ワインバーでのひととき

フィクションのワインのテイスティング対決のストーリーとワインバーでの女性ソムリエとの会話の楽しいワイン実用書

3本のコルトン・シャルルマーニュ71ページ目

2009-04-15 23:25:25 | ワインバーでのひととき1~5アイデア集
【71ページ】

会長     おっと、話がそれたが、2本目のヴィンテージは1997年だと

       確信する。

専属ソムリエ これも正解です。

       3本目を試してください!

会長     コルトン・シャルルマーニュの誕生には、おもしろい逸話があるの

       だが。

専属ソムリエ 赤ワインを飲んだ時、シャルルマーニュ皇帝のひげが赤く染まり、

       それを周りの人々がはやし立てたのですね?

会長     怒った皇帝は、赤ワインを造るのを禁止したのだ。

       しかし皇帝のひげをはやし立てる勇気のある人は実際いたのかね?

専属ソムリエ それは、難しいですよね。

会長     おや?  3本目も1997年?  

専属ソムリエ いえ、1996年です。

会長     1997年とそっくりだ!

       どうしたら、このようなワインになるの?

専属ソムリエ 会長が間違うほどですから、完璧なワインと言えますね?

       実は、低温倉庫で熟成させたのです。

       1997年と1996年を何度も飲み比べし、その都度温度を

       微調整させ2年間熟成させました。

  
     
コメント