かに訊いたりしなかったの~?

デヴィッドがまた性懲りもなくディーヴァに銃を撃ち、
イナ・バウワー!!
ってお化け映画みたいじゃないですか!
敵さんは皆さん服に穴が開くのを責めます。

しかし、小夜は塔の上から落ちても平気らしいが、弱い・・
ディーヴァのきまぐれで助かったけれど、
これから先が思いやられます。

ソロモンが、
「あなたと血の繋がった、この世界でたったひとりの妹を・・」
って言った時の表情が・・
寂しげなような、責めているような・・
堪りませんでした

ソロモン・ゴールドスミスという名には意味があるのでしょうか?
ディーヴァのシュヴァリエとして、
ソロモンは彼女の言う事には絶対逆らえないようです。
「あなたがそれを望むのでしたら」
ハジと同じセリフをディーヴァに言うソロモン。
名残惜しげに小夜を見て、消えます・・
(でも、小夜がディーヴァに殺されそうだった時黙って見てて、
さすがの小夜も心は決まったみたいネ。よネ?)

小夜が、
「ディーヴァは皆を不幸にする!」
と言ったのに対しディーヴァは、
「姉さまと一緒♪」
と即答。
それも真実。
瀕死のリクを助ける為、小夜はリクにハジと同じ事を・・
(男4人が見てる前でマウストゥーマウスを!)

ディーヴァに殺されそうになった小夜を間一髪で助けに入るハジ。
斜めに睨み「ディーヴァ・・!」と言うハジが素敵ー!!
と、
叫びのたうつリクを押さえるハジの表情がとても哀しげで(きゃー
でした。
(実は嫉妬~ だったりするのカモ?)

今回の作画は先週と差があり過ぎやしませんか?

次回 Episode‐25 【赤い盾】

コメント (9)   トラックバック (32)

コードナンバーはナナフタサン

2006年03月25日 | アニメ&声優 06.1~3
勇敢なペコポンの女性戦士。ペコポン軍最終防衛ライン。
コードナンバー723。その名は夏美!!


『ケロロ軍曹』

第102話 【ケロロ小隊 ペコポン!!滅び行くか愛の星よ!! であります】

作画良好♪  最高であります!!

冒頭にガルルが西澤タワー(?)からスッと下りるシーンって、
まるで攻殻機動隊みたいと思いました。

ゾルルに気がついた冬樹が夏美をひっぱるシーンとか、
ゾルルにブーメランのイラストを投げつける326。
etc・・なんていい動きなんだろう♪

ケロロの敬礼のシーンにはうるうる~・・

モアちゃんがケロロの前に盾になるように出て、
ガルルにハルマゲドンを仕掛けた時の迫力。
パワードスーツを着た夏美はカッコよかった!
「日向夏美。行っきまーす!」 ってアムロかよ!
パワード723が飛び立った時の衝撃波とかおぉ~!って感じですが、
そんな凄いスピードだと、
息が出来ないんじゃ?(とか顔が歪んだりするんじゃ?)と思ったり。

ギロロ(音声だけだけど)と二人三脚みたいな戦闘。
見応えありました!!
学校に「廊下を走るな!」って張り紙がしてあったけど、
夏美は飛んでるわけだし、ちょこっと走ったのは壁だし、
お遊びのシャレ?
「ただいまあっ!」ってドスの効いたセリフがイイ!

冬樹と夏美の空間転送のシーン。
硝煙の中からモアちゃんには手を出すなと歩み寄るケロロ。
ケロボールのスイッチを押す冬樹。
竹を持っての秋ママのアクション。
イイ!
TV版だといつもアッケラカンとしてる冬樹も今回はシリアス。
夏美の表情の移り変わりとかも細やかでぐっときました。

メディカルマシーンに入れられ、あるべき侵略者の姿に戻ったケロロ。
ケロロ大尉ってお前はシャアか?!
(追記:【才谷屋DIARY】の仁JINNさんが、
Zで大尉だからクワトロだろうって・・なるほど!)

で、今日も番組中のテロップに   
言われなくても最後まで見るから、
番組中にたいせつなおしらせをやらないでちょ!!

次回完結

ケロロ小隊 まごころを君に であります 第壱百参話

今回このタイトルに一番ウケたり・・♪

コメント (2)   トラックバック (12)

親の因果が子に廻り

2006年03月24日 | アニメ&声優 06.1~3
親ではなくて祖父でしたが・・
それにしても、BパートのDVD発売のCMテロップ勘弁して欲しい。
興醒め!台無し!!
この放送を綺麗に編集して保存版にしようとしてる私への・・
イヤガラセですか?!


『怪 ~ayakashi~』 化猫 大詰め

今回はまるで推理小説の謎解きのようでありました。
老いた伊行の過去を二重映しで語り始めます。
しかし、何かが足りない!
そんなおとぎ話のような過去は全くの偽りだったのです。
化け猫が見せるは、残忍な仕打ちの末に殺された哀れな女の姿。

薬売りはたぶんその恨みを理解しながらも、
「清めを放つ。許せ・・!」
と、化け猫を退治するのでした・・

何の邪気もないような猫の亡骸には、涙が出そうだったョ・・

薬売りが表に出ると、まだ駕籠かき人足が花嫁を待っているという、
とても短い時間の出来事だったようです。
その間、なんと怪奇な事件があったか、当事者しか知る由もない・・

呆けた爺さんかと思ってた伊行の突然の邪悪さ。
加世も危なかったし、人も恐ろしーとゾッとしました。
哀れんで、猫の亡骸を葬る加世と小田島。
このふたりのお陰で最後ホッとしました。
何事もなかったかのように、屋敷の門をまたいで出て行く薬売り。
謎めいた素敵キャラ
こんだけで終わるのはもったいないです!
視点の面白さ。対比。
紙芝居のような時間の経過の表現。
色々凝ってるなぁと思いました。
あんまし期待してなかったのに、回を追うごとに面白かったです!
ごちそうさまでした♪


『舞-乙HiME』 第24話 あなたのために・・・。

ニナはセルゲイの為に、セルゲイはニナの為にと、
お互い泥沼にはまって行くようです。
ニナもセルゲイも、アリカは死んだと思ってるようですね。
だからセルゲイはニナを・・
こーゆーコトになっちゃって、
ハルモニウムの力を発動させる事は出来るのでしょうか?
(追記:ハルモニウムの力でセルゲイの時を止めているらしいです。
・・?ってコトは、意外と一線越えてなかったりトカ?)

イリーナはシズルの元へナツキの手紙を届けたり、
色々活躍してたみたい。
オトメってやっぱただのメイドさんじゃないですね。

アカネとカズヤってモーテルに逃げ込んでた?

私的にはあんまし盛り上がらないうちに、
来週最終回ってマジですか・・?(2回目です。スミマセン・・

(追記:2話一気に放送なのね・・
だったら1時間SPってまとめた方が豪華そうなのに・・)

トラックバック (22)

溢れ出す想い

2006年03月23日 | アニメ&声優 06.1~3
「失礼するのであります」
つかつかつかと歩み寄りそう言うと、ヴィルヘルミナはシャナを抱きしめた(感涙・・


『灼眼のシャナ』 最終話 紅蓮の想い

悠二、お前は私が守る!というシャナの想い。
このままでは御崎市と皆が危ない、何とかしなきゃ!という悠二の想い。
ふたりの想いを支えるヴィルヘルミナとマージョリー姐さん達の戦い。

盛り上がりましたとも!!

自分が自分として存在する為には他者の存在が必要と、
なんか、『エウレカ』を思い浮かべていました。
人と関わり、考え、思い悩む。
そういうものが自分という存在を満たしてゆく。
ヘカテーが無垢であったのはそういうものが無かった、
或いは拒否していたからかな?と思ったり・・
それでは器は、カラッポのままなのでありますネ。

シャナとしての想いを貫いて悠二を助け、
フレイムへイズの使命も果たす。
そういう宿命だとわかっていたと淡々と話すシャナ。
シャナと一緒に行くと言う悠二。
最期に、
「私悠二が好き」とシャナ。
悠二は笑顔を返す・・

何か、む、胸がいっぱいだ~

そしてあのラストであります。
色々とありがちなパターンかもしれませんが、
見ている者の気持ちを十分高揚させ、
最後には爽やかな風で感動をさらって行くような展開。
すっごく満足出来ました。
ああ、気持ち良かった♪

あ、でも、戦闘時でのシャナのパンチラとか、最後のアレとか、
あのファンサービスは私にはイラネ。デス。


池は悠二に宣戦布告。
おがちゃんと田中はうまくいきそうな予感。
バル・マスケの3人と教授は生き残ったけれど、
ラミーやカムシンも御崎市を見守ってるふうでした。

劇場版『灼眼のシャナ』制作決定ですって。


『ガラスの仮面』 第50話 女神の仮面

わはは・・
必要なエピソードなのでしょうがふたりの泥んこ喧嘩、
この話あんまし好きじゃないんですよね。
ライバルとしての再認識のお話でしょうか。

ふたりの紅天女の演技の解釈は、
ふたりとも同じ虹を見ていたのに違う自然を体感していました。

蝶のように舞う、美しい天女の様な亜弓さん。
眠れる大地、自然の精や宇宙を思わせるマヤ。
スケールで言うとマヤの方が大きく、自然そのものって感じですが、
恋愛もロクに知らないような亜弓さんの方が女らしく、
(もともとの美貌ですもんね)魅力的に見えましたが・・私には・・

来週は最終話【紅天女】
やっぱ、ここまでなんですね。


『マジカノ』

第10話 呪いの猫パンツってマジですか?

あゆみの色仕掛けに全く反応しない春生。
美人三姉妹に囲まれて生活してるうちに不○症に?!
orHGフォ~ッ!?
男メロメロ勝負パンツを穿いてみたら、何コレ?
いや~ん!(トイレの時はどーするの?
恥ずかしがってるあゆみが可愛かったデス

*商品の効果には個人差があります。
*付近の皆様には大変ご迷惑をおかけしております。
ってスキだわ☆

第11話 聖なる夜ってマジですか?

ゆりったら、生徒会会議中になんつ~妄想を・・
真鈴の妄想はもはや別人ですぅ。
蘭と新一って名探偵コナンですか?

ずっとおぶざけモード全開だったのに、
あゆみと春生がマジで両想いになるエピソードなしにシリアスやられても・・

トラックバック (19)