シャバ駄馬男「シャバでひとつ…」

秋田のタレント、シャバ駄馬男のたわいない日常ダイヤリー

ムキにならなかった日本 対 韓国の試合

2010年10月12日 | スポーツ
結果

ハンドによるPKで、1-0

日本の勝利

ってとこかな。



つうか、まあ、PKが入ったかどうかはこの際どうでもイイ。

1-0だったっていう憶測の結果論も本当はどうでもいい。



両国民の感情がむき出しになる日韓戦のはずなのに、今日の試合は違った。

いつもなら汚い言葉を吐いてイライラして味方にも文句言って。

でも、今日の試合は違った。

少なくとも俺は…。



アルゼンチン戦をちゃんと見れなかったから今回はしっかりチェックしたけど、


日本は強ぇー!


つうか、韓国もやたら強くなってるんだけど、日本がこれまた強いんだよな。


もちろんパスや連携にミスはあった。

ボールを失う場面も結構あったけど、なんだろう。

落ち着いて試合を観てられるんだよなぁ。


今までの日韓戦では考えられないこと。



なんか、もはや韓国が相手だからどうのっていうライバル視的な感情じゃないのかも俺。


それぐらい気持ちよく試合を楽しめた。


点とってなんぼだから、決定機を逃した選手はもちろん、点取りサッカー論者にしてみれば不満だろう。


でも、ザックジャパンというチームは、合流してわずかだけど最低限意思の疎通が図れていると思う。


失点してないしね。



ただ、ザッケローニ監督の試合後のインタビューで気になるコメントが一つ。

全体的にポジティブな内容ではあったけど、一節。


「このチームはどんどんよくなるけど、良くなることを信じていない選手もいる。」


誰かわかんないけど、良くなることくらい信じようぜ~。



いやあそれにしても、日本やるなぁ~(^o^)


とにかく、本田、長谷部、松井、長友はやっぱスゲェ。


年齢的なところからいえば、遠藤、松井の代わりを埋めるプレイヤーも結構いそうだし。


なんか、やっぱサッカーっていいなぁ(^o^)





俺、なんかほっこりしてる…
コメント (1)